BASE株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年12月05日 11時 [ネットサービスサービス]

BASE株式会社

BASEがリスク無し・即時に資金調達できる金融サービス「YELL BANK」を提供開始

BASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡 裕太、以下BASE)は、ネットショップ作成サービス「BASE」を利用するショップオーナーが、リスクが無く、即時に資金調達ができる金融サービス「YELL BANK(エールバンク)」の提供を2018年12月5日(水)より開始いたしました。これまでショップオーナーが直面していた資金繰りの困難なシーンを解決いたします。


この度、BASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡 裕太、以下BASE)は、ネットショップ作成サービス「BASE」を利用するショップオーナーが、リスクが無く、即時に資金調達ができる金融サービス「YELL BANK(エールバンク)」の提供を2018年12月5日(水)より開始いたしましたので、お知らせいたします。

「YELL BANK」は、弊社100%子会社のBASE BANK株式会社が開発・運営するサービスです。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzMDM4NCMyMTI1MTEjMzAzODRfQ3NBQ2tsTU5JbC5wbmc.png ]


■「YELL BANK」について

「YELL BANK」は、ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」を利用されるショップオーナーが、リスクが無く、即時に資金調達ができる金融サービスです。これまでショップオーナーが直面していた資金繰りの困難なシーンを解決いたします。


・どうやって即時に資金調達するか

「BASE」の管理画面に資金調達のページが追加されます。(順次公開いたします)そこで表示される3パターンの資金調達額から、調達したい金額を選択して規約に同意するだけで、資金調達が可能です。即時に管理画面の振込可能残高に選択した金額分が追加されますので、振込申請を行うと銀行口座から資金を引き出すことができます。


・資金調達のリスクが無いとは

資金調達後、ショップの商品が売れる度に売上代金から一定の支払率に応じた金額が「YELL BANK」に支払われます。「YELL BANK」への支払いは、商品が売れた時のみ発生し、売上が無かった月などは支払いは一切発生しません。


・「YELL BANK」が解決すること

例えばファンの多い人気ショップは、一見売上の心配が無いように見えますが、商品の注文数が大幅に増えると、制作にかかる材料確保のための資金が必要になります。しかし、商品が売れてから商品代金が手元に届くまでには数日間の時差が発生するため、材料確保の時点で手元に十分な資金が無く、それが理由で販売数を制限しなければならなかったり、次の新商品制作に取り掛かれないといった課題を抱えることがあります。既存の金融機関を通じた資金調達という方法もありますが、審査条件の厳しさから利用が難しく、その方法では資金を確保できない方がいらっしゃいます。


「YELL BANK」は、「BASE」の店舗データを活用して与信を行い、利用可能な条件を満たしたショップオーナーに対し本サービスを提供いたします。このため、既存の金融機関を利用できずチャレンジに足踏みをしていたショップオーナーも、資金調達のチャンスを得ることが可能になります。


<こんな時におすすめ>

・新しい商品を作る資金が必要

・新しい機材を導入したい

・広告を出稿する資金にしたい ほか


■「YELL BANK」の仕組み

ネットショップ作成サービス「BASE」のデータから、各ショップの将来の売上金額を予測して「YELL BANK」がショップオーナーから将来の売掛債権を買い取ります。買い取った金額は即時にショップオーナーに支払われるため、ショップオーナーは将来の売上を"今すぐ"利用することができます。これが一瞬で資金調達ができる仕組みです。

また、「YELL BANK」は即時に資金調達ができるだけでなく、ショップ側に発生するリスクがありません。ショップの商品が購入される度に、売上から「YELL BANK」へ一定の支払率に応じた金額が支払われるので、ショップオーナーは支払いを気にすることなく商品制作に集中することができます。「YELL BANK」がショップから買い取った将来債権が万一発生しない場合には、そのリスクを「YELL BANK」が負担いたします。


【「YELL BANK」の資金調達のフロー】

?ショップのデータから3パターンの資金額が抽出されます。

?3パターンの資金額から、調達したい金額を選択して資金調達をします。

?調達した資金は、商品が売れたタイミングで「YELL BANK」に一定率ずつ支払います。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzMDM4NCMyMTI1MTEjMzAzODRfVGhsQU1qamJNRS5wbmc.png ]

■「YELL BANK」サービス概要

提供開始: 2018年12月5日(水)

対象:   「BASE」出店ショップ

URL:   http://thebase.in/yellbank


<ご利用資格>

対象者:     「YELL BANK」のサービス案内を受け取られた方

資金用途:    事業資金

将来債権買取額: 1万円〜1,000万円

支払率:     1%〜100%

サービス利用料: 1%〜15%

必要書類:    なし


まずは一部のショップオーナーからサービスを提供開始し、将来的により多くのショップオーナーにご利用いただくことを目指して、提供範囲を順次拡大していく予定です。


BASEは、資金を理由に今まで挑戦できずにいた人々が、次の1歩に挑戦できる世界を、「YELL BANK」を通じて作ってまいります。


以上


■BASE BANK株式会社について

既に仕組みは存在しているけれども、多くの人がその恩恵を享受できていない。 その様な現状を無くすために生まれたのが「BASE BANK」です。「銀行をかんたんにし、全ての人が挑戦できる世の中に」を企業のミッションとして、金融サービス「YELL BANK」を運営しています。


■会社概要

社  名 : BASE BANK株式会社

設  立 : 2018年1月4日

役  員 : 代表取締役CEO 鶴岡 裕太

           取締役 原田 健

           取締役 須田 光

           監査役 歌川 文夫

資本金 : 1億円(資本準備金を含む)

