株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2020年07月06日 12時 [エネルギー・素材・繊維/研究・調査報告]

株式会社グローバルインフォメーション

反応性希釈剤の市場規模、2020年の9億5200万米ドルから2025年には13億900万米ドルに達し、CAGR6.6%で成長すると予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「反応性希釈剤の世界市場 (〜2025年):脂肪族・芳香族・脂環式」 (MarketsandMarkets) の販売を7月6日より開始いたしました。


反応性希釈剤の市場規模は、2020年の9億5200万米ドルから2025年には13億900万米ドルに達し、CAGR6.6%で成長すると予想されています。これは、主に世界的なインフラ支出の増加に牽引されています。電子機器、風力タービン、航空宇宙産業での複合材料の使用の増加も市場を牽引しています。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの発生の影響は、2020年の反応性希釈剤市場にとって課題になると予測されます。

脂肪族系が大きなシェアを占める

脂肪族系は、原材料コストが低く、製造プロセスが簡単であることから、反応性希釈剤の中で最大の材料となります。脂肪族系反応性希釈剤は、自動車、航空宇宙、風力エネルギー産業で広く使用されています。これらの産業における複合材料の使用が増加していることが、脂肪族反応性希釈剤の需要を牽引しています。

複合材料用途は、最速で成長する

複合材料用途は反応性希釈剤の中で最も急速に成長している分野です。最近の技術進歩とその急速な採用が、市場の成長の主な要因です。従来の材料に代わるより優れた代替材料が見つかるたびに、複合材料の使用が増加しています。塗料・コーティング用途は、2番目に速い成長率で増加すると予想されます。

APACが最大の市場シェアを占める

地域別に見ると、反応性希釈剤市場は、APAC(アジア太平洋地域)、欧州、北米、中東・アフリカ、南米に分類されています。APACは、地域の急速な人口増加に加えて、建設・産業部門への投資が増加していることから、最大かつ急成長しています。消費者の購買力の向上が、この地域の様々な産業の成長を後押ししています。これらの要因により、この地域の反応性希釈剤の需要が増加すると予想されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama941883-reactive-diluents-market-by-type-aliphatic.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース一覧

2020年08月07日 [研究・調査報告]
5Gの作動に必須な高周波mmWave、高い電力密度のパワーアンプが不可欠、熱管理も必要に

2020年08月07日 [研究・調査報告]
電気・ハイブリッド・燃料電池バスの世界市場 ゼロエミッションへの取り組み 中国、バスの電動化で世界をリード、その勢いは世界へ

2020年08月07日 [研究・調査報告]
エナジーハーベスティング、少量生産から大量生産まで巨大で多用な市場機会が存在

2020年08月07日 [研究・調査報告]
5G市場の急拡大による熱管理技術の革新:大規模MIMOの台頭により、サーマルインターフェース材料の市場拡大へ

2020年08月06日 [研究・調査報告]
自動運転車用ハイテク塗料・コーティング剤の市場規模、2020年から2025年までCAGR21.79%で成長予測 技術進歩や大規模投資により、米国が最大シェア獲得




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年08月07日 株式会社グローバルインフォメーション [エネルギー・素材・繊維/研究・調査報告]
エナジーハーベスティング、少量生産から大量生産まで巨大で多用な市場機会が存在

2020年08月06日 株式会社グローバルインフォメーション [エネルギー・素材・繊維/研究・調査報告]
自動運転車用ハイテク塗料・コーティング剤の市場規模、2020年から2025年までCAGR21.79%で成長予測 技術進歩や大規模投資により、米国が最大シェア獲得

2020年08月06日 株式会社グローバルインフォメーション [エネルギー・素材・繊維/研究・調査報告]
UVカットコーティングおよびブルーライトカットコーティングの市場、光学産業、自動車産業などに潜在性 製品の耐久性維持には必要不可欠

2020年08月06日 株式会社グローバルインフォメーション [エネルギー・素材・繊維/研究・調査報告]
プラスチックの循環型経済の実現に向けてポリマーのリサイクルと廃棄物管理技術に新たな注目集まる 一方、化学リサイクルの高コストに課題

2020年08月03日 株式会社グローバルインフォメーション [エネルギー・素材・繊維/研究・調査報告]
爆発物市場、COVID-19の影響による低い成長率、規制の厳格化も抑制要因、一方、防衛部門への各国政府の注力やスマートブラスト技術の導入により、需要拡大に期待

2020年08月03日 株式会社グローバルインフォメーション [エネルギー・素材・繊維/研究・調査報告]
ナノテクノロジー衣料品市場、COVID-19の影響で2020年の年間CAGRは−28.56%予想、一転2023年以降は抗菌特性による需要などで市場は拡大傾向


  VFリリース・アクセスランキング
1位 消費者経済総研
7月24日(金)は、【アキ活 元日】|「アキ活」してますか?
2位 matsuri technologies株式会社
【巣鴨でおためし同棲 コロナ破局を防ぐ】保証人不要/初期費用なしで同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「おためし同棲」で巣鴨エリア開始
3位 消費者経済総研
7月24日(金)は【アキ活 元日】だった。令和2年は【アキ活 元年】。
4位 消費者経済総研
【更新】ファクターxは「亜種コロナ感染済み→免疫獲得」が、やはり最有力か|また「免疫」は、「抗体」以外に「T細胞」にも注目
5位 matsuri technologies株式会社
【コロナ破局を防ぐ】短期間の同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「お試し同棲」で大塚エリア開始【マンスリーマンション/初期費用なし】
>>もっと見る