トレンド総研のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年02月20日 14時 [食品関連/研究・調査報告]

トレンド総研

〜2018年「食トレンド」レポート〜 「菌活」が、さらに手軽に進化! ハリウッドでも話題の「菌活ドリンク」とは?

乳酸菌コーヒー、コンブチャ、炭酸甘酒… 朝食にもぴったり、ユニークな「菌活ドリンク」がぞくぞく登場


生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、このたび、アサヒ飲料株式会社(東京都墨田区)と共同で、現在注目を集めている「菌活ドリンク」について調査をおこないました。


――――――――――――――――――――

1:「菌活ドリンク」とは?

――――――――――――――――――――

2013年頃から注目が高まりはじめ、今やすっかり定着した感のある「菌活」。「菌活」とは、乳酸菌・納豆菌・麹菌などの「菌」を、食生活の中で積極的に取り入れることです。女性を中心に、きのこやヨーグルトなど、積極的に菌が含まれる食材を取り入れる人が増えています。


そして、最近では、「菌活」がより手軽にできる「菌活ドリンク」がぞくぞく登場中。また、国内のみならず、海外でも「菌」に着目する動きが目立っており、ハリウッドセレブの間では「菌活ドリンク」の代表格である「コンブチャ(紅茶きのこ)」が話題に。そのブームは日本にも飛び火しています。

さらに、手軽に「菌活」ができるドリンクの種類も拡大しており、今後こうした「菌活ドリンク」は、ますます注目を集めていきそうです。


――――――――――――――――――――――

2:「菌活」に関する意識・実態調査

――――――――――――――――――――――

そこで今回トレンド総研では、「菌活」および「菌活ドリンク」について、20〜40代の女性500名を対象とした意識・実態調査をおこないました。(※アサヒ飲料株式会社との共同調査として実施)


<調査概要>

・調査対象:20〜40代 女性500名(年代均等割付)

・調査期間:2018年1月9日(火)〜1月10日(水)

・調査方法:インターネット調査


■「菌活」の認知度は7割超え! 普段の生活で、菌の摂取を意識している人も多数

はじめに、「菌活」という言葉を知っているかを聞いたところ、認知率は実に71%という結果に。「菌活」というワードが、女性たちの間で広く浸透していることがわかります。

また、「菌が含まれる飲料・食品」のイメージについて質問すると、80%が「最近注目されていると思う」、88%が「普段の食生活に取り入れやすいと思う」と回答。実際に、普段の生活で「菌活」を実践している人も多く、「現在、菌が含まれた食品を摂取するように意識していますか?」という質問では、70%の女性が「いつも意識している」または「たまに意識している」と答えています。


■「取り入れたいタイミング」は「朝食」が1位、「積極的に取っている菌」は「乳酸菌」が最多

そこで、女性たちに、「菌が含まれる食品・飲料を食事に取り入れる頻度」について聞いたところ、「1日1食」と答えた人が42%で最多に。また、「1日2食」(18%)、「1日に3食以上」(8%)という回答もみられており、合計すると、約7割の人が、毎日の食事において何らかの菌を取り入れているということになります。

なお、「菌が含まれる食品・飲料を食事に取り入れたいタイミング」としては、「朝食」(63%)が最も多く、「夕食」(59%)、「昼食」(25%)、「おやつ」(21%)などの回答を上回りました。

また、「積極的に取っている菌」について聞いた質問では、「乳酸菌」(91%)がトップとなり、以下、「納豆菌」(78%)、「菌類」(48%)、「酢酸菌」(23%)と続いています。


■「菌活ドリンク」への関心度は84%! 「普段よく飲むドリンク」で「菌活」したいという声も

さらに、乳酸菌入りドリンクや甘酒といった、食生活において菌が手軽に取れる「菌活ドリンク」への関心度を質問したところ、実に84%が「関心がある」と回答。また、実際に「菌が含まれるドリンクを飲むことがあるか」を聞くと、23%が「よくある」、59%が「たまにある」と答えました。すでに「菌活ドリンク」を普段の生活に取り入れている女性も少なくないようです。

