アイビーシー株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2020年02月26日 17時 [コンピュータ・通信機器製品]

アイビーシー株式会社

アイビーシー、複数のシステム情報管理ソフトウェアを一括管理できるマルチテナント対応製品を販売開始 〜 大規模システム管理やサービス事業者の運用コストを削減 〜

アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下IBC)は、システム情報管理ソフトウェア「System Answer G3」を複数導入されている場合に一括管理することができるマルチテナント対応製品「System Answer G3 XC(Xconnect:クロスコネクト)」を、2月19日より提供開始しましたのでお知らせいたします。


アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下IBC)は、システム情報管理ソフトウェア「System Answer G3」を複数導入されている場合に一括管理することができるマルチテナント対応製品「System Answer G3 XC(Xconnect:クロスコネクト)」を、2月19日より提供開始しましたのでお知らせいたします。


ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)インフラの監視や運用を行うにあたり、単一のツールおよび単一の画面で実現できることが、コストや手間の観点から最も望ましい体制であると言えます。ただし、管理対象となるシステムが大規模である場合や、サービス事業者のように複数企業のシステムを管理する必要がある場合には、単一のツールでまとめて監視することが難しくなります。


複数のツールや画面による監視では、ツールのライセンス管理が煩雑になる、発生するアラートをツールごとに確認するのが煩わしい、管理画面の切り替えが発生するため状況把握や分析に時間がかかるといったデメリットが発生します。


この度、提供を開始しました「System Answer G3 XC」をご利用いただくことにより、複数の「System Answer G3」を個別に操作することなく、一括で管理することができるようになります。「System Answer G3 XC」では、上記のデメリットを解消するために、以下のような機能を提供しています。


1.ライセンス管理

「System Answer G3」ごとの契約項目数と消費項目数を一表でまとめて表示できます。


2.アラート一括監視

すべての「System Answer G3」で検知したアラートの情報を一表でまとめて表示できます。


3.個別監視

「System Answer G3 XC」の管理下にある「System Answer G3」の監視情報を同一画面から確認できます。


また、「System Answer G3 XC」では各種管理画面をウィジェット形式でポータル表示させることができるため、必要な情報を、分かりやすい並び順と配置により確認することが可能です。


「System Answer G3 XC」により複数の「System Answer G3」を一括管理することで、大規模なシステムや複数企業のシステムを監視する際の煩雑さや煩わしさを解消し、運用管理に要するコストの大幅な削減を実現することができます。


<企業情報>


IBCは、2002年の設立以来、性能監視分野に特化した事業を展開しており、ネットワークシステムの稼働状況や障害発生の予兆などを把握するネットワークシステム性能監視ツールの開発・販売およびコンサルティングを手掛けています。


社  名:アイビーシー株式会社

本  社:〒104-0033 東京都中央区新川1丁目8番8号 アクロス新川ビル8F

代 表 者:代表取締役社長 加藤 裕之

設  立:2002年10月

事業内容:ネットワークシステム性能監視ツールの開発 / 販売 / サポート

     ネットワークシステムの性能評価サービス

     ネットワークシステムの設計・構築、コンサルティング

     IoTセキュリティ基盤サービスの開発 / 提供

     各種機器、ソフト販売


<本件に関するお問い合わせ>


■アイビーシー株式会社

電話 :03-5117-2780

E-mail:info@ibc21.co.jp





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

アイビーシー株式会社のプレスリリース一覧

2020年04月01日 [キャンペーン]
アイビーシー、クラウド型情報管理サービスの無料提供キャンペーンを開始 〜 リモートワーク急増に伴う仮想デスクトップ環境の性能低下を防止 〜

2020年02月26日 [製品]
アイビーシー、複数のシステム情報管理ソフトウェアを一括管理できるマルチテナント対応製品を販売開始 〜 大規模システム管理やサービス事業者の運用コストを削減 〜

2019年11月29日 [サービス]
アイビーシー、パロアルトネットワークス社の次世代ファイアウォールPAシリーズに関するアセスメントサービスおよびログ解析サービスを開始

2019年08月01日 [サービス]
アイビーシー、ナビプラスからの事業譲り受けによりセキュリティポートフォリオを強化 〜 脆弱性診断サービスおよびSSL証明書クーポン販売を開始 〜

2019年06月10日 [提携]
アイビーシー、Yellowfin、シースリーが自動レポート作成ツールの販売に関する協業を開始 〜 Yellowfinのエンジンを採用したオプションを販売開始 〜




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年04月01日 アイビーシー株式会社 [コンピュータ・通信機器キャンペーン]
アイビーシー、クラウド型情報管理サービスの無料提供キャンペーンを開始 〜 リモートワーク急増に伴う仮想デスクトップ環境の性能低下を防止 〜

2020年04月01日 株式会社グローバルインフォメーション [コンピュータ・通信機器/研究・調査報告]
従業員スケジューリング・ソフトウェアの市場規模、2026年には約6億918万ドルに成長すると予測

2020年04月01日 東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社) [コンピュータ・通信機器製品]
電レシートサービス『スマートレシート』が愛知県牧市の株式会社三河屋様で導決定

2020年04月01日 TTピーエム株式会社 [コンピュータ・通信機器告知・募集]
東芝ピーエム株式会社が4月1日から「TTピーエム株式会社」に社名変更。トランスコスモスグループの一員としてさらなるサービス拡充に尽力

2020年03月31日 株式会社グローバルインフォメーション [コンピュータ・通信機器/研究・調査報告]
エンタープライズデータ管理の世界市場-2025年には1229億900万米ドルに成長予想

2020年03月31日 株式会社ゲットイット [コンピュータ・通信機器/提携]
アフリカ地域における鉱物資源を巡る紛争問題へ、 認定NPO法人テラ・ルネッサンスの活動を寄付で支援します


  VFリリース・アクセスランキング
1位 有限会社 Coo&RIKU
3月28日(土)犬の足あとがトレードマークの「ペットショップCoo&RIKU西宮店」グランドオープン!!
2位 株式会社ショウイン
新型コロナウイルスによる教育機関の休校措置に伴い、通塾した場合と同等の指導が自宅で受けられる、ショウイン式「テレ・スタディ」が2020年2月26日より本格開始
3位 城北信用金庫
城北信用金庫が川口市の子育て世帯を応援! 店舗建物内に認可保育園を開設
4位 株式会社ファーストリリー
遺伝子分析を活用したパーソナルジム「フィアライドYUMEスタジオ店」を群馬県前橋市のYUMEスタジオ内に3月16日にオープンします
5位 特定非営利活動法人イマジン
啓発DVD「致命的な誤り」を10名様の読者にプレゼント
>>もっと見る