株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2020年07月07日 11時 [精密機器/研究・調査報告]

株式会社グローバルインフォメーション

粒度分布測定の市場規模、2020年の3億5600万米ドルから2025年には4億6500万米ドルへ、CAGR5.5%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「粒度分布測定の世界市場 (〜2025年):レーザー回折・DLS・静的画像・動的画像・コールター原理・ナノ粒子トラッキング」 (MarketsandMarkets) の販売を7月7日より開始いたしました。


世界の粒度分布測定の市場規模は、2020年の推定3億5600万米ドルから2025年には4億6500万米ドルに達し、CAGR5.5%で成長すると予測されています。ナノテクノロジー分野での研究活動の増加、医薬品研究開発の投資の増加、業界全体の製品品質に対する厳しい規制ガイドラインなどが主な牽引要因となっています。一方、発展途上国における重い輸入関税や粒子特性評価範囲の制限が、主な市場成長抑制要因になると予想されています。

技術別では、ナノ粒子追跡分析部門が最も高い成長率を記録

技術に基づいて、市場はレーザー回折、動的光散乱、イメージング、コールター原理、ナノ粒子追跡分析などに分類されています。ナノ粒子追跡分析(NTA)部門は、最も高い成長を記録すると予想されています。粒子径分析装置の高度なアプリケーションとナノテクノロジー分野での研究活動の拡大により、市場は牽引されています。さらに、NTAは主にバイオ医薬品やバイオテクノロジー分野で使用されています。バイオ医薬品業界における研究開発活動の増加が、市場の成長を牽引すると予想されています。

タイプ別では、ダイナミックイメージング部門が最大

タイプ別に見ると、イメージング市場は、ダイナミックタイプとスタティックタイプの2つに大別されます。高品質・解像度の画像、優れた画像認識、使い勝手の良さ、個別サンプル測定、高速分析などの要因が、ダイナミックイメージングセグメントの成長を牽引しています。

産業別ではヘルスケア産業が最大

エンドユーザー別市場では、ヘルスケア産業が最大のシェアを占めました。同部門のシェアは、アジアの発展途上国における製薬会社の研究開発費の増加と、癌など特定の疾患の治療に対する患者のアンメットニーズが製薬研究を刺激していることに起因しています。さらに、医薬品開発に対する政府の支援、バイオテクノロジー企業の増加、企業による技術進歩、粒子の特性評価に向けた分析ソリューションを顧客に認知させる取り組み、および会議やイベントの増加が、バイオ医薬品および創薬業界における粒子径分析装置の需要をさらに促進しています。

アジア太平洋地域は、最も高いCAGRで成長する

アジア太平洋地域は、粒子径分析業界の主要な収益地域です。ナノテクノロジーに対する認識の高まり、主要プレーヤーの存在、製品の品質向上のための政府の改革と規制の実施、業界標準の高品質、先進国市場からアジア市場への製造活動と医薬品の研究開発の移動などの要因が、APACの粒子径分析市場の成長を推進しています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama941884-particle-size-analysis-market-by-technology-laser.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース一覧

2020年08月07日 [研究・調査報告]
5Gの作動に必須な高周波mmWave、高い電力密度のパワーアンプが不可欠、熱管理も必要に

2020年08月07日 [研究・調査報告]
電気・ハイブリッド・燃料電池バスの世界市場 ゼロエミッションへの取り組み 中国、バスの電動化で世界をリード、その勢いは世界へ

2020年08月07日 [研究・調査報告]
エナジーハーベスティング、少量生産から大量生産まで巨大で多用な市場機会が存在

2020年08月07日 [研究・調査報告]
5G市場の急拡大による熱管理技術の革新:大規模MIMOの台頭により、サーマルインターフェース材料の市場拡大へ

2020年08月06日 [研究・調査報告]
自動運転車用ハイテク塗料・コーティング剤の市場規模、2020年から2025年までCAGR21.79%で成長予測 技術進歩や大規模投資により、米国が最大シェア獲得




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年08月07日 日本3Dプリンター株式会社 [精密機器サービス]
3Dプリンター「Raise3D」の遠隔操作・造形予約・造形状況の確認などが可能! 日本3Dプリンター株式会社がクラウド型ソフト「RaiseCloud」リリース

2020年08月03日 株式会社グローバルインフォメーション [精密機器/研究・調査報告]
NANDフラッシュ市場、COVID-19の影響によるクラウド需要の減少を補うため、新ゲーム機やChromebookの発売に期待

2020年08月03日 日本3Dプリンター株式会社 [精密機器/研究・調査報告]
高い形状安定性と機械的強度を確認!日本3Dプリンターが、ガラス短繊維を含有したエンジニアフィラメント「Ultrafuse PPGF30」による造形テストを実施

2020年08月03日 株式会社グローバルインフォメーション [精密機器/研究・調査報告]
データセンターの需要急増を受け、2020年第1四半期のNAND型フラッシュの売上高は前四半期比8.3%増 COVID-19のクラウドサービス分野への影響は限定的

2020年08月03日 株式会社グローバルインフォメーション [精密機器/研究・調査報告]
マイクロLEDの市場規模、2020年の4億900万米ドルから2026年には188億3500万米ドルに達し、CAGR89.3%で成長予測

2020年07月31日 Oaxis Japan株式会社 [精密機器製品]
その場で印刷する!インクレス低コスト感熱紙採用したインスタカメラの二代製品「myFirst Camera Insta II」が最大20%OFFで通信販売開始!


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ワールドパーティー
見渡す限りネコ!アンブレにゃん!Masayuki Oki×Wpc.「必死すぎるネコ」で人気の猫写真家、沖昌之(おきまさゆき)さんとWpc.のコラボ傘に注目
2位 消費者経済総研
7月24日(金)は、【アキ活 元日】|「アキ活」してますか?
3位 matsuri technologies株式会社
【巣鴨でおためし同棲 コロナ破局を防ぐ】保証人不要/初期費用なしで同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「おためし同棲」で巣鴨エリア開始
4位 消費者経済総研
7月24日(金)は【アキ活 元日】だった。令和2年は【アキ活 元年】。
5位 消費者経済総研
【更新】ファクターxは「亜種コロナ感染済み→免疫獲得」が、やはり最有力か|また「免疫」は、「抗体」以外に「T細胞」にも注目
>>もっと見る