日本僑報社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2019年07月03日 10時 [新聞・出版・放送製品]

日本僑報社

【好評発売中】第二回世界日本語作文コンクール受賞作文集『「日本」、あるいは「日本人」に言いたいことは?』、29カ国・地域の65人からなる優秀作を一挙掲載

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、第二回世界の日本語学習者「日本語作文コンクール」の入賞作品集『「日本」、あるいは「日本人」に言いたいことは?』を刊行した。第二回コンクールは世界62カ国・地域から計6793編もの作文が寄せられた。





[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MDU2NCMyMjQwNDMjNDA1NjRfS1R2Q1pIWm1oRy5qcGc.jpg ]


【好評発売中】第二回世界日本語作文コンクール受賞作文集『「日本」、あるいは「日本人」に言いたいことは?』、29カ国・地域の65人からなる優秀作を一挙掲載


【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、第二回世界の日本語学習者「日本語作文コンクール」の入賞作品集『「日本」、あるいは「日本人」に言いたいことは?』を刊行した。第二回コンクールは世界62カ国・地域から計6793編もの作文が寄せられた。本書には29カ国・地域の65人からなる優秀作を一挙掲載


編著者は、国際交流研究所(東京・立川市)の大森和夫・弘子夫妻。

大森夫妻は平成元年(1989年)、日本語を懸命に学ぶ留学生の姿に心を打たれ、日本語の“草の根交流”を決意。和夫氏は勤務していた新聞社をキッパリと辞め、同研究所を設立、以来夫婦で世界の日本語学習者を支援する活動を平成の30年間にわたり一貫して続けてきた。

手作りの日本語教材「季刊誌『日本』」の編集・発行・寄贈をはじめ、中国の大学生を対象にした「日本語作文コンクール」、日中友好「アンケート」などの実施、さらにはそれらをまとめた編著書を日本僑報社から数多く刊行している。

2016年には、世界で日本語を勉強している外国人を対象に、初めての「日本語作文コンクール」世界大会を実施。入賞作品集の『「日本」って、どんな国? 初の【日本語作文コンクール】世界大会 101人の「入賞作文」』が2017年に日本僑報社から刊行された。http://duan.jp/item/248.html

その第二回となる「日本語作文コンクール」世界大会は、“「日本」、あるいは「日本人」に言いたいことは?”をテーマに2018年に実施され、世界62カ国・地域から計6793編もの作文が寄せられた。

入賞作品集となる本書には、中国、ベトナム、エジプト、インドなど29カ国・地域の65人からなる優秀作を一挙掲載。多種多様な内容の中にも、日本への注文や感謝など「日本語や日本、日本人との関わりを通して感じた率直な気持ちが、どの作文にも綴られていた」(あとがき)という。

世界の日本語学習者から日本への熱いメッセージが詰まった一冊。日本語を学ぶ世界の人々の恰好のテキストになるのみならず、新グローバル時代の日本人にとっても「日本と日本人」を世界から再発見できる必読書だ。

■『「日本」、あるいは「日本人」に言いたいことは?』

第二回・「世界の日本語学習者『日本語作文コンクール』」

大森和夫・大森弘子編著、日本僑報社刊


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MDU2NCMyMjQwNDMjNDA1NjRfdlBUWW9Nd2NabC5qcGc.jpg ]

■【編著者略歴】

大森和夫(おおもり・かずお)

昭和15年(1940年)東京都生まれ。

東京都・九段高校卒。早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒。

朝日新聞記者(大分支局、山口支局、福岡総局、大阪・社会部、政治部、編集委員)を経て、平成元年(1989年)1月、国際交流研究所を開設。

大森弘子(おおもり・ひろこ)

昭和15年(1940年)京都府生まれ。

京都府・西舞鶴高校卒。京都女子大学短期大学部家政学科卒。

京都府・漁家生活改良普及員(地方公務員・3年間)。

「季刊誌【日本】」、「日本語精読教材【日本】」、「日本語教材【日本】」、【新日本概況】、「デジタル版・日本語教材『【日本】という国』」の編集長。

■大森夫妻の著書一覧

http://duan.jp/item/oomori.html

■【株式会社 日本僑報について】

本社:〒171-0021東京都豊島区西池袋3-17-15

代表者:代表取締役社長 段景子

設立:1999年10月

電話番号:03-5956-2808(代表)

URL:http://jp.duan.jp/

事業内容:日本と中国の相互理解と平和共存を目的とした、出版事業とその他社会活動

■【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:日本僑報社

担当者名:南一郎

TEL: 03-5956-2808

Email:info@duan.jp



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

日本僑報社のプレスリリース一覧

2019年07月18日 [業績報告]
【漢語角】中国新聞、東京新聞、印刷版も日曜中国語サロン「星期日漢語角」600回を報道

2019年07月18日 [製品]
『日本人が参考にすべき現代中国文化』アマゾンで星五つの高評価

2019年07月18日 [告知・募集]
【募集案内】私の日本語作文指導法と第3回「世界の日本語学習者『日本語作文コンクール』」

2019年07月18日 [製品]
【発売日決定】劉勲寧著『「了」―中国語のテンス・アスペクトマーク“了”の研究―』、8月8日発売へ

2019年07月18日 [業績報告]
【漢語角】日本僑報電子週刊第1381号配信、日曜中国語サロン「星期日漢語角」600回開催を特集で配信




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年07月18日 日本僑報社 [新聞・出版・放送製品]
『日本人が参考にすべき現代中国文化』アマゾンで星五つの高評価

2019年07月18日 日本僑報社 [新聞・出版・放送告知・募集]
【募集案内】私の日本語作文指導法と第3回「世界の日本語学習者『日本語作文コンクール』」

2019年07月18日 日本僑報社 [新聞・出版・放送製品]
【発売日決定】劉勲寧著『「了」―中国語のテンス・アスペクトマーク“了”の研究―』、8月8日発売へ

2019年07月18日 日本僑報社 [新聞・出版・放送業績報告]
【漢語角】日本僑報電子週刊第1381号配信、日曜中国語サロン「星期日漢語角」600回開催を特集で配信

2019年07月18日 一般社団法人 日本旅行作家協会 [新聞・出版・放送告知・募集]
第4回「斎藤茂太賞」授賞式のお知らせ

2019年07月17日 日本僑報社 [新聞・出版・放送告知・募集]
第三回 世界「日本語作文コンクール」応募要項を発表 草の根交流続ける大森夫妻の国際交流研究所主催


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社友安製作所
大型家電量販店エディオンなんば本店6階にインテリアとDIYの体感型コラボショップ「友安製作所×EDION」6月7日(金)オープン!
2位 GOM & Company
「コミュニケーション」と「繋がり」-K-POP、Youtubeそして大衆
3位 グローバルビューティークリニック
今までのAGA・薄毛治療の概念を覆す「5大無料宣言」。 若年性の薄毛に特化したAGA専門クリニックが大阪・梅田に誕生!
4位 弁護士 齋藤 健博
YouTube総再生回数1万回突破! 弁護士「齋藤健博」 〜電話・LINEで24時間相談可能、初回は無料。〜
5位 株式会社Karigo
バーチャルオフィスのKarigo 電話サポートを本格的に開始
>>もっと見る