TOIMENのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年12月12日 10時 [その他サービス告知・募集]

TOIMEN

〜みんなの深呼吸を積み重ねていく〜「金正恩さんトランプさん野原でお茶をしませんか」プロジェクト発足のお知らせ

人と心と対面するTOIMEN(代表 奥田峻史 18歳 高校生)は、2017年11月に「金正恩さんトランプさん野原でお茶をしませんか」プロジェクトを発足させました。野原(平城京跡地 奈良県)にブルーシートを敷き、トランプ氏と金正恩氏の席を用意して待つ、TOIMEN 奥田峻史の写真をツィッターで発信します。
世界中の人々にリツイートしてもらえるよう展開していきます。トランプ氏の最高リツィート数を越すことを目標にしています。
https://twitter.com/toimen0611
戦争へと前のめりになっているかもしれないこの空気のなか、気持ちの良い場所で深呼吸をすることにより、人にとって本当に大切なものは何なのかを思い出すことの大事さを大勢の人に伝えたいと思っています。
たくさんの人々の深呼吸をひとつずつ積み重ねていくことで、戦争のスイッチを押す瞬間を無限のかなたに押しやりたいと考えています。



[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTAwNCMxOTQyNTgjNTUwMDRfUVlhUktOZU1BRi5KUEc.JPG ]


僕は、肩書も立場もなしで自分の世界を語る「何者でもないやつらのトークライブ」というイベントをしています。その企画の中でふっと思いました。


トランプさんと金正恩さんをゲストに呼びたいなと。


政治の話を聞きたいのではありません。


僕には政治のことはわかりません。どの国が正しくてどの国が間違っているのかもわからない。


トランプさんと金正恩さんに何か質問ができるのなら、肩書も立場もない一人の人間として、大事なことは何と思うかを聞いてみたい。


トークライブをするなら、場所はどこがいいだろうか。


野原だと思いました。


野原に招待して、何者でもない人として、子供の頃の思い出話を聞きたいと思いました。


なんて呑気な絵空事をと思われるでしょう。


たしかに空想の風景です。


でも想像してみてください。


金正恩氏とトランプ氏が、野原に座って、子供のころの思い出を笑いながら話しているところを。


こういう景色が実現すれば良いのにと直観的に思いませんか?


僕は、大学に進学することをやめて、自分で仕事を作っていこうと決め、人と心と対面するTOIMENを立ち上げました。それから毎日がジェットコースターのようでした。


起業家に会って話を聞いたり、仕事術のいろんな本を読んだりしているうちに、いろんな人たちの考えや思いがどんどん自分に入ってきて、自分がこれまでの自分とは違うものになっていく。


