プレスリリース配信・VFリリース / 国・自治体・公共機関のプレスリリース検索結果

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
RSS Feed

 国・自治体・公共機関の検索結果
378件中 21-40件目を表示

2017年06月12日 ロケーションリサーチ株式会社 [国・自治体・公共機関告知・募集]
農林水産省主催「第2回 全国子ども和食王選手権」の開催及び参加者の募集について
農林水産省は、日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの「郷土料理」に対して、子どもたちの強い関心と理解を育むことを目的に、「第2回 全国子ども和食王選手権」を開催し、参加する小学生を募集します。
2017年06月08日 徳島県地方創生推進課 [国・自治体・公共機関告知・募集]
「魅力体感!とくしま移住体験ツアー」事前セミナーの開催について
徳島県では、首都圏などから移住の促進を加速化させるとともに、徳島の魅力を全国に発信するため、「魅力体感!とくしま移住体験ツアー」を実施します。今回は、ツアーの実施に先立ち、ゲストに映画監督の「蔦 哲一朗さん」をお迎えして「事前セミナー」を開催し、全ツアーの醍醐味をお伝えします。セミナー当日は徳島の魅力を感じて頂くため、「トマトらしいトマト」、「美郷(吉野川市)の手作り梅酒」の試食・試飲も実施予定です。また、事前セミナーの来場特典として、セミナー申し込みの先着20名には、天然木極薄シート活用“樹のノート”、伊座利cafeオリジナル“あらめ入りのり佃煮”をセットでプレゼントいたします。当日の参加者を募集しています。 
2017年06月07日 大分県大阪事務所 [国・自治体・公共機関キャンペーン]
6月18日(日)、大分県大阪事務所が大分に住みたくなる相談会「おおいたくらし塾 in 神戸」を開催。参加者募集中
「おおいたくらし塾 in 神戸」は、いわゆる“おおいた暮らし”に興味のある人に気軽に参加してもらえるセミナーです。将来的な大分への移住を検討している人、具体的に移住先を探している人たちのために、実際に大阪から中津江村に移住した人の体験談をはじめ、“日本一のおんせん県おおいた”の魅力を直接紹介します。
2017年05月29日 東京都青少年・治安対策本部 総合対策部 交通安全課 [国・自治体・公共機関キャンペーン]
東京都発行の「自転車安全利用宣言証」の特典利用店が一目で分かる!ステッカーに加え6月から協力店の店頭にPOPを設置
「自転車安全利用宣言証」は東京都が実施する「自転車安全利用TOKYOセミナー」や「自転車シミュレータ交通安全教室」の受講者等に交付しているもので、自転車の安全利用をさらに普及・促進するための特典が受けられます。従来は協力店に認定ステッカーによる掲示しかなく分かりにくかったのですが、POPの設置ですぐに特典の利用が可能であることが分かるようになりました。特典の内容や利用可能日は店舗によって異なります。
2017年05月25日 アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口 [国・自治体・公共機関企業の動向]
2017年5月15日-JPモルガン社、ダブリン事業拡張を発表
米銀JPモルガン・チェースはダブリンで建設中のオフィスビルを購入することに合意しました。価格は、約1億2500万ユーロ(約155億円)に上ると推測されています。JPモルガンのアイルランド部門はキャピタル・ドック200番地のビルを、不動産会社のケネディ・ウィルソンとカナダのフェアファックス・ファイナンシャル・ホールディングス、アイルランド国家資産管理機構(NAMA)から買い取る予定です。同ビルは広さ約13万平方フィート(約1万2000平方メートル)で完成は2018年7月から9月を目指しており、売買は完成と同時に完了する見込みです。
2017年05月23日 「親子の日」普及推進委員会 [国・自治体・公共機関キャンペーン]
〜Present to the future〜『親子の日』は、あなたと育てる「未来への贈物」です。7月23日の『親子の日』に向けた公式イベントがスタート!
7月第4日曜日が『親子の日』って知っていましたか?5月第2日曜日は、母の日。6月第3日曜日は、父の日。7月第4日曜日の23日は、15回目の『親子の日』なんです。親子の日普及推進委員会は、『親子の日』をより多くの人に知ってもらうため、「スーパーフォトセッション」「写真コンテスト」「写真コンテスト」などさまざまな企画を世界に向けて発信する活動を続けています。『親子の日』は、あなたと育てる「未来への贈物」。今年も新たな企業や団体が応援に加わって、「親子の日」は大きく成長しようとしています。
2017年05月22日 東京都青少年・治安対策本部 総合対策部 交通安全課 [国・自治体・公共機関キャンペーン]
東京都が改正自転車安全利用条例を2月1日より施行。対象事業者は、「自転車安全利用推進者」選任が努力義務に
自転車を事業で使用している、もしくは従業員の通勤に自転車使用を認めている事業者は「自転車安全利用推進者」の選任が努力義務となりました。また、優良推進事業者のうち、一定の基準を満たし、顕著な功労が認められる事業者には知事感謝状が贈呈されます。東京都では、5月1日からは5月31日までの間「自転車安全利用TOKYOキャンペーン」を実施中です。
2017年05月17日 株式会社シンク・ディー [国・自治体・公共機関告知・募集]
「全国小中学生“紙リサイクル”コンテスト2017」作品募集中!
