カナダ・オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2016年11月25日 14時 [国・自治体・公共機関/提携]

カナダ・オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口

カナダ・オンタリオ州首相、経済代表団を率いて28-30日訪日貿易拡大、協力関係の強化に向け、政財界幹部と会談へ

キャスリーン・ウィン カナダ・オンタリオ州首相は日本との経済協力関係の拡大と新たな貿易機会の展開をはかるため、同州の訪日ミッションを率いて11月28日から3日間にわたり日本を訪問します。ウィン州首相は11月29日には、ビジネス会合に出席するため名古屋も訪問します。オンタリオ州の企業や経済団体、研究機関の幹部45人から成る代表団は、30日までの日本滞在中に日本の企業や団体と会談し協定に署名する予定です。 ウィン州首相は、政財界の幹部と直接会談し、同州と日本の協力関係の構築を図り、情報および意見交換を行い、新たな協力分野を見極めたい意向です。


キャスリーン・ウィン カナダ・オンタリオ州首相は日本との経済協力関係の拡大と新たな貿易機会の展開をはかるため、同州の訪日ミッションを率いて11月28日から3日間にわたり日本を訪問します。

ウィン州首相は11月29日には、ビジネス会合に出席するため名古屋も訪問します。

オンタリオ州の企業や経済団体、研究機関の幹部45人から成る代表団は、30日までの日本滞在中に日本の企業や団体と会談し協定に署名する予定です。
ウィン州首相は、政財界の幹部と直接会談し、同州と日本の協力関係の構築を図り、情報および意見交換を行い、新たな協力分野を見極めたい意向です。

「日本はオンタリオ州にとって重要な市場です。今回のミッションは主要な経済産業部門における私たちの関係をさらに深めるよい機会となるでしょう。日本とオンタリオ州は、強固で、発展的、確信的な経済を創出するなど、多くの共通の優先課題を共有しています。私たちが協力して、お互いの人材と資源を結びつけることで、次世代の技術革新を啓発し、世界市場において競争力を維持する一助となるでしょう」とウィン州首相は述べています。

オンタリオ州は人口、経済規模でカナダ最大の州で、7,400億カナダドル(約61兆円)を超えるGDPは、カナダ全体のGDPの3分の1以上を占め、グローバルな規模を誇っています。

日本とオンタリオ州の相互貿易は2015年に110億カナダドル(約9020億円)を超えました。今回の経済ミッションでは、イノベーション、自動車、航空宇宙、製造業、情報通信技術(ICT)など、日本とオンタリオ州双方にとって強い分野に重点を置くことになっています。ウィン州首相はミッションの期間中、トヨタ、ホンダ、スバル、三菱重工航空宇宙システム、住友精密工業、F-Tech、NTTデータなど、これらの分野のさまざまのビジネス・リーダーと会談する予定です。

ミッションの初日11月28日(月)には、オンタリオ州は日本とオンタリオ州の企業や団体との間での新しい協定や契約の署名式を行います。その後、ウィン州首相は、カナダ大使館が在日カナダ商工会議所(CCCJ)と共催する経済セミナーでスピーチを行い、日本とオンタリオ州の生産的な経済パートナーシップ、相互貿易の強化、日本企業がオンタリオ州の活力あるビジネスに投資することによって世界で成長を続ける機会などを重点に演説します。

東京滞在中、オンタリオ州の経済代表団一行は日本側の主要な企業幹部と会談を行い、イノベーションに関して日本政府・企業との今後のさらなる協力の可能性を探ります。一行は、東京工業大学主催の、イノベーションを推進するための日本・オンタリオ州パートナーシップに関するセミナーに参加します。ICT分野の代表団メンバーは別途NTTデータ、楽天、ソフトバンクとのグループ・ミーティングを行う予定です。

オンタリオ州は、外国資本投資誘致に関して、カナダ随一で、北米では第4位に入ります。2006年〜2015年の日本の対カナダ投資の70%以上がオンタリオ州に拠点を置く事業に対して行われています。オンタリオ州は今年、企業の不動産戦略と経済開発に関する一流国際誌である『サイト・セレクション』により、カナダ最高の投資先に選ばれました。

ホンダ、トヨタ、三菱、NTTをはじめとする日本の大手企業の多くが、オンタリオ州で事業を展開しています。オンタリオ州政府貿易投資センターの東京事務所は、両地域間の投資、貿易、科学技術の機会を奨励しています。

オンタリオ州に投資することにより、企業は20兆米ドル(約2240兆円)規模の北米自由貿易協定(NAFTA)市場や、18兆米ドル(約2016兆円)規模のカナダEU包括経済貿易協定(CETA)へのアクセスが得られ、貿易機会が大きく広がります。オンタリオ州の多様性を持つ経済、競争上有利な法人税率、強力な金融セクター、高学歴の人材により、ビジネス環境としては世界でも有数の地域のひとつといえます。オンタリオ州は、G7先進国の中でビジネスコストが最も低くなっています。2016年第1四半期の実質GDP成長率は、カナダの他の地域や米国その他G7各国のどこよりも高い伸びを記録しました。

※為替レートは1カナダドル=82円、1アメリカドル=112円で計算しています。


オンタリオ州周辺地図

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MTE5NyMxNzQwNjkjNDExOTdfa0dwQml4dkh0dC5wbmc.png ]

