株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2020年05月22日 14時 [自動車・自動車部品/研究・調査報告]

株式会社グローバルインフォメーション

ライドシェア市場規模、2020年に753億9000万米ドル到達見込み COVID-19の影響により2021年は従来予測から2%下方修正

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ライドシェア市場への新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響:サービス種類別 (eヘイリング、カーシェアリング、レンタカー、ステーションベース・モビリティ)・データサービス別 (情報、ナビゲーション、決済)・地域別の将来予測 (2021年まで)」 (MarketsandMarkets) の販売を5月22日より開始いたしました。


新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 後、世界のライドシェア市場規模は、2020年の753億9000万米ドルから2021年には1,173億4000万米ドルに達し、2020年から2021年までCAGR55.6%の成長が予測されています。ただし、2021年は、COVID-19以前の予測と比較して2%の減少が見込まれています。

この市場の主な推進要因としては、都市化の進展と自動車所有率の低下に伴う個人の移動手段の必要性が挙げられます。また、インターネットやスマートフォンの普及率の高まりや、厳しいCO2削減目標がライドシェアリング市場の成長を牽引しています。

サービスタイプ別で、最も影響を受けるのはカーシェアリング

ここ数年、カーシェアリングは、移動コストの削減、交通渋滞の解消、排出ガスの削減などのプラス要因により人気を集めてきました。しかし、COVID-19の影響により、2020年には50〜60%のシェアを失うと予測されています。一方、運転手と同乗者の距離を保つためのパーテーションの設置、車両内の除菌、同乗者の体温を測定する装置の設置など、新たな対策により2021年には70〜80%のシェアを獲得すると予測されます。同時に、これらの予防措置が追加されたことで運賃の値上げが見込まれます。

決済サービスは急速に成長

決済サービス市場は最高のCAGRで成長しています。ライドシェアリングサービス事業者は、オンラインでの決済処理に決済ゲートウェイを利用しています。ライドシェアリングサービス事業者の国際的な展開と外貨決済が、この分野の成長を後押しする可能性があります。パンデミック経験後には、ユーザーは感染の可能性を最小限に抑えるために、現金ではなくアプリを使ったオンライン決済を選ぶと予測されます。

電気自動車は将来的にライドシェア市場を混乱させる

COVID-19の分析では、ほとんどの都市の大気汚染レベルが低下していることが報告されています。ハーバード大学のT.H.チャン公衆衛生大学院の研究によると、大気汚染(PM2.5)が多い都市はコロナウイルス感染症にかかりやすいとの発表がありました。同様に、欧州公衆衛生連合(EPHA)は、大気汚染が糖尿病、高血圧、呼吸器疾患の原因となり、コロナウイルスをより致命的なものにすると言及しています。このことを念頭に置くと、電気自動車はライドシェアリング会社にとってより良い選択になると言えます。電気自動車市場は、予測期間中に最速のCAGRで成長しています。この成長は、政府の優遇措置、適切なインフラ、CO2排出量に対する意識の高まりに起因しています。ICエンジン車は、世界的に広く採用され、使用されているため、ライドシェアリング市場では最大のシェアを占めています。

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama933732-covid-19-impact-on-ride-sharing-market-by-service.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【 ニュース提供サイト 】
https://www.gii-news.jp/

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース一覧

2020年05月25日 [研究・調査報告]
固体電池の市場規模、2020年の6,200万米ドルから2027年に4億8,300万米ドルへ急成長する予測 20mAh未満が2020年市場を占有する見込み

2020年05月25日 [研究・調査報告]
自律型無人潜水機(AUV)市場は、2025年には16億3800万米ドル規模に達し、CAGR20.8%で成長する見込み

2020年05月25日 [研究・調査報告]
新型コロナウイルス感染症後の食品安全検査市場、2021年に133億米ドル規模到達、CAGR21.4%で拡大予測

2020年05月25日 [研究・調査報告]
IoTの市場規模、コロナ禍でも2021年に2,430億米ドルへ拡大、CAGRも13.7%で成長見込み

2020年05月25日 [研究・調査報告]
COVID-19影響後のスマート照明市場:2025年に242億米ドル規模に達し、CAGR20.9%で成長予測、COVID-19以前の予測からマイナス21%下方修




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年05月22日 株式会社グローバルインフォメーション [自動車・自動車部品/研究・調査報告]
ライドシェア市場規模、2020年に753億9000万米ドル到達見込み COVID-19の影響により2021年は従来予測から2%下方修正

2020年05月15日 株式会社グローバルインフォメーション [自動車・自動車部品/研究・調査報告]
ロボタクシー市場、驚異的ペースで成長見込み 2025年までのCAGRは120%超の予測

2020年05月13日 株式会社グローバルインフォメーション [自動車・自動車部品/研究・調査報告]
自動車用サーマルシステム市場、2027年まで646億米ドル規模に成長、CAGR も3.4%を記録する見込み

2020年05月12日 株式会社グローバルインフォメーション [自動車・自動車部品/研究・調査報告]
電動パワートレイン市場:2027年までCAGR14.9%でに成長、市場規模は1914億米ドル到達見込み

2020年05月12日 株式会社グローバルインフォメーション [自動車・自動車部品/研究・調査報告]
自動車用センサー市場、2025年には419億米ドルへに、CAGRも6.9%で成長すると予測

2020年05月12日 株式会社NEXER [自動車・自動車部品/研究・調査報告]
【2020】カーディーラーの満足度リサーチ結果


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ファーストクリーニング
「コロナバスターズ」サービス開始。新型コロナウイルス(COVID-19)等感染症への対応・対策として、次亜塩素酸ナトリウムを用いた除去消毒サービスを提供
2位 消費者経済総研
失業と犯罪・自殺は高い相関関係|経済危機からの犯罪・自殺を防げ |経済崩壊・医療崩壊は、片方ではなく、両方を回避すべき
3位 消費者経済総研
「新生活様式」スタート|専門家会議に商業・教育・精神の専門家を| 経済専門よりも優先する理由とは?
4位 株式会社グローバルインフォメーション
バイオセンサー市場規模:2020年から2027年CAGR7.9%で成長、農業用途が最速成長の見込み
5位 株式会社エクスト
約4時間半で、99.9%の病原菌を殺菌!コロナ禍の外出時の悩み「つり革・手すりへの接触」を回避できる、銅含有率99.9%のフックアイテムが新登場
>>もっと見る