「全国小中学生“紙リサイクル”コンテスト」は、全国の小中学生から「紙リサイクルに関する活動やアイデア」をテーマとした作文・ポスターを募集し、優秀な作品に賞を贈呈する、公益財団法人古紙再生促進センター主催のコンテストです。本コンテストを通して、古紙回収への一層の理解と実践の促進、“紙リサイクル活動”が資源となることを実感して頂きたいと思っています。
2017年05月16日 カナダ・オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口 [国・自治体・公共機関企業の動向]
カナダ・オンタリオ州、IBMカナダとのパートナーシップにより、IBM Innovation Space開設に約19億円を助成
〜州の中小企業の技術開発、国際競争力強化を支援〜カナダ・オンタリオ州は、IBM Innovation Space-Markham Convergence Centreの開設にあたり、2,275万カナダドル(約18億8,825万円)を助成しました。IBMカナダがある同州マーカム市に新設されるIBM Innovation Space-Markham Convergence Centreは、州内の企業の発展とグローバル市場での競争に必要な技術や専門知識を提供することを目的としています。特に、オンタリオ州のヨーク(York)地域とグレータートロント地域における中小企業の迅速な成長と地域経済の発展を支援することを目指します。
2017年05月15日 アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口 [国・自治体・公共機関企業の動向]
世界の水保全問題の解決へ向けてダブリン・シティー大学とIBMがIoT技術導入で共同研究を開始
アイルランドのダブリン・シティ大学(DCU)とIBMは、水資源の保全を支援するために、モノのインターネット(IoT)技術を活用する共同研究開発のパイロット計画を進めると、3月22日の「世界水の日」に発表しました。
2017年05月15日 東京都青少年・治安対策本部 総合対策部 交通安全課 [国・自治体・公共機関キャンペーン]
モデルの福田萌子さんが広報動画で自転車の交通ルールやマナーを解説。東京都が「自転車安全利用TOKYOキャンペーン」を5月31日まで実施中。
東京都は区市町村、警視庁、関係団体と連携して5月1日からキャンペーンをスタートしています。改正された「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」や「自転車安全利用計画」を踏まえ、交通ルールやマナーを普及啓発し、社会全体で自転車の安全利用を推進する機運を高めます。
2017年04月24日 カナダ・オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口 [国・自治体・公共機関告知・募集]
カナダ・オンタリオ州、世界的な気候変動へ向けて新たな取り組み〜 次世代 クリーン・テクノロジー開発のための革新的技術提案を国内外から広く募集 〜
カナダ・オンタリオ州は、このほど地元カナダや世界の企業へ向けて、気候変動の原因となる温室効果ガスの排出を削減し、2030年削減目標の達成につながる次世代クリーン・テクノロジーの開発を呼びかけるコンテストを開始しました。『ソリューションズ2030チャレンジ』(Solutions 2030 Challenge)と名付けられたこのコンテストは、州内の工場が温室効果ガス排出を削減し、同州の『気候変動行動計画』(Climate Change Action Plan)が設定した目標を達成し、さらには、州内のイノベーションや起業家精神の推進につながる革新的技術の開発を世界の企業に呼びかけるものです。これを通して、オンタリオ州は将来の低炭素社会の構築における、グローバル・リーダーとなることを目指します。
2017年04月20日 東京都青少年・治安対策本部 総合対策部 交通安全課 [国・自治体・公共機関キャンペーン]
「自転車安全利用TOKYOキャンペーン 発進!」〜4月29日キックオフ・イベントを二子玉川ライズで開催〜
キャンペーン隊長にはミュージシャンのうじきつよしさんが就任、キックオフ・イベントでは任命式とトークショーが行われます。
2017年04月20日 株式会社ジープラス・メディア [国・自治体・公共機関/提携]
神奈川県とジープラスメディアが協定を締結〜外国企業誘致と、神奈川県内企業の海外進出に向けた取り組みを強化〜
株式会社フジ・メディア・ホールディングス傘下の株式会社ジープラスメディア(東京都港区、代表取締役社長:時澤正、以降 ジープラス社)と神奈川県(知事:黒岩祐治)は、外国企業の神奈川県内進出支援、及び神奈川県内企業の海外展開支援をより一層促進することを目的に、連携して情報発信等を行う、「外国企業の県内進出支援及び県内企業の海外展開支援に関する協定」を締結。
