トレンド総研のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年10月10日 11時 [医療・健康/研究・調査報告]

トレンド総研

老眼だけじゃない! 40代であらわれる「目の曲がり角」「目の不調が増えた」と感じる年齢は、平均49歳! 2大悩みは「疲れ目」&「かすみ目」

眼科医が教える、加齢による目の疲れ・かすみの対処法
対策のポイントは「ビタミンA」と「コンドロイチン」、濃度にも注目を


生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、このたび、40代からの「目の健康」をテーマにレポートします。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1:【調査結果】 40代を過ぎたらどう変わる? 「目」の健康状態を大調査!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まず、40〜80代の男女500名を対象に、「目」に関する意識・実態調査をおこないました。


■40〜80代の7割以上が、「目の健康」に自信ナシ…40代は目の曲がり角!?

はじめに、「現在、目の健康に自信がありますか?」と聞いたところ、「自信がある」と答えた人は2割台(28%)にとどまる結果に。残り7割以上は、「目の健康」に自信が持てずにいることがわかりました。


特に、“加齢”による目の変化を感じる人が多いようで、「40歳を過ぎてから、目の不調が増えた」という人が6割(60%)に。具体的な年齢としては、平均で「49.3歳」という結果になりました。40代は、「目の曲がり角」を自覚しやすい年代と言えそうです。


■老眼だけじゃない! 悩みを感じやすいのは「疲れ目」と「かすみ目」

さらに、「老眼以外」の目に関する悩みの有無を聞いたところ、67%と約7割が「ある」と回答。具体的な目の悩みとしては、「疲れ目」(65%)「かすみ目」(55%)がツートップとなりました。


実際の声としても、「仕事でパソコンを使ったり、電子書籍を読んだりする時に画面がぼやけてくる」(50歳・女性)、「左右のピントが合わないことがあり、見え方が不安定になる」(80歳・男性)などがあがっています。


■「疲れ目」、「かすみ目」の対処法、1位は「目薬」

そこで、こうした「疲れ目」「かすみ目」を感じた時に、どのような対処をすることが多いかを聞くと、ともに「目薬」がトップ(「疲れ目」で69%、「かすみ目」で63%)に。また、具体的に「目薬を購入する時に重視しているポイント」を聞くと、「信頼できるメーカーの商品である」が49%で最多となりました。


■一方で、「目薬選び」に自信のない人が大多数…成分や濃度も見逃しがち

しかし一方で、「年齢による目の悩みにあった目薬を選べているという自信はありますか?」という質問では、「自信がない」という回答が75%で大多数に。また、「目薬を購入する際に、成分やその濃度を確認していますか?」と質問したところ、「成分」を必ず確認している人は31%、「成分の濃度」を必ず確認している人は21%にとどまりました。


<調査概要>

・調査名:40代からの「目の健康」に関する調査

・調査対象:40〜80代 男女500名 (年代・性別 均等割付)

・調査方法:インターネット調査

・調査期間:2017年7月28日(金)〜7月31日(月)


――――――――――――――――――――――――――――――――――

2:【専門家取材】 眼科医が教える、加齢による目の疲れ・かすみの対処法

――――――――――――――――――――――――――――――――――

そこで今回は、まなべ眼科クリニック院長・眞鍋洋一先生に、加齢による疲れ目・かすみ目の対処法についてお話をおうかがいしました。


<専門家プロフィール>

眞鍋洋一(まなべよういち)

まなべ眼科クリニック院長/日本眼科学会眼科専門医/「医師+(いしぷらす)」所属

1986年 埼玉医科大学医学部医学科卒業。1990年 埼玉医科大学大学院臨床医学研究科眼科学修了。

丸山記念総合病院眼科、畠山眼科医院、栗原眼科病院、聖路加国際病院 眼科を経て、1996年まなべ眼科クリニックを開業。


■疲れ目・かすみ目の原因は1つではない!

年齢にかかわらず、目の疲れやかすみに悩む人は多くいらっしゃいます。しかし、目の疲れ・かすみとひとくちにいっても、実はさまざまな原因があるのです。

例えば、スマートフォンやパソコンといった「目の酷使」が原因であるケース、コンタクト・エアコン・紫外線などによる「目への負担」が原因であるケースなど。同じ疲れ目・かすみ目といっても、その背景にある要因は1つではないのです。

そして、40代を過ぎた方の中には、年齢を重ねるにつれて、目の疲れ・かすみを感じやすくなるという方がいらっしゃいます。この場合の疲れ目・かすみ目は、加齢による「涙液不足」が1つの要因として考えられるでしょう。


■「年齢」による涙液不足が、目の疲れ・かすみを招く!?

