株式会社 昭文社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年12月27日 13時 [新聞・出版・放送製品]

株式会社 昭文社

好評の「磁北線」を全商品に表示!進化するロングセラー 『山と高原地図』2018年版は1月末より発売 御神楽岳、金剛堂山、三瓶山等の日本二百名山を新規収録!

昭文社は、50年以上の歴史を持つナンバーワン登山地図シリーズ『山と高原地図』の2018年版を、2018年1月31日より全国の書店等で発売します。今回は発売を3回に分け、1月31日に13点、2月下旬に23点、3月中旬に25点を発売いたします。2015年からスタートした収録範囲や縮尺の見直しを行う全面改訂を今年度も8点で実施、これでここ2年の新刊を含む31点、全ラインアップの半数以上が新しい仕様の地図となります。これまでの全面改訂版でご好評をいただいておりました「磁北線」の表示を今回から全商品で行い、利便性が向上しました。これまでの蓄積を大切にしつつ、常に進化を続けるロングセラーシリーズです。またスマートフォンアプリ『山と高原地図』の地図も出版物に合わせて、2018年版に順次更新予定です。


 株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、50年以上の歴史を持つナンバーワン登山地図シリーズ『山と高原地図』の2018年版を、2018年1月31日※1より全国の書店等で発売いたします。

※1 各書店の店頭に入荷する時期は前後する場合がございます。入荷日については各書店へお問い合わせください。

 今回は発売を3回に分け、1月31日に13点、2月下旬に23点、3月中旬に25点を発売いたします。

 2015年からスタートした収録範囲や縮尺の見直しを行う全面改訂を今年度も8点で実施、これでここ2年の新刊を含む31点、全ラインアップの半数以上が新しい仕様の地図となります。

改訂版でご好評をいただいておりました「磁北線」の表示を今回から全商品で行い、利便性が向上しました。これまでの蓄積を大切にしつつ、常に進化を続けるロングセラーシリーズです。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTE2NyMxOTUwMTgjNDkxNjdfb2t6Tmd1TklrRC5qcGc.jpg ]

■『山と高原地図』2018年版のポイント

●「磁北線」を全商品にて表示

 真北と磁石が示す磁北の偏差を確認するための「磁北線」をあらかじめ地図に一定間隔で表示しています。偏差の確認が簡単に行えるうえ、「磁北線」を引く手間が省けます。

 これまでは全面改訂版のみの対応となっておりましたが、読者の要望に応えるべく、2018年版より全商品にて表示することにいたしました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTE2NyMxOTUwMTgjNDkxNjdfSnVqZVdwS1pmTC5qcGc.jpg ]

【編集担当者からのコメント】

 「地図不況」が伝えられる昨今ですが、おかげさまで「山と高原地図」シリーズは売上を伸ばしている山域も多数あり、より利便性を向上させるため、全点に「磁北線」を表示することにしました。
 さらに2018年度版より日本二百名山の御神楽岳(新潟)、金剛堂山(富山)、三瓶山(島根)を新規収録。50年を超える伝統を大切にしつつ、常に進化する地図が、この「山と高原地図」シリーズです。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTE2NyMxOTUwMTgjNDkxNjdfZ25FdnJkbWhIcC5KUEc.JPG ]

■全面改訂商品での改善点

●詳細拡大図で道迷いを防止

 通常5万分の1の縮尺を採用している『山と高原地図』ですが、分岐や複雑なルートを拡大図やイラストで詳しく記載。道迷いの危険が高いポイントを分かりやすく表現しています。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTE2NyMxOTUwMTgjNDkxNjdfd3N0SUZNalhaUy5qcGc.jpg ]

●小冊子のコースガイドも分かりやすく

 従来より登山コースをご紹介していた小冊子では、コースタイムや解説などに加えて高低差グラフや写真を追加したり、日帰り向きのコースか一泊が必要なコースか、など登山プランをご提案。登山計画に役立つ情報をさらに増やしました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTE2NyMxOTUwMTgjNDkxNjdfbFVCU1psQlJUaC5qcGc.jpg ]

●地図情報の視認性アップ、山頂からの展望図など


 情報の視認性アップのため、アイコンをわかりやすく改良。コースタイムや危険箇所、分岐の名称などの表示も見やすくしました。また、主要な山頂からの展望図や登山口までのアクセス案内図を追加するなど、他にも数多くの改良を施しています。


