株式会社ストラテジックキャピタルのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年08月15日 15時 [金融・保険企業の動向]

株式会社ストラテジックキャピタル

株式会社ストラテジックキャピタルが株式会社内田洋行への株主提案提出を公表

株式会社ストラテジックキャピタルは、INTERTRUST TRUSTEES(CAYMAN) LIMITED SOLELY IN ITS CAPACITY AS TRUSTEE OF JAPAN-UP(以下「ファンド」)と投資一任契約を締結しております。ファンド及び弊社は、本年8月8日に株式会社内田洋行に対し、来る定時株主総会について株主提案権を行使しました。


各位

2017年8月15日
株式会社ストラテジックキャピタル
代表取締役 丸木強


株式会社内田洋行(東証一部:コード8057)への株主提案について


弊社は、INTERTRUST TRUSTEES (CAYMAN) LIMITED SOLELY IN ITS CAPACITY AS TRUSTEE OF JAPAN−UP(以下「ファンド」といいます。)と投資一任契約を締結しており、ファンドは株式会社内田洋行(以下「当社」といいます。)の発行済株式総数の約5.04%を保有しております。また、弊社も当社株200株を保有しており、ファンド保有分とあわせると、発行済み株式総数の5.05%の保有となります。

ファンド及び弊社は、本年8月8日に、当社に対し、来る10月開催予定の当社の定時株主総会について株主提案権を行使する書面を発送し、同月9日に当社への株主提案に係る書面の到達を本日確認しましたので、本件を公表いたします。株主提案の内容及び提案の理由のそれぞれの概要は以下の通りです。




1. 提案する議題の内容

? 定款変更
  現行の定款に以下の章及び条文を新設する。
  第7章 政策保有株式
  (政策保有株式の売却)
  第43条 当会社が、本条を追加する定款変更の効力発生日現在、純投資目的以外の目的で保有している上場株式は、第80期中に、速やかに売却するものとする。

? 剰余金の配当
  普通株式1株当たり、平成29年7月期の連結当期純利益の金額(ただし、小数点第一位以下を切り捨てた金額)を配当する。
  当社予想通りの連結当期純利益になれば、1株当たり配当額は188円になります。

2. 提案の理由

? 定款変更の件
  当社が、純投資目的以外の目的で保有している上場株式(以下「政策保有株式」といいます。)は、平成28年7月期末現在では88銘柄で、貸借対照表(単体)計上額は約53億円でした。
平成29年4月20日現在で、当社の純資産(連結)は約364億円(1株当たり約3618円)で、現在の当社の株価は純資産倍率1倍を大きく下回っています。また、平成29年7月期の当社の予想当期純利益(連結)に基づく自己資本利益率(ROE)は約5.2%と低く、ROE向上の観点からも、資産から投資有価証券を減らし、自己資本も応分に減ずることが望まれます。
  一昨年6月から「コーポレートガバナンス・コード(以下、「コード」といいます。)」が施行され、当社の最新のコーポレートガバナンスに関する報告書(以下「CG報告書」といいます。)は昨年10月17日に東京証券取引所に提出されています。その中で、コードの「原則1−4、いわゆる政策保有株式」に関して、政策保有株式を保有するのは、「取引先との安定的・長期的な取引関係の構築、業務提携、または協働ビジネス展開の円滑化及び強化等の観点から、当社グループの中長期的な企業価値向上に資すると判断される場合」と記載しています。
  しかしながら、政策保有株式の目的が「安定的・長期的な取引関係の構築」等であるとしても、取引先の株式を保有していると何故に取引関係の構築等ができるのか、その因果関係が不明です。これでは、株主になれば取引という利益が供与されるとの疑義が生じます。そもそも、取引先との関係構築等は、株式保有に頼るものではなく、当社の提供する役務等の品質向上によるべきです。
  また、政策保有株式のなかには、安定株主として相当額を保有する株式があると思われます。その場合、当社は株主総会において株式発行企業の会社提案に賛成するはずですが、そのような議決権行使は、コードの原則1−4で「策定・開示すべきである」と定められている議決権行使基準とは到底呼べず、それゆえ、CG報告書に記載することができなかったと推察されます。
  以上の通り、当社が現在保有する政策保有株式は、その保有について合理的に説明できないものであり、直ちに売却するべきです。そして、政策保有株式の売却により得られる資金は、当社の株主価値向上に資する新規のビジネス開発やM&A(相手先の株式を保有する場合は、株式保有の目的を合理的に説明できるものに限ります。)等に充当することによりそれら売却代金を活用すべきです。
  さらに、その資金を、自己株式取得等の株主還元を行うためにも使用することができます。

