株式会社イーオンのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年04月10日 11時 [教育/研究・調査報告]

株式会社イーオン

イーオン、現役小学校教員を対象とした「小学校の英語教育に関する教員意識調査2018」を実施

 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、現役小学校教員を対象とした「小学校の英語教育に関する教員意識調査2018」を実施しました。本アンケートは、イーオンが今春開催した「小学校教員向け指導力・英語力向上セミナー」の名古屋・東京・新潟会場に申し込みいただいた教員153名の方々を対象に、現在の教育環境や、学習指導要領改訂に伴う小学校での英語教育環境の変化について、実際に現場で教えている現役の教員たちがどのように考えているのかを調査したものです。


 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、現役小学校教員を対象とした「小学校の英語教育に関する教員意識調査2018」を実施しました。

 本アンケートは、イーオンが今春開催した「小学校教員向け指導力・英語力向上セミナー」の名古屋・東京・新潟会場に申し込みいただいた教員153名の方々を対象に、現在の教育環境や、学習指導要領改訂に伴う小学校での英語教育環境の変化について、実際に現場で教えている現役の教員たちがどのように考えているのかを調査したものです。

 主な調査結果は以下の通りです。


=調査結果トピックス=


■自身の英語スキルアップに費やせる時間が、1日1時間に満たない先生が約90%

 週あたりの学習時間も、「全く取れない」と「週1時間未満」を合わせて4割超。

ご自身の英語力アップのための取り組みについて、どの程度日常的に時間をさけているのか尋ねたところ、実に9割の方が「1日1時間未満(全く取れないも含む)」と回答。さらに、週あたりでみても「全く取れない」と「週1時間未満」あわせ4割を超えるなど、昨年の調査以上に自身の学習時間確保に苦労している様子が見て取れました。


■現在行っている「外国語活動」、最も課題だと感じているのは「評価の仕方」。

 現在、5、6年生を対象に行っている「外国語活動」について、先生自身が課題だと感じていることを尋ねたところ、「評価の仕方」との回答が89名でトップとなりました。現在は「教師コメント」という形で評価がつけられている5、6年生の「外国語活動」ですが、今後教科化され成績をつけることになるにあたり、少し不安を残す結果となりました。


■学習指導要領改訂について、「3〜4 年生の外国語活動」に関しては9割に迫る賛成意見。

 「5〜6 年生の英語“教科化”」に関しては、特に小中連携を考えた上での賛成の声が目立つ結果に。

2020年より現在5、6年生で行われている「外国語活動」の小学3、4年への前倒し(=早期化)、ならびに、小学5年生からの英語が「教科化(=成績がつく科目化すること)」することについての思いを伺ったところ、“早期化”については実に9割に迫る133名が賛成と回答、“教科化”についても賛成が96名と過半数を大きく上回りました。

 “早期化”は、賛成の意見として、「英語に慣れ親しむ年齢は早いほうがよいと思うから」「中学年から始めた方が興味をもったり、抵抗なく始められたりすると思う」という早期化すること自体を評価する意見と、「中学年で英語に慣れ親しむことで、高学年の英語科がスムーズに行えると考えるから」という教科化の前段階としての早期化を評価する声の、大きく2種類の意見が目立ちました。

 “教科化”については、「中学英語にスムーズに移行するため」「中学生になる前に高学年で英語科を行うことで、英語の素地を養えると考えるから」「早期に取り組むことで抵抗なく、中学英語にも臨むことができると思う」など、小中連携を考えた上での賛成意見が特に多くみられました。しかし一方で、反対の意見として「評価をすることで、英語嫌いが増える」「評価する必要はなく、親しむことが大事だから」など、ここでも「評価」に関するコメントが挙げられていました。


※考察と調査の詳細については、添付の資料をご参照ください。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社イーオンのプレスリリース一覧

2018年05月28日 [企業の動向]
「中学・高校英語教員向け 指導力・英語力向上セミナー」(後援:文部科学省)初開催の札幌・広島会場を含め、全国6都市で今年も開催決定

2018年05月15日 [企業の動向]
イーオン、愛媛県教育委員会の公立中学校英語教員を対象とした平成30年度「英語コミュニケーション能力ボトムアップ事業」における「英語力向上講座」を昨年に続き受託

2018年04月10日 [研究・調査報告]
イーオン、現役小学校教員を対象とした「小学校の英語教育に関する教員意識調査2018」を実施

2018年03月26日 [サービス]
イーオン、東京都「外国人おもてなし語学ボランティア」育成事業におけるeラーニングコンテンツ制作の英語表現を監修

2018年02月28日 [製品]
イーオン代表が「新時代の英語教育」について各界著名人と語り尽くす『対談(3)!英語は世界を広げる』を2月27日より発売開始




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年06月13日 株式会社エクシオジャパン [教育企業の動向]
全国にプリスクール及び小規模認可保育園を運営するエクシオジャパンが、保育士資格受験のためのサンライズ保育士キャリアスクールを開校しました。

2018年06月12日 株式会社ウォンツ・ジャパン [教育製品]
放課後等デイサービス向け学習支援サービス「Iシステム」に、発達障害をもつ就学児の就労・生活支援のための「パソコン教育教材」を追加・提供開始

2018年06月11日 ヒートウェーブ株式会社 [教育サービス]
世の中に配布されていない新種のマルウェア配布サイトを「セキュ塾」にて発見!

2018年06月11日 株式会社アクエル [教育告知・募集]
【子どもへの将棋イベント及び調査】全国の教育機関対象「ハート将棋」活用モニター募集〜応募締切:6月30日(土)

2018年06月07日 寺田ユースケ事務所 [教育企業の動向]
【車イス押してくれませんか?日本全国 車イスヒッチハイクの旅!クラウドファンディング開始2日で100万円!障がい者への寄付の形をアップデート!】

2018年06月05日 一般社団法人日本ビジネスメール協会 [教育/研究・調査報告]
「ビジネスメール実態調査2018」発表


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社NextNinja
サイタマ、タツマキ、ジェノス、ボロスのイラスト解禁!超本格王道RPG『グランドサマナーズ』 6/21(木)開始の超人気ヒーローアニメ『ワンパンマン』コラボ続報!
2位 株式会社サードウェーブ
【上海問屋限定販売】女性ボーカルが冴えわたるイヤホン 5ドライバ搭載 ハイブリッドイヤホン 販売開始
3位 株式会社セトワークス
ビットコイン・リーディングカンパニーRenvale Capitalグループ、2018年のアジア進出本格化
4位 株式会社Jバウンド
富士山サイクルアクティビティ専門ショップが6月1日に富士河口湖町にオープン MTBを使ったダウンヒルやe-bikeを使ったヒルクライムなどのアクティビティを提供
5位 タイムアウト東京株式会社
「東京」の魅力を世界に伝える日英バイリンガルメディアのタイムアウト東京が、「アジア」の目線と感性を強化してアップグレード!
>>もっと見る