スパークスシステムズジャパン株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2008年09月30日 13時 [コンピュータ・通信機器製品]

スパークスシステムズジャパン株式会社

情報リサイクルツール「ARCSeeker」バージョン2.2 発売開始のお知らせ

スパークスシステムズジャパン株式会社(神奈川県横浜市:代表取締役 河野 岳史)はソフトウェアの設計情報のリサイクルツール「ARCSeeker」(あーくしーかー)の最新バージョン2.2を2008年9月30日に発売いたします。


■ ARCSeekerの概要

ソフトウェアの設計開発において、最近は効率改善や品質向上などを目的とした
ソフトウェア資産の再利用に注目が集まっています。

ソフトウェア資産の再利用の一つの方法として、弊社では「情報リサイクル」と
呼ぶ考え方を提案しています。ARCSeekerは、この「情報リサイクル」の概念を
実現するための製品です。

「ARCSeeker」は、ソフトウェアの設計開発で得られるソースコードや仕様書など
さまざまな成果物を、派生製品や後継製品などの開発で再利用しやすい単位
(コンポーネント)にまとめ、蓄積し、検索・参照しやすいように管理することが
可能です。

この一連の再利用活動を支援するさまざまな機能を提供することで、
ソフトウェアの資産化(コンポーネント化・部品化)と再利用を支援し
「情報リサイクル」を実現します。

特に、UMLモデリングツール「Enterprise Architect」で作成したUMLモデルを
効率よく管理・再利用するための連携機能も持つため、「モデルベース開発」を
支援する製品でもあります。

本製品はダウンロード版とパッケージ版があります。ダウンロード版の価格は
1ライセンスあたり10,500円(消費税込み)です。パッケージ版はオープン価格です。

本製品はWindows 2000・Windows XP・Windows Vistaに対応しています。

なお、無償の評価版も用意しています。興味のある方は評価版を
ご利用ください。評価版では保存・管理できるコンポーネント数が
10個に限定されるほかは製品版と同等の機能となります。

■ バージョン2.2の概要

バージョン2.2では、格納されている部品(コンポーネント)の相互関係を
図として表示できるようになりました。これにより、視覚的に部品間の関係を
確認することができます。また、関係を辿りながら、利用する部品を探索することが
できます。
(添付画像をご覧下さい。)

また、多くの部品を効率よく管理するための機能強化や、さまざまな機能強化を
自由に行うことのできるアドイン機能のサンプル公開など、実際に活用する際に
役立つさまざまな機能・情報の整備を行いました。

なお、既に製品をご利用中の方でサポート(保守)が有効な方は、無料で最新版を
利用することができます。

■ 「情報リサイクル」について

ARCSeekerの製品の背景となっている「情報リサイクル」については
製品Webサイトにて説明しています。製品Webサイトをご覧下さい。

また、11月19日からパシフィコ横浜にて開催される
「組込み総合技術展 Embedded Technology 2008」において
会場中央のステージにて「情報リサイクル」の説明プレゼンテーションを
行います。(20日14時〜)

製品の紹介Webサイトは以下のURLとなります。
http://www.arcseeker.jp/

■ 会社概要

スパークスシステムズ ジャパン株式会社
http://www.sparxsystems.co.jp/

2003年5月設立。主にUMLモデリングツール「Enterprise Architect」・
要求管理ツール「RaQuest」・情報リサイクルツール「ARCSeeker」の
設計開発・販売およびサポートを行う。


■ このプレスリリースについてのお問い合わせ

広報担当 河野(コウノ)
E-mail:info@sparxsystems.co.jp

■ この製品についてのお客様からのお問い合わせ窓口

製品サポート担当
E-mail:support@sparxsystems.jp




Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

  • http://release.vfactory.jp/file/31441.JPG
  • 関連URL

  • http://www.arcseeker.jp/
  • http://www.sparxsystems.jp/
  • スパークスシステムズジャパン株式会社のプレスリリース一覧

    2018年05月16日 [製品]
    UML/SysMLモデリングツール『Enterprise Architect』日本語版 バージョン14.0 リリースのお知らせ

    2017年06月08日 [製品]
    差分比較・マージツール『LemonTree』販売開始のお知らせ

    2016年10月07日 [製品]
    モデリングツール『Enterprise Architect』日本語版 バージョン13.0 リリースのお知らせ

    2015年02月12日 [製品]
    UML/SysML/BPMNモデリングツール『Enterprise Architect』日本語版 バージョン12.0 リリースのお知らせ

    2014年04月25日 [製品]
    UMLモデリングツール『Enterprise Architect』日本語版 バージョン11.0 リリースのお知らせ




    関連するプレスリリース一覧(新着順)

    2020年04月03日 株式会社グローバルインフォメーション [コンピュータ・通信機器/研究・調査報告]
    コンテンツモデレーションソリューションの世界市場-欧州が牽引

    2020年04月03日 株式会社サードウェーブ [コンピュータ・通信機器製品]
    『Minecraft for Windows 10 Master Collection同梱版パソコン』ノートモデル2機種を追加 豪華コンテンツもついてくる

    2020年04月03日 cooyou.org [コンピュータ・通信機器製品]
    物体との距離を振動で体感する人間拡張デバイスをクラウドファンディングで販売。空中入力キーボードも同時出品中

    2020年04月02日 Vuzix Corporation [コンピュータ・通信機器サービス]
    Cisco Webex Teamsビデオ会議に弊社スマートグラスが対応しました。

    2020年04月01日 アイビーシー株式会社 [コンピュータ・通信機器キャンペーン]
    アイビーシー、クラウド型情報管理サービスの無料提供キャンペーンを開始 〜 リモートワーク急増に伴う仮想デスクトップ環境の性能低下を防止 〜

    2020年04月01日 株式会社グローバルインフォメーション [コンピュータ・通信機器/研究・調査報告]
    従業員スケジューリング・ソフトウェアの市場規模、2026年には約6億918万ドルに成長すると予測


      VFリリース・アクセスランキング
    1位 有限会社 Coo&RIKU
    3月28日(土)犬の足あとがトレードマークの「ペットショップCoo&RIKU西宮店」グランドオープン!!
    2位 城北信用金庫
    城北信用金庫が川口市の子育て世帯を応援! 店舗建物内に認可保育園を開設
    3位 株式会社ショウイン
    新型コロナウイルスによる教育機関の休校措置に伴い、通塾した場合と同等の指導が自宅で受けられる、ショウイン式「テレ・スタディ」が2020年2月26日より本格開始
    4位 株式会社グッドコムアセット
    「屋上緑化」を採用した分譲マンション「GENOVIA浅草? skygarden」が、東京都台東区にて竣工。 株式会社グッドコムアセット
    5位 消費者経済総研
    日本は「借金大国」なのか?・違うのか? | その答えの根拠とは? |IMF報告からG7で比較
    >>もっと見る