2017年04月05日 カナダ・オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口 [国・自治体・公共機関企業の動向]
世界最高レベルの人工知能研究所がカナダ・トロントに開設オンタリオ州、AI研究拠点の強化に向け5,000万カナダドルを助成
世界最高レベルの人工知能の研究を行うベクター研究所(Vector Institute)が3月30日付けでカナダ・オンタリオ州、トロントにオープンしました。オンタリオ州政府はディープラーニングとマシンラーニングに特化したこの新しいAI研究所を支援するために、5,000万カナダドル(約42億円)を助成すると発表しました。
2017年04月04日 カナダ・オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口 [国・自治体・公共機関企業の動向]
フォード・カナダ社、カナダ・オンタリオ州に840億円超を投資 ウインザーのエンジン工場で最新エンジンの製造と次世代コネクテッドカー関連技術の研究開発拠点を新設
キャスリーン・ウィン オンタリオ州首相は本日(現地時間、3月30日)同州南部ウィンザーを訪問し、ジャスティン・トルドー カナダ首相出席のもと、フォード・カナダ社が10億カナダドル(約840億円)超の新規投資を行うのに対して州政府と連邦政府がそれぞれ最大約1億240万カナダドル(約86億円)の助成を行うと発表しました。
2017年04月03日 岐阜県恵那市PR事務局 [国・自治体・公共機関キャンペーン]
岐阜県中津川市・恵那市 2市連携で『広域観光プロジェクト』を始動 〜平成37年度開業リニア中央新幹線を見据え〜
岐阜県中津川市・恵那市では、県が進める「ひがしみの歴史街道」観光プロジェクトを県と一体となって推進するため 「ひがしみの観光推進協議会」を平成29年度中に設置、平成39年度のリニア中央新幹線開業を見据えての広域観光事業の推進を、2市連携し図って参ります。同協議会では、1. 地域を周遊してもらう仕組みづくり、2. 魅力的なコンテンツづくり、 3. 首都圏や海外に向けてのプロモーションの3点について、両市が連携し重点的に取り組みます。
2017年04月01日 株式会社うるる [国・自治体・公共機関告知・募集]
2017年4月1日より「東京都ひとり親在宅就業推進事業」参加者の募集開始 〜カウンセリングと仕事提供で自立的な在宅ワーク収入づくり〜
クラウドワーカーを活用したCGS事業のうるるが、平成29年4月1日より「東京都ひとり親在宅就業推進事業」参加者の募集開始。カウンセリングと仕事提供で自立的な在宅ワーク収入づくりを支援いたします。
2017年03月31日 豊田市つながる社会実証推進協議会 [国・自治体・公共機関企業の動向]
豊田市つながる社会実証推進協議会、AI・IoTを身近に発信 市民目線で、モビリティ&IoTの取り組みをより一層推進
交通社会ダイナミックマップ、Ha:mo RIDEなど、次のステージへ
2017年03月31日 豊田市つながる社会実証推進協議会 [国・自治体・公共機関告知・募集]
豊田市つながる社会実証推進協議会 経済産業省・IoT推進ラボが選出する「地方版IoT推進ラボ」に愛知県内の市町村として初選定
豊田市つながる社会実証推進協議会(所在地:愛知県豊田市、会長:太田 稔彦<豊田市長>)は2017年3月13日(月)、「地方版IoT推進ラボ」に選定されました。
| 前の20件 | | 次の20件 |


  VFリリース・アクセスランキング
1位 キヤノン電子テクノロジー株式会社
福邦銀行が次期統合データベースシステムにキヤノン電子テクノロジーの「entrance? Banking」を採用
2位 株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
幻冬舎MC新刊のご案内『家来になったネコ ~A Cat Who Found JOY~』
3位 コムシード株式会社
新作王道RPG「遥かなる異郷グランヴィリア」、本日より事前登録開始!
4位 株式会社NextNinja
限定ユニット『マールゼクス』登場!超本格王道RPG『グランドサマナーズ』6月15日(木)よりTVCM記念英雄召喚キャンペーン第3弾『超英雄祭2nd』を開催!
5位 株式会社トーシンパートナーズ
観光・商業・国際都市として発展を続ける全国トップクラスの“住みたい街”の好ロケーションにトーシンパートナーズの最新物件「ZOOM横浜」、4月24日販売開始
>>もっと見る