また、「普段よく飲むドリンクで、手軽に菌活がしたい」というニーズも高く、88%と約9割に。特別な飲み物ではなく、生活において身近なドリンクの中で、菌を取り入れたいという人が多いと言えそうです。


―――――――――――――――――――――――――――――――

3:専門家が語る「菌活ドリンク」に注目が集まる背景

―――――――――――――――――――――――――――――――

さらに今回は、「菌活ドリンク」に注目が集まる背景について、食トレンドに詳しい、トレンドウォッチャーのくどうみやこさんにお話を伺いました。


<専門家プロフィール>

くどうみやこ/トレンドウォッチャー

「トレンドウォッチャー」として、トレンドや時流をとらえた情報をさまざまなメディアを通じて発信。テレビ・ラジオ番組の出演から企画、商品のプランニングやキュレーション、講演、執筆など、活動の幅は多岐にわたる。近年は、大人世代のライフスタイルの提案からマーケティングまで、新しい大人ライフを提唱する「大人ライフプロデューサー」としても活動している。


■「菌活」は一過性のブームではなく、食生活における新習慣に

「菌活」が話題になり始めたのは、2013年頃から。ちょうど、塩麹や甘酒などの発酵食が見直され、ヨーグルトなどの乳酸菌にも注目が集まった時期です。こうした世の中の流れを受けて「菌活」というキーワードがクローズアップされ、トレンドになりました。当時から数年経過しましたが、「菌活」は一過性のブームではなく、食生活の中で意識的に取り入れる新しい習慣として定着したと言えるでしょう。


■「菌活ドリンク」に注目が集まる背景には、海外トレンドも影響

近年は、「菌活」がより手軽に実践できる「菌活ドリンク」がぞくぞく登場。また、国内のみならず、海外でも「菌」に着目する動きが目立っています。世界のトレンドを牽引するハリウッドセレブの間では、菌活ドリンクの代表格である「コンブチャ(紅茶きのこ)」 が話題になり、日本にもブームが飛び火。また、日本発の乳酸菌ドリンクが海外でヒットするという事例もみられます。いつでもどこでも摂取できるドリンクタイプは、普段の食生活を大きく変えることなく手軽に「菌活」できるため、習慣として「続けやすい」のではないでしょうか。


■ヨーグルトドリンクだけじゃない! 新たな「菌活ドリンク」がぞくぞく登場中

以前から、定番の「菌活ドリンク」としてヨーグルトドリンクがありますが、最近は新たな「菌活ドリンク」が多数出てきています。2017年には、きのこを使ったスポーツドリンクが登場して話題に。また、女性に人気の甘酒も、炭酸入りのものや、フルーツ系のものなど、バリエーションが豊富になってきています。さらに、お菓子やアイス、パスタなど変わりダネの「乳酸菌」入り商品が相次ぎ発売され、乳酸菌市場が拡大。乳酸菌入りの「菌活ドリンク」の種類も増えており、乳酸菌入りのお味噌汁、スープなどのほか、朝にぴったりな乳酸菌入りのコーヒーも登場。普段の生活においてもますます「菌活」を実践しやすい環境になってきていると言えます。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

参考:朝にぴったりの「菌活ドリンク」が登場! 「ワンダ 乳酸菌コーヒー」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回、トレンド総研と共同で調査をおこなったアサヒ飲料株式会社では、2018年2月20日(火)より、忙しい朝の時間でも、手軽に乳酸菌が摂取できる「ワンダ 乳酸菌コーヒー」を新発売します。


「ワンダ 乳酸菌コーヒー」のコンセプトは、“毎朝のコーヒーで乳酸菌習慣”。朝の目覚めにぴったりの、やさしい飲み口と、コク深い味わいのコーヒーに乳酸菌をプラスしており、慌ただしい朝の中でも、手軽に「菌活」ができる商品です。牛乳で割って楽しむ希釈タイプのため、好みの味わいに調節ができます。


