株式会社ベアレン醸造所のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2024年04月24日 17時 [食品関連製品]

株式会社ベアレン醸造所

いわて果実の微発砲ワインシリーズ"Our Hour"がテイスティングコンペでダブル受賞!

”Japan Cider Cup 2024”にて、「ベアレン Our Hour ドライシードル」及び「ベアレン Our Hour ゆずシードル」の2商品が金賞を受賞


岩手県盛岡市のベアレン醸造所は、この度、りんごを発酵させて造るお酒“サイダー(シードル)”のテイスティングコンペティション 『Japan Cider Cup 2024』 にて、「ベアレン OurHour ドライシードル」がモダンサイダー(辛口)部門で “ベスト・イン・クラス※ & 金賞”を受賞、加えて、 「ベアレン OurHour ゆずシードル」がフルーツサイダー部門で“金賞”を受賞しました。

※ベストインクラス・・・
各部門で金賞を受賞した銘柄が3品以上ある場合、金賞の中でトップのスコアを得た銘柄に贈られる賞


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MzMyNiMzMzYwNzgjNTMzMjZfdVlnZHZLcXdHTC5wbmc.png ]
「Japan Cider Cup」 

「Japan Cider Cup(ジャパン・サイダー・カップ)」は、2022年11月、サイダーのプロモーション及びマーケティングを行うコンサルティング会社「in Cider Japan(インサイダージャパン)」により設立されたテイスティング・コンペティションです。審査は、飲食業界の専門家や海外のサイダーエキスパートのほか、国内では唯一、一般消費者によって評価されます。

今回、10か国50事業者、106点のサイダーが出品され、Best in Show 2点(国内1点、海外1点)、金賞29点 (国内14点、海外15点)、銀賞43点 (国内20点、海外23点)、銅賞 24点 (国内18点、海外6点)が選出されました。

■公式HP■
https://www.japancidercup.com/ja/ 


「受賞商品」

▼ベアレン OurHour ドライシードル


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MzMyNiMzMzYwNzgjNTMzMjZfV2x2QVJ1R1RMVC5wbmc.png ]
岩手県産りんごを100%使用した微発砲ワインです。1本につき2個分のりんごを使用した贅沢な果実味と、お食事ともよく合うドライな味わいが特徴です。保存料・着色料・香料は不使用。
【商品概要】 原材料名:りんご(日本産) / アルコール分:6.5%

▼ベアレン OurHour ゆずシードル


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MzMyNiMzMzYwNzgjNTMzMjZfZGlQc1pDYlJhdi5wbmc.png ]
岩手県産りんご100%と国産ゆずを使用した微発砲ワインです。ベースとなるドライシードルにゆず果汁をブレンドし、りんごとゆずのフレッシュで高品質な果実味を贅沢に感じられます。保存料・着色料・香料は不使用。
【商品概要】 原材料名:りんご(日本産)、ゆず / アルコール分:5.5%


「OurHour」

弊社ではこれまで、2014年の「ドライサイダー」から始まり、2020年に「ゆずサイダー」、2021年には「山葡萄スパークリング」と様々な果実酒を醸造してまいりました。特にも、弊社のサイダーは、国内外20人のトップ専門家が審査するシードルコンクール「フジ・シードル・チャレンジ」にて「ドライサイダー」が3年連続入賞、「ゆずサイダー」においては最高賞を受賞し、権威ある審査会で高い評価をいただいております。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MzMyNiMzMzYwNzgjNTMzMjZfcHhIR0xyeWN4dS5wbmc.png ]
2022年、これら果実酒のリブランディングを行い、新たなブランド 『Our Hour』 を始動いたしました。キャッチコピーは”一緒に飲めば、ちょうどいい。いわて果実の微発泡ワイン”。ブランド名にはいろいろな「わたしたちの時間」が特別なものになるようにと想いを込めています。飲酒シーンの少人数化が顕著な昨今において、ぴったり飲みきりサイズの小瓶サイズにリニューアル。県産果実100%で造る高品質なおいしさはそのままに、昨年開催された「フジ・シードル・チャレンジ」でドライシードル及びゆずシードルが銀賞を受賞、さらに、同時開催の「ジャパン・ワイン・コンテスト」では山葡萄スパークリングワインが金賞を受賞しました。Our Hourを通して、地元岩手から県産果実の魅力とおいしさを発信していきます。

OurHour ブランドHP:https://ourhour.wine/ 


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社ベアレン醸造所のプレスリリース一覧

2024年05月29日 [製品]
【ベアレン醸造所】国内有数の産地、岩手県野田村産山葡萄を贅沢に味わえるフルーツビール「ベアレン 山葡萄ラードラー」が新登場!

2024年05月17日 [製品]
【ベアレン醸造所】満足度97%以上!世界一受賞ビール入りプレミアムギフト「父の日ギフト2024」 予約受付中!

2024年05月10日 [製品]
【ベアレン醸造所】飲み口軽やか、ドイツ・ケルン伝統のエールビール「ベアレン コローニア」が新登場!

2024年04月30日 [研究・調査報告]
【岩手クラフトビールアソシエーション】岩手県のクラフトビールは約12%の伸長

2024年04月24日 [製品]
いわて果実の微発砲ワインシリーズ"Our Hour"がテイスティングコンペでダブル受賞!




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2024年06月25日 株式会社モトックス [食品関連製品]
ナチュラルなシチーリアワインの造り手「ファブリツィオ・ヴェッラ」よりグリッロ100%のペットナット「ファブリツィオ・ヴェッラ ペティアン 2022」新発売

2024年06月24日 株式会社エー・アンド・デイ [食品関連企業の動向]
A&Dは、食品製造総合展「FOOMA JAPAN 2024」にて開催した、計量制度改正に伴う検定に関するプレゼンテーションセミナーの動画を公開いたしました。

2024年06月23日 ノルマン洋菓子店 [食品関連告知・募集]
老舗洋菓子店「NORUMAN(ノルマン)」が、8月3日(土)・4日(日)に、石川県金沢市の「近江町市場」で開催されるイベント「きまっし!近江町」に出店

2024年06月21日 北陸製菓株式会社 [食品関連製品]
hokkaは350年以上続く能登町の「あばれ祭」を応援します!〜おーいわっちゃ、今年もやっぞ、あばれ祭〜

2024年06月18日 北陸製菓株式会社 [食品関連製品]
あの人気の味が帰ってくる!「のどぐろビーバー」期間限定で復活!

2024年06月18日 北陸製菓株式会社 [食品関連製品]
"お酒によく合う"新しいビーバーがこの夏登場!「おつまみビーバー」


  VFリリース・アクセスランキング
1位 ブリヂストンサイクル株式会社
太田りゆ パリ2024オリンピック日本代表候補に選出
2位 森永製菓株式会社
「森永ミルクキャラメル」111周年記念!同じく111周年を迎える岩波書店・トンボ鉛筆とコラボ!ミルクキャラメルが「広辞苑」や「MONO」になって登場!
3位 ブリヂストンサイクル株式会社
今村駿介 パリ2024オリンピック日本代表候補に選出
4位 株式会社 クロスワン
3DホームスタジオPR第53弾!2024年6月8日「超絶の美人!水着モデル・グラビアアイドルの雨宮留菜ちゃんと念願のコラボ」しました。
5位 一般社団法人日本ビジネスメール協会
「ビジネスメール実態調査2024」発表
>>もっと見る