株式会社ユニクエストのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2019年04月26日 10時 [ネットサービス企業の動向]

株式会社ユニクエスト

インターネット集客型葬祭サービス「小さなお葬式」が2年連続で年間葬儀受注件数No.1を獲得

セットプランの葬儀サービス「小さなお葬式」をインターネットで提供している、株式会社ユニクエスト(大阪市西区/代表取締役:重野 心平)は、民間調査機関であるTPCマーケティングリサーチ株式会社が、2019年2月に行った「葬儀受注件数に関する調査」において年間葬儀実績(受注件数)でNo.1を獲得しました。


セットプランの葬儀サービス「小さなお葬式」をインターネットで提供している、株式会社ユニクエスト(大阪市西区/代表取締役:重野 心平)は、民間調査機関であるTPCマーケティングリサーチ株式会社が、2019年2月に行った「葬儀受注件数に関する調査」において年間葬儀実績(受注件数)でNo.1を獲得しました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzMTg3OSMyMjAyNDAjMzE4NzlfQWp5cUV0WWJ5eS5wbmc.png ]


■小さなお葬式とは

全国統一料金(※1)業界初の定額WEB集客型葬祭サービス。

2009年10月、WEBサイトを持っている葬儀社が少なく、特に価格を明確に打ち出しているところがほぼ無いという状況下で、全国一律の料金設定をした葬儀プランをインターネットで集客するという方法は業界初の取組みでした。

開始当初は業界内から賛否両論のご意見を頂くこともありましたが、「『不透明』を『透明』に」という企業理念のもと、常にお客様のニーズを把握し、提供し続けてまいりました。


インターネットでお葬式の情報収集ができる手軽さ、全国のネットワーク、低価格な費用(葬儀の平均相場が122万円(※2)のところ、小さなお葬式は最安145,000円〜)と料金体系のわかりやすさがお客様からご支持をいただき、ご依頼件数は2018年3月末時点で累計15万件を突破。

2018年2月実施の「葬儀受注件数に関する調査(2017年度)」において全国No.1の葬儀実績を獲得し、2019年2月(2018年度)においても2年連続でNo.1を獲得しました。


今後も、ネット葬儀のパイオニアとして「小さなお葬式」をはじめとする提供サービスにおいて、お客様の多様なニーズにお応えし続けて参ります。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzMTg3OSMyMjAyNDAjMzE4NzlfVUlNREZpaGJFSy5wbmc.png ]


■「小さなお葬式」主力プラン

「小さなお別れ葬」145,000円(税込):直葬(ちょくそう)と呼ばれる儀式なしのプラン

「小さな火葬式」193,000円(税込):直葬と呼ばれる儀式なし、仏具を含むプラン

「小さな一日葬」343,000円(税込):告別式を1日で行うプラン

「小さな家族葬」493,000円(税込):通夜、告別式を2日かけて行うプラン


■小さなお葬式の主な沿革

葬儀だけでなく、寺院の手配、お墓など納骨先の手配、仏壇の販売などライフエンディングに関するサービスを総合的にワンストップで提供できるよう、2009年より順次サービスを拡充しております。


2009年10月 全国対応セットプランのWEB集客型葬祭サービス「小さなお葬式」をスタート

2012年9月  全国対応のWEB集客型寺院手配サービス「てらくる」をスタート

2012年11月 格安仏壇販売の「小さなお仏壇」をスタート

2015年5月 「小さなお葬式」受注件数5万件突破

2017年11月 海洋用散骨、永代供養、樹木葬、お墓など様々な納骨先を比較検討できるWEBサイト「OHAKO(おはこ)」をスタート


【株式会社ユニクエスト】 https://www.uqo.jp/

所在地:〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町1-6-3

代表取締役:重野 心平

設立:2006年08月01日

事業内容:インターネットメディアの企画・開発、Eコマースソフトウェアの企画・開発


「『不透明』を『透明』に」という企業理念の下、創業したITベンチャー。

主力サービス「小さなお葬式」は、業界初の「全国対応」、パックプランの定額プランを提示。お客様の明瞭価格の葬儀を安心して行いたいというニーズと合致し、「依頼件数日本一(※3)」を獲得しています。


(※1) 「小さなお葬式」では、全てのプランにおいてお葬式に必要な物品・サービスを含んでいるため、多くの場合、セットプラン料金内でお葬式を行っていただけますが、公営火葬場の無い地域にお住いの方や、火葬場の空き状況、その他お客さまがオプションサービスをご希望される場合などは、別途費用がかかります。

(※2)全国の葬儀費用の平均は122万円(日本消費者協会、第10回「葬儀費用についてのアンケート調査」)

(※3)2018年2月、2019年2月TPCマーケティングリサーチ調べ



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社ユニクエストのプレスリリース一覧

2019年10月31日 [研究・調査報告]
11月1日“ワンワンワン”の「犬の日」にペットの終活を考える/愛犬の供養にかけたいお金は実際の3倍!もっと手厚く供養したいという傾向も

2019年09月30日 [提携]
デジタル遺品も、お葬式も業界No.1の安心サポートで!業務提携・共同告知開始 ユニクエスト「小さなお葬式」×日本PCサービス

2019年09月17日 [サービス]
「小さなお葬式」コンビニ・郵便局での後払い決済を9月17日から開始

2019年09月17日 [告知・募集]
葉加瀬太郎さん初作曲の葬送曲「レクイエム」、『小さなお葬式』のテーマ曲として書き下ろし

2019年05月23日 [サービス]
―ペットの終活―業界No.1の実績「小さなお葬式」が僧侶による読経が含まれた定額ペット葬をスタート




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年08月07日 ユニバースグループ [ネットサービスサービス]
交際クラブ業界初。リモート面談で全国各地どこからでも男性入会が可能になりました。

2020年08月07日 安井恭平 [ネットサービスサービス]
【外食業界を一変させるサイト】 クラウドファンディングでプロジェクト開始!

2020年08月07日 株式会社TSクラウド [ネットサービス企業の動向]
Google Cloud プレミアパートナーの「TS Cloud」が日本法人を長野県に設立。G Suiteの販売代理店業務を開始。

2020年08月07日 INTERWORKS [ネットサービスサービス]
華の会メール「出会いコラム」 〜シングルマザーの生活費相場は?節約の方法を紹介!〜

2020年08月07日 丸井織物株式会社 [ネットサービス製品]
オリジナルグッズ製作・販売のECサイト「UP-T」から、スウェットとイージーパンツの新アイテムが登場!秋冬シーズンに活躍するコスパ&品質の良い製品を続々追加

2020年08月06日 ユニバースグループ [ネットサービスサービス]
マッチング業界初のYoutubeラジオチャンネル「Universe Radio」開設


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ワールドパーティー
見渡す限りネコ!アンブレにゃん!Masayuki Oki×Wpc.「必死すぎるネコ」で人気の猫写真家、沖昌之(おきまさゆき)さんとWpc.のコラボ傘に注目
2位 消費者経済総研
7月24日(金)は、【アキ活 元日】|「アキ活」してますか?
3位 matsuri technologies株式会社
【巣鴨でおためし同棲 コロナ破局を防ぐ】保証人不要/初期費用なしで同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「おためし同棲」で巣鴨エリア開始
4位 消費者経済総研
7月24日(金)は【アキ活 元日】だった。令和2年は【アキ活 元年】。
5位 消費者経済総研
【更新】ファクターxは「亜種コロナ感染済み→免疫獲得」が、やはり最有力か|また「免疫」は、「抗体」以外に「T細胞」にも注目
>>もっと見る