自分が実現したいことや、表現したいこと、さらに新しい考え方が内側からも外側からも生まれる。

それらに僕自身が追いついていないのに、姿勢だけがどんどん前のめりになっていく。


前のめりになっているということは、自分ではない何かを演じているということだと思う。


たまにその前傾姿勢をやめて、心の背筋を伸ばして深呼吸し、ただ生きていることを感じること。


ただ一人の人として何が大切なことなのか、今一度思い出す心の余裕を持つことの大事さを感じることが何度もありました。


トランプ氏は大統領になって1年ほど、金正恩氏はたまたま権力の中枢に生まれて、周りの大勢の人の思いや様々なプレッシャーの中で自分を見失っているのかもしれない。


たくさんの人の深呼吸をつなげていけば、前のめりになっている空気が変わるかもしれません。


僕は、自分が前のめりになっていると思ったとき、近くにある平城京跡の野原に行って深呼吸をします。


水筒のお茶を飲んで、子供の頃にここで走り回って遊んだことを思い出したりする。


トランプ氏や金正恩氏に、子供のころに野原で遊んだことを思い出しながら、核ミサイルのボタンを押すことができるかどうか想像してみてほしいと思いました。


このプロジェクトで僕は、野原でブルーシートを敷き金正恩さんとトランプさんの席を用意して待つ写真を撮影し、ツィッターに投稿します。


気持ちの良い晴れた日に、曇りの日に、雨の日に、野原で待つ写真を撮影して更新していきます。


その写真とメッセージをリツイートしてもらうなどして、この思いを共有してもらえる人を増やしていきたいです。


たくさんの人の深呼吸を積み重ねていき、トランプさんや金正恩さんに一番大切なことを思い出してほしい。


核戦争が起こってしまったときに、何もしなかった、できなかったと思いたくありません。


目的はみんなの深呼吸を積み重ねていくことです。そして、その深呼吸がトランプ氏や金正恩氏の深呼吸につながっていくことです。


もしツィッターをしておられたら、リツィートしていただけませんか。


https://twitter.com/toimen0611


みんなの深呼吸をひとつずつ積み重ねていくことで、トランプ氏や金正恩氏の深呼吸につながっていきますように。


深呼吸一つぶんだけでも、この世界が長くありますように。


たくさんの人の深呼吸が積み重なることが、破滅のスイッチを押す瞬間を無限のかなたに押しやることができますように。


読んでいただいて、ありがとうございました。


<関連WEB>


奥田峻史によるプロジェクトの概要説明動画(何者でもないやつらのトークライブ2017年11月11日より)


https://youtu.be/ZagARXf_w8M


<ツィッター>


https://twitter.com/toimen0611


<TOIMENホームページ>

 「金正恩さんトランプさん野原でお茶をしませんか」


http://www.toimen.xyz/posts/3369840


<TOIMEN 奥田峻史 プロフィール>


奥田峻史(TOIMEN)


1999年6月12日 奈良市に生まれる


生まれ育った奈良が好きなので、高校は地域創生学科に入学。カウンセラーになりたいと、大学の心理学部の受験を考えていたが、『人』の心と対面するときに必要なのは専門知識より実践だと思い、<人と心と対面するTOIMEN>を17歳最後の日に立ち上げる。

〜あなたの心に響いた一曲をおしえてください〜<The21st百人一首>プロジェクト。

〜みんなの深呼吸を積み重ねていく〜<金正恩さんトランプさん野原でお茶をしませんか(@平城京跡地野原)>プロジェクト等を展開中。

2017年現在、奈良県立西の京高校地域創生学科に在学中。


<連絡先>

TOIMEN

代表 奥田峻史

奈良市佐紀町3096 想芸館 気付 TOIMEN

TEL 0742−30−0350

FAX 0742−37−2396

http://www.toimen.xyz/

https://twitter.com/toimen0611

Email shunji1999@gmail.com


広報担当 奥田英明

Email eimei.okuda@gmail.com


<Title>

- Adding everyone's deep breaths -

"Mr. Kim Jong Un, Mr. Trump, won't you drink tea with me in the fields?" Project Launched


<Summary>

TOIMEN "Heart-to-Hearts with People" (Representative: Shunji Okuda, 18 years old, high school student) launched the "Mr. Kim Jong Un, Mr. Trump, won't you drink tea with me in the fields?" project in November 2017.


As the first step of this project, a picture has been posted to twitter of TOIMEN Representative Shunji Okuda waiting in the fields (former site of the Heijo-kyo capital, Nara Prefecture) with a blue sheet spread on the grass and places laid for Mr. Trump and Mr. Kim Jong Un.


Starting with Japan, we would like people all over the world to retweet this image. Our goal is to overtake Mr. Trump's highest number of retweets.


https://twitter.com/toimen0611


In these times, when we find ourselves advancing down the path to war, we wish to convey to a large number of people the importance of remembering what is truly important, by pausing to take a few deep breaths in a pleasant spot.


By adding the deep breaths of a large number of people, we would like to endlessly delay the moment when the switch of war is flipped.


To prevent us from being carried into nuclear war by our momentum. I want to do what I can.


