株式会社オンラインコンサルタントのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2022年01月06日 15時 [運輸・交通サービス]

株式会社オンラインコンサルタント

リアルタイムにトラックの空き状況がわかる『積載量表示機能』を追加

トラックの空き容量をリアルタイムに「見える化」し、効率的に運用できる『配送ルート積載量表示機能』を作りました。
この機能によって各車両の空き状況を把握することができ、トラックの空き容量が少ない効率の良い配送が可能になります。
積載率を向上してより多くの配送先を回ることができるようになり、売上アップにつながります。また、ガソリン代や人件費などのコスト削減にもつながります。


報道機関各位
プレスリリース

2022年1月6日
株式会社オンラインコンサルタント
代表取締役 後藤 暁子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リアルタイムにトラックの空き状況がわかる『積載量表示機能』を追加

−ODIN リアルタイム配送システム −
https://delivery-system.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社オンラインコンサルタント(所在地:神奈川県横浜市 代表取締役 後藤 暁子)は、リアルタイムにトラックの空き状況がわかる『積載量表示機能』を「ODIN リアルタイム配送システム」(オーディーンリアルタイムハイソウシステム)に追加したと発表しました。

【このような業界にオススメ】
・重いものをいくつかの場所に集荷・配送する配送業
・レンタル業
・土木建築業
・産廃業
・メーカーの配送
など

【配送業界の課題】
配送業においては、なるべく多くの荷物を少ない車両で運んだ方が人件費などを抑えることができ、可能な限り積載量に近い荷物をトラックに積んだほうがより利益が出ます。
しかし、積んだ荷物は配送先で降ろしてしまうため配送しているうちに空きが出ます。その結果、荷物が少ない状態で移動していることで利益が出にくいという課題がありました。

【課題に対するソリューション】
業界の課題を受け、トラックの空き容量をリアルタイムに「見える化」し、効率的に運用できる『積載量表示機能』を作りました。
配送先に到着して荷物を降ろした後の空き容量がわかるので、各車両の空き状況を考慮した上で追加の配送指示を出すことができます。
これによって、トラックの空き容量が少ない効率の良い配送が可能になります。

【メリット】
・荷物が少なくなったトラックを確認して追加の配送指示を出すことができ、業務効率が上がります。
・積載率が向上します。
・効率のよい配送が可能になり、ガソリン代や人件費などのコスト削減ができます。
・配送効率を上げることで、ドライバー不足解消につながります。
・より多くの配送先を回ることができるようになるので、売上アップにつながります。

【機能詳細】
・ドライバーの配送計画を表示し、到着済みの配送先であれば色が変わります。
・到着の判定は、スマートフォン端末のGPSを使って、荷物を下ろす場所の近くに行ったときに到着したことになります。
・各配送先の情報と合わせて配送後の積載量が表示されます。この情報から空き容量を確認することができます。
・荷物情報は、重量だけでなくラベルや備考も設定することができます。
・日を跨ぐ配送計画や、複数日にわたる配送ルートでも空き容量の把握が可能です。
・車両に積載量を指定しておき、どの車両を使うかを配送計画立案時に指定ができます。

【製品・サービス詳細】
・Webブラウザを利用するので、専用の機械・ソフトは必要ありません。
ODIN リアルタイム配送システムの詳細はこちら
https://delivery-system.com/

【システム要件】
<管理者端末>
・以下のWebブラウザが動作すること
Microsoft Edge
Firefox
Chrome
Safari

<ドライバーが利用するスマートフォン>
・AndroidOS4.0.3以降、Google Playがインストールされている必要あり。
・iOS12.1以上のiPhone・iPad
・GPSが受信できる環境(Wi-fiでGPSが受信できれば位置の特定が可能です。)

【料金】
ODIN PREMIUM
初期費用 16万5千円(税込)
月額費用 2,300円(税込)/1ドライバーあたり
管理画面 無料

14日間の無料お試し期間がついています。

【今後の展開】
配送業の効率化を追求し、さらなる機能強化を行います。
配送システムのリーディングカンパニーとして、新技術の投入やお客様のニーズを製品に取り入れていきます。

【株式会社オンラインコンサルタントとは】
ODIN リアルタイム配送システムの開発・販売を行っています。

・実際の積載量表示画面表示


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3OTkzIzI4Nzc1MiM3OTkzX05XQWZJc2ZXSEwucG5n.png ]



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社オンラインコンサルタントのプレスリリース一覧

2022年05月25日 [製品]
業界初!ベテラン配車マンでなくてもルートが組める『配車表』機能をリリース

2022年01月06日 [サービス]
リアルタイムにトラックの空き状況がわかる『積載量表示機能』を追加

2021年09月22日 [製品]
業界初!!「毎週〇曜日にどこへ行くか」を登録するだけで配送ルートができる『定期便ルート自動作成機能』を追加

2021年07月02日 [サービス]
【ODINリアルタイム配送システム】ドライバーのサボりがわかる「停滞検知」機能を追加

2020年11月26日 [製品]
Excelのように配送計画を作る機能をリリース




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2022年06月24日 西日本旅客鉄道株式会社 [運輸・交通サービス]
中条あやみ、ニュースキャスターに初挑戦! EXサービスの九州新幹線エリアへ拡大のニュース伝える。 撮影の裏側を収めたメイキング動画公開

2022年06月20日 株式会社TCI [運輸・交通製品]
2022年5月20日トラック専用バックセンサーユニットを株式会社TCIが新発売。2t、4t、10t、パッカー車、クレーン車などに対応。

2022年06月01日 ニッポンレンタカーサービス株式会社 [運輸・交通サービス]
ニッポンレンタカー、非対面で利用できる 『セルフレンタカー』サービスを首都圏で開始

2022年05月31日 株式会社JALUX [運輸・交通キャンペーン]
カスタムメイドなフライトシミュレーター体験の販売を開始します 〜飛行機好きな方向けの、夢を叶える運航体験〜

2022年05月25日 株式会社オンラインコンサルタント [運輸・交通製品]
業界初!ベテラン配車マンでなくてもルートが組める『配車表』機能をリリース

2022年05月16日 ジオ・コスモス株式会社(代理店) [運輸・交通告知・募集]
IBAは昨年に続き2年連続、累計4回目の 「Appraisal of the Year(鑑定士オブザイヤー)」に選ばれました


  VFリリース・アクセスランキング
1位 合同会社NoCodeCamp
合同会社NoCodeCamp運営オンラインサロンが6月11日に公開イベント「TheNoCode【本邦初公開!“ノーコード”を使った課題解決方法】」を実施
2位 合同会社NoCodeCamp
WordPressとの違いも解説。ノーコード専門オンラインサロンが「Webflow」によるWeb制作の提案方法を学ぶオンラインイベントを6月28日に開催
3位 株式会社KEC Miriz
KEC Miriz、瀧沢先生に聞く、対話から始める英語授業〜言語活動を通して英文法を学ぶ〜を6月4日にオンライン開催
4位 新天地イエス教証拠幕屋聖殿
新約聖書に記録された人物が現れた。2000年前から約束されていた牧者、勝利者とは
5位 株式会社TechnoBlood eSports
eスポーツビジネス支援のTechnoBlood eSportsとクリエイター人材のユウクリ、「eスポーツビジネスEXPO」に共同出展
>>もっと見る