株式会社リソーコのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2019年05月21日 10時 [不動産告知・募集]

株式会社リソーコ

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会が、展覧会「ブルーインフラがつくる都市 −東京港湾倉庫論−」を開催!

Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブルーインフラがつくる都市 −東京港湾倉庫論−」を開催いたします。

本展では、そのゲストのひとりである渡邊大志氏(建築家・早稲田大学准教授)とともに、物流が都市と建築を変えていくことが顕著に現れている臨海部を対象にし、「倉庫」をベースに都市と建築の過去、現在、未来の一断面を紹介いたします。



[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTM3NCMyMjEwNjAjNjEzNzRfT0JLSFF1RXdxZC5qcGc.jpg ]


ブルーインフラがつくる都市

−東京港湾倉庫論−


 展覧会開催のお知らせ


 Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブルーインフラがつくる都市 −東京港湾倉庫論−」を開催いたします。


 2018年春からLogistics Architecture研究会はAI、IoT、ロボット、自動運転などの導入が進む物流が建築と都市を変えていくという問題意識を持ち、建築、都市計画、物流、IT、社会学、地理学の専門家をゲストに招き、物流の進化と建築と都市の変化のベクトルを展望するフォーラムを重ねてきました。


 本展では、そのゲストのひとりである渡邊大志氏(建築家・早稲田大学准教授)とともに、物流が都市と建築を変えていくことが顕著に現れている臨海部を対象にし、「倉庫」をベースに都市と建築の過去、現在、未来の一断面を紹介いたします。


 都市の臨海部は船舶や倉庫、それらを稼働させる港やふ頭などの海のインフラを統括する管理システムがつくってきました。東京の臨海部は東京港が有する12の海上交易路と交易船舶の性質によって、その位置、形状、担うべき港湾機能が形づけられています。海と陸の臨海線に立つ港湾倉庫群は求められる機能の変化によって更新させるとともに、コンテナリゼーションによって標準化された物流空間に変貌しています。また既存の倉庫の一部はコンバージョンやリノベーションによってオルタナティブな目的に活用されています。


 渡邊氏は「海と陸の臨海線に立つ港湾倉庫群が物資を呑み込み、吐き出すまでの時差が経済空間としての都市を生み出し、ひいては人間の暮らしの空間の基盤となっている」と指摘します。


「ブルーインフラがつくる都市 −東京港湾倉庫論−」では東京臨海部マスタープラン模型を中心にして、月の満ち欠けによって時間がまわるようにエレメントを配置し、「The model of Port Warehouse City」の理念を伝えます。


              中崎 隆司(建築ジャーナリスト&生活環境プロデューサー)


■ 「ブルーインフラがつくる都市 −東京港湾倉庫論−」展


開催概要

・開催期間:2019年7月5日(金)〜7月27日(土)

・時間  :11:00〜18:00

・入場料 :無料

・会場  :「Re-SOHKO GALLERY(リソーコ ギャラリー)」

       東京都港区港南3-4-27 第2東運ビル(WAREHOUSE Konan)1階

       JR「品川」駅徒歩14分、都営地下鉄・京急線「泉岳寺」駅徒歩16分

       都営バス・港区コミュニティバス「浜路橋」停留所徒歩1分

      *お車でお越しの際は、近隣の時間貸し駐車場をご利用ください。

・主催  :Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会

・企画  :中崎隆司(建築ジャーナリスト&生活環境プロデューサー)

・理念とデザイン:渡邊大志(建築家・早稲田大学准教授)

・特別協賛:東京倉庫運輸株式会社

・協賛  :株式会社リソーコ

・協力  :イーソーコグループ


■ プロフィール


中崎 隆司(なかさき たかし)/ 企画

建築ジャーナリスト&生活環境プロデューサー。

生活環境の成熟化をテーマに都市と建築を対象にした取材・執筆ならびに、展覧会、フォーラム、研究会、商品開発などの企画をしている。著書に『建築の幸せ』『ゆるやかにつながる社会−建築家31人にみる新しい空間の様相―』『なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか』『半径一時間以内のまち作事』などがある。


渡邊 大志(わたなべ たいし)/ 理念とデザイン

建築家。早稲田大学創造理工学部建築学科 准教授。

1980年生まれ。2005年早稲田大学理工学術院建築学専攻修了(石山修武研究室)。同年、同研究室個人助手。2012年、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(伊藤毅研究室)。博士(工学)、一級建築士。2016年より現職。2019年秋よりフィンランド・アルヴァ・アアルト大学客員研究員。専門は、建築デザイン・都市史。

株式会社渡邊大志研究室一級建築士事務所主宰、世田谷まちなか観光交流協会委員、港区景観審議会委員。

主著に、『東京臨海論ー港からみた都市構造史ー』(東京大学出版会、2017年)など。

作品に、「節会―倉庫と舞台」「空気のグロッタ」「酒井邸」など。


■ トークイベント及びオープニングパーティ


開催概要

・開催日 :2019年7月5日(金)

・時間  :トークイベント18:30〜19:30(受付開始18:00)

      オープニングパーティ19:30〜21:30

・入場料 :無料(事前登録制)

・定員  :30名

・会場  :Warehouse Market Tokyo「ENTREPOT(アントルポ)」

      東京都港区港南3-4-27 第2東運ビル(WAREHOUSE Konan) M2階

      JR「品川」駅徒歩14分、都営地下鉄・京急線「泉岳寺」駅徒歩16分

      都営バス・港区コミュニティバス「浜路橋」停留所徒歩1分

      *お車でお越しの際は、近隣の時間貸し駐車場をご利用ください。

・プログラム:

