株式会社サンテツ技研のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2014年11月18日 10時 [医療・健康技術開発成果報告]

株式会社サンテツ技研

新しい局面を迎えた再生医療技術。 デパックシステムによる『細胞死の制御』を学術的に立証

株式会社サンテツ技研保有の技術『デパックシステム』によって、動植物の細胞を元気にして、酸化などのダメージを防ぐことが可能であることを確認。高圧静電誘導によって『細胞死の制御』が可能であることを立証した論文が、米国の学術誌 "Current Tissue Engineering” に掲載されました。


株式会社サンテツ技研(神戸市中央区、代表:五代友行)と共同開発を行っている福岡大学小玉正太は、高圧静電誘導が細胞の死を安定的に制御出来ることを遺伝子によって明らかにし、その成果を2014年10月16日発行の米国 CurrentTissue Engineering 誌(※1)に発表いたしました。

この度掲載された論文の内容「微弱電流装置による生細胞の抗アポトーシス効果及び抗ネクローシス効果の誘導」(※2)は、弊社保有のデパックシステムが『細胞死の制御』を可能としたことを学術的に立証したものであり、再生移植医療分野に飛躍的な進化をもたらすことが期待されます。

※1.
Bentham SciencePublishers 発行のCurrent Tissue Engineering誌
※2.
“Anextremely weak electric current system induces anti-apoptotic effects andanti-necrotic effects in a living cell”
http://benthamscience.com/journal/abstracts.php?journalID=cte&articleID=125224

<1.『細胞死の制御』による再生移植医療分野で期待される効果>

(1)移植臓器
1. 移植可能な時間の延長
2. 1による移植の機会の増加が見込める
3. 1と2による移植コストの削減
4. 高い活性度(元気な状態)が保てる事による成功率の向上

(2)先端再生医療研究・開発
1. 組織の再生・培養・移植効率の改善
2. 1による再生医療のコストの削減
3. 1による移植可能組織の増加

例えば、糖尿病患者本人の膵臓から膵島細胞(インシュリンを出す細胞)を採取し、高効率に再生培養し、患者本人に移植する(戻す)ことで糖尿病を治癒する可能性が高まると考えられます。

(3)血液保存
1. 保存期間の延長
2. 1による輸血の安全性の向上
3. 1による備蓄量の改善
4. 1による献血コストの削減



<2.『デパックシステム』とは>
特徴:『デパック』(高圧静電誘導)による特殊な電気エネルギーによる「細胞の活性化・酸化の抑制・氷点の低下」を細胞にもたらす技術。
機能:動植物の細胞を活性化(元気に)することと、酸化によるダメージを防ぐことにより、従来の冷蔵・冷凍などの保存技術を改善し、飛躍的に高品質な冷凍・解凍・熟成/培養・鮮度保持(長期保存)が可能となります。
効果:安全かつ長期間にわたる高品質な保存が実現出来ることで食品産業・流通はもとより、再生移植医療など、様々な分野での活用が期待できます。

『デパックシステム』とは、この『デパック』の機能を応用したシステムの総称。近年大手のコンビニの協力工場や大手の食肉メーカにおいて、『デパック』の冷凍・解凍・熟成・鮮度保持効果の導入が進んでいます。また今後は食品細胞も生命の細胞であることから、医療分野における活用が期待されています。

以上
【小玉正太医学博士 について】
・ 福岡大学医学部再生・移植医学講座 主任教授
・ 2000年〜2009年までハーバードメディカルスクールに所属
・2009年の福岡大学移籍前は、ハーバードメディカルスクール系列のMassachusetts General Hospital とBrigham and Women’s Hospitalに講師・助教授として勤務
・ 2014年6月19日付けにて米国の学術専門出版社Bentham Science Publishers発行のCurrent Tissue Engineering誌に投稿(2011年1月国際特許出願)
*株式会社サンテツ技研と福岡大学小玉正太は共同開発のパートナーです

【株式会社サンテツ技研 組織概要】
本社所在地:神戸市中央区海岸通5番地 商船三井ビル7F
代表者:代表取締役 五代友行
設立:1999年11月
TEL:078-393-7092
FAX:078-391-3927
URL: http://www.depak.jp/
事業内容:
  ・食品機械及び食品加工プラントなどの製造・販売
  ・その他、応用技術商品の開発・製造・販売



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社サンテツ技研
担当者名:池内敬三
TEL:078-393-7092


提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社サンテツ技研のプレスリリース一覧

2014年11月18日 [技術開発成果報告]
新しい局面を迎えた再生医療技術。 デパックシステムによる『細胞死の制御』を学術的に立証




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年07月10日 株式会社グローバルインフォメーション [医療・健康/研究・調査報告]
製薬業界、COVID-19パンデミックに向け、155種類の医薬品と70種類のワクチンが開発中 PCR、シーケンシング、ELISAなどの高度な技術が研究を可能に

2020年07月10日 株式会社グローバルインフォメーション [医療・健康/研究・調査報告]
サンプル前処理市場最大のエンドユ−ザ−は大学や研究所 続く病院・臨床分野では核酸抽出や細胞分離などの前処理技術が主な需要

2020年07月10日 株式会社グローバルインフォメーション [医療・健康/研究・調査報告]
クロマトグラフィー市場、今後5年間は4.6%の成長率で推移 消耗品で構成されるアフターマーケット部門が売上高の半分以上を占める

2020年07月10日 株式会社グローバルインフォメーション [医療・健康/研究・調査報告]
ライフサイエンス機器の市場、ゲノミクス技術の需要に牽引され、今後5年間でCAGR 6.4%の成長予測

2020年07月10日 株式会社グローバルインフォメーション [医療・健康/研究・調査報告]
遺伝子治療の開発と製造、ウイルスベースの高い価格設定がネックに 非ウイルス方法による遺伝子導入の検討が進む

2020年07月09日 株式会社GME [医療・健康サービス]
郵送での新型コロナウイルスPCR検査をGMEが提供開始


  VFリリース・アクセスランキング
1位 Sourire web studio
伝わるホワイトボードアニメーション動画制作サービスをスタート!低価格で素早く制作、営業ツール・プレゼン・研修教材に。
2位 消費者経済総研
【更新】注目の新スポット・ベスト20|コロナで延期→続々オープン|New商業施設の空間から浮かぶ「キーワード」とは?
3位 消費者経済総研
女子高生の街・原宿が、オトナの街へ変化?|「ウィズ原宿」現地視察結果
4位 特定非営利活動法人イマジン
『発達障害の嘘』発刊 記念講演が行われます!
5位 JHS株式会社
現場の施工性が大幅にアップ!軽量モジュールの代名詞、サンマン社(SunMan)が新商品SMA-DWを6月17日に発売。汎用性金具・架台が使用可能になった。
>>もっと見る