事業内容: 金融事業

関係会社: BASE株式会社 (BASE BANKはBASE株式会社の100%子会社です)


【「BASE」について】

「BASE」は、モノづくりをする個人・法人、地域活性を支援する自治体等の行政をはじめ、60万店舗にご利用いただいているネットショップ作成サービスと、そこで開設された店舗の商品が購入できるショッピングアプリを提供するEコマースプラットフォームです。


○ネットショップ作成サービス「BASE」 https://thebase.in/

「お母さんも使える」がコンセプトのネットショップ作成サービスです。導入が簡単な決済機能、おしゃれなデザインテンプレート、トランザクション解析ツールなどネットショップの運営に必要な機能を備えており、費用やWeb技術、時間などのさまざまな理由でこれまでネットショップを始めることが困難だった方も、気軽に始めていただくことが可能です。簡易な操作性でネットショップの運用ができるので、商品を企画・生産・製造をされている方が、ものづくりをしながら販売まで対応することができます。


○ショッピングアプリ「BASE」 https://thebase.in/sp

ショッピングアプリ「BASE」は400万ユーザーが利用するスマートフォンアプリです。トレンド、ファッション、インテリア、エンタメ・ホビー、コスメ、家電・スマホ、スポーツ・レジャー、食品・飲料(野菜や果物等の農産物、肉・魚等の生鮮食品も含む)など幅広いジャンルの商品を購入することができます。ショッピングアプリ「BASE」の出店店舗は、自ら商品を企画・生産・製造されている方、またオリジナルブランド立ち上げの一環としてご利用されている方が7割を超えています。出店をご希望の方は、ネットショップ作成サービス「BASE」( https://thebase.in/ )よりご登録いただけます。


【会社概要】

会 社 名: BASE株式会社 (英語表記 BASE, Inc.)

代 表 者: 代表取締役CEO 鶴岡 裕太

所 在 地: 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F

設 立: 平成24年(2012)年12月11日

資 本 金: 25億9,224万円(資本準備金を含む)

U R L: https://binc.jp/

事業内容: Eコマースプラットフォーム「BASE」の企画・開発・運営

関係会社: PAY株式会社

BASE BANK株式会社





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

BASE株式会社のプレスリリース一覧

2018年12月05日 [サービス]
BASEがリスク無し・即時に資金調達できる金融サービス「YELL BANK」を提供開始

2018年11月01日 [企業の動向]
BASEと筑波銀行が事業提携を開始‐茨城県産物をEコマースで広めるビジネスと新しいワークスタイル・ライフスタイルをサポート‐

2018年10月15日 [告知・募集]
「BASE」がトークイベント「Made in Local! ローカルプロダクトに学ぶブランディングのヒント」を開催

2018年10月09日 [企業の動向]
「BASE」のショップ開設数が60万ショップを突破 - オーナーズの活動サポートを多方面から強化 -

2018年08月17日 [サービス]
「自分のショップを作るってすごく興奮する!」香取慎吾さんが「BASE」で夢を“開いた”ショップオーナーに!BASEテレビCM第2弾は「バンドマン」と「絵本作家」




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年12月07日 株式会社バリューコミットメント [ネットサービスサービス]
LINEで証明写真がつくれる! ピクチャン「コンビニ証明写真」がLINE版のサービスを開始 全国のコンビニ約50,000店で証明写真を200円でプリントできます

2018年12月07日 株式会社パルソラ [ネットサービス告知・募集]
カードノベルのパルソラ、投稿アプリ『izure』の正式ローンチを記念して「第1回izure大賞」の開催を発表

2018年12月07日 マレントジャパン [ネットサービス製品]
格安で本格的なフリマサイトが簡単につくれるCMS『furimo(フリモ)』を12月13日から発売。配送ボタン、エスクロー決済、販売手数料設定などの機能搭載

2018年12月06日 株式会社AIトラベル [ネットサービス/提携]
次世代型クラウド出張手配管理サービスの「AI Travel」が、観光創造企業のホワイト・ベアーファミリーと業務提携

2018年12月06日 ペイオニア・ジャパン株式会社 [ネットサービスサービス]
2019年世界各国・小売りの商戦期対策に役立つ、ペイオニア「越境EC販促カレンダー」をリリース。

2018年12月05日 株式会社ファランクス [ネットサービスサービス]
WEBマーケティング運用開発のファランクス(本社:新宿)は累計2000社10年以上の蓄積した独自ノウハウより「LTVあげるくん」のパッケージサービスを開始した。


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ジェイマックシステム
LINE上で人気の人工知能『糖質AIちゃん』、11月27日にスマホWeb版リリース! 「芸能人に似てる診断」がより手軽に楽しめるようになりました!
2位 ココロとカラダ有限会社
天然成分にこだわった男性機能サポートのサプリメント、11月27日発売。医師が監修した安心の国内生産、古代からインドで重用された「ムクナ」を配合
3位 株式会社グリーンホスピタリティーマネジメント
ホテルグランバッハ 東北に初進出 「ホテルグランバッハ仙台セレクト」 〜 仙台駅至近の新築ビルに出店、2020年夏に開業 〜
4位 株式会社NextNinja
i☆Ris、蛭子、アジャコングが『グラサマ』に夢中!? 超本格王道RPG『グランドサマナーズ』2周年記念CMを公開中!
5位 特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会
「シェアハウス等ADR総合対策室」が<スルガ銀行>シェアハウス融資トラブルの<不動産ADRを活用した>調停斡旋案基本方針を発表
>>もっと見る