株式会社ビーティスのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2021年10月28日 10時 [国・自治体・公共機関技術開発成果報告]

株式会社ビーティス

ビーティス、災害時に大規模な停電が発生しても「災害情報」を表示し続けるデジタルサイネージ用途の情報表示装置に関する特許を取得

ディスプレイ上に画面表示ができる電子ペーパーディスプレイと透過型ディスプレイを組み合わせることで、災害発生時に外部からの電力供給が断たれたとしても、避難場所の位置や経路などの災害時用情報を案内することが可能になります。


株式会社ユニリタ(3800:東証JASDAQ)のグループ会社である、株式会社ビーティス(本社:東京都中央区、代表取締役社長 佐藤 仁、以下ビーティス)は、2021年9月16日に、デジタルサイネージにおいて災害時用情報を提供する手段として有用性が高い情報表示装置に関する特許を権利化しました。(情報表示装置:特願2020-091534 特許6945684)

▼株式会社ビーティス:https://www.bitis.co.jp/


■災害発生時の停電により電力を失っても災害情報が案内可能に
近年、デジタルサイネージを災害発生時の人々への情報提供手段として用いることが提案され、例えば、避難場所の位置や経路を示す避難地図、地震発生時の震源地や震度に関する情報を災害時用情報として表示することが可能となります。
しかし、巨大な地震が発生した場合や大型の台風が到来した場合など、災害時用情報を提供する必要性が高い状況であるほど、停電によって電力の供給が遮断される可能性も高くなると言えます。
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyMzM4NCMyODMyNzUjMjMzODRfRkVlWGFMTHRCRC5wbmc.png ]


ビーティスでは、デジタルサイネージが災害情報伝達に優れた媒体であると考え、災害の発生時、外部からの電力供給が断たれたとしても、人々に対して有益な災害時用情報を提供し続けることができる情報表示装置を提供することを目指しています。

今回、ビーティスは、災害時の電力供給の問題を鑑みて、透過ディスプレイと電子ペーパーから構成されるデジタルサイネージ用途の情報表示装置を考案して特許権を取得しました。考案した情報表示装置は、電力が失われると透過ディスプレイは透過状態に、電子ペーパーは表示内容が保持された状態となります。したがって、災害発生時には電子ペーパーに災害時用情報を表示すれば、災害の発生に起因して電力供給が断たれたとしても、人々に対して有益な災害時用情報を提供し続けることができます。

ビーティスのクラウド型サイネージ配信システム「PICLES」では、「Lアラート」による災害情報の伝達もでき、今回の特許権利化の内容を利用した情報表示装置を用いることで、災害発生時にも有益なデジタルサイネージシステムを展開することを目指します。


■電子ペーパーとは
電子ペーパーは、電源供給がなくても電子ペーパーディスプレイ上の画面が消えずに表示し続けます。つまり、画面が切り替わる時だけ電力を消費します。大型サイネージへの応用では、画面を切り替えない限り一切電力を消費しないため、長期的にみると、同サイズのLCDサイネージよりも優れた節電性能を発揮できます。

▼電子ペーパーの特徴について(参考情報:E Ink社のホームページ):https://jp.eink.com/benefits.html


■PICLESとは
「PICLES」は、デジタルサイネージへのコンテンツ配信を手軽に実現できるクラウド型サイネージ配信システムです。だれでも簡単に使えるユーザーインターフェースが特長で、業種ごとに特化したテンプレートにより多彩なコンテンツを手間なく作成できます。

▼「PICLES」詳細:https://info.bitis.co.jp/picles

※記載の会社名・製品名、固有名詞等は当社および各社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


【株式会社ビーティスについて】
本社:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-5-6
日本橋大江戸ビル8階
代表者:代表取締役社長(CEO)佐藤 仁
設立:2001年4月
URL:https://www.bitis.co.jp/
事業内容:BCP分野における事業継続対策の構築・運用・保守管理


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社ビーティス
担当者名:野口 義夫
Email: bitismarke@bitis.co.jp


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社ビーティスのプレスリリース一覧

2022年02月21日 [サービス]
接客業務の最適化を促進する遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation」の取り扱いを開始

2021年10月28日 [技術開発成果報告]
ビーティス、災害時に大規模な停電が発生しても「災害情報」を表示し続けるデジタルサイネージ用途の情報表示装置に関する特許を取得

2021年07月01日 [サービス]
近隣地域から世界中へドキュメントを発信できる ドキュメント配布アプリ「Ha.Co.Bu.Ne.(はこぶね)」を本日リリース

2021年02月01日 [サービス]
製造業様向け!災害情報共有システム「Lアラート」情報をクラウド型サイネージ配信システム「PICLES(ピクルス)」で対応!

2020年07月17日 [サービス]
災害時用情報の提供に有用性が高い情報表示装置に関する特許をビーティスが出願。大規模な停電が発生しても「災害情報」を表示し続けることが可能に




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2022年06月27日 株式会社アイランドシックス [国・自治体・公共機関キャンペーン]
株式会社アイランドシックス、いすみ鉄道より感謝状授与

2022年06月27日 一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会 [国・自治体・公共機関業績報告]
日本DX大賞「官民連携部門」、受賞企業決定!

2022年06月24日 一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会 [国・自治体・公共機関業績報告]
日本DX大賞「行政機関部門」、受賞団体決定!

2022年06月23日 株式会シンク [国・自治体・公共機関告知・募集]
【予算が無くなり次第終了】長崎県島原市の名産・特産品が、誰でもネットで「送料無料!40%引き」で買える「ヨカモン横丁」が7月1日にオープン!【コロナに負けるな】

2022年06月21日 株式会社アイネス [国・自治体・公共機関企業の動向]
昭島市、STANDARD社とBPR研修実施の三者協定を締結 〜 自治体DX人財の育成推進 〜

2022年06月19日 新天地広報チーム [国・自治体・公共機関/研究・調査報告]
新天地イエス教会「単一機関最短期間最多人数献血」国内新記録 最多献血証寄付も韓国記録院公式最高記録認定を獲得


  VFリリース・アクセスランキング
1位 合同会社NoCodeCamp
合同会社NoCodeCamp運営オンラインサロンが6月11日に公開イベント「TheNoCode【本邦初公開!“ノーコード”を使った課題解決方法】」を実施
2位 合同会社NoCodeCamp
WordPressとの違いも解説。ノーコード専門オンラインサロンが「Webflow」によるWeb制作の提案方法を学ぶオンラインイベントを6月28日に開催
3位 株式会社KEC Miriz
KEC Miriz、瀧沢先生に聞く、対話から始める英語授業〜言語活動を通して英文法を学ぶ〜を6月4日にオンライン開催
4位 新天地イエス教証拠幕屋聖殿
新約聖書に記録された人物が現れた。2000年前から約束されていた牧者、勝利者とは
5位 株式会社TechnoBlood eSports
eスポーツビジネス支援のTechnoBlood eSportsとクリエイター人材のユウクリ、「eスポーツビジネスEXPO」に共同出展
>>もっと見る