株式会社留学ジャーナルのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年06月29日 15時 [教育/研究・調査報告]

株式会社留学ジャーナル

留学ジャーナル『2017年夏休み留学動向』を発表:大学生の夏休み留学予定者が過去11年で最多数を記録

雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル、代表取締役社長:安藝 清、以下「留学ジャーナル」)は大学生の今夏の短期留学申込み動向および留学予定者を対象に留学意識調査を実施し、「2017年夏休み留学動向」としてまとめましたので、以下の通りご報告いたします。


雑誌「留学ジャーナル」の発行元であり、日本最大級の留学エージェントでもある株式会社留学ジャーナル(本社:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル、代表取締役社長:安藝 清、以下「留学ジャーナル」)は大学生の
今夏の短期留学申込み動向および留学予定者を対象に留学意識調査を実施し、「2017年夏休み留学動向」としてまとめましたので、以下の通りご報告いたします。
--------------------------------------------------------------------
=調査結果トピックス=
--------------------------------------------------------------------
【「2017年夏休み留学動向」申込者データより抜粋】
■大学生の夏休み留学予定者が過去11年で最多数を記録
大学生の夏の留学申込者は昨年比7%増、過去11年で最多数を記録しました。官民協働で進められている留学促進プログラムや、大学の留学プログラム募集など、留学できる環境が身近に用意されている中、留学期間やプログラムが自由に選べる短期留学へのニーズも高まり、当社においても申込者数が増えているものと見られます。

■大学生の学年別申込者は1年生が前年比8%減。一方大学2〜4年生はそれぞれ増加。
学年別の申込者を前年と比較すると、大学1年生は前年より8%減少、大学2〜4年生はそれぞれ増加しました。大学生にとって留学が身近になっている中、授業が本格的に忙しくなる前に留学したいと考える大学2年生や、就職活動前に留学をして視野を広げたいと考える大学3年生の申込者増加が増加要因のひとつと考えられます。また、大学4年生では就職活動を終え、社会に出る前に海外経験を積みたいと考えるケースも増えています。

■大学生の人気留学先はバンクーバー、トロントが5年にわたり1位、2位を独占
大学生の夏休み留学の人気都市ランキングでは、過去5年にわたりバンクーバー、トロントがそれぞれ1位と2位を独占する結果に。教育水準が高いカナダの中でも、この2都市は都会でありながら治安がよく、物価も比較的安価で、滞在費を安く抑えられる点が人気の理由であると考えられます。

【「夏の留学を検討している大学生への意識調査」アンケート結果より抜粋】
■海外勤務への意欲に変化。「海外で働きたいと思う」が昨年の25%から11%に減少。
「将来海外で働きたいと思うか?」との質問に対し、「そう思う」とした人は昨年の25%から11%に減少し、海外勤務への意識に変化がみられました。
また、「将来社会に出た時、自身が直面しそうな職場環境はどれか」との問いに「昇進などの条件で語学能力を問われる」を選択した人が59%となり、「海外企業で働く(勤務地は海外)」が14%で、少数派の意見となりました。

■女性の8割が「治安」を重視して留学先を選定。一方、男性は「街並みや雰囲気」を重視する意見が最多の6割。
留学先を選ぶ際、女性では「治安がよいか」を重視する割合が80%と最も高い結果となりました。一方で男性は「街並みや雰囲気」(60%)が「治安がよいか」(57%)を上回る結果になりました。男女間で留学先を選ぶ基準に意識の差があることが分かりました。

■長期留学を望まない理由に「まとまった時間が取れない」(67%)「短期留学で十分」(24%)が上位ランクイン
今回の留学後の長期留学への希望を尋ね、「望まない」と答えた学生に理由を聞くと「まとまった時間が取れない」と答えた割合が67%と最も高く、次いで「短期留学で十分」(24%)と続きました。学校の授業に加え、学年が上がるにつれインターンシップや就職活動など、取り組むべき活動が増える忙しい大学生の事情が伺える結果となりました。
--------------------------------------------------------------------
◆出版・印刷物等へデータを転載する際には、必ず「留学ジャーナル」とクレジットを入れ、下記までご一報くださいますようにお願いいたします。
◆ここに掲載いたしました内容は抜粋版です。より詳しくまとめた完全版をご希望の方は、下記までお問い合わせください。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社留学ジャーナルのプレスリリース一覧

2018年02月13日 [告知・募集]
名門トロント大学およびカリフォルニア大学サンディエゴ校付属集中英語コースで学ぶ、「2018年夏休み留学奨学生」を募集

2018年01月09日 [告知・募集]
留学生活をYouTubeで発信してきたUCLA卒業生、一柳優心さんが語るセミナー「世界のトップ大学進学への近道!コミュニティカレッジから名門大学編入」開催

2017年10月13日 [告知・募集]
中・高校生向け、厳選5ヵ国17コースが選べる「2018年春休み短期留学」予約受付開始〜当社ホームページや全国の留学ジャーナルカウンセリングセンターで申込可能〜

2017年08月07日 [告知・募集]
世界11カ国85校が集結、将来に活きる留学を見つける一日。「ワールド留学フェア Fall 2017」全国5会場で開催

2017年06月29日 [研究・調査報告]
留学ジャーナル『2017年夏休み留学動向』を発表:大学生の夏休み留学予定者が過去11年で最多数を記録




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年02月22日 NPO法人ダイバーシティ工房 [教育サービス]
待機児童数全国ワースト4位、千葉県内ワースト1位の市川市に「孤育て」を解消する保育園「にじいろおうちえん」が2018年4月に開園します。

2018年02月22日 株式会社サンリ [教育告知・募集]
NO.2が会社を変える!脳科学に基づいた画期的な組織学「繁栄の法則」セミナー開催

2018年02月16日 プロジェクト可能性 [教育サービス]
プロジェクト可能性〜人間の可能性は無限大〜

2018年02月13日 株式会社留学ジャーナル [教育告知・募集]
名門トロント大学およびカリフォルニア大学サンディエゴ校付属集中英語コースで学ぶ、「2018年夏休み留学奨学生」を募集

2018年02月13日 特定非営利活動法人グローカル人材開発センター [教育告知・募集]
京都の大学生×京都企業プロジェクト最新の活動報告、来場者も「地域一体の人材育成」に参加出来る場「第5回グローカル人材フォーラム」2月26日(月)京都市内で開催!

2018年02月10日 タイガーモブ株式会社 [教育企業の動向]
海外での実践的なビジネスインターンシップの機会を提供するタイガーモブ株式会社が「第2回 STARTUP AFRICA」をDMM.Africaと共同開催決定!


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社GWT COMMUNICATIONS
専属コンシェルジュ付きメンズアパレルレンタルサービス「CONCIENTAL」開始へ
2位 株式会社manma
「ママパパ社員による合同説明会」の開催のご報告
3位 特定非営利活動法人イマジン
〜世界メンタルヘルスデー特別企画〜精神医療の実態を調査・摘発する市民団体がオープンハウスを開催しました。
4位 株式会社ルーチェ
いまさら聞けない!はじめてのネット通販・ネットショップの常識〜知っておきたい、7つの法則の当たり前〜
5位 株式会社自己実現
仮想通貨大暴落により1日利益500万円1週間で3500万円利益をあげたプロトレーダーは警告する素人相場から玄人相場へ「安易に仮想通貨で儲かると思わない方がいい」
>>もっと見る