スパークスシステムズジャパン株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2012年12月14日 15時 [コンピュータ・通信機器製品]

スパークスシステムズジャパン株式会社

UMLモデリングツール『Enterprise Architect』日本語版 バージョン10.0 リリースのお知らせ

スパークスシステムズジャパン株式会社(神奈川県横浜市:代表取締役 河野 岳史)はUMLモデリングツール『Enterprise Architect』(えんたーぷらいずあーきてくと)日本語版の最新バージョン10.0を本日リリースいたしました。


■ バージョン10.0の概要

バージョン10.0では、主にSysML 1.3やGeography Markup Language (GML)など、新しい表記法への対応と、モデリング時における使い勝手の向上を行いました。


最近、システムズエンジニアリングにおいて有用な表記方法であるSysMLに注目が集まっています。今回のバージョン10.0では、この最新バージョンとなるSysML1.3に対応しました。あわせて、SysMLで規定される表現への対応の強化や、操作性の改善などを行いました。また、地理情報システム(GIS)などで利用される情報交換形式であるGMLにも対応し、モデリングした内容からGMLのアプリケーションスキーマを生成することができるようになりました。

また、ツールの利用者から寄せられたさまざまな改善要望への対応を行い、さまざまな面でモデリング時の操作性の改善を図りました。特に、シーケンス図での操作性を改善しました。

Enterprise Architectの数多くの機能の中でも好評な機能の1つに、アプリケーションの実際の動作内容からシーケンス図を自動生成する機能があります。この機能について、Androidアプリケーションやリモートマシン上のJavaアプリケーションにも対応しました。これにより、既存のアプリケーションの動作解析において活用できる場面がさらに増えました。


その他、Windows8への対応・ドキュメント生成機能やシミュレーション機能の強化など、300項目以上の機能強化・改善・不具合修正を行いました。


■ Enterprise Architectの概要

UMLモデリングツール『Enterprise Architect』は、システムの設計開発などUMLを利用したモデリングのためのツールです。作成したモデルからRTF・PDF・HTMLの形式のドキュメントを生成したり、対応する10種類の言語(Enterprise Architect Suiteシステムエンジニアリング版では14種類)のソースコードを生成したりすることができます。

また、システムの設計開発に付随するデータベース構造・XMLスキーマ・WSDLなどについても同様にモデリングを行い、DDL・XSD・WSDLの各ファイルを生成することもできます。

本製品は、日本において2003年4月の発売開始から2012年11月末までの累計販売数は35,000ライセンスを超えており、個人ユーザーや少人数での企業内開発から大企業における開発まで幅広く利用されています。

Enterprise Architectは、利用できる機能により『デスクトップ版』『プロフェッショナル版』『コーポレート版』の3種類があります。また、『Enterprise Architectコーポレート版』の機能に加えて、数多くのアドインも利用できるスイート製品『Enterprise Architect Suite』として、『ビジネスモデリング版』『システムエンジニアリング版』『アルティメット版』の3種類があります。

本製品は『パッケージ版』と直販の『ダウンロード版』があります。パッケージ版はオープン価格です。Enterprise Architectのダウンロード版の直販価格は、1ライセンスあたり17,325円から44,100円です。Enterprise Architect Suiteのダウンロード版の直販価格は、1ライセンスあたり77,700円から136,500円です。

本製品はWindows XP・Windows Vista・Windows 7・Windows 8・Windows 2003 Server・Windows 2008 Serverに対応しています。64ビット版OS(x64)にも対応しています。


本製品の主な特長および機能は以下のとおりです。

・ UML 2.4.1で定義された14種類すべての図が描画可能
・ C++, C言語, Java, C#, Visual Basic, Visual Basic.NET, Delphi, PHP, Python, Action Scriptのコード生成と読み込み(リバースエンジニアリング)
 (Enterprise Architect Suiteシステムエンジニアリング版ではVerilog, VHDL, SystemC, Ada2005にも対応)
・ JARファイルおよび.NETアセンブリの読み込み
・ デバッグ版アプリケーションとソースコードの情報から、シーケンス図を自動生成
 (Java(Android環境にも対応), Visual C++, C#, C, VB.NET)
・ HTML形式およびRTF形式でのドキュメントの生成
 (ドキュメント生成内容はカスタマイズ可能)
・ UMLモデルをXMI 1.0〜2.4.1 形式で出力
・ BPMN 1.1/2.0を利用したビジネスモデリング
・ 既存のデータベース構造の読み込み
 (Oracle, SQLServer, MySQLなど多数のDBMSに対応)
・ データベース設計し、結果をDDLとして生成
・ モデル情報の変更履歴管理・差分表示・マージ
・ MDA(PIMからPSMへの変換)
・ XMLスキーマおよびWSDLの読み込みとモデリング・生成
・ DFD(データフロー図)およびフローチャートの作成
・ 別売りのアドインによるSysML 1.1/1.2/1.3を利用したモデリング
 (このアドインはEnterprise Architect Suite システムエンジニアリング版とアルティメット版にも含まれます。)
・ 別売りのアドインにより、EclipseやVisualStudio2005/2008/2010と連携
 (このアドインはEnterprise Architect Suiteの各エディションにも含まれます。)


