株式会社構造計画研究所のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2011年09月22日 19時 [コンピュータ・通信機器告知・募集]

株式会社構造計画研究所

作業遠隔支援システム『Remote Guideware』のスマートフォン対応版をリリース

バーチャル空間と現実世界をつなぐ画期的な機能の体感展示を10月に実施


作業遠隔支援システム『Remote Guideware』のスマートフォン対応版をリリース 株式会社構造計画研究所本社:東京都中野区、代表取締役社長 CEO:服部正太)は、作業遠隔支援システム『Remote Guidewareリモートガイドウェア)』のスマートフォン対応版を9月にリリースし、紹介セミナーと次世代型コミュニケーションの体感展示を実施いたします。
『Remote Guideware』は通信技術と拡張現実AR:Augmented Reality)技術を活用し、遠隔地の現場とのコミュニケーションを支援するシステムです。建物やエレベーター、遊興施設、設備プラント機器の点検業務など専門家や資格保有者が現地にいないと解決しなかった問題に対し、当社ではこれまでRemote Guidewareを使った解決策を多く提案してまいりました。
今回の東日本大震災を踏まえ、日常運用時での利用のみならず、復旧対応時においても現場との迅速なコミュニケーションに役立ち、復旧現場からより手軽に情報伝達を行うためのシステムとして、この度、Remote Guidewareスマートフォン対応版をリリースいたします。
施設の点検業務のみならず、近年、経営面から注目が集まっている災害時の事業継続性への対応としても役立つものとなっています。さらに、熟練者や技術者とのコミュニケーションを通じて、現場で直面した課題に対して、解決に至った経過を記録することで、次の世代の技術伝承にもつながります。

●スマートフォン対応版について
従来のパソコンでの使用も可能ですが、スマートフォンやタブレットPC などAndroid2.2 以上のOS を使用した端末で使用可能になりました。携帯端末を利用することで、現場で入手した情報を即座に関係者と共有できます。また、操作も片手で簡単に行えるようになりました。
インターネットやWi-Fi、WiMAX、3G回線HSDPA / HSUPA)等の無線ネットワーク環境の上で、現場の映像や音を文書やスケッチ画などと重ね合わせるAR 技術を利用することにより、専門家のいない遠隔地でもリアルタイムの点検・確認作業を可能にしています。

■ Remote Guidewareの特長と主な機能
・画像を使ったコミュニケーション機能
 静止画や動画をスマートフォンやPC を使ってリアルタイムに送受信可能です。現時点では、3G 回線HSDPA / HSUPA)環境のもとで、このような情報の送受信が可能な数少ない製品の一つです。

・デジタル情報表示機能
 受送信する静止画、動画に重ねて、文書や図面などを表示したり、付箋、文字、図形を描画したりして、双方の意思確認をすることができます。

・メッセージ伝達機能
 簡易なメッセージのやりとりを行うことができます。災害時にトラフィックが大量に発生した場合でも、緊急時の連絡手段として活用できます。

・デジタル情報の取り出しと保存機能
 端末を通して行った全てのコミュニケーションを記録し、履歴として保存することができます。

・カスタマイズ対応
 基幹システムとの連携や画面変更、専用フォーマットへの帳票出力など、ご要望に応じたカスタマイズが可能です。

■体感展示について
Remote Guidewareを使った次世代型コミュニケーションとして、様々なセンサーデバイスやCADソフトウェアとのデータ連携を実現した体感展示を『KKE Vision 2011』にて実施します。
具体的には、遠隔地のセンサーから得られる建物の振動や部屋の温度、湿度、照度や世帯ごとの電力量などのデータをリアルタイムに取得し、Remote Guidewareを通じて省エネ診断するデモンストレーションや、建物の3次元CADモデル上で操作したウォークスルー映像を現場の作業者へ配信し、点検個所と経路のイメージを伝える展示を行います。

 KKE Vision 2011
 日時 :2011年10月12日-14日
 会場 :ヒルトン東京西新宿)
 費用 :無料
 お申込みWebサイト
 http://kv2011.kke.jp

現在、これらのデモンストレーションをもとに、各種デバイスやクラウドサービスからRemote Guidewareの機能を利用可能とするAPIApplication Program Interface)を開発中です。
今後、構造計画研究所のAR技術を応用し、スマートフォンやセンサー機器から得られる『現実空間』のデータとコンピュータ上の『仮想空間』のデータとを重ね合わせた次世代型のコミュニケーションを実現する計画です。

■紹介セミナーについて
下記の日程にてスマートフォン対応版の紹介セミナーを実施いたします。
 予防保全・災害対策セミナー
 日時 :2011年9月30日
 会場 :構造計画研究所 本所新館 B1F レクチャールーム
 費用 :無料
 お申込みWebサイト
 https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/469

■復興支援のための無償版ご提供について
構造計画研究所では、『Remote Guideware』の簡易版で、クラウド環境で稼働するSmart Guideware(スマート・ガイドウェア)を、東日本大震災後の2011年4月から無償提供してまいりましたが、この度、引き続きこの無償サービスを継続することを決定いたしました。今回の震災で露呈したように、被災状況に関する情報の不完全さと不正確さは、企業の経営的な判断を遅らせ、的確な意思決定を阻害することにつながります。今後の防災対策における復旧支援サービスの情報収集のため、本無償サービスをご利用いただくことも可能です。以下のWebサイトにてお申し込みを受け付けております。

