ライフスタイル総研のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年09月26日 16時 [ファッション・ビューティー/研究・調査報告]

ライフスタイル総研

〜巻き髪、メッシュスタイル…ヘアスタイルは世相を映す鏡〜 世代別×女性ヘアスタイル事情を調査 イマドキ女性はヘアスタイルも“ありのまま”!?

30・40代83%が“以前のトレンド”との変化を実感 専門家が指南、“ありのまま志向”の女性たちへ



生活者の実態を調査・分析するライフスタイル総研(所在地:東京都渋谷区)では、このたび、20〜40代の「女性のヘアスタイルトレンドの変遷」に関する意識・実態調査をおこないました。

80年代ディスコブームに合わせて流行したワンレンヘア、90年代の“コギャル”を象徴するメッシュスタイル、00年代にいわゆる“赤文字系”の女性誌発で大ブームとなったモテ巻き髪など、その時々の世相を映す女性のヘアスタイル。
最近では、日本人の素の黒髪に近い“暗髪”や、無造作なスタイルにセットした“かきあげヘア”の流行、ヘアケアの分野では髪の力そのものを高めようとする「髪質改善」を謳った家電やサロンの人気など、髪をブリーチ・カラーやパーマなどで加工しない、ナチュラル志向のヘアスタイル・ヘアケアトレンドが目立ちます。こうした傾向は、「ありのままの自分」を表現したいイマドキ女性たちの志向を反映していると言えるかもしれません。

そこで今回は、20代・30代・40代の女性各200名、計600名を対象に、それぞれの年代で流行したヘアスタイルと、現代の女性の美意識について調査を行いました。さらに、「女性と髪への向きあい方」を探るべく、クセ毛専門美容師・丸山航平氏に施術に関するトレンドについてインタビューを行いました。


■1. 女性の「ヘアスタイルトレンド」に関する意識・実態調査

■「黒髪がいい」日が来るなんて!? 30〜40代83%がヘアスタイルトレンドに変化を実感

はじめに、30〜40代女性に「現在の10〜20代のヘアスタイルのトレンド」についてきいたところ、83%が「自分が10〜20代だった頃と比較して変化している」と回答。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzODMzMyMxOTAyMDYjMzgzMzNfUlJ3TnVnS0xkSS5qcGc.jpg ]


多くの30〜40代女性が「ヘアスタイルトレンド」の変化を実感していることがわかります。
具体的に変わったと思う点をきくと、「明るい髪や強い巻き髪の人はあまり見かけなくなり、自然な色やナチュラルなカールの人が多くなったと思う」(30歳)、「黒髪がいいという風潮が信じられない」(42歳)など「髪のカラーリングやアレンジのナチュラルさ」に対し、以前との違いを感じるという意見が集まりました。

■コギャルブームを経験した30代女性、61%が「10代の時、派手・明るいカラーが流行」

そこで、実際にどのような点が変化しているのか20代・30代・40代それぞれのヘアスタイリングの実態を、現在と過去で調査。「10代の時のトレンド」を比較すると、30代は「明るいカラーの髪が流行していた」という回答率が61%。他の世代より突出して多く見られる結果となりました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzODMzMyMxOTAyMDYjMzgzMzNfdGJyZ0x2RnZTcy5qcGc.jpg ]


現30代が10代だった90年代は髪を派手に染めたコギャル・ガングロギャルや、同じく派手な盛り髪が特徴の“アゲ嬢”が一大ブームとなりましたが、この調査結果には、彼女たちの「派手なカラーに染めていたたかった」という実体験意向が表れているのかもしれません。

●当時を振り返る30代の声
・髪の色を緑にしたり紫にしたりと、何度も色を変えていた(39歳)
・大学時代にメッシュをいれるのにはまっていて、カラーで髪が傷んで次の色がすぐ抜けてしまった(31歳)

■現在の20代、10代の時は「ゆるふわ巻き」がスタンダード!? ダメージが気になる人も

10代の時に「巻き髪やパーマが流行していた」と回答した割合が最も多かったのは20代でした。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzODMzMyMxOTAyMDYjMzgzMzNfWE54aGlmQXBEQS5qcGc.jpg ]


「めちゃモテファッション」が世間を席巻し、ファッション誌の女性モデルがアイコン化。現20代がティーンエイジャーだった00年代は「モテ髪」として“ゆるふわ”の巻き髪が流行しました。
彼女たちの「巻き髪」「パーマ」の実態は、こうした世相を反映しているといえるでしょう。また、「巻き髪」の実態をきくと、「髪のダメージ」についても振り返る声が上がる結果となりました。

●当時を振り返る20代の声
・毎日アイロンで髪をまいていたので、乾燥してパサパサになった(25歳)
・茶髪や巻き髪が流行っていて、髪は染めたくなかったので美容院でパーマをかけていた。
 以前は今のようにダメージの少ないパーマがあまりなかったのでダメージを与えていたと思う(28歳)