なお、無償の機能評価版も用意しています。興味のある方は評価版をご利用ください。

製品の概要などを紹介するWebサイトは以下のURLとなります。
http://www.sparxsystems.jp/


■ 会社概要

スパークスシステムズジャパン株式会社
http://www.sparxsystems.co.jp/

2003年5月設立。主にUMLモデリングツール『Enterprise Architect』・要求管理ツール『RaQuest』データベース設計支援ツール『DBMode』・情報リサイクルツール『ARCSeeker』の設計開発・販売およびサポートを行う。


【本件に関するお問い合わせ先】
スパークスシステムズジャパン株式会社
Email:info@sparxsystems.co.jp



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

スパークスシステムズジャパン株式会社のプレスリリース一覧

2018年05月16日 [製品]
UML/SysMLモデリングツール『Enterprise Architect』日本語版 バージョン14.0 リリースのお知らせ

2017年06月08日 [製品]
差分比較・マージツール『LemonTree』販売開始のお知らせ

2016年10月07日 [製品]
モデリングツール『Enterprise Architect』日本語版 バージョン13.0 リリースのお知らせ

2015年02月12日 [製品]
UML/SysML/BPMNモデリングツール『Enterprise Architect』日本語版 バージョン12.0 リリースのお知らせ

2014年04月25日 [製品]
UMLモデリングツール『Enterprise Architect』日本語版 バージョン11.0 リリースのお知らせ




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年08月20日 株式会社構造計画研究所 [コンピュータ・通信機器/提携]
[お知らせ]テンキー式スマートロックの RemoteLOCK、レゼルバ予約システムと連携。 レンタルスペースや自社サービスの予約・決済・カギの受け渡しが自動化。

2019年08月20日 株式会社ローズクリエイト [コンピュータ・通信機器サービス]
世界も注目!文部科学大臣賞など数々の賞を受賞した、有害な電磁波対策アイテムが誕生!

2019年08月20日 株式会社セブンシーズ・パスタ [コンピュータ・通信機器告知・募集]
海外での通信を劇的に便利にしてくれるモバイルWiFi「TERN」、クラウドファンディングで目標達成&プロジェクトはまだまだ継続中!

2019年08月19日 LYKAON株式会社 [コンピュータ・通信機器製品]
顔認証システム「LYKAON-i」ディープラーニング技術により最適化した画像解析アルゴリズムを搭載したAI顔認証システムを9月から提供開始

2019年08月15日 株式会社サードウェーブ [コンピュータ・通信機器製品]
【上海問屋限定販売】クセになる打鍵感 人気のGateron青軸 日本語キーボード 販売開始

2019年08月09日 株式会社サードウェーブ [コンピュータ・通信機器告知・募集]
8/24(土)ドスパラ博多店 移転リニューアル 大特価リニューアルセール情報を公開


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社うるる
官公庁・地方自治体入札市場レポート(2019年7月) 〜2019年7月の公示案件数の合計は105,449件(前年比 +17.1pt)〜
2位 ハローライト株式会社
LEDとSIMが一体の世界初のIoT電球を開発するハローライト、年間1億件の不動産ビッグデータを扱うスタイルアクトと資本業務提携
3位 QLCプロデュース株式会社
5年・10年後を見据え、成長産業「介護事業」を事業戦略の新たな柱へ。『「介護事業」(リハビリ特化型デイサービス)新規参入セミナー』を東京・鹿児島・熊本にて開催。
4位 株式会社友安製作所
大型家電量販店エディオンなんば本店6階にインテリアとDIYの体感型コラボショップ「友安製作所×EDION」6月7日(金)オープン!
5位 株式会社seno
小学生最強力士が決定!日本一の称号は誰の手に!?「第35回わんぱく相撲全国大会」2019年8月4日開催
>>もっと見る