アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2019年01月28日 16時 [国・自治体・公共機関その他]

アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口

アイルランドでも「合意なき離脱」に備え、緊急対策計画を発表 貿易・経済への影響の最小化、北アイルランド和平手続きの保護、共通旅行区域の維持、EUとの関係強化が柱

1 月15 日、英議会は政府の欧州連合(EU)離脱案を大差で否決、英国のEU 離脱の行方は一段と混迷の度を加えています。
そのような中、アイルランド政府は昨年末、「合意なき離脱」に備えた緊急対応計画(コンティンジェンシー・アクションプラン)を発表しました。


12 月19 日に発表された計画では、アイルランドのマクロ経済や貿易だけでなく、すべての分野における日常的な経済活動に大きな影響を与える「合意なき離脱」に備えて、「危機管理に重点を置く」必要があると結論付けています。その対策として、貿易・経済への影響の最小化、北アイルランドとの厳格な国境管理の再導入(ハードボーダー)の回避を含めた和平手続きの保護、共通旅行区域(CTA)の維持、EU とのさらなる関係強化が柱となっています。


また、「合意なき離脱」の場合に、英国との緊密な関係を維持するために治安・安全、医療、教育、国境管理、旅行や貿易等の分野で改正が必要となる45 の法制度の改正案の作成を進めます。また、英国・アイルランド両国は共通旅行区域を推進する方向で、今後、必要な制度構築のため協力していくとしています。


ダブリン港やロスレア港では、通関業務や検疫業務の増加を見込んで、政府が土地を購入し、荷物検査所の増設、トラック用駐車スペースの増設などインフラ整備を推進する計画です。

ダブリン空港では既にインフラ拡充が始まっており、税関スタッフも200 人を新規雇用し、流通への影響を軽減します。

英国を経由してEU に輸送されるアイルランド製品にとっては、「合意なき離脱」になった場合にドーバー海峡の流通の大きな遅延がボトルネックになるため、海運業者と連携して新たな流通経路の開拓を進めます。さらに、税関はEU 離脱への準備を進める企業を支援するためのウェブサイトを開設するほか、貿易企業への支援プログラムを策定しています。


レオ・バラッカー首相は、15 日の英議会によるEU 離脱案否決後に記者会見して、アイルランドは、EU 離脱後に英国との厳しい国境管理を避けるための「安全策」に期限を設定するなど、いささかの変更もするつもりはない、と語りました。


(12 月19 日に発表されたアイルランド政府の緊急対策計画のリンク、英文)

https://merrionstreet.ie/MerrionStreet/en/News-Room/Releases/No_Deal_Brexit_Contingency_Plan.pdf


(アイルランド税関が開設した、EU 離脱への準備を進める企業を支援するためのウェブサイトへのリンク、英文)

https://www.revenue.ie/en/customs-traders-and-agents/brexit/index.aspx


■アイルランド政府産業開発庁 (IDA Ireland) について

アイルランド政府産業開発庁は、アイルランドの産業開発、海外からの直接投資等を推進する

目的で設立された政府機関です。日本事務所では、過去40 年間にわたり、欧州への進出を検討

されている日本企業向けに、立地や人材、税制、優遇措置など各種最新情報の提供のほか、現

地視察、進出計画の立案から進出後のサポートまで幅広い支援を行っています。

過去のプレスリリースは、https://www.idaireland.jp/newsroom/ をご覧ください。


投資に関するお問い合わせ

アイルランド政府産業開発庁 日本事務所

代表 デレク・フィッツジェラルド

東京都千代田区麹町2-10-7 アイルランドハウス2 階

E-mail: idatokyo@ida.ie ウェブサイト: https://www.idaireland.jp /Twitter: @IDA_TOKYO



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口のプレスリリース一覧

2019年03月28日 [企業の動向]
ヴァレオ(Valeo)社、自動運転車の研究開発に4400万ユーロ(約55億円)を投資 アイルランドのチュアムにあるR&Dセンターで50人の雇用創出へ

2019年02月28日 [企業の動向]
S&Pグローバル・レーティング(S&P GLOBAL RATINGS)社、 アイルランド・ダブリンに欧州統括本部を新規開設

2019年02月13日 [企業の動向]
アイルランド政府産業開発庁、デピューシンセス(DePuy Synthes)アイルランド社 イノベーションセンターへの新規巨額投資を歓迎

2019年01月29日 [企業の動向]
アイルランド政府産業開発庁、セールスフォース社による1500人の新規雇用とシティセンターでの「セールスフォース・タワー」設立構想発表を歓迎

2019年01月28日 [その他]
アイルランドでも「合意なき離脱」に備え、緊急対策計画を発表 貿易・経済への影響の最小化、北アイルランド和平手続きの保護、共通旅行区域の維持、EUとの関係強化が柱




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年04月22日 株式会社オーエス [国・自治体・公共機関サービス]
「えいようJoin地方創生事業」 管理栄養士が地域の食材を美容、健康の両面から分析 〜 令和元年5月1日から本格始動 〜

2019年04月16日 株式会社FLIGHTS [国・自治体・公共機関/提携]
ドローン総合サービスを提供するFLIGHTS 品川区と災害時におけるドローン活用に関する協定を締結

2019年04月15日 感動創出工場ジ〜ンファクトリー株式会社 [国・自治体・公共機関告知・募集]
平成最後の!!「彩の国 カレーなる闘い」を開催−埼玉県外からの参戦を求む!!−日時:平成31年4月28日(日)10:30〜15:00

2019年04月10日 株式会社うるる [国・自治体・公共機関/研究・調査報告]
官公庁・地方自治体入札市場レポート(2019年3月)〜2019年3月の公示案件数の合計は74,272件(前月比 -38.02pt)〜

2019年04月09日 株式会社オーエス [国・自治体・公共機関/研究・調査報告]
株式会社オーエス、第2回「47都道府県Weibo運用実態調査プロジェクト」を発表 〜自治体向けに「Weiboアカウント無料相談」を実施中〜

2019年04月01日 一般財団法人 京都市都市整備公社 [国・自治体・公共機関サービス]
京都市駐車場案内 「KYOTO PARKING NAVI」サイトリニューアルのお知らせ


  VFリリース・アクセスランキング
1位 Oaxis Japan株式会社
令和初クーポン券!アメリカで人気のウェアラブル機器や子ども向けのIoT機器が10%オフに!Oaxis Japan Yahoo店限定!
2位 Oaxis Japan株式会社
春の勤労感謝スペシャル!Amazonで「myFirst Fone」を購入するお客様に限定!次回の対象商品のご購入につき、20%OFFの上に、更に500円引き!
3位 合同会社EMIトレーディング
「スマイルゼミ スマイルタブレット3」専用 液晶保護フィルム3種類を 4月5日amazon.co.jpで販売開始
4位 株式会社うるる
官公庁・地方自治体入札市場レポート(2019年3月)〜2019年3月の公示案件数の合計は74,272件(前月比 -38.02pt)〜
5位 生フルーツゼリー専門店 フルフール御殿場
おとりよせ不可の生フルーツゼリー専門店・フルフール御殿場が2019年5月15日から21日までの1週間、日本橋三越本店に出店。
>>もっと見る