最後に40代が10代だった時に着目すると、「タレント・芸能人の髪型に憧れて真似していた」(35%)という回答が他の世代よりも多く見られます。80年代といえば、アイドル発の段カットやソバージュなどボリュームを持たせるヘアスタイルが流行した時代。女性の好みが多様化した現在と比較し比べると、真似しやすいアイコンに恵まれた時代と言えるかもしれません。

●当時を振り返る40代の声
・「ソバージュが流行っていて、カラーした髪にパーマを頻繁にあてていた」(44歳)
・「中学生の時、段カットが流行っていたので、毎日両サイドをブローしていた」(45歳)

■現在の女性は約9割が「ありのまま」志向…、ヘアケアも「髪の基礎力を高めたい」が多数

最後に、現在の美意識についてききました。すると、今目指したい髪の状態として「ありのままの自然な美しさを活かしたい」と回答した女性は9割近く(88%)にもおよびます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzODMzMyMxOTAyMDYjMzgzMzNfbUpXZFBmbmRtci5qcGc.jpg ]


「ナチュラルなカラー」(84%)、「ナチュラルなスタイル」(90%)も同様に支持を得ており、全体的に“ありのまま“志向が見られます。
また、ヘアケアにおいても意見をきいたところ、「髪の基礎的な力を高めて美しくなりたい」が9割超(91%)の女性に見られる結果に。
化粧水の前に顔につける美容液などに象徴される「土台から底上げして美しくなる、土台美容」という考え方が2016年には一大トレンドとなりましたが、ヘアケアにも “ありのまま”でいたい女性たちの志向が及んでいるようです。

髪もカラーやパーマなどでメイクする時代から、「ありのまま」志向を重視し「ナチュラル」さが好まれる時代に変化したと言えるでしょう。こんな現代の風潮があるからこそ、“髪質”自体を磨いていくことが重要だと言えるかもしれません。

---------------------------------------------
▼調査概要
・調査期間:2017年8月7日〜14日  
・調査対象:20〜40代 女性600名 (年代別 均等割付)
・調査方法:インターネット調査   
・調査機関:楽天リサーチ
---------------------------------------------


■2. 専門家インタビュー

調査結果からは、「ありのまま」志向であるイマドキ女性の意識が分かりましたが、髪そのものを活かすヘアスタイルにおいて、「クセ毛」の扱いに悩む女性も多いでしょう。そこで、クセ毛専門美容師・丸山航平氏にヘアケアトレンドの振り返りと、現在主流となっているクセ毛処置に関するお話を伺いました。

■髪とともにヘアケアも時代によって変化、イマドキ女性にオススメのクセ毛処置とは?

○パーマ、カラーでのクセ毛悪化も今は昔… 髪質をキープする施術が中心に

今回の調査でも10代の時にカラーやパーマが流行したと回答した女性が多かったようですが、やはり昔はパーマやカラー、縮毛矯正でクセ毛を悪化させてしまう人が多かったですね。派手なブリーチの人に施術を行ったこともあります。パーマやカラーを極度にやりすぎると、キューティクルが剥げ、髪の内部にある栄養が外に出てしまいます。さらに栄養が髪の中に残っていない状態でまたパーマやカラーをかけると、今度はかかりづらい。ダメージによってパーマやカラーがかからなくなってしまっては本末転倒ですよね。
そこで現在では、髪に与えるダメージを弱めた薬剤が出てきました。縮毛矯正やパーマの際、髪に必要なタンパク質・アミノ酸を同時に髪に入れることで、傷み過ぎて施術ができなくなることがなくなります。そういったやさしい薬が増えてきた、というのがここ10年というところです。

ちなみに20年以上前のクセ毛処置ですと、同じ縮毛矯正でも縮毛矯正剤をつけたあとにプラ板を髪にはっつけ、その後にアイロンをかけ、ぱつんぱつんにまっすぐにするなんてこともありました(笑)。そこから考えると、ずいぶん進化したと言えるでしょう。

また私も、そんな元の髪質を尊重する志向を感じて、7〜8年前からサロンでクセ毛を活かし調整するカットをはじめました。

○クセ毛は乾かし方でケア…シャンプーはイメージで購入せず、髪質に合ったものを

クセ毛の種類は、日本人で言うと「波状毛(はじょうもう)」という波だった形のクセ毛と、1本1本が縮れた「縮れ毛」が多いです。対処法としては、波状毛はドライヤーで根元から乾かすだけでだいぶ変わってきます。縮れ毛などのクセ毛は縮毛矯正を行うと扱いやすくなります。
あとはシャンプーの違いが大きいです。髪が傷んでいたりクセ毛の人の場合は、髪質に合ったものをしっかり選ぶことが重要です。
また、ホームケアでは大きな変化としてカラートリートメントという商品が台頭してきました。これは色のつくトリートメントで、髪をコーティングするだけなので髪にやさしく、髪の色が明るくなりすぎた人にはオススメです。また、髪質改善を謳ったドライヤーも大人気ですが、こうした髪質に合わせたケア商材に人気が出るのはうなずけますね。

○くるくるドライヤーを利用し、「根元を立ち上げる」ことがクセ毛女性にオススメ!