■改訂版商品概要

【商品名】『山と高原地図 2018年版』

【体裁】四六半裁判(546mm×788mm)※2+コースガイド小冊子

【価格】本体各1,000円+税 【発売日】2018年1月31日、2月下旬、3月中旬発売(末尾に一覧あり)

【タイトル】「槍ヶ岳・穂高岳」「丹沢」「富士山」など全61タイトル発売

※2 判型は商品によって異なります


■スマートフォンアプリ『山と高原地図』も2018年版をリリース予定

 スマートフォンアプリ『山と高原地図』の地図も出版物に合わせて、2018年版に順次更新予定です。出版物と同じ地図を見ることができ※3、現在位置の表示や登ったルートの記録、登山専用サイト「ヤマレコ⇒ http://www.yamareco.com/ 」でのシェアも簡単にできる、登山必携のアプリです。

※3 安全のため、スマートフォンアプリ『山と高原地図』は出版物と同時にお使いいただくことを推奨しています

●auスマートパスでも『山と高原地図 for au』を提供中!

 auスマートパスをご利用のお客様は、通常1エリア500円のところ、追加費用なしで全エリアをダウンロードいただける大変お得なサービスです。


●『山と高原地図ホーダイ』アプリの地図も2018年版に更新

 月額400円で全国の『山と高原地図』が使い放題の『山と高原地図ホーダイ』アプリの地図も順次2018年版に更新します。こちらは、オフラインで登山計画の作成もできる便利なアプリです。


■アプリ概要

【アプリ名称】山と高原地図

【販売価格】アプリ本体 無料、地図1エリア500円

【対応端末・OS】iPhone4s以降(iOS 8.0以上)/Android(OS 4.0以上)


【アプリ名称】山と高原地図ホーダイ

【販売価格】月額400円(初回ダウンロードから7日間は無料)

【対応端末・OS】iPhone5以降(iOS 9.0以上)/Android(OS 5.0以上)


★スマートフォンアプリ『山と高原地図』の詳細はコチラ

http://mapple-apps.jp/products/yamachizu/

★アプリ版『山と高原地図』では、2018年版は出版物発売に合わせ順次発売開始になります★

各商品・山域の発売日についてはWebサイト等でご確認ください。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0OTE2NyMxOTUwMTgjNDkxNjdfQmhaUGJOSmJjUy5qcGc.jpg ]

参考情報

■『山と高原地図 2018年版』発売時期一覧

●1月31日発売予定(13点)

6. 栗駒・早池峰 焼石岳・神室山

8. 鳥海山・月山 羽黒山

10. 飯豊山 差岳・二王子岳

17. 志賀高原 草津白根山・四阿山

29. 丹沢

30. 箱根 金時山・駒ヶ岳

35. 白馬岳

37. 剱・立山

45. 御在所・霊仙・伊吹

46. 比良山系 武奈ヶ岳・赤坂山

56. 石鎚・四国剣山 東赤石山・三嶺

58. 阿蘇・九重 由布岳

61. 屋久島 宮之浦岳


●2月下旬発売予定(23点)

1. 利尻・羅臼 知床・斜里・阿寒

2. ニセコ・羊蹄山 暑寒別岳

3. 大雪山 トムラウシ山・十勝岳・幌尻岳

5. 岩手山・八幡平 秋田駒ヶ岳・姫神山・森吉山

9. 朝日連峰 以東岳・摩耶山

11. 磐梯・吾妻 安達太良

12. 那須・塩原 高原山

13. 日光 白根山・男体山

18. 妙高・戸隠・雨飾 火打山・高妻山

20. 赤城・皇海・筑波 榛名山

22. 奥武蔵・秩父 武甲山

25. 大菩薩嶺

26. 雲取山・両神山

36. 鹿島槍・五竜岳

38. 槍ヶ岳・穂高岳 上高地

39. 乗鞍高原

40. 御嶽山 小秀山・奥三界岳

41. 木曽駒・空木岳

42. 北岳・甲斐駒

47. 京都北山

50. 金剛・葛城 紀泉高原

57. 福岡の山々 宝満山・英彦山

60. 霧島・開聞岳 市房山


●3月中旬発売予定(25点)

