株式会社イーオンのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2016年03月18日 14時 [教育/研究・調査報告]

株式会社イーオン

「子どもの英語学習に関する意識調査2016」結果発表〜小学生の保護者計1000人を対象に、2020年に向け改革が進む日本の英語教育の変化に関する意識調査を実施〜

 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、全国のイーオンキッズに通う小学生のお子さまの保護者(以下、イーオン保護者)500名、ならびに英会話学校に通っていない小学生のお子さまをお持ちの全国の保護者(以下、一般保護者)500名の計1,000名を対象に、「子どもの英語学習に関する意識調査2016」を実施しました。


 英会話教室を運営する株式会社イーオン(本社:東京都新宿区、代表取締役:三宅義和、以下「イーオン」)は、全国のイーオンキッズに通う小学生のお子さまの保護者(以下、イーオン保護者)500名、ならびに英会話学校に通っていない小学生のお子さまをお持ちの全国の保護者(以下、一般保護者)500名の計1,000名を対象に、「子どもの英語学習に関する意識調査2016」を実施しました。

 今回の調査では、文部科学省によって進められている学習指導要領の全面改訂等により、大きな転換点を迎えている英語教育環境について、保護者の方々がどう認識し、どのように考えているのかについて調査しました。

 主な調査結果は以下の通りです。

====調査結果トピックス====
■「英語教育の変化」の内容に関する認知度、一般保護者は過半数を割る結果に。
情報の入手方法は「報道」からがトップ、一方「学校」からの情報提供について課題も。

 2020年に向けてそれぞれ方針変更が予定されている?小学校の英語教育(小学5、6年生時の英語「教科」化、「外国語活動」の小学3、4年生への前倒し)?中学校の英語教育(「英語を英語で教える授業」の開始)?大学入試(新大学入試テスト導入)の各項目について知っているかどうかを、イーオン保護者では??で7割以上、?についても過半数が知っていると回答する一方、一般保護者の認知度は、?〜?ともに過半数を割っており、特に?の中学校での変化については、24%と1/4にも満たない認知度となりました。
 また、それらの情報について「新聞やTVなどの報道」を通して知ったという保護者が各項目ともトップとなり、特に一般保護者では他を大きく引き離し3/4を超える方が「報道」で知ったと回答する結果となりました。一方、「学校からの情報提供」という回答が、各項目とも1割前後と低くとどまり、公教育の現場での積極的な情報提供が進んでいない様子が見て取れる結果となりました。

■小学校英語教育の“早期化”、イーオン保護者で7割、一般保護者でも過半数が賛成。
「小学5〜6 年生の英語“教科化”」にも、ともに過半数が賛成という結果に。

 小学校の英語教育を今後3年生から開始する「早期化」について、イーオン保護者では7割を超える355名、一般保護者でも過半数を超える273名が「よいことだと思う」と回答しました。また小学5 年生からの英語「教科化(=成績がつく科目にすること)」の方針についても、それぞれ過半数を超える保護者(イーオン保護者290名、一般保護者257名)」が「よいことだと思う」と回答しました。教科化に賛成する理由としては、イーオン保護者では「現在の「英語学習」では内容が十分でないと思うから」が116名(40%)、一般保護者では「習得目標ができるから」が93名(36%)でそれぞれトップとなりました。

■「これまで英語を教科として教えた経験のない小学校の教員に授業ができるのか」など、教育環境の変化に伴う学校の体制について不安に思う保護者の様子が浮き彫りに。

 「早期化」「教科化」をはじめとする小学校の英語教育における変化について、不安に思うことを尋ねたところ、「これまで英語を教科として教えた経験のない小学校の教員に授業ができるのか」という回答が、イーオン保護者、一般保護者ともトップとなりました。全体的にイーオン保護者の方が不安感が強い傾向が見られ、2位の「指導内容や授業のレベルについて、学校によって差が出てしまうのではないか」とともに順位は共通でしたが、票数はどちらもイーオン保護者の方が100票以上も上回る結果となりました。
 一方で、「子どもが英語に対して苦手意識を持つのではないか」という回答については、イーオン保護者が48名だったのに対し、一般保護者では141名が挙げるなど、こちらも両者で差が出る結果となりました。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社イーオン
担当者名:森田・伊藤
TEL:03-5381-0212


提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社イーオンのプレスリリース一覧

2020年06月15日 [企業の動向]
イーオン、岡山市教育委員会の公立中学校教員向け 「英語担当教員英語力向上モデル事業推進業務」を受託 〜岡山県内初となる公立学校への教師派遣による研修を展開〜

2020年06月11日 [企業の動向]
イーオン、6月15日より全国のスクールレッスン再開       ハイジェニック新教室モデルで、安心して楽しく英会話を学べる環境を全国一斉提供。

2020年05月22日 [キャンペーン]
英会話イーオン、AEON Enjoy Homeプロジェクト開始 第1弾として公式YouTubeにて教師による応援メッセージ30本を公開

2020年04月28日 [キャンペーン]
GW自粛期間中の“おうち時間”での英語学習を支援! 「AEON eラーニング」コンテンツ無償提供、5月末まで延長決定

2020年03月19日 [サービス]
新型コロナウイルス対策における自宅学習支援「AEON eラーニング」5種類のコンテンツ無償提供を決定〜3月19日から4月28日まで会員登録なしで利用可能〜




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年08月06日 Susy's Zoo Japanese & Nail [教育サービス]
夏休みの自由研究にもピッタリ!1日でできる、創業60年を超える江戸前すし店の娘直伝、オンライン限定「親子で受けるすし講座」を8月8日から開催

2020年08月06日 学校法人令徳学園 [教育企業の動向]
鴨川令徳高校、美大を目指す留学生の強い思いで美術部が復活

2020年08月06日 学校法人大和学園 [教育告知・募集]
日本語能力試験(JLPT)および日本留学試験(EJU)の中止に伴う外国人留学生入試の対応について【お知らせ】

2020年08月06日 株式会社Digika [教育企業の動向]
小学校でそろタッチ初導入!宝仙学園の放課後教室でより多くの子供たちに暗算能力習得の機会を!

2020年08月06日 株式会社ファルボ [教育サービス]
2020年8月22日(土)13時〜@Zoom 首都圏女子中学校によるオンライン合同説明会・座談会LIVEを開催

2020年08月06日 株式会社アライブ [教育サービス]
自分が変わる!世界が変わる! 園児・小学生を対象とした、英語で体験する『アライブサマースクール2020』。SGDsを目標に、自分自身にできることを行動に


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ワールドパーティー
見渡す限りネコ!アンブレにゃん!Masayuki Oki×Wpc.「必死すぎるネコ」で人気の猫写真家、沖昌之(おきまさゆき)さんとWpc.のコラボ傘に注目
2位 消費者経済総研
7月24日(金)は、【アキ活 元日】|「アキ活」してますか?
3位 matsuri technologies株式会社
【巣鴨でおためし同棲 コロナ破局を防ぐ】保証人不要/初期費用なしで同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「おためし同棲」で巣鴨エリア開始
4位 消費者経済総研
7月24日(金)は【アキ活 元日】だった。令和2年は【アキ活 元年】。
5位 消費者経済総研
【更新】ファクターxは「亜種コロナ感染済み→免疫獲得」が、やはり最有力か|また「免疫」は、「抗体」以外に「T細胞」にも注目
>>もっと見る