株式会社Resorzのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2014年01月29日 10時 [コンピュータ・通信機器/研究・調査報告]

株式会社Resorz

2013年 オフショア開発 発注先国ランキング発表! 3年連続ベトナム人気が首位!それに続く新興国は? 〜問合せ実績から見えてくる各国のオフショア開発最新動向〜

オフショア開発(海外にシステム開発をアウトソースしコスト削減する開発手法)に特化したポータルサイト『オフショア開発.com』(URL:http://www.offshore-kaihatsu.com/ )では、2013年1年間の問い合わせを集計いたしましたので本日お知らせいたします。


2014年1月29日
報道関係各位                                    株式会社Resorz

2013年 オフショア開発 発注先国ランキング発表!
3年連続ベトナム人気が首位!それに続く新興国は?
〜問合せ実績から見えてくる各国のオフショア開発最新動向〜

株式会社Resorz(本社:東京都目黒区、代表取締役:兒嶋 裕貴)が運営する、オフショア開発(海外にシステム開発をアウトソースしコスト削減する開発手法)に特化したポータルサイト『オフショア開発.com』(URL:http://www.offshore-kaihatsu.com/ )では、2013年1年間の問い合わせを集計いたしましたので本日お知らせいたします。

◆スマホアプリ開発が3年連続で35%超えの人気

 IT企業の約6割(*1)が導入しているというオフショア開発は、今や一般的なシステム開発手法で、海外にソフトウェアやスマホアプリ、Webシステムなどの開発をアウトソースしコスト削減することがスタンダードとなりつつあります。
下記は、2013年のオフショア開発ポータルサイト『オフショア開発.com』へのお問い合わせの各開発ジャンル別集計と、問合せ企業の業種割合を示したグラフとなっております。
*1 −独立行政法人情報処理推進機構(IPA)より

※参考画像:http://www.offshore-kaihatsu.com/press/press_140117_1.jpg

 開発ジャンル別の問合せ割合(リンク先の左図参照)では、スマホアプリ開発が3年連続で一番多い割合(2011年:同52.7%、2012年:同44.9%)となりましたが、その割合は年々減少傾向にあり今年初めて40%を割り込みました。その代わりにWebシステム開発や制御系システム、パッケージソフト開発、組み込み系、ソーシャルゲーム開発などの案件が増加しております。今までオフショア開発として利用されることがなかったソーシャルゲームの開発が全体の4%とはいえ、増加傾向にあり、中国やベトナムにアウトソースする動きが出てきています。それに伴い今までオフショア開発として不向きとされてきたソーシャルゲームのキャラデザインなどイラスト制作も3年前までは0%だったものの、1%とはいえ、ニーズが出てきています。特に日本向けデザインに強いタイへのオフショアが主流となっています。またスマートフォン用のサイト制作や、CMS構築・移行、HP制作なども海外で開発する会社も増加しており、オフショア開発の案件内容の多様化と実用化が進んでいます。
また、単発案件ではなく、継続的に発注する(ラボ契約)ことを前提とした問合せも増加しており(リンク先の右図参照)、これはコストメリットを最大限享受するためだと考えられます。

◆発注側はメーカーが19%と増加傾向

※参考画像:http://www.offshore-kaihatsu.com/press/press_140117_2.jpg

 上記リンク先の図の問合せ企業の業種割合を見てみると、開発会社であるSIerが一番多い割合となり、続いてベンダー、メーカーと問合せの多い順に続いています。SIerは今まで国内でシステムを開発してきたが、「開発コストの削減」、「リソースの確保」、「将来的な海外進出」が目的でオフショア開発の導入に至っています。
 特筆すべきはSIerやベンダーだけでなくメーカーは19%、小売業者は7%、製造業者は6%と、エンドユーザからの発注依頼もあり、システム開発の商流構造は変わりつつあります。

◆オフショア開発人気国は3連続でベトナムが首位

 次に下記の表(リンク先)を御覧ください。こちらは、2013年の問合せをオフショア開発先の国別ランキングにしたものとなっています。

※参考画像:http://www.offshore-kaihatsu.com/press/press_140117_3.jpg

オフショア開発先として一番人気は中国を抑え3年連続ベトナムとなりました。その理由として、実際にベトナムオフショア開発を導入した企業からは以下のような意見を多くいただきました。

・中国、インドと比べてエンジニアの人件費が安い
・親日である
・真面目で向上心がある
・中国と比べてカントリーリスクが低い
・ここ2年ほどでベトナムオフショア開発会社が急増している
・日本との時差が少ない
・インフラ環境の料金など物価が安い
・納品期日や品質に対する意識が高い

オフショア開発を導入する一番の理由は「開発コストの削減」にあります。そのため中国やインドよりも人件費が安く、しかも真面目で親日だというところはベトナム人気の理由の一つだと考えられます。
ただ日本とのオフショア開発の歴史の長さと小型案件から大型案件まで幅広く対応できるという点では中国のニーズは高く、技術力を優先する案件の場合はインドへアウトソースする会社が増えております。
 また、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の調べでも、オフショア開発先として今後検討している、もしくは興味がある国は1位:ベトナム、2位:インド、3位:中国(2012年調べ)という結果となっており、この3カ国のオフショア開発ニーズはまだまだ増加していくと予想されております。