あとクセ毛の方におすすめできるホームケアとしては、「くるくるドライヤー」を利用した乾かし方でしょうか。下から髪の根元を立ち上げ、上側に梳かし、これを別方向からも行うようにすると確実にクセ毛が抑えられるようになります。髪の根本がきれいに立ち上がるということが、クセ毛対策にとっては重要です。クセ毛が整うと光が乱反射しなくなるので、ツヤツヤの髪に見えるというよい効果もあります。それでも難しければ、クセ毛に強い特殊なカットができるサロンを探してみてください。
今では、かつてのように「これをしていればOK」というヘアスタイルがなくなってきたように感じます。強いて言えば色は黒髪、毛量は重ためが主流といったところでしょうか。これもクセ毛だと目立ってしまうスタイルではあるので、ぜひ髪質に合ったお手入れをしてクセ毛・髪質を活かした「ありのまま」のヘアアレンジを楽しんでくださいね。

【専門家プロフィール】

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzODMzMyMxOTAyMDYjMzgzMzNfT1dsTUpqekJvYS5qcGc.jpg ]

丸山航平(まるやま・こうへい) 美容師
共益社団法人 日本毛髪科学協会会員。
美容系の講師活動を行いながら、くせ毛専門美容室を東京に2店舗経営。
独自のくせ毛対応シザーの開発をはじめ、くせ毛に特化した髪のケアや技術についての講師活動を実施。





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

ライフスタイル総研のプレスリリース一覧

2017年09月26日 [研究・調査報告]
〜巻き髪、メッシュスタイル…ヘアスタイルは世相を映す鏡〜 世代別×女性ヘアスタイル事情を調査 イマドキ女性はヘアスタイルも“ありのまま”!?

2015年11月20日 [研究・調査報告]
住まいと一緒に<壁紙>も替えるのが今のトレンド!? 壁紙は、インテリア感覚で楽しむ時代に

2014年12月04日 [研究・調査報告]
インフルエンザ対策市場に到来した、乳酸菌トレンド!インフルエンザシーズン到来!! ママの7割以上が感じる「乳酸菌への注目」 注目度No.1は “プラズマ乳酸菌”

2014年10月30日 [研究・調査報告]
〜11月5日は「いいりんごの日」〜 りんごをよく食べる女性は「美肌率」が高い!? 「美容のために、りんごを積極的に食べたい」女性の約8割が回答




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2017年12月14日 株式会社LUXCEL [ファッション・ビューティーサービス]
ウェブストア「日本製鮫革製品専門店ラクセル」開店しました。

2017年12月14日 株式会社スターミュージック・エンタテインメント [ファッション・ビューティー製品]
日本NO.1 DJ グループ「*Groovy workshop.」が手掛ける、史上最高にエモいMIXコンピレーションがリリース!

2017年12月14日 株式会社アルテサロンホールディングス [ファッション・ビューティーサービス]
アルテグループはミス・インターナショナルの バックステージでヘアメイクを担当しました

2017年12月13日 株式会社ヘキサドライブ [ファッション・ビューティー製品]
全く新しい乙女向けアプリ『MakeS -おはよう、私のセイ-』が好評配信中♪

2017年12月12日 特定非営利活動法人イマジン [ファッション・ビューティーキャンペーン]
クリスマスシーズンを記念して「しあわせへの道」長編映画版DVDをプレゼントします

2017年12月12日 特定非営利活動法人イマジン [ファッション・ビューティー企業の動向]
〜地域からイジメや差別をなくそう〜 世界人権デーを記念して新宿で啓発イベントを開催しました


  VFリリース・アクセスランキング
1位 Core Security Corporation
Damballa Network Insightが新バージョン6.3に更新。遡及型分析などの機能が追加
2位 株式会社セイシン総研
株式会社セイシン総研では、平成29年11月1日よりオンラインアシスタントサービス”ノンコア noncore”の事業をスタートしました。
3位 ハイテクノロジー・コミュニケーションズ株式会社
楽しみながらコンプライアンスを学ぶ!「コンプライアンス違反探し」をHTCが発売
4位 ISSHO株式会社
人と酒蔵をつなぐwebサイト『蔵こん』9月26日にオープン! 日本酒・焼酎の酒蔵とユーザーが直接コミュニケーションを取れる新タイプのサービス
5位 ジェイアイ傷害火災保険株式会社
ジェイアイ傷害火災、ネット専用海外旅行保険「t@bihoたびほ」の契約者専用スマホアプリに世界300都市以上の天気予報を確認できる「グローバルウェザー」を追加!
>>もっと見る