18:30 モデレーター挨拶/

   中崎隆司氏(建築ジャーナリスト&生活環境プロデューサー)

18:35 トークイベント(対談)/

   渡邊大志氏(建築家・早稲田大学准教授)

            × 加藤耕一氏(建築史家・東京大学教授)

19:40 オープニングパーティ

21:30 閉会


■ プロフィール / トークイベント(対談)ゲスト


加藤 耕一(かとう こういち)

建築史家。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 教授。

1973年東京生まれ。1995年、東京大学工学部建築学科卒業。2001年、同大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。学位、博士(工学)取得。2002年、東京理科大学理工学部助手。2004年、パリ第4大学(パリ=ソルボンヌ)客員研究員(日本学術振興会海外特別研究員)。2009年、近畿大学工学部講師。2011年、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授。2018年より現職。

主な受賞歴は、サントリー学芸賞(芸術・文学部門、2017年)、建築史学会賞(2018年)、日本建築学会賞(論文、2018年)、日本建築協会第17回「建築と社会」賞(論考、2018年)など。

主な著書に『時がつくる建築−リノべーションの西洋建築史』(東京大学出版会、2017年)、『ゴシック様式成立史論』(中央公論美術出版、2012年)、『「幽霊屋敷」の文化史』(講談社現代新書、2009年)ほか。訳書にH.F.マルグレイヴ『近代建築理論全史 1673-1968』(監訳、丸善出版、2016年)、S.ウダール・港千尋『小さなリズム−人類学者による「隈研吾」論』(監訳、鹿島出版会、2016年)、J.-M.ペルーズ・ド・モンクロ『芸術の都パリ大図鑑―建築・美術・デザイン・歴史』(共訳、西村書店、2012年)などがある。

現在、10+1websiteにて「アーキテクトニックな建築論を目指して」連載中。


■ 主催者について


・名称  :Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会

・企画  :中崎隆司(建築ジャーナリスト&生活環境プロデューサー)

・幹事企業:株式会社リソーコ

・協力  :東京倉庫運輸株式会社、イーソーコグループ


■ トークイベント及びオープニングパーティ参加お申込み先


こちらのフォーム(https://peatix.com/event/678635)より御申し込み下さい。


■ 本件に関するお問い合わせ先


Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会事務局

(株式会社リソーコ内)

住所:東京都港区芝浦1-13-10 第3東運ビル(WAREHOUSE Shibaura)

TEL:03-3453-0919 Email: info@re-sohko.co.jp

担当:浜谷(はまや)、伊沢(いさわ)





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社リソーコのプレスリリース一覧

2019年05月21日 [告知・募集]
Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会が、展覧会「ブルーインフラがつくる都市 −東京港湾倉庫論−」を開催!

2019年05月08日 [サービス]
倉庫リノベーションの株式会社リソーコが「高輪ゲートウェイ」駅近くにショールームをオープン!

2017年08月22日 [サービス]
『 新3K を提唱! SOHKOMAN で倉庫をもっと身近に 』

2016年10月03日 [告知・募集]
【MAKE ALTERNATIVE SPACE 建築ユニット3組による倉庫リノベーションの提案】

2016年06月16日 [サービス]
株式会社リソーコが、倉庫をレンタルスペースとして活用するポータルサイト「レンタルソーコ」をオープン




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年06月20日 株式会社UBIQS [不動産サービス]
IoTの活用で“無人”のホテル運営を実現! UBIQS(ユービックス)が三重・伊勢市内で4人まで滞在可能なコンドミニアム運営の営業許可を取得

2019年06月17日 オーナーズエージェント株式会社 [不動産キャンペーン]
宅建講座【スタケン】宅建試験申し込み直前、受験者応援キャンペーンを開催! 毎日20名限定、税込18,800円! 6月24日(月)から6月30日(日)まで。

2019年06月15日 株式会社グッドコムアセット [不動産告知・募集]
「屋上緑化」を採用した分譲マンション「GENOVIA王子神谷 skygarden」が、東京都足立区にて竣工。 株式会社グッドコムアセット

2019年06月15日 株式会社グッドコムアセット [不動産告知・募集]
「屋上緑化」を採用した分譲マンション「GENOVIA亀戸? skygarden」が、東京都江東区にて竣工。 株式会社グッドコムアセット

2019年06月14日 株式会社トーシンパートナーズ [不動産人事]
株式会社トーシンパートナーズ、代表取締役社長の異動(社長交代)に関するお知らせ

2019年06月07日 株式会社トーシンパートナーズ [不動産製品]
渋谷駅が徒歩圏内の立地を実現したトーシンパートナーズの最新物件「ZOOM渋谷神山町」6月3日販売開始。6月8日(土)・9日(日)に現地内覧会を開催!


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ローズクリエイト
美少女の“彼”が持つ、性別の価値観とは?
2位 TEAM KAMUI
「仮面ライダーJ」「ウルトラセブン」90年代特撮を席巻した怪優・神威杏次監督作、映画『ハートボイルド・フィクション』が公開支援クラウドファンディングを実施。
3位 株式会社友安製作所
大型家電量販店エディオンなんば本店6階にインテリアとDIYの体感型コラボショップ「友安製作所×EDION」6月7日(金)オープン!
4位 浦安ブライトンホテル東京ベイ
一夜限り!「鉄板焼×ホテルステイ×花火鑑賞」プラン
5位 株式会社トーシンパートナーズ
株式会社トーシンパートナーズ、代表取締役社長の異動(社長交代)に関するお知らせ
>>もっと見る