株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2020年07月31日 17時 [食品関連/研究・調査報告]

株式会社グローバルインフォメーション

オーガニックソフトドリンクの市場規模、COVID-19の影響で減少するも、その後回復、2023年まで推定CAGR8.42%で推移、CBDの市場成長に期待

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「オーガニックソフトドリンクの世界市場 2020-2030年:Covid 19による成長と変化」 (The Business Research Company) の販売を7月31日より開始いたしました。


オーガニック清涼飲料水の市場は、水の販売と関連サービスで構成されています。オーガニック清涼飲料水とは、殺虫剤や農薬、食品添加物などを使用せず、電離放射線の影響を受けない飲料のことです。

市場は、2019年の55億5000万米ドルから2020年には53億3000万米ドルに減少し、この間のCAGRは−3.84%になると予想されています。減少の主な原因は、COVID-19の影響によると考えられます。その後、市場は回復し、2023年までCAGR8.42%で推移し、68億米ドル規模に達すると予想されています。

地域別に見ると、2019年の最大市場は北米地域でした。

さらに、市場は、製品タイプ別に、有機ソフトフルーツ飲料、有機ソーダポップス、その他に分類され、流通別に、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、オンラインストアに分類されています。

有機食品や飲料の利点に対する意識の高まりが、市場の成長に貢献しています。オーガニック清涼飲料水は、人工香料や防腐剤を含まない、天然の甘味料や、低カロリーで高栄養価な有機農業による製品から作られています。人々の健康志向が高まり、環境にも安全なオーガニック食品を求めるようになってきています。2019年10月にMintelが発表したレポートによると、オーガニック認証を受けた食品・飲料業界の新規発売は、2009年の6%から2019年には10%へと成長しています。同様に、2018年7月に発表された別のレポートによると、アメリカにおけるオーガニックソーダの市場シェアは、2011年の4億2800万米ドルから2016年の5億4100万米ドルへと過去5年間で22%も増加しています。オーガニック食品の利点に関する意識の高まりが、オーガニック清涼飲料水市場の成長を後押ししています。

清涼飲料水を含むオーガニック製品のコストの高さが、市場の阻害要因となっています。オーガニック清涼飲料水は、従来の清涼飲料水と比較するとコストが高く、例えば、Galvanina - Cola スパークリングソーダ350mlは12本で82.99米ドルであるのに対し、Coco-Cola 330mlは15本で約27米ドルです。高コストの理由としては、化学薬品を使用していないため労働力が必要であること、需要と供給のギャップ、ポストハーベスト処理のコスト、オーガニック認証、高いロスをカバーするためのコスト、オーガニック食品の成長が遅いことなどが挙げられます。これらはすべて企業の負担となり、最終的には製品コストの上昇につながります。

カンナビジオールとヘンプ(CBD)は、オーガニック清涼飲料水の中でも急成長している新しいカテゴリーのドリンクです。2019年1月にNew Hope Networkが実施した230のナチュラルブランドを対象とした調査によると、回答者の65%が1年から2年のスパンでCBDの新製品を発売することを再考しています。CBD飲料を販売する企業を支援する2018年の米国農業法案により、米国では新しいCBD飲料が開発されています。Sati organicsは3つのフレーバーのCBDインフューズドソーダを販売しています。今後も、CBD飲料の増加が見込まれています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc945339-organic-soft-drinks-global-market-report-30-covid.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース一覧

2020年08月07日 [研究・調査報告]
5Gの作動に必須な高周波mmWave、高い電力密度のパワーアンプが不可欠、熱管理も必要に

2020年08月07日 [研究・調査報告]
電気・ハイブリッド・燃料電池バスの世界市場 ゼロエミッションへの取り組み 中国、バスの電動化で世界をリード、その勢いは世界へ

2020年08月07日 [研究・調査報告]
エナジーハーベスティング、少量生産から大量生産まで巨大で多用な市場機会が存在

2020年08月07日 [研究・調査報告]
5G市場の急拡大による熱管理技術の革新:大規模MIMOの台頭により、サーマルインターフェース材料の市場拡大へ

2020年08月06日 [研究・調査報告]
自動運転車用ハイテク塗料・コーティング剤の市場規模、2020年から2025年までCAGR21.79%で成長予測 技術進歩や大規模投資により、米国が最大シェア獲得




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年08月03日 株式会社グローバルインフォメーション [食品関連/研究・調査報告]
遺伝子組み換え作物、COVID-19の影響で市場は縮小するも、2023年には回復予測 作物の栄養価、収穫量、貯蔵寿命の改良により需要は増加傾向

2020年08月03日 RIO FOODS株式会社 [食品関連告知・募集]
喫茶店から生まれたノンメタポークの「とろける八千代チャーシュー」が、クラウドファンディングで目標を達成し、ネクストゴールを設定!最終締切は8月7日(金)まで!

2020年07月31日 株式会社グローバルインフォメーション [食品関連/研究・調査報告]
オーガニックミートの市場規模、COVID-19パンデミック後、消費者の意識改革や有機食品への需要の高まりにより、2020年は10.7%の成長予測

2020年07月31日 株式会社グローバルインフォメーション [食品関連/研究・調査報告]
オーガニックソフトドリンクの市場規模、COVID-19の影響で減少するも、その後回復、2023年まで推定CAGR8.42%で推移、CBDの市場成長に期待

2020年07月31日 株式会社グローバルインフォメーション [食品関連/研究・調査報告]
Covid-19の影響により、オーガニックティーの需要が急増 2019年の8億5000万米ドルから2020年の9億3000万米ドルへ、CAGR10.00%で成長

2020年07月31日 株式会社NEXER [食品関連/研究・調査報告]
株式会社ウォーターネットが「信頼できるウォーターサーバー会社」など2項目で第1位を獲得!【日本トレンドリサーチ・ウォーターサーバーについての調査】


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ワールドパーティー
見渡す限りネコ!アンブレにゃん!Masayuki Oki×Wpc.「必死すぎるネコ」で人気の猫写真家、沖昌之(おきまさゆき)さんとWpc.のコラボ傘に注目
2位 消費者経済総研
7月24日(金)は、【アキ活 元日】|「アキ活」してますか?
3位 matsuri technologies株式会社
【巣鴨でおためし同棲 コロナ破局を防ぐ】保証人不要/初期費用なしで同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「おためし同棲」で巣鴨エリア開始
4位 消費者経済総研
7月24日(金)は【アキ活 元日】だった。令和2年は【アキ活 元年】。
5位 消費者経済総研
【更新】ファクターxは「亜種コロナ感染済み→免疫獲得」が、やはり最有力か|また「免疫」は、「抗体」以外に「T細胞」にも注目
>>もっと見る