特定非営利活動法人イマジンのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年04月05日 10時 [ファッション・ビューティー告知・募集]

特定非営利活動法人イマジン

「人は幸せになるべき。でも薬物によって幸せになった人はいない」〜世界保健デー記念イベント「薬物はどのように有害なのか」

2017年度の新学期が始まり、春の日差しとともに薬物への誘惑も入ってくる学校やキャンパス。青少年の健康を願い、薬物の真実について多くの方々に知っていただくため、日本薬物対策協会では、4月9日世界保健デーを記念して、「薬物はどのように有害なのか」イベントをサイエントロジー東京にて開催します。特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、日本薬物対策協会のイベントに協力しています。


 先月、長崎で高校生7人が大麻所持で書類送検されたと報道されました。「みんなで吸うためだった」と、それぞれ容疑を認めているということでした。 インターネットを見れば、薬物の情報、時には大麻賛美などの情報も流されており、中高生が影響をうけるのでしょう。薬物事犯で検挙される青少年が急増しています。

 沸騰したお湯やガラス片を飲むことを勧める人はほとんどいませんが、ビジネスのために薬物を勧める人たちがいます。そして、それが好奇心を駆り立て、犯罪意識が希薄になり、薬物に走る青少年が増えているのです。

 目標や夢を実現するために、学んだり、経験したりするのが青少年。しかし、薬物に手を出して、人生をダメにする経験は必要なのでしょうか。いいえ、違います。単に薬物が身体的にも精神的にも危険であると理解をもたらせれば、その経験は必要ではなく、ほとんどの青少年が薬物に走ることがないでしょう。

 薬物という罠に落ちず、すくすくと健康に育ってほしいというのは、子を持つ親なら誰でも願うもの。学んで、経験して、本当の自分の人生を生きてほしいと多くの教師も望むことでしょう。

 より多くの青少年、親、教師、教育関係者、市民団体、行政機関などに分かりやすく「薬物の真実」を知ってもらうことが解決策になります。

 そこで、2008年より学校を中心に日本薬物対策協会では学校講演を続けています。東京、埼玉、神奈川、群馬など学校での2016年度3学期「薬物乱用防止講演」ツアーも終了しました。この講演は、アメリカの人道主義者であるL. ロン・ハバード氏の薬物に関する研究を元に、児童・生徒に分かりやすく講演するためにパワーポイントを使用し行われています。

「薬物のない世界」を目指し、各講師がそれぞれ「人は幸せになるべき。でも薬物によって幸せになった人はいない」、「自分が取らないだけでなく、他の人にも薬物を取らせない。君たち自身の夢を叶えるために…」、「薬物は決して問題を解決してはくれない。問題は自分で乗り越えるもの」と熱いメッセージを送り、児童・生徒とともに「薬物にNo! 生きることにYES!」と唱和して回りました。

 ある校長は、講演に関して「トラブルに巻き込まれないためにも、小学生のころから学ぶべき内容だと改めて思った」などと話しています。ある司会の先生は、児童に向かって講師のメッセージを復唱しました。

 2017年度の新学期が始まり、春の日差しとともに薬物への誘惑も入ってくる学校やキャンパス。青少年の健康を願い、薬物の真実について多くの方々に知っていただくため、日本薬物対策協会では、4月9日世界保健デーを記念して、「薬物はどのように有害なのか」イベントを支援団体であるサイエントロジー東京にて開催します。

 日本薬物対策協会のトップ講師小倉謙氏が、薬物の真実について講演します。司会は群馬県教育委員会でも講演した人気講師の鈴木麻美氏です。講演の後は、1Fにて情報コーナーのパネルツアーも行います。
 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、日本薬物対策協会のイベントに協力しています。

世界保健デー記念イベント【薬物はどのように有害なのか】
日時  4月9日(日)午後3時半〜5時半まで
場所  サイエントロジー東京 8Fイベントホール
     (東京都新宿区百人町1-25-1)
    (JR新宿駅より徒歩約15分JR?久保駅南口より徒歩3分)
司 会   鈴木 麻美 氏
基調講演 「薬物の真実 知られざる薬物の真実と私たちができること」
      小倉 謙  氏
パネルツアー 〜協会講師による薬物乱用防止のための教育ツールの紹介ツアー〜
問合せ・申込み: email: info@drugfreeworld.jp Fax: 03-4496-4142
※参加無料
※日本薬物対策協会は米国カリフォルニア州の公益法人「薬物のない世界のための財団」の日本支部。市民や団体、行政機関などに薬物の有害性に関する教育・啓発を行っています。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリース一覧

2020年02月25日 [告知・募集]
親子で読みたい!「子どものための しあわせへの道」絵本版をプレゼントします!

2020年02月25日 [告知・募集]
〜知る事で、変えられる世界があります〜福岡市にて3月12日(木)に「トーン・スケール」勉強会が開催されます!

2020年02月25日 [告知・募集]
〜子供たちの身近に迫る脅威「薬物の真実を知ろう!」〜 東京都内の高校で薬物乱用防止講演を行います!

2020年02月25日 [告知・募集]
何か打つ手がある!国際サイエントロジー・ボランティア活動紹介イベントを2月23日(日) 海老名市にて行いました!

2020年02月25日 [告知・募集]
グラミー賞受賞12回のジャズ界のピアニスト、チック・コリア氏のドキュメンタリー番組が全世界で放映されています!




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年02月28日 株式会社ドクターフィル コスメティクス [ファッション・ビューティー製品]
今注目すべき「弱バリア肌」スペシャル対談を実施 弱バリア肌から脱する秘訣は?

2020年02月28日 丸井織物株式会社 [ファッション・ビューティー製品]
上品シックなオリーブ色で、指先をオトナな印象にトーンアップ!意志のあるスタイルが楽しめる春ネイル3品が、ネイルチップ販売サービス「ミチネイル」に登場

2020年02月27日 デジタルレクリム株式会社 [ファッション・ビューティー/研究・調査報告]
【アンケート】夏に向けての脱毛は今から!?|ムダ毛失敗談まとめ

2020年02月27日 一般社団法人 IBF国際美容連盟 [ファッション・ビューティーその他]
一般社団法人IBF国際美容連盟主催 「IBF×ミス日本コラボ企画ブライダルセミナー」を開催しました

2020年02月26日 株式会社サラ [ファッション・ビューティー製品]
食の欧米化に伴い日本人女性の4人に1人がEカップ以上とも言われる現代日本において「胸が大きな女性専用の医療制服」が誕生

2020年02月26日 丸井織物株式会社 [ファッション・ビューティー製品]
不思議なアシンメトリーが、視線を釘付けに!“らくがき”や“ぬりかけ”など、大人の余裕が感じられる新作3品を、ネイルチップ販売サービス「ミチネイル」が発売


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社オリコンタービレ
リモートワーク・テレワークに最適なパソコンセット新春キャンペーン大好評!
2位 消費者経済総研
ベスト20発表!|2020年「注目スポット」のランキング・首都圏編|1位は○○|また、ベスト20から浮かぶ「キーワード」の◇◇とは
3位 特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会
第2回「【空き家再生診断士】認定講習会」を開催
4位 アドエンターグループ株式会社
【ポケットハッシュ/登録だけで9万円プレゼント!!】1/25より日本サービス開始!!
5位 退職代行コムサ
6月には“パワハラ防止法”が施行!労働者救済とパワハラ根絶を目指す「退職代行サービス」がリニューアル、毎日の一分アンケートで法律の周知徹底を目指す
>>もっと見る