 Smart Guideware 無償サービスのご提供
 お申込みWebサイト
 http://www4.kke.co.jp/guideware/index.html
※ライセンス数には限りがございますため、お早目にお申込みください。

■構造計画研究所について
構造計画研究所は1959年の設立から現在まで、ネットワーク、情報通信、移動体通信分野から建設、製造分野に至る様々な分野で、最新のITを駆使したソフトウェア開発ならびにソフトウェアプロダクトを提供してきました。さらにOR・シミュレーション手法を用いた工学・製造分野におけるコンサルティングサービスやマーケティング分野におけるコンサルティングサービスも行っています。また建設・環境分野における数値解析コンサルティングサービスや建築・構造設計分野でも強みを発揮しており、様々な業界に対し、多様なソリューションを提供しています。構造計画研究所の詳細情報はwebサイトhttp://www.kke.co.jp をご覧ください。

※構造計画研究所および、構造計画研究所のロゴは、株式会社構造計画研究所の登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名などの固有名詞は、各社の商標又は登録商標です。
※当社では、お客様やパートナーから発表のご承認をいただいた案件のみを公表させていただいております。ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
・セミナー内容、参加申し込みに関する窓口
株式会社構造計画研究所 デザイン工学部 井野昭夫
TEL: 03-5342-1132 FAX: 03-5342-1232 e-mail: a_ino@kke.co.jp
・報道メディア関係窓口
株式会社構造計画研究所 広報担当 金弘宗、石橋敬久
TEL: 03-5342-1006 FAX:03-5342-1053 e-mail:kkeinfo@kke.co.jp



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

  

  • http://release.vfactory.jp/file/44926a.jpg
  • http://release.vfactory.jp/file/44926b.jpg
  • 関連URL

  • http://www.kke.co.jp
  • http://www4.kke.co.jp/guideware/index.html
  • https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/469
  • 株式会社構造計画研究所のプレスリリース一覧

    2019年08月20日 [提携]
    [お知らせ]テンキー式スマートロックの RemoteLOCK、レゼルバ予約システムと連携。 レンタルスペースや自社サービスの予約・決済・カギの受け渡しが自動化。

    2013年07月02日 [研究・調査報告]
    お客様が見て比べて楽しめるレコメンドシステム「ビジュアル・ナビ・レコメンド」 プレマーケティング結果について

    2013年07月01日 [サービス]
    地域特性を考慮した津波避難の施策検討支援 〜 鎌倉市の導入事例 〜

    2013年06月20日 [製品]
    サプライチェーンAPSシステム「ADAP Ver.5.0」をリリース 〜 ABC原価計算機能を追加し、コストの無駄を「見える化」 〜

    2013年05月09日 [告知・募集]
    産官学で津波対策を考える。「津波避難シンポジウム」を開催 〜基調講演には津波研究の第一人者 東北大学の今村文彦教授〜




    関連するプレスリリース一覧(新着順)

    2019年08月20日 株式会社構造計画研究所 [コンピュータ・通信機器/提携]
    [お知らせ]テンキー式スマートロックの RemoteLOCK、レゼルバ予約システムと連携。 レンタルスペースや自社サービスの予約・決済・カギの受け渡しが自動化。

    2019年08月20日 株式会社ローズクリエイト [コンピュータ・通信機器サービス]
    世界も注目!文部科学大臣賞など数々の賞を受賞した、有害な電磁波対策アイテムが誕生!

    2019年08月20日 株式会社セブンシーズ・パスタ [コンピュータ・通信機器告知・募集]
    海外での通信を劇的に便利にしてくれるモバイルWiFi「TERN」、クラウドファンディングで目標達成&プロジェクトはまだまだ継続中!

    2019年08月19日 LYKAON株式会社 [コンピュータ・通信機器製品]
    顔認証システム「LYKAON-i」ディープラーニング技術により最適化した画像解析アルゴリズムを搭載したAI顔認証システムを9月から提供開始

    2019年08月15日 株式会社サードウェーブ [コンピュータ・通信機器製品]
    【上海問屋限定販売】クセになる打鍵感 人気のGateron青軸 日本語キーボード 販売開始

    2019年08月09日 株式会社サードウェーブ [コンピュータ・通信機器告知・募集]
    8/24(土)ドスパラ博多店 移転リニューアル 大特価リニューアルセール情報を公開


      VFリリース・アクセスランキング
    1位 株式会社うるる
    官公庁・地方自治体入札市場レポート(2019年7月) 〜2019年7月の公示案件数の合計は105,449件(前年比 +17.1pt)〜
    2位 ハローライト株式会社
    LEDとSIMが一体の世界初のIoT電球を開発するハローライト、年間1億件の不動産ビッグデータを扱うスタイルアクトと資本業務提携
    3位 QLCプロデュース株式会社
    5年・10年後を見据え、成長産業「介護事業」を事業戦略の新たな柱へ。『「介護事業」(リハビリ特化型デイサービス)新規参入セミナー』を東京・鹿児島・熊本にて開催。
    4位 株式会社友安製作所
    大型家電量販店エディオンなんば本店6階にインテリアとDIYの体感型コラボショップ「友安製作所×EDION」6月7日(金)オープン!
    5位 株式会社seno
    小学生最強力士が決定!日本一の称号は誰の手に!?「第35回わんぱく相撲全国大会」2019年8月4日開催
    >>もっと見る