Counterpoint Technology Market Research Limitedのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2023年11月27日 09時 [自動車・自動車部品/研究・調査報告]

Counterpoint Technology Market Research Limited

2023年上半期EV用バッテリーグローバル市場における販売量を発表〜前年比54%と急増し、CATLが市場をリード〜

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、2023年上半期EV*用バッテリーグローバル市場における販売量は前年同期比54%伸び、販売総容量300GWhに達したという調査結果を含むGlobal EV Battery Trackerによる最新調査を発表致しました。


同期間に、EVグローバル市場における販売量も、前年同期比43%とかなりの伸びをみせました。CATLがEV用バッテリー市場をリードしており、BYDとLG Energy Solutionsがやや差を開けられているものの、トップを追っている状態です。このトップ3社合計で、2023年上半期の市場のほぼ2/3を占めており、また、EV用バッテリーを使用する(車両に載せる)という視点における主要地域は中国、米国、欧州となります。

EV用バッテリー市場動向に関して、カウンターポイント社シニアアナリストSoumen Mandal氏は次の通り述べています。
「EV用バッテリーのエコシステムは急速に変容している。今後の数年間で、数多くの新興メーカー、例えば、ACC、Verkor、Northvolt、E4Vといったメーカーが電池のサプライチェーンの中でしっかりした地位を獲得するだろう。また、バッテリー専業メーカーとは別に、Tesla、Volkswagen、BMW、Mercedes-Benz、Stellantisなどの完成車メーカーも自社でのバッテリーセルやバッテリーパックの製造に動いており、電池サプライチェーンにおける競争はさらに激しくなる。」

Mandal氏はさらに次の通り続けています。
「今のところ、中国と韓国のサプライヤーが市場を寡占している。中国のCATL、BYD、CALB、Gotion、Sunwoda、Farasisなどは、合わせて市場の2/3を占め、また韓国の主要3社であるLG Energy Solution、Samsung SDI、SK Innovationは、合わせて25%のシェアを持つ。EV販売が世界各地で勢いづくと、各国は自国内でのバッテリーサプライチェーンの構築、つまり地産地消を目指すようになる。これによって、地場のメーカーが活気づくとともに、競争激化によって退場を余儀なくされるメーカーも出てくるだろう。」

図1: EV用バッテリーグローバル市場におけるサプライヤー別販売シェア・2023年上半期


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3Nzc0NSMzMjg1OTEjNzc3NDVfTHJIRFFaY3hOaC5wbmc.png ]
出典: カウンターポイント社Global EV Battery Tracker, Q2 2023

完成車メーカーのTesla、BYD、Volkswagenは、合わせて、2023年上半期に販売されたEV用バッテリーの総容量の45%を使用して車を製造しました。それがバッテリーメーカーの成長に繋がっています。まずTeslaのModel 3とModel Yが良く売れたことが、CATLとLG Energy Solutionsの成長に決定的な役割を果たした。CATLはTeslaの上海工場で生産するModel 3とModel Yの標準バージョンにバッテリーを供給しており、また、LG Energy Solutionsはハイグレードバッテリーメーカーとして、Model 3とModel Yの高性能バージョンに電池を供給しています。他にも、Hyundai、Kia、FordのEVのおかげでSK Innovationの市場シェアが伸びました。RivianとBMWはSamsung SDIのバッテリーを頼って車を生産しています。北米ではPanasonicがTeslaの各車種への主供給元となっています。

図2: EV用バッテリー市場における自動車メーカー別販売シェア・2023年上半期


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3Nzc0NSMzMjg1OTEjNzc3NDVfdHhmdUN0Z2tDZC5wbmc.png ]
出典: カウンターポイント社Global EV Battery Tracker, Q2 2023

EV用バッテリー市場の今後の見通しに関して、カウンターポイント社リサーチバイスプレジデントPeter Richardson氏は次の通り述べています。
「2023年上半期にEVが搭載したバッテリー容量の平均は50kWhだった。小型車、コンパクト車、ミニのEVが増えており、特に中国でそれが顕著だ。そのため、バッテリー容量の平均は、増えたとしても2030年で65kWhから70kWhになるだろう。それでも、この数字によれば2030年にEVが産み出す電池の需要は4TWhに達することになる。」

