トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年06月01日 09時 [医療・健康製品]

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社

一般向け排尿予測センサー「DFree Personal」の販売開始

排泄予測デバイス「DFree」(ディー・フリー)(以下「DFree」という)を企画・開発・販売するトリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中西 敦士、以下「当社」という)は、2018年7月1日より新たに個人向けサービス「DFree Personal」の販売・提供を開始いたします。一般販売の開始にさきがけ、同年6月1日より先行予約の受付、6月20日より先行予約者に対する先行販売を行います。


排泄予測デバイス「DFree」(ディー・フリー)(以下「DFree」という)を企画・開発・販売するトリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中西 敦士、以下「当社」という)は、2018年7月1日より新たに個人向けサービス「DFree Personal」の販売・提供を開始いたします。一般販売の開始にさきがけ、同年6月1日より先行予約の受付、6月20日より先行予約者に対する先行販売を行います。


■一般販売開始の背景と目的

当社では、創業以来テクノロジーの力で「世界を一歩進める」ことを掲げ事業を推進し、世界初の排泄予測デバイス「DFree」を開発いたしました。

2017年より介護施設などの法人向けサービスとして「DFree 排泄予測サービス」、2018年4月には「排泄自立支援サービス」の提供を開始し、トライアルを含めるとこれまでに延べ約500の介護施設でご利用いただいてまいりました。そして、より広く多くの方にご利用いただくべく、創業当初より多くのご要望をいただいておりました個人向けサービス「DFree Personal」の提供を2018年7月より開始いたします。


■「DFree Personal」の概要

「DFree Personal」は、従来の介護施設でご利用いただいているサービスとは異なり、日常生活での個人利用を想定したサービスとなります。本体と携帯端末が直接Bluetooth通信にて連携するため外出先でも利用が可能となりました。従来の排泄予測の機能に加え、さらに、歩く・立つ・座るなどの姿勢変化の際の膀胱の変化を補完する補助計測の機能が新たに搭載されました。

また「DFree Personal」のスマートフォンアプリは、幅広い年齢層の利用者を想定し、直感的に理解・操作しやすいようデザインを刷新した専用アプリをご用意いたします。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MTI4NSMyMDIzNDIjNTEyODVfS1JuYnFlekptai5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MTI4NSMyMDIzNDIjNTEyODVfbFNFVlNZbGxYWi5wbmc.png ]

※開発中のため実際の商品と異なる場合がございます。「DFree Personal」の詳細は、

当社ホームページにてご確認ください。


■想定する利用者

「DFree Personal」のターゲットはご高齢者からお子様まで、介護に限らず、様々な理由で「尿意を感じにくい方」や「トイレに不安を感じる方」などが広くご利用いただけるサービスです。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MTI4NSMyMDIzNDIjNTEyODVfYmpzdXl1UVNpTi5qcGc.jpg ]


■購入方法及び先行予約受付について

「DFree Personal」の販売価格は49,800円(税別)となり、安心してご購入いただけるよう14日間の返金保証をおつけいたします。

また今回の販売開始にさきがけて、2018年6月1日から6月20日まで先行予約を受付け、先行予約者の特典として、6月30日までにご購入いただいた場合、「DFree Personal」を期間限定の特別価格44,800円(税別)にてご提供いたします。

<先行予約サイト> https://personal.dfree.biz


■「DFree」について

「DFree」は超音波センサーを用いて膀胱の変化を捉えることで排泄のタイミングを予測するIoTウェアラブルデバイスです。従来の排泄ケアでは困難であった、被介護者に合わせたパーソナライズケアをサポートし、被介護者のQOL向上と介護者の負担軽減を実現することができます。


■ 会社概要

社名  : トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社

本社  : 東京都渋谷区桜丘町2番9号 第一カスヤビル

代表者 : 代表取締役 中西 敦士

設立  : 2015年2月18日

資本金 : 3億4,874万円(資本準備金含む)

従業員数: 25名

事業内容: 排泄予測デバイス「DFree」の企画・開発・販売

URL   : https://dfree.biz/


■ お問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ(担当:櫛田・松原、e-mail:home@www-biz.co



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社のプレスリリース一覧

2018年06月20日 [キャンペーン]
排尿予測デバイス「DFree Personal」の先行予約期間延長

2018年06月01日 [製品]
一般向け排尿予測センサー「DFree Personal」の販売開始

2018年03月29日 [サービス]
Triple W Japan、介護施設向けに排泄自立をトータルで支援する新サービスの提供開始




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年06月20日 一般社団法人アートオブリビング [医療・健康告知・募集]
6/21国連制定「国際ヨガデー」に、全国で大規模ヨガイベント開催!世界の幕開けを飾ります。

2018年06月20日 トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社 [医療・健康キャンペーン]
排尿予測デバイス「DFree Personal」の先行予約期間延長

2018年06月19日 株式会社メリ・テック [医療・健康製品]
今までにない技術で 病院や老人ホームの室内空間・居住空間の除菌・ウイルスの不活化・消臭をします。

2018年06月19日 ニチバン株式会社 [医療・健康/研究・調査報告]
日本全国“コリ”調査!“全身コリ県”は長崎! 部位ごとでは「肩」「首」「腰」で島根が1位を独占 全身のコリに!小さくてはがれにくい「ロイヒつぼ膏(TM)クール」

2018年06月13日 マンチェスタークリニック [医療・健康サービス]
「男性専用×医療脱毛×サッカー」のマンチェスタークリニックが2018年6月1日に開院

2018年06月12日 株式会社NEXER [医療・健康/研究・調査報告]
【約3人に2人は歯磨き後に磨き残しを感じている】歯についてのアンケート


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社NextNinja
サイタマ、タツマキ、ジェノス、ボロスのイラスト解禁!超本格王道RPG『グランドサマナーズ』 6/21(木)開始の超人気ヒーローアニメ『ワンパンマン』コラボ続報!
2位 株式会社サードウェーブ
【上海問屋限定販売】女性ボーカルが冴えわたるイヤホン 5ドライバ搭載 ハイブリッドイヤホン 販売開始
3位 株式会社Jバウンド
富士山サイクルアクティビティ専門ショップが6月1日に富士河口湖町にオープン MTBを使ったダウンヒルやe-bikeを使ったヒルクライムなどのアクティビティを提供
4位 タイムアウト東京株式会社
「東京」の魅力を世界に伝える日英バイリンガルメディアのタイムアウト東京が、「アジア」の目線と感性を強化してアップグレード!
5位 株式会社セトワークス
ビットコイン・リーディングカンパニーRenvale Capitalグループ、2018年のアジア進出本格化
>>もっと見る