4. 八甲田・岩木山 白神岳・十和田湖・田代岳 ※全面改訂

7. 蔵王 面白山・船形山 ※全面改訂

14. 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山・会津駒ヶ岳

15. 越後三山 平ヶ岳・巻機山 ※全面改訂

16. 谷川岳 苗場山・武尊山 ※全面改訂

19. 浅間山 軽井沢・長野原の山々 ※全面改訂

21. 西上州 妙義山・荒船山

23. 奥多摩・奥秩父総図

24. 奥多摩 御岳山・大岳山

27. 金峰山・甲武信

28. 高尾・陣馬

31. 伊豆 天城山

32. 富士山 御坂・愛鷹山

33. 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 ※全面改訂

34. 日本アルプス総図

43. 塩見・赤石・聖岳

44. 白山 荒島岳・能郷白山・金剛堂山 ※全面改訂

48. 北摂・京都西山 箕面・妙見山

49. 六甲・摩耶 須磨アルプス

51. 高野山・熊野古道 伯母子岳 ※新刊

52. 大峰山脈

53. 大台ヶ原 高見山・倶留尊山

54. 氷ノ山 鉢伏・神鍋

55. 大山・蒜山高原 三瓶山・比婆山・道後山 ※全面改訂

59. 祖母・傾 大崩山



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社 昭文社のプレスリリース一覧

2018年01月16日 [製品]
好評につき第4弾登場! ことりっぷ豆乳飲料 『瀬戸内レモン』 発売 〜瀬戸内のレモンと塩を使ったさわやかな香りとほんのり塩味〜

2018年01月12日 [サービス]
国内No.1海外レストラン予約代行サービス「グルヤク」 累計利用者数 20万人突破! 世界60都市、11,000軒以上の人気レストランを日本語で安心予約

2017年12月27日 [製品]
好評の「磁北線」を全商品に表示!進化するロングセラー 『山と高原地図』2018年版は1月末より発売 御神楽岳、金剛堂山、三瓶山等の日本二百名山を新規収録!

2017年12月22日 [サービス]
昭文社「山と高原地図ホーダイ」アプリと名山特化型登頂スタンプアプリ「山コレ」のコラボが実現!

2017年12月21日 [製品]
旅先の香りをお部屋に 「ことりっぷ」のフレグランス登場 〜ヘアー&ボディミスト、ファブリックミストの2種6アイテムを展開〜




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年01月17日 株式会社ビデオリサーチ [新聞・出版・放送/研究・調査報告]
タイムシフト視聴動向 〜2017年10月クール、多く見られた番組は?〜

2018年01月17日 株式会社ビデオリサーチ [新聞・出版・放送/研究・調査報告]
ビデオリサーチ 2017年12月度首都圏ラジオ調査 結果まとまる

2018年01月09日 詩人相沢聖司 [新聞・出版・放送企業の動向]
相沢聖司がクラウドファウンディングを開始しました

2018年01月05日 株式会社ビデオリサーチ [新聞・出版・放送/研究・調査報告]
2018年お正月三が日のテレビCM動向 出演CM本数 タレントトップは『斎藤 工』企業トップは『ダイハツ工業』

2018年01月05日 株式会社ルーチェ [新聞・出版・放送企業の動向]
いまさら聞けない!はじめてのネット通販・ネットショップの常識〜知っておきたい、7つの法則の当たり前〜

2017年12月28日 株式会社医道の日本社 [新聞・出版・放送製品]
【新刊】『患者とできるフォームローラーパーソナルセラピー』を発売!


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社manma
「ママパパ社員による合同説明会」の開催のご報告
2位 特定非営利活動法人イマジン
〜世界メンタルヘルスデー特別企画〜精神医療の実態を調査・摘発する市民団体がオープンハウスを開催しました。
3位 株式会社GWT COMMUNICATIONS
専属コンシェルジュ付きメンズアパレルレンタルサービス「CONCIENTAL」開始へ
4位 株式会社 SL ジャパン
東芝インフラシステムズが、スマホやタブレットからも高速にシンクライアントで操作できる統合制御システムのOIS-DSリモートデスクトップにSL-GMSを活用
5位 株式会社Jストリーム
Jストリーム、ジャイアントパンダ「シャンシャン」など上野動物園パンダ舎のインターネットライブ配信「Ueno Panda Live.jp」を専用システムでサポート
>>もっと見る