<Relevant links>


Video of Shunji Okuda giving an explanation of the project (From "Public Talk with a Bunch of Nobodies", November 11, 2017)


https://youtu.be/ZagARXf_w8M


<Twitter>


https://twitter.com/toimen0611


<TOIMEN Home Page>


"Mr. Kim Jong Un, Mr. Trump, won't you drink tea with me in the fields?"


http://www.toimen.xyz/posts/3183199


<TOIMEN Shunji Okuda Profile>


Shunji Okuda (TOIMEN)


Born in Nara City on June 12, 1999


I love the city of Nara, where I was born and raised, so I joined the Regional Development Course at my high school. I wanted to become a counselor, so I was thinking of taking the entrance exams to study psychology at university. But I think that to have a heart-to-heart with someone, what's important isn't specialist knowledge, but taking action, and so I founded TOIMEN "Heart-to-Hearts with People" on the last day of my 17th year.

We are currently working on the following projects:

- Tell me one song that speaks to your heart - "The 21st Century Hyakunin Isshu" Project

- Adding everyone's deep breaths -

"Mr. Kim Jong Un, Mr. Trump, won't you drink tea with me in the fields?" Project

As of 2017, Shunji Okuda is studying at Nara Prefectural Nishinokyo Senior High School, Regional Development Course.


<Contact details>


TOIMEN

Representative: Shunji Okuda

3096 Saki-cho, Nara-shi, Japan

Sougeikan Gallery (Address to TOIMEN)

TEL 0742−30−0350

FAX 0742−37−2396

http://www.toimen.xyz/

https://twitter.com/toimen0611

Email: shunji1999@gmail.com


Spokesperson: Eimei Okuda

Email: eimei.okuda@gmail.com


<Main Text>


I was doing an event called "Public Talk with a Bunch of Nobodies", in which I shared my worldview as someone without a title or position. In the middle of the project, an idea came to me.


I want to invite Mr. Trump and Mr. Kim Jong Un as guests.


I don't want to ask them anything about politics.


I don’t really understand politics. I don’t know which nation is right and which nation is wrong.


If I had the chance to ask Mr. Trump and Mr. Kim Jong Un a question, then I would ask them, as a nobody without any title or position, what they think is important.


If I had to do a public talk like that, what would be a good place?


Then I thought of a field.


As a complete nobody, I'd like to invite them to a field and listen to stories from their childhood.


You're probably thinking, "What an unrealistic pipe dream."


Yes, it's certainly in the realm of imagination.


But please try to picture it:


Mr. Kim Jong Un and Mr. Trump, sitting on the grass, laughing and chatting about their childhood memories.


Don't you intuitively feel that this would be a good thing?


Deciding to give up my university plans and create my own work, I founded TOIMEN "Heart-to-Hearts with People". Ever since then, everyday has been like a roller coaster.


I've been meeting entrepreneurs and listening to their advice, and reading various books on working skills, and I feel like I'm continually absorbing the thoughts and feelings of other people, becoming someone completely new in the process.


A goal that I want to accomplish, an idea that I want to express, or even a new way of thinking. These things can be born from within or from without.

And even when I haven't fully caught up with these ideas, I just keep moving forward on momentum alone.


But if you're just being carried forward by momentum, then I think it's not the real you. You're just playing a role.


Sometimes it's important to stop leaning forward, to straighten up your emotion posture, take a deep breath, and just focus on being alive.


There have been so many times when I've felt the importance of creating some emotion breathing room and remembering what's truly important as a human being.


Mr. Trump has now been president for about a year, and Mr. Kim Jong Un just happened to be born into power. Constantly surrounded by people and under pressure, isn't it possible that somewhere along the way, they lost sight of themselves?


If we all pause to take a deep breath, maybe we can stop this forward momentum.


When I feel that I'm just being carried forward, I go to the nearby fields at the former site of the Heijo-kyo capital, and I take deep breaths.


I drink tea from my canteen and remember all the times that I ran around there playing as a child.