■オンタリオ州について
オンタリオ州はカナダ経済の中心地となっており、カナダ全体のGDPの37%、人口の39%、カナダの輸出品の38%がオンタリオ州に集中しています。オンタリオ州のビジネス環境は世界で成功するために設計されており、北米で効率のよい、国際貿易と投資の中心となっています。多文化の労働力、合理的な規則、低リスクの投資環境、競争力のあるビジネスコスト等多くの事柄が保証されています。

世界の主要企業がこれまでにオンタリオ州で事業を設立または、拡大を行ってきました。それらの企業の分野は、自動車、航空宇宙産業、ライフサイエンス、バイオテック、金融、鉱業など多岐にわたります。約200社の日系企業も、オンタリオ州に投資しており、ホンダ、トヨタ、日産、三菱重工業、カプコン、コーエイ、アステラス製薬、武田薬品工業、キヤノン、住友精密などの主要企業が現地法人を置いています。


■オンタリオ州政府在日事務所について
オンタリオ州政府在日事務所(Ontario International Marketing Centre、東京都港区カナダ大使館内)は、日本とオンタリオ州の貿易・投資促進を図る目的で2006年2月に開設されました。同在日事務所は、日本企業の投資誘致活動、オンタリオ企業・輸出業者への支援、日本の行政・媒体関係者の協調関係を深めるなど、様々な活動を通じてオンタリオ州の産業、ビジネスを紹介し、日加間のビジネス交流・貿易の促進に取り組んでいます。

プレスリリースに関するお問合せ
カナダ・オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口
株式会社トークス  森田、益本
Tel: 03-3261-7715 FAX: 03-3261-7174  E-mail: ontario@pr-tocs.co.jp
東京都千代田区九段南4-8-8 日本YWCA会館5F




提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

カナダ・オンタリオ州政府経済開発省 日本広報窓口のプレスリリース一覧

2018年05月14日 [企業の動向]
北米最大のテックイベント「コリジョン」が19年から今後3年間トロント市で開催 〜世界120か国から3年間で9万人超の参加者、126億円の経済効果を見込む〜

2018年04月25日 [企業の動向]
カナダ・オンタリオ州政府、ディション社の新技術投資と雇用拡大を支援 〜1,380万カナダドルのプロジェクトに最大130万カナダドルを助成〜

2018年04月19日 [企業の動向]
サノフィパスツール、トロントに最先端のワクチン工場を建設 オンタリオ州、カナダ連邦政府、7千万カナダドルを支援

2018年04月16日 [企業の動向]
カナダ・オンタリオ州、ベイリス・メディカル社の 「イノベーション・センター」新設に1700万カナダドルを助成

2018年03月27日 [企業の動向]
カナダ・オンタリオ州、連邦政府、ケベック州政府、大手企業5社と共同で第5世代移動通信技術の開発を推進〜5G技術の研究開発に今後5年間で官民で総額330億円投資〜




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年12月06日 株式会社JTB [国・自治体・公共機関告知・募集]
対日理解促進交流プログラム JENESYS2019 ASEAN招へい第15陣 テーマ:科学技術交流/対象国:シンガポール

2019年12月06日 新日本カレンダー株式会社 [国・自治体・公共機関製品]
【商店街×女子大生×カレンダー会社の産官学連携プロジェクト】366日毎日おトク!?なクーポン付きカレンダー「商店街日めくり」が完成&配布イベント開催!

2019年12月06日 多様な家族のかたちを求める会 [国・自治体・公共機関企業の動向]
全国30自治体目にパートナーシップ制度を導入した横浜市にて、いろとりどりの「家族のかたち」 〜パートナーシップと多様な"幸せ"について考えよう〜 12月8日開催

2019年12月05日 アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口 [国・自治体・公共機関企業の動向]
薬明海徳(WUXI VACCINES)の新規投資により、ダンドーク(アイルランド)で200人の追加雇用創出へ

2019年12月02日 独立行政法人 勤労者退職金共済機構 [国・自治体・公共機関サービス]
お笑いコンビ・たんぽぽが“貝”になった!? オリジナルキャラ『財形シスターズ』と共に “財形貯蓄のメリット” をWEB動画で楽しく紹介!

2019年11月29日 株式会社JTB [国・自治体・公共機関告知・募集]
対日理解促進交流プログラム JENESYS2019 ASEAN招へい第14陣 テーマ:文化・芸術交流/対象国:シンガポール


  VFリリース・アクセスランキング
1位 CTJ株式会社
リュック式猫ハウス『EGGY』は、Makuakeにて先行予約販売開始
2位 株式会社JTB
対日理解促進交流プログラム JENESYS2019 ASEAN招へい第13陣 テーマ:映画・芸術交流―第13回アジア国際子ども映画祭―
3位 株式会社オリコンタービレ
【新製品】弥生会計20シリーズを期間限定特別価格でご提供! 〜オリコンタービレECサイト会員限定キャンペーン実施中〜
4位 株式会社ローズクリエイト
腰痛改善プログラムで全身を整える、腰痛専門サロンRegalo(レガーロ)が、名古屋・栄の隠れ家サロンとして人気!
5位 RAYWOOD
【RAYWOOD】日本発 画材ブランド「筆や写楽」創設 新商品ペンタブレット「KUMADORI」販売開始のお知らせ
>>もっと見る