アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2019年01月28日 16時 [国・自治体・公共機関その他]

アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口

アイルランドでも「合意なき離脱」に備え、緊急対策計画を発表 貿易・経済への影響の最小化、北アイルランド和平手続きの保護、共通旅行区域の維持、EUとの関係強化が柱

1 月15 日、英議会は政府の欧州連合(EU)離脱案を大差で否決、英国のEU 離脱の行方は一段と混迷の度を加えています。
そのような中、アイルランド政府は昨年末、「合意なき離脱」に備えた緊急対応計画(コンティンジェンシー・アクションプラン)を発表しました。


12 月19 日に発表された計画では、アイルランドのマクロ経済や貿易だけでなく、すべての分野における日常的な経済活動に大きな影響を与える「合意なき離脱」に備えて、「危機管理に重点を置く」必要があると結論付けています。その対策として、貿易・経済への影響の最小化、北アイルランドとの厳格な国境管理の再導入(ハードボーダー)の回避を含めた和平手続きの保護、共通旅行区域(CTA)の維持、EU とのさらなる関係強化が柱となっています。


また、「合意なき離脱」の場合に、英国との緊密な関係を維持するために治安・安全、医療、教育、国境管理、旅行や貿易等の分野で改正が必要となる45 の法制度の改正案の作成を進めます。また、英国・アイルランド両国は共通旅行区域を推進する方向で、今後、必要な制度構築のため協力していくとしています。


ダブリン港やロスレア港では、通関業務や検疫業務の増加を見込んで、政府が土地を購入し、荷物検査所の増設、トラック用駐車スペースの増設などインフラ整備を推進する計画です。

ダブリン空港では既にインフラ拡充が始まっており、税関スタッフも200 人を新規雇用し、流通への影響を軽減します。

英国を経由してEU に輸送されるアイルランド製品にとっては、「合意なき離脱」になった場合にドーバー海峡の流通の大きな遅延がボトルネックになるため、海運業者と連携して新たな流通経路の開拓を進めます。さらに、税関はEU 離脱への準備を進める企業を支援するためのウェブサイトを開設するほか、貿易企業への支援プログラムを策定しています。


レオ・バラッカー首相は、15 日の英議会によるEU 離脱案否決後に記者会見して、アイルランドは、EU 離脱後に英国との厳しい国境管理を避けるための「安全策」に期限を設定するなど、いささかの変更もするつもりはない、と語りました。


(12 月19 日に発表されたアイルランド政府の緊急対策計画のリンク、英文)

https://merrionstreet.ie/MerrionStreet/en/News-Room/Releases/No_Deal_Brexit_Contingency_Plan.pdf


(アイルランド税関が開設した、EU 離脱への準備を進める企業を支援するためのウェブサイトへのリンク、英文)

https://www.revenue.ie/en/customs-traders-and-agents/brexit/index.aspx


■アイルランド政府産業開発庁 (IDA Ireland) について

アイルランド政府産業開発庁は、アイルランドの産業開発、海外からの直接投資等を推進する

目的で設立された政府機関です。日本事務所では、過去40 年間にわたり、欧州への進出を検討

されている日本企業向けに、立地や人材、税制、優遇措置など各種最新情報の提供のほか、現

地視察、進出計画の立案から進出後のサポートまで幅広い支援を行っています。

過去のプレスリリースは、https://www.idaireland.jp/newsroom/ をご覧ください。


投資に関するお問い合わせ

アイルランド政府産業開発庁 日本事務所

代表 デレク・フィッツジェラルド

東京都千代田区麹町2-10-7 アイルランドハウス2 階

E-mail: idatokyo@ida.ie ウェブサイト: https://www.idaireland.jp /Twitter: @IDA_TOKYO



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口のプレスリリース一覧

2019年02月13日 [企業の動向]
アイルランド政府産業開発庁、デピューシンセス(DePuy Synthes)アイルランド社 イノベーションセンターへの新規巨額投資を歓迎

2019年01月29日 [企業の動向]
アイルランド政府産業開発庁、セールスフォース社による1500人の新規雇用とシティセンターでの「セールスフォース・タワー」設立構想発表を歓迎

2019年01月28日 [その他]
アイルランドでも「合意なき離脱」に備え、緊急対策計画を発表 貿易・経済への影響の最小化、北アイルランド和平手続きの保護、共通旅行区域の維持、EUとの関係強化が柱

2019年01月18日 [業績報告]
アイルランド政府産業開発庁 2018年業務実績を発表 〜多国籍企業部門の雇用、過去最高の22 万9057 人に 海外誘致企業で2 万2785 人の雇用を創出〜

2018年12月21日 [企業の動向]
アジレント社、アイルランド事業に投資しR&D施設を拡張 〜アイルランド拠点をパートナー企業および顧客企業向けに公開




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年02月19日 大分県大阪事務所 [国・自治体・公共機関企業の動向]
2月23日(土)、大分県大阪事務所が大分に住みたくなる相談会「おおいた暮らし塾 in 大阪」を開催。 移住のイロハを聞いてみよう!(参加費無料)

2019年02月13日 アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口 [国・自治体・公共機関企業の動向]
アイルランド政府産業開発庁、デピューシンセス(DePuy Synthes)アイルランド社 イノベーションセンターへの新規巨額投資を歓迎

2019年02月12日 田中宏 [国・自治体・公共機関その他]
ゲストにEXILEのSA も登場! 「知ってるだけでちょっと違う〜消費者市民社会フォーラム〜」を開催しました。

2019年02月08日 株式会社うるる [国・自治体・公共機関/研究・調査報告]
官公庁・地方自治体入札市場レポート(2019年1月)〜2019年1月の公示案件数の合計は105,683件(前月比 +38.39pt)〜

2019年02月07日 桑名市 [国・自治体・公共機関サービス]
海外販路開拓プラットフォーム「セカイコネクト」を使った 市内企業の海外販路開拓・拡大支援 〜年度内に市内企業5社がテスト参加〜

2019年02月07日 株式会社アイネス [国・自治体・公共機関告知・募集]
AIを活用した住民問い合わせ対応サービスの実証を相模原市にて開始 〜 新たな住民サービスの提供や行政事務の効率化等を検証 〜


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社スターミュージック・エンタテインメント
BABY-Tがこの時期にピッタリなFUTURE HOUSE「Reach for The Sun 」を2019年2月1日リリース!
2位 クロスリンクマーケティング株式会社
【Aubee】から、スマートウオッチ Aubee-X9と、クラウドファンディング「Makuake」よりTVチューナー AUB-100の先行予約販売を開始します。
3位 グランドサマナーズ運営事務局
今なら『リムル』もらえる!超本格王道RPG『グランドサマナーズ』 本日、1/22(火)より『転生したらスライムだった件』とのコラボイベント開始!
4位 株式会社キッズスター
「コンテンツマーケティングジャパン 2019」に登壇および出展いたします
5位 株式会社favy
定額制コーヒー店『coffee mafia』第3号店、東京・銀座の『re:Dine GINZA』内にオープン!毎日無料でコーヒーを楽しめる定額制会員権を発売
>>もっと見る