I want to ask Mr. Trump and Mr. Kim Jong Un if they can imagine pushing a button to launch a nuclear missile while remembering how they played in the fields as children.


In this project, I'm going to post a picture to twitter of me waiting in fields with a blue sheet spread and places set for Mr. Trump and Mr. Kim Jong Un.


I'm going to update this photo from a pleasant sunny day to a cloudy day and then to a rainy day.


By spreading this picture and message, I want to increase the number of people who share our ideals.


By adding the deep breaths of many people, I want Mr. Trump and Mr. Kim Jong Un to remember what is most important to them.


If a nuclear war breaks out, I don't want to think that we didn't or couldn't do anything.


My goal is to accumulate the deep breaths of a large number of people, eventually leading to the deep breaths of Mr. Trump and Mr. Kim Jong Un.


If you're using twitter, won't you consider retweeting this image?


https://twitter.com/toimen0611


By adding deep breaths one at a time, I want this to lead to Mr. Trump and Mr. Kim Jong Un's deep breaths.


Even a single deep breathe can buy some more time for the world.


By adding the deep breaths of a large number of people, we can endlessly delay the moment when the switch of destruction is flipped.


Thank you for taking the time to read this.





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

TOIMENのプレスリリース一覧

2017年12月12日 [告知・募集]
〜みんなの深呼吸を積み重ねていく〜「金正恩さんトランプさん野原でお茶をしませんか」プロジェクト発足のお知らせ




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年09月21日 一般財団法人ちよだニャンとなる会 [その他サービス告知・募集]
全国初!猫の殺処分ゼロを7年継続中の千代田区で、秋葉原の古民家を改修した譲渡型保護猫カフェを2018年10月22日OPEN!〜クラウドファンディングに挑戦中

2018年09月21日 非営利型一般社団法人日本ヒーリング・サイエンス協会 [その他サービス告知・募集]
東京・サンクチュアリ出版社様イベント 10月28日 ヒーリング・サイエンス 体験セミナー

2018年09月21日 非営利型一般社団法人日本ヒーリング・サイエンス協会 [その他サービス告知・募集]
東京・サンクチュアリ出版社様イベント 10月28日 日本でいちばん簡単なタロット入門(大アルカナ)セミナー

2018年09月21日 非営利型一般社団法人日本ヒーリング・サイエンス協会 [その他サービス告知・募集]
9月24日(月・祝)ヒーリング・サイエンス 体験セミナー 大阪・梅田

2018年09月21日 非営利型一般社団法人日本ヒーリング・サイエンス協会 [その他サービス告知・募集]
9月24日(月・祝) 日本でいちばん簡単なタロット入門(大アルカナ)セミナー 大阪・梅田

2018年09月20日 ボクシーズ株式会社 [その他サービス企業の動向]
雨マップが「Googleアシスタント」に対応、雨雲を避けた行動をさらに支援


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社デジタルコマース
成人向けコンテンツブランド『FANZA』×『#FR2」コラボレーションギャラリー 8月23日(木)より黒川知希「frontier」展示開始!
2位 株式会社スターミュージック・エンタテインメント
TRAPとJ-RAPが融合した世界基準の1曲を筆頭にコンパイル。ORIENTIS RECORDINGSの配信EP第2弾が遂にリリース!
3位 ジ―エム株式会社
世界最先端の翻訳Googleの翻訳エンジンを採用。小型軽量の携帯通訳機 スタートークを定価格17500円で発売 日本で最もコストパーフォーマンスに優れた通訳機。
4位 株式会社Jストリーム
KBC九州朝日放送、「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2018」のトーナメントライブ配信にJストリームのサーバーサイド動画広告挿入サービスを採用
5位 バスリエ株式会社
「お風呂のソムリエ」松永武が本気で作った入浴剤。日本のお風呂文化をぎゅっと詰め込んだ「浴玉(Yokudama)」を東京ギフトショー(9/4〜7)で初披露。
>>もっと見る