Meyer Optik Goerlitzのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年03月17日 10時 [その他製造業製品]

Meyer Optik Goerlitz

Meyer-Optik-G?rlitz ではKickstarterを利用して、新しいTrioplan 35+ f2.8のリリースを企てています。

2015年のリバイバルを経て、ドイツのレンズメーカーMeyer-Optik-G?rlitzはクラウドファンディングにより、優れたボケ効果を特長とするレンズをもう一つ世に送り出します。今回の新開発では、人気の高い玉ボケを初めて35mmレンズに応用しました。このレンズに関するKickstarterプロジェクトは、募集開始から6分という記録的なスピードで目標額を達成しました。プロジェクトの募集期間は残りわずか、4月13日までです。


Trioplan 35+ f2.8はTrioplan 50 f2.9やTrioplan 100 f2.8の後に続く、Trioplan三部作の最後のレンズとなります。今回の35mmレンズは、焦点距離は小さくなるものの、先行の2つのレンズと同様にドイツの職人の手によって仕上げられます。芸術性の高い玉ボケを生み出すことで知られるTrioplanシリーズは、このレンズで全モデルが出揃います。Trioplan 35+はその焦点距離や芸術的な表現の幅広さにより、ストリートフォトやクリエイティブな記録撮影に最適なレンズです。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MTUyNyMxNzk3NzgjNTE1MjdfT1lsQVJKeUhqeC5qcGc.jpg ]


クラウドファンディングサイトKickstarterで、この新しいレンズをリリースするための支援を呼びかけたところ、記録的なスピードで必要な資金が集まりました。プロジェクトの締切りは4月13日。プロジェクトへの参加により、支援者は特典として希望小売価格の1,599 ドルから50%以上の割引を受けることができます。

「Kickstarterは、老舗ブランドMeyer-Optik-G?rlitzのリバイバルに大きな役割を果たしています。クラウドファンディング・プロジェクトにより、当社は特色ある名レンズを今によみがえらせ、さらなる設備投資を行うことができます」と、Meyer-Optik-G?rlitzを牽引する最高経営責任者(CEO)のDr. シュテファン・イメスは言います。

評判の高い先行レンズに対抗するモデルとして、Trioplan 35+には技術的な新機軸が盛り込まれます。歴代のトリプレットレンズをお手本にしながら、さらに2つのエレメントを追加しています。それによって、Trioplanシリーズのレンズの芸術的な特性を損なうことなく、35mmレンズで玉ボケ効果を可能にしています。Trioplan 35+というモデル名に「プラス」が付いているのは、そのためです。
「当社のレンズすべてについて言えることなのですが、このTrioplanも独自の個性をもっています。このレンズの特長は、なによりもその場の空気を写真にとらえることにあります」と、イメス氏は述べます。そして、「当社は芸術性の高い写真を重視しており、それを可能にするレンズを追求しています。そして、そんな期待に十二分に応えてくれるのが、Trioplan 35+なのです」と付け加えています。
Kickstarterのプロジェクトを通じて、支援者はいち早くこのTrioplanを手にすることができます。レンズ製造開始は今年10月を予定しています。

Trioplan 35+は以下のカメラのマウントに対応しています。

* Canon EF
* Nikon F
* Sony E
* FujiX
* Micro Four Thirds
* M42
* Pentax-K
* Leica M
* Leica L

テクニカルデータ:
焦点距離 35mm
最大絞り F2.8、最小絞り F22
画角 +/- 31.5°
撮影距離目盛 ∞〜0.3m
レンズキャップ径 41mm
フィルター径 39mm(P=0.75)
最大径と長さ ? 61.5mm x 50mm
重量 約220g
絞りばね枚数: 12枚


当社が展開しているKickstarterプロジェクトの詳細は、以下のKickstarterページで直接、ご覧いただけます。
https://www.kickstarter.com/projects/meyeroptik/create-wide-angle-bubble-bokeh-trioplan-35-fine-ar

撮影サンプルと製品の写真は、以下からダウンロードできます。
https://www.dropbox.com/sh/geyoz3u2jl6dxjm/AAAKPwQmIYpteS-O283RLI6Ra?dl=0

Meyer-Optik-G?rlitzの製品ポートフォリオの詳細については、以下をご覧ください。
https://www.meyer-optik-goerlitz.com

Meyer-Optik-G?rlitzについて
長い伝統を誇り、傑出した製品の数々で定評のあるMeyer-Optik-G?rlitzは、1896年以来ドイツにおいて画期的な高品質レンズの製造に携わってきました。2014年には、net SEがドイツにおけるMeyer-Optik-G?rlitzブランドレンズの製造に着手しました。Meyer-Optik-G?rlitzのチームは由緒あるブランドの伝統の継承に熱意を注ぎ、最高品質の素材、画期的な製品デザイン、最新の製造方法という、Meyer-Optik-G?rlitzブランドが昔から掲げてきた価値を大切にしています。2015年5月には、net SEとMeyer Optik USA Inc.はMeyer-Optik-G?rlitz製品の流通のための新しい販売子会社を米国に設立しました。Meyer Optik USAはジョージア州アトランタにその主な拠点を置いています。





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

Meyer Optik Goerlitzのプレスリリース一覧

2017年03月17日 [製品]
Meyer-Optik-G?rlitz ではKickstarterを利用して、新しいTrioplan 35+ f2.8のリリースを企てています。




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年05月18日 株式会社シャオール [その他製造業製品]
子どもたちとのバスタイムがもっと楽しくなる! 2D⇔3Dに変形するお風呂パズル「FLOATic フローティック かに」新発売

2018年05月17日 神洲通商株式会社 [その他製造業製品]
過酷な現場でこそ機能する照明。業界初の無電極防爆灯「ALE018」。 ALE018-120G/ALE018-150G/ALE018-200G

2018年05月16日 有限会社 静岡木工 [その他製造業告知・募集]
神棚・神具の専門店「神棚の里」本店が待望のリニューアルオープン! モダン神棚から外宮・祖霊舎まで、日本屈指の品揃えで皆さまのお越しをお待ちしております!

2018年05月16日 神洲通商株式会社 [その他製造業製品]
高出力な高天井照明の入替えに。無電極照明、ご存知ですか? GDD228/GDD228S/TGS018/TGS038シリーズ

2018年05月16日 セミクロン株式会社 [その他製造業サービス]
セミクロン日本法人 アプリケーションエンジニアリングラボを開設

2018年05月16日 杉原土地有限会社 [その他製造業製品]
家の中の急な階段を3日間・30万円で緩やかに改造。間取り変更必要なし、高齢者等に優しい互い違いステップの特許工法サービスを5月16日から開始


  VFリリース・アクセスランキング
1位 ショートショート実行委員会
世界の動画マーケターが注目するブランディングを目的としたショートフィルムの祭典『Branded Shorts 2018』を6月5日(火)より開催
2位 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会
5/11-5/12開催!九州シェアリングサミット 地方創生、シェアリングエコノミーのキーパーソンが福岡に集結!
3位 GLC Japan株式会社
ライフスタイルに合わせて7変化!本革クラッチ型ティッシュケースがクラウドファンディングでプロジェクト開始
4位 ホクト株式会社
【ご好評につき今年も開催!毎日替わるプレゼント】5月24日「菌活の日まであと何日?」カウントダウンキャンペーン 第二弾
5位 ショートショート実行委員会
東急プラザ蒲田50周年特別企画 LOVE KAMATA AWARD 蒲田が舞台のショートフィルムの監督に映画『ユリゴコロ』の熊澤尚人氏が決定
>>もっと見る