 ●インドネシアオフショア開発
 「オフショア開発.com」調べでは、3位にはインドネシアがランクインしています。インドネシアは2億4千万人というマーケットの大きさと、Facebookやモバイル普及率が高いこと、あと英語での対応も可能という点で注目を集めているオフショア開発先になります。

 ●ミャンマーオフショア開発
 逆にミャンマーは一時期に比べ減少傾向にあります(2011年:同7.5%)。一時期はミャンマー人気でミャンマーに視察に行かれる企業が多かったが、ITインフラ環境がまだ未整備という理由でうまくミャンマーオフショア開発を活用できている企業は少ないようです。とはいえ、ITインフラ環境さえ整備できれば、その人件費の安さからもミャンマーオフショア開発の将来性は明るいと考えられます。


◆「オフショア開発.com」とは?

 本サービス「オフショア開発.com」は海外でシステムやスマホアプリ開発のアウトソースに関する全ての情報が集約されたオフショア開発専門ポータルサイトです。
開発コスト削減や、業務の効率化、海外リソースの確保、開発スピード向上を目的に、優良なオフショア開発のプロフェッショナル企業のみを掲載し、日本企業の海外アウトソースの敷居を下げ、日本市場の活性化を目指します。
現在、オフショア開発企業150社以上と提携し、日本企業のオフショア開発をサポートしております。

<オフショア開発ジャンル例>
  ソフトウェア開発/Webシステム開発/スマホアプリ開発/HPスマホ最適化/Facebookアプリ開発/
ソーシャルアプリ開発/ソーシャルゲーム開発/ホームページ作成/組込系開発/グローバル人材派遣・紹介/
CMS構築・移行/POS系システム/ソーシャルイラスト/電子書籍作成/継続案件発注(ラボ型開発)  など

<オフショア開発先エリア例>
  中国/ベトナム/インドネシア/フィリピン/ミャンマー/タイ/マレーシア/インド/クロアチア/モンゴル
など

 詳細はこちら ⇒ http://www.offshore-kaihatsu.com/




【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社Resorz
担当者名:高島優季
TEL:0120-979-938
Email:press@resorz.co.jp



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社Resorzのプレスリリース一覧

2020年04月01日 [告知・募集]
海外ビジネスセミナー見放題! 新型コロナ感染拡大に伴い『Digima〜出島〜 海外ビジネスサロン』30日間無料提供へ

2020年03月23日 [研究・調査報告]
「2020年 海外ビジネス大展望オンラインセミナー」

2020年03月18日 [研究・調査報告]
海外売上成長率260%! 12の国と地域で流通! 日本を代表するD2Cヘアケアブランド「BOTANIST」の海外展開※オンラインセミナー

2020年03月18日 [告知・募集]
オフショア開発「手法」徹底比較セミナー

2020年03月03日 [提携]
海外ビジネスコミュニティスペース「DIGIMA BASE」×マレーシア「Iskandar Space」戦略的パートナーシップ契約を締結




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年04月03日 株式会社グローバルインフォメーション [コンピュータ・通信機器/研究・調査報告]
コンテンツモデレーションソリューションの世界市場-欧州が牽引

2020年04月03日 株式会社サードウェーブ [コンピュータ・通信機器製品]
『Minecraft for Windows 10 Master Collection同梱版パソコン』ノートモデル2機種を追加 豪華コンテンツもついてくる

2020年04月03日 cooyou.org [コンピュータ・通信機器製品]
物体との距離を振動で体感する人間拡張デバイスをクラウドファンディングで販売。空中入力キーボードも同時出品中

2020年04月02日 Vuzix Corporation [コンピュータ・通信機器サービス]
Cisco Webex Teamsビデオ会議に弊社スマートグラスが対応しました。

2020年04月01日 アイビーシー株式会社 [コンピュータ・通信機器キャンペーン]
アイビーシー、クラウド型情報管理サービスの無料提供キャンペーンを開始 〜 リモートワーク急増に伴う仮想デスクトップ環境の性能低下を防止 〜

2020年04月01日 株式会社グローバルインフォメーション [コンピュータ・通信機器/研究・調査報告]
従業員スケジューリング・ソフトウェアの市場規模、2026年には約6億918万ドルに成長すると予測


  VFリリース・アクセスランキング
1位 有限会社 Coo&RIKU
3月28日(土)犬の足あとがトレードマークの「ペットショップCoo&RIKU西宮店」グランドオープン!!
2位 城北信用金庫
城北信用金庫が川口市の子育て世帯を応援! 店舗建物内に認可保育園を開設
3位 株式会社ショウイン
新型コロナウイルスによる教育機関の休校措置に伴い、通塾した場合と同等の指導が自宅で受けられる、ショウイン式「テレ・スタディ」が2020年2月26日より本格開始
4位 株式会社グッドコムアセット
「屋上緑化」を採用した分譲マンション「GENOVIA浅草? skygarden」が、東京都台東区にて竣工。 株式会社グッドコムアセット
5位 消費者経済総研
日本は「借金大国」なのか?・違うのか? | その答えの根拠とは? |IMF報告からG7で比較
>>もっと見る