<商品概要>

・商品名:ワンダ 乳酸菌コーヒー 無糖<希釈用>/ワンダ 乳酸菌コーヒー やさしい甘さ<希釈用>

・発売時期:2018年2月20日(火)

・内容量:490ml(希釈タイプ・約10杯分)

・包装形態:ペットボトル

・希望小売価格:278円(税抜)


▼「ワンダ 乳酸菌コーヒー」商品情報

http://www.asahiinryo.co.jp/products/coffee/



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

トレンド総研のプレスリリース一覧

2018年11月08日 [研究・調査報告]
〜11月14日は世界糖尿病デー〜 健康診断では「正常」のはずが…見えない「異変」の恐怖 現代人の新たな脅威「血糖値スパイク」とは?

2018年10月17日 [研究・調査報告]
〜家庭での調理トレンドに新たな波が登場〜 「コスパ」「時短」の次は「栄養効率」に注目!? キーワードは「ヘルスパフォーマンス」

2018年09月25日 [研究・調査報告]
〜ビジネスパーソンの「働き方」最新意識調査〜 在宅勤務、テレワーク制度…変わる日本人の「働き方」 働き方改革のカギは「脱パソコン」にあった!?

2018年08月17日 [研究・調査報告]
【トレンド総研 レポート】〜記録的な猛暑が続く、2018年の夏〜 女性の8割以上が「夏に電気料金の上昇」を実感

2018年08月13日 [研究・調査報告]
〜ブームが続く、糖質制限ダイエットの実態を調査〜 ダイエッターの約6割が糖質制限の経験アリ! 経験者のうち、痩せた人は7割以上 ただし、目標達成前に挫折しがち?




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年12月03日 株式会社ポテトかいつか [食品関連サービス]
「ほくほく山KAITSUKA」 焼きいもの移動販売サービス「焼きいもGO!」を開始! 焼きいも移動販売を現代にアップデートして展開します。

2018年12月03日 株式会社ECスタジオ [食品関連製品]
“酵素分解マカ”を高配合した活力サプリ「マカ&クラチャイダム20000プラス」の臨床評価試験を実施。自信が増大する結果に!(2018年JACTA調べ)

2018年11月29日 守田化学工業株式会社 [食品関連技術開発成果報告]
まったく新しい甘味成分レバウディオサイドI、K、Jの3種が、11月14日に韓国で特許を取得。砂糖に代わる甘味料として2020年に商品化を予定

2018年11月28日 株式会社エフユーアイジャパン [食品関連製品]
ピンクのそばの花より収穫できる無添加・非加熱 ブータン産はちみつPure Happy Honey Buckwheat 日本初限定発売

2018年11月27日 ピーロート・ジャパン株式会社 [食品関連業績報告]
第3回目ル・グラン・テイスティング東京!3日間で6,000名もの方々にご参加いただきました。

2018年11月22日 株式会社神明きっちん [食品関連サービス]
日本一、美に対する関心が高い表参道・南青山エリアに「米ぬかホットスムージー」4種新登場!! 2018年11月23日(祝・金)より販売開始!!


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ジェイマックシステム
LINE上で人気の人工知能『糖質AIちゃん』、11月27日にスマホWeb版リリース! 「芸能人に似てる診断」がより手軽に楽しめるようになりました!
2位 ココロとカラダ有限会社
天然成分にこだわった男性機能サポートのサプリメント、11月27日発売。医師が監修した安心の国内生産、古代からインドで重用された「ムクナ」を配合
3位 株式会社NextNinja
i☆Ris、蛭子、アジャコングが『グラサマ』に夢中!? 超本格王道RPG『グランドサマナーズ』2周年記念CMを公開中!
4位 特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会
「シェアハウス等ADR総合対策室」が<スルガ銀行>シェアハウス融資トラブルの<不動産ADRを活用した>調停斡旋案基本方針を発表
5位 株式会社グリーンホスピタリティーマネジメント
ホテルグランバッハ 東北に初進出 「ホテルグランバッハ仙台セレクト」 〜 仙台駅至近の新築ビルに出店、2020年夏に開業 〜
>>もっと見る