さらにRichardson氏は次の通り続けています。
「バッテリーの需要が増し、地政学的な緊張と相まって、EV用バッテリーの主要原料であるリチウムの価格に上昇圧力が強まっている。このため、バッテリーメーカー各社は、ナトリウムイオンなど代替化学物質を探している。それによってバッテリーコストを抑え、EVを買いやすくするためである。CATLは既にナトリウムイオン電池でブレークスルーを達成しており、間もなく量産規模で採用される見通しである。ナトリウムイオン電池はリチウムイオン電池と比較してエネルギー密度が低いため、高性能EV車種には向かない。そのため、ナトリウムイオン電池は電動バイクや電動三輪車、それに小型乗用車で主に採用されるだろう。CheryがiCarブランドの車種に、2024年の早期にCATL製のナトリウムイオン電池を搭載するとみられる。その一方で、全固体電池は未だ研究開発段階で、実用化にはまだしばらくかかりそうである。安価な全固体電池の実現は今後の大きな課題である。」

*EVには、BEV(バッテリー駆動電気自動車)とPHEV(プラグインハイブリッド自動車)を対象とし、ハイブリッド自動車と燃料電池車(FCV)は本調査には含まれていません。


本プレスリリースに関する詳細並びに情報は、こちらからご覧いただけます。
https://www.counterpointresearch.com/research_portal/global-ev-battery-tracker-q2-2023/

今回の発表は、チャネル情報、POSデータ、ディストリビューターアンケート調査、公開データなどボトムアップデータソースとトップダウンリサーチの組み合わせによるカウンターポイント社独自の調査方法で実施したものです。 (調査時期:2023年1月1日〜2023年6月30日)

【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。
公式ウェブサイト:https://www.counterpointresearch.com/


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

Counterpoint Technology Market Research Limitedのプレスリリース一覧

2024年02月29日 [研究・調査報告]
2023年第4四半期米国スマートフォン市場における出荷量を発表〜前年同期比8%回復〜

2024年02月28日 [研究・調査報告]
2023年度インドスマートフォン市場における出荷量を発表〜Appleの出荷が初めて1,000万台を突破〜

2024年02月19日 [研究・調査報告]
2023年第4四半期PCグローバル市場における出荷量を発表〜AI PCが2024年の回復の原動力に〜

2024年02月06日 [研究・調査報告]
2023年第3四半期コネクテッドカーグローバル市場における販売量を発表〜販売された車の2/3はコネクティビティを純正で搭載〜

2024年01月23日 [提携]
カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチがDisplay Supply Chain Consultants社を買収




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2024年02月29日 株式会社TCI [自動車・自動車部品製品]
【GMBC-1002S】クレーンブームにカメラをワンタッチで取付!操縦士の死角をカバー!セット内容の変更に伴う品番改定のお知らせ

2024年02月20日 株式会社TCI [自動車・自動車部品サービス]
株式会社TCIサービスが3月上旬よりバス車内置き去り防止装置のアフターサービス事業を開始。故障時の交換作業や新車への乗せ替え作業を全国一律工賃で対応。

2024年02月14日 株式会社カーベル [自動車・自動車部品企業の動向]
株式会社カーベルが、加盟店向け「春のスタートダッシュ勉強会」を全国11会場で開催!

2024年02月14日 株式会社TCI [自動車・自動車部品製品]
【新発売】ツメの差し込み作業を確実に。スピーディーに。取付工事不要!フォークリフトのマストに強力磁石でかんたん設置!FTBC-1001Sを発売開始

2024年02月06日 Counterpoint Technology Market Research Limited [自動車・自動車部品/研究・調査報告]
2023年第3四半期コネクテッドカーグローバル市場における販売量を発表〜販売された車の2/3はコネクティビティを純正で搭載〜

2024年02月01日 株式会社トイファクトリー [自動車・自動車部品製品]
水不要・無臭・衛生的な災害対応の未来型ウォーターレストイレ『clesana(クレサナ)』搭載のトイレカーを開発。能登半島地震被災地の珠洲市に派遣。


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社デジタルコマース
FANZA動画 価格破壊の10円セール第3弾!5周年クエスト達成で20作品を10円で提供中!
2位 株式会社デジタルコマース
FANZA動画10円セール第2弾が12月18日開催! スペシャルクエストも1万リポストを早くも達成して5作品追加決定!
3位 株式会社ローズクリエイト
三花繚乱、5/19(日)バーレスク公演に猫ピアノ出演決定!
4位 株式会社Soelu
株式会社Soelu、福岡地域の活力へ繋げるため2024年シーズンも「アビスパ福岡」サポートファミリーのスポンサー契約を締結
5位 株式会社デジタルコマース
【FANZA動画】価格破壊の10円セール第2弾!2月19日開催!
>>もっと見る