株式会社TCIのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2022年09月30日 13時 [教育製品]

株式会社TCI

通園バス置き去り防止 車内後部の警報スイッチ 安全装置義務化の決定を受け2022年10月3日に発売

株式会社TCI(本社:大阪市淀川区、代表取締役:尾?俊行、以下「TCI」)はTCI独自で開発をした通園バスの置き去り防止システムとして「車内確認用後方ブザー」(品番:SOS-0005)を2022年10月3日(月)に発売します。エンジン停止後、車内後部で警報ブザーが鳴り、運転手らが後部まで行って止める際に、車内に子どもが取り残されていないか確認できるという仕組みです。


開発背景

いち早く、バス置き去り防止の安全装置開発に着手したTCIは、9月初旬に「バス置き去り防止AIカメラシステム SYANAI(車内)・OKIZARI(置き去り)・SHINAIDE(しないで) SOS-0001」を開発し、10月3日の発売を発表していました。
このSOS-0001は、エンジン停止後の車内を、AI(人工知能)が搭載されたカメラで監視し、人を見つけると車内に警報ブザーで知らせるというシステムです。
ヒューマンエラーを防ぐためにデジタル技術を活用する一方で、それに頼りすぎることによる車内点検の怠りが生まれるのではないかといった懸念がありました。

今回開発した「車内確認用後方ブザー」(品番:SOS-0005)は、ヒューマンエラーを防ぐために、あえて「ひと手間」を加えたシステムです。車内後部のブザーを止める際に、人が車内を点検するという作業を習慣化することで、より徹底した置き去り事故の防止につながります。

今回、同時発売する「バス置き去り防止AIカメラシステム」と併用することで、エンジン停止後の車内点検を習慣化、その後もAIによる車内監視でヒューマンエラーをカバーでき、まさに複層的な置き去り防止の安全対策を行うことができます。

SOS-0005の特徴

◆置き去り防止のシステム
エンジン停止後、SOS-0005のシステムが自動的に作動します。
ブザー鳴り始めのタイミングを、エンジン停止後の30秒後か2分後で設定が可能。
エンジン停止から、少し遅れて警報を作動させることで、落ち着いて車内を点検する時間を作ります。
「ブザーを止めに行く」という単純な作業になることを防ぎ、「車内を点検する」ことの潜在的な習慣化にもつながります。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3NjMxMSMzMDUxMTYjNzYzMTFfb1JDYXFhVndURi5wbmc.png ]
取り付け工事は全国対応可能

TCIの取付ネットワークによって、車内後方確認ブザー(SOS-0005)の取付は、北海道から沖縄まで、全国出張取付工事が可能です。
もちろん、同時発売するバス置き去り防止AIカメラシステム(SOS-0001)も、全国出張取付工事が可能です。

置き去り事故の再発防止に向けて

ヒューマンエラーによる置き去り事故の再発を防止すべく、デジタル技術の活用と同時に、人による確認が複層的に必要です。ヒューマンエラーの連鎖を止めるため、SOS-0005の活用で、潜在的な車内点検の習慣化を促します。確認の徹底は勿論ですが、ヒューマンエラーをテクノロジーが補填するシステムを構築することで、「万が一」による悲惨な事故を未然に防ぐことに繋がります。

製品概要・販売価格

製品名:車内確認用後方ブザー
 品番:SOS-0005
発売日:2022年10月3日(月)
本体価格:39,800円(税別)
使用場所:幼稚園・保育園の送迎・通園バスなどあらゆるスクールバスと送迎車両に対応
使用者:幼稚園・保育園・塾・学校等における全ての責任者・経営者・バスレンタル業者
取付保証期間:永久保証(取り付けに関する不具合など)

販売方法と製品の取付に関して

製品の販売は、TCI営業部まで直接お問い合わせ、またはHPのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
また、当製品の取付には専門的な取付工事が必要です。取付には当社取付サポート担当または、当社協力店の専用作業員が現地までお伺いし、お取り付けします。
TCIは既存事業であるトラサポくんの重機、トラック電装品取付事業で得たネットワークを活用し、全ての車両に対して日本全国の取付対応が可能です。

お問い合わせ先
株式会社TCI(本社営業部)
〒532-0012 大阪府大阪市淀川区木川東2-5-41
TEL:06-6885-7250
E-Mail:honsya@tci-osaka.com
HP:https://www.tci-car-item.com/contact

お電話でのお問合せの際は、置き去り防止ブザーの件とお伝えください。



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社TCIのプレスリリース一覧

2024年02月22日 [製品]
【新発売】従来のカメラでは取り付けづらい箇所に設置可能!小型カメラで死角をカバーし事故を未然に防ぐ「STBC-1001S」を発売開始!

2024年02月20日 [サービス]
株式会社TCIサービスが3月上旬よりバス車内置き去り防止装置のアフターサービス事業を開始。故障時の交換作業や新車への乗せ替え作業を全国一律工賃で対応。

2024年02月16日 [製品]
【全国取付対応】フォークリフト及び重機の人身事故を防ぐ!人間のみを検知して大音量ブザーで警告するAI搭載型防水カメラ「AIBC-1001S」を再リリース!

2024年02月16日 [製品]
【新発売】マルチ除菌機|紫外線とオゾンのW効果でウイルス対策!巧みの館を新発売。

2024年02月14日 [製品]
【新発売】ツメの差し込み作業を確実に。スピーディーに。取付工事不要!フォークリフトのマストに強力磁石でかんたん設置!FTBC-1001Sを発売開始




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2024年02月26日 特定非営利活動法人 金融知力普及協会 [教育企業の動向]
第18回エコノミクス甲子園全国大会 長崎大会代表の長崎県立佐世保北高等学校 初優勝

2024年02月26日 株式会社キッズスター [教育サービス]
キッズスターとクラシエが、子ども向け社会体験アプリ『ごっこランド』のゲームづくりを体験するワークショップを渋谷区『みらいの図書室』にて実施

2024年02月22日 株式会社 夢ふぉと [教育告知・募集]
全国の卒園卒業アルバムを展開している夢ふぉとが、能登半島地震で被害を受けられた学校や園へ向けて卒業アルバムお助け窓口を開設

2024年02月22日 アテイン株式会社 [教育告知・募集]
オンライン日本語学校「AOJランゲージスクール」2024年春入学第2回オンライン学校説明会を日本時間3月9日に開催

2024年02月21日 株式会社masterpeace [教育サービス]
専門スキルの教育・定着に特化した、職業訓練・技術トレーニングの教材化・仕組み化を支援。教育事業・出版社等出身の編集者チームが伴走型で事業推進チームに参画。

2024年02月21日 独立行政法人国立高等専門学校機構 [教育技術開発成果報告]
NEDO「NEP-Labねぷらぼ」において専攻科1年・上野裕太郎さんがピッチ「地域の未来を築く陸上養殖」で優秀賞を受賞


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社デジタルコマース
FANZA動画 価格破壊の10円セール第3弾!5周年クエスト達成で20作品を10円で提供中!
2位 株式会社デジタルコマース
FANZA動画10円セール第2弾が12月18日開催! スペシャルクエストも1万リポストを早くも達成して5作品追加決定!
3位 株式会社Soelu
株式会社Soelu、福岡地域の活力へ繋げるため2024年シーズンも「アビスパ福岡」サポートファミリーのスポンサー契約を締結
4位 株式会社デジタルコマース
【FANZA動画】価格破壊の10円セール第2弾!2月19日開催!
5位 株式会社エー・アンド・デイ
A&Dは、次期基幹ロケット『H3ロケット』試験機2号機打上げを応援しています!
>>もっと見る