? 期末配当について
  当社の平成29年7月期第3四半期決算短信によれば、平成29年4月20日現在の連結貸借対照表上、有利子負債は約71億円、保有する現預金は約203億円です。また、同日現在、当社は投資有価証券として約79億円を保有しています。上記の通り、この投資有価証券の大部分が政策保有株式であり、速やかに売却して現金化すべきです。
  一方、当社は、平成29年7月期の1株当たり年間配当を70円と公表しております。しかし、当社の自己資本の大きさ、保有する巨額の投資有価証券および予想当期純利益に鑑み、この予定配当金の額では、株主からみてその水準は十分なものではありません。当社は、これ以上会社内に資金を留保する必要はなく、さらに内部留保を増大してもROE(自己資本利益率)が下がるだけです。余剰資金を株主に還元することが、株主価値を高め、ひいては株価を向上させることにつながりますので、剰余金の配当を大幅に増額すべきです。逆に、これ以上現金類似資産の保有を増加させても、金利はほぼゼロであり、実質的な資産価値は減少するおそれさえあります。
  なお、今回提案する剰余金の処分案を実行しても、その配当総額は当期純利益の範囲内であることから、前期末の当社の純資産及び現預金水準を大きく変えるものではなく、当社の財務状態は良好なままです。


以上



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社ストラテジックキャピタルのプレスリリース一覧

2018年05月21日 [企業の動向]
株式会社ストラテジックキャピタルが新日本空調株式会社への株主提案取り下げを公表

2018年05月02日 [企業の動向]
株式会社ストラテジックキャピタルが図書印刷株式会社への株主提案提出を公表

2018年04月24日 [企業の動向]
株式会社ストラテジックキャピタルが新日本空調株式会社への株主提案提出を公表

2018年04月18日 [企業の動向]
株式会社ストラテジックキャピタルが蝶理株式会社への株主提案提出を公表

2017年08月15日 [企業の動向]
株式会社ストラテジックキャピタルが株式会社内田洋行への株主提案提出を公表




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年07月18日 株式会社Teedas corporation [金融・保険/提携]
WechatPay(ウィーチャットペイ)代理店を募集

2018年07月17日 株式会社Teedas corporation [金融・保険/提携]
アリペイ代理店を募集

2018年07月13日 ミュージックセキュリティーズ株式会社 [金融・保険告知・募集]
【西日本豪雨災害救援金】西日本豪雨の被災地へのご支援にご協力をお願い致します

2018年07月13日 株式会社外為どっとコム総合研究所 [金融・保険告知・募集]
外為どっとコム総研 神田調査部長が執筆 『いちばんやさしい為替の教本』刊行のお知らせ

2018年07月10日 株式会社ブルーキャッスル [金融・保険企業の動向]
TokenSkyTOKYOに出展したBlockVillage狙いはグローバルデジタル経済の加速、メンバー代表Hubi GlobalElitesを含む大規模な計画

2018年07月09日 株式会社セトワークス [金融・保険企業の動向]
Renvale Capitalグループ、I.C.C.Aと「グローバル金融教育」パートナーシップ締結を公表。


  VFリリース・アクセスランキング
1位 PUSHUP
創作無国籍料理店が世界のビール40種飲み放題、エビの食べ放題を6月21日スタート。オープン10周年の感謝企画のサンキュー価格3,900円
2位 ハイテクノロジーコミュニケーションズ株式会社
働き方改革をすすめていくために!「コンプライアンス事件簿 勤怠編」をHTCが発売開始
3位 株式会社サンリ
国内No.1のメンタル指導実績を持つ株式会社サンリ、ボディボード国内敵なし!プロボディボーダー 山田幸久選手へのメンタルサポート契約を締結!
4位 まくら株式会社
地球で生まれた、すべてのベビーへ。 ベビー用品専門メーカーと枕の専門家が共同開発した、赤ちゃん用枕「ザ・ピロー ベビー」、6月20日(水)発売。
5位 株式会社KSS
Youtube【キャンピングカーTV】総再生回数100万回突破イベントのお知らせ
>>もっと見る