一般的に、目の涙液量は年齢とともに減少すると言われています。加齢によって皮膚の潤いがなくなってくるのと同じで、目も乾きやすくなるのです。実際に、加齢による涙液量の変化を調べた調査(※)によると、50代以上の涙液量は、20代に比べて「約4割」減少することがわかっています。

そして、涙液量が少なくなると、目の疲れやかすみにつながってきます。というのも、目の表面と外気を隔てているのは、ごく薄い涙の膜。涙が減少すると、角膜が乾きやすくなる、傷つきやすくなるといった症状につながります。その結果、目の疲れがひどくなったり、ものが見えにくくなったりするのです。

※出典:平瀬ら:日本眼科学会雑誌, 98: 575-578,1994.


■涙液不足に有効なのは、「ビタミンA」と「コンドロイチン」の成分! 濃度にも注目を

涙液不足の対処法としては、目薬が有効です。市販のものでも問題ありませんが、目薬の効果・効能も商品によってさまざまですので、きちんと「涙液不足の解消につながる成分」が入ったものを選ぶことが重要です。具体的には、「ビタミンA」と「コンドロイチン」の2つをチェックすると良いでしょう。この2点は、眼科で処方する目薬にも含まれる成分。「ビタミンA」には涙液を安定化させる機能、「コンドロイチン」には角膜を保護・保水する機能があります。

また、それぞれの成分の濃度にも注目です。今回の調査では、「目薬を購入する際に、成分濃度を必ず確認する」人はわずか2割にとどまりましたが、目薬を選ぶ際には、「どのような成分が入っているか」だけではなく、「どれくらい有効成分が含まれているか」もチェックするようにしましょう。前述の「ビタミンA」「コンドロイチン」の2成分が、一般用目薬の承認基準において、できるだけ多いほうが、効果に期待できます。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

トレンド総研のプレスリリース一覧

2017年10月10日 [研究・調査報告]
老眼だけじゃない! 40代であらわれる「目の曲がり角」「目の不調が増えた」と感じる年齢は、平均49歳! 2大悩みは「疲れ目」&「かすみ目」

2017年09月29日 [研究・調査報告]
〜トレンドレポート〜「売れなくなった」わけではなく、「読み方が変わった」!? 雑誌の「つまみ読み」需要とは

2017年09月28日 [研究・調査報告]
〜2018年・鍋トレンドレポート〜 「フォトジェニック」から、さらなる進化! 今年の冬は「ムービージェニック鍋」に注目

2017年07月11日 [研究・調査報告]
〜働く男女の「疲れ目」事情〜 夕方4時は、目が疲れやすい“魔の時間”!? 疲れ目で「集中力ダウン」は約7割、「仕事でミス」も約3人に1人

2017年05月31日 [研究・調査報告]
〜梅雨時の「スタイリングコスト」に関する調査〜 髪悩み女性約9割が、髪型が決まらず出社経験! 梅雨時スタイリングで2.4万円・15時間ものコスト!?




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2017年10月16日 一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会 [医療・健康告知・募集]
日本初!「会食恐怖症」の克服支援をテーマに目標達成を目指す。 クラウドファンディング媒体「CAMPFIRE」で日本会食恐怖症克服支援協会がプロジェクトを開始!

2017年10月12日 株式会社ECスタジオ [医療・健康製品]
新ブランド「FINE SPORTS(ファインスポーツ)」からホエイプロテインとHMBカルシウム配合の次世代プロテイン「HMBプロテイン18000」8月3日発売

2017年10月11日 株式会社二デック [医療・健康企業の動向]
ニデックの省スペース自動検眼システム TS-310 がSILMO Paris 2017にて最優秀賞受賞

2017年10月10日 トレンド総研 [医療・健康/研究・調査報告]
老眼だけじゃない! 40代であらわれる「目の曲がり角」「目の不調が増えた」と感じる年齢は、平均49歳! 2大悩みは「疲れ目」&「かすみ目」

2017年10月10日 株式会社クオリア・リレーションズ [医療・健康サービス]
<日本歯科衛生士会会長も登場!>歯科医院991件の求人を一挙掲載「歯科衛生士専門求人誌<クオキャリア秋号>」発行−全国約150の歯科衛生士学校に配本

2017年10月10日 株式会社二デック [医療・健康サービス]
株式会社ニデックは、「目を大切に」をコンセプトとした出前授業を実施しています


  VFリリース・アクセスランキング
1位 ジェイアイ傷害火災保険株式会社
ジェイアイ傷害火災、ネット専用海外旅行保険「t@bihoたびほ」の契約者専用スマホアプリに世界300都市以上の天気予報を確認できる「グローバルウェザー」を追加!
2位 キヤノン電子テクノロジー株式会社
福邦銀行が次期統合データベースシステムにキヤノン電子テクノロジーの「entrance? Banking」を採用
3位 株式会社大山どり
大山どり ギネス世界記録?達成! 〜 最大の唐揚げ供給量(Largest serving of fried chicken)1530kgを達成 〜
4位 株式会社外為どっとコム総合研究所
外為総研の研究員が解説 9月1日LIVE配信 オンラインセミナー 米雇用統計
5位 株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
幻冬舎MC新刊のご案内『家来になったネコ ~A Cat Who Found JOY~』
>>もっと見る