星野リゾートのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年01月31日 13時 [旅行・観光・地域情報サービス]

星野リゾート

青森の伝統工芸品「津軽塗」を施した馬車が新登場【星野リゾート 青森屋】

青森の文化を満喫する宿「星野リゾート 青森屋」に、青森の伝統と文化を伝えることを目的とした津軽塗の馬車が新たに登場します。津軽塗は青森県津軽地方で生産される伝統漆器の総称で、塗り重ねることで生まれる独特の斑点模様が特徴です。日本初の津軽塗の馬車に乗り、青森の伝統工芸品をより深く知ってほしいと考えています。



[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTY0MTEjMjk3NjdfUE5wTExlZHpsSC5qcGc.jpg ]


背景

青森屋では、青森県南部地域(現在の青森県東部)に残る馬文化にちなみ、馬車を運行しています。今回は施設のコンセプト「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森〜ひとものがたり〜」を表現するため、青森の伝統工芸品も取り入れた馬車にしたく、津軽地方を代表する漆器「津軽塗」を施すことになりました。


3つの特徴

1 日本で唯一の馬車

津軽塗は、箸やお椀などの生活用品として親しまれてきた漆器であり、馬車に施すのは青森屋が初めてです。その美しさだけではなく、朝廷や公家への贈答品に用いられた上質さも表現できるようにこだわりました。


2 地道な作業から生み出される独特な模様


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyOTc2NyMxOTY0MTEjMjk3NjdfdUdaQWpiR2R1Zi5qcGc.jpg ]


津軽塗の特徴は、色漆を何度も塗り重ねて生まれる優美な斑点模様です。別名「馬鹿(ばか)塗」とも呼ばれ、塗り・研ぎ・磨きの行程を繰り返し、完成までに最大48行程、約3ヶ月を要します。今回の馬車では、津軽塗を車体の側面と座席の背面に採用しており、赤色や黄色、黒色などを使用します。


3 地域の協力で目指す津軽塗の認知拡大

江戸時代中期から津軽藩(現在の弘前市)で伝承されてきた津軽塗。青森の伝統と文化を伝えるため、津軽塗を施した馬車を運行したいという青森屋の思いに、小林漆器の職人が協力してくださることとなりました。青森屋で津軽塗の馬車を運行することは、津軽塗の箸やお椀を手に取る機会がない方にも、青森を代表する漆器を知ってもらえる機会になると考えています。


「津軽塗の馬車」概要

■長さ:2m95cm(前輪から後輪まで)

■高さ:160cm

■幅 :140cm

■津軽塗を施す面積:約3平米

■座席数 :6席

■製作期間:3ヶ月

■協力  :小林漆器 6代目 小林正和(こばやしまさかず)氏


<関連情報>

・津軽塗とは

「津軽塗」の正確な定義というものは存在しないが、一般的には津軽地方で生産される伝統漆器の総称とされる。津軽塗という言葉が生まれたのは明治六年(1873年)、ウィーン万国博覧会に漆器を展示することとなった際、その産地を明らかにするため名付けられたことからと言われている。(引用:青森県漆器協同組合連合会ホームページ)

*参考:文化審議会は、2017年7月21日に津軽塗を国の重要無形文化財(工芸技術)に指定するよう文部科学大臣に答申した。(文化庁報道発表より)


・春のプログラム「至福のあおもり花見」の特別送迎馬車として運行

時間や予算など、花見にかける情熱が日本一と言われる青森県民(*)。そのことにちなみ、青森屋では、青森の贅沢な花見プログラムを実施します。敷地内にある花見場所まで、津軽塗の馬車で移動し、優雅な気分に浸ることができます。

*「ウェザーニューズ、全国5.8万人と『お花見調査』を実施」


■料金:1日1組50,000円(税・サ込)

■時間:12:00〜14:00

■定員:6名

■含まれるもの:青森のお花見ご膳、地酒、馬車での送迎、祭り囃子の生演奏

■予約:宿泊日3日前までに要予約

■詳細:http://noresoreaomoriya.jp/news/detail.php?id=745


・津軽塗をより多くの人に知ってもらうための展示「津軽塗図鑑」

青森屋では、2017年4月から津軽塗の展示「津軽塗図鑑」を設置しています。津軽塗の技法の紹介だけではなく、行程順にお椀の見本を展示しているため、津軽塗の馬車が完成するまでの行程をより詳しく知ることができます。


星野リゾート 青森屋

「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森〜ひとものがたり」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる「青森文化のテーマパーク」。 約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができる。

〒033-8688 青森県三沢市字古間木山56/客室数 236室

http://noresoreaomoriya.jp/


星野リゾート

http://www.hoshinoresort.com/





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

星野リゾートのプレスリリース一覧

2018年05月21日 [サービス]
ピッキオ(長野県・軽井沢町) 「ウソかホントか花言葉」をテーマに森を歩く自然観察ツアーを開催  開催期間:2018年7月28日〜9月2日

2018年05月21日 [サービス]
軽井沢星野エリア ハルニレテラス 生演奏と川のせせらぎが聞こえる夕涼みスペース 「軽井沢アペリティフサロン」オープン :7月20日〜8月5日の金・土・日

2018年05月17日 [サービス]
星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート 爽やかな酸味を味わうチーズのデザートコース 「デセール・ド・フロマージュ」を2週間限定で提供7月27日〜8月9日

2018年05月09日 [サービス]
“街を楽しむという視点”から生まれ、寝るだけでは終わらせない、テンションあがりっぱなしのホテル 「星野リゾート  OMO5 東京大塚」 本日オープン

2018年05月02日 [業績報告]
星のやバリ(インドネシア・ウブド)『コンデナスト・トラベラー(Cond Nast Traveler) 』「 Hot List 2018」に選出




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年05月21日 株式会社スマイルキューブ kumamoto [旅行・観光・地域情報キャンペーン]
熊本市内の歴史と由緒ある神社での挙式を叶える 『くまもと神社結婚式』が始動

2018年05月21日 星野リゾート [旅行・観光・地域情報サービス]
ピッキオ(長野県・軽井沢町) 「ウソかホントか花言葉」をテーマに森を歩く自然観察ツアーを開催  開催期間:2018年7月28日〜9月2日

2018年05月21日 星野リゾート [旅行・観光・地域情報サービス]
軽井沢星野エリア ハルニレテラス 生演奏と川のせせらぎが聞こえる夕涼みスペース 「軽井沢アペリティフサロン」オープン :7月20日〜8月5日の金・土・日

2018年05月18日 株式会社チョイスホテルズジャパン [旅行・観光・地域情報その他]
チョイスホテルズジャパンが、環境保全、教育、雇用の社会課題に貢献しているNPO3団体へ寄付金の授与式を開催致しました。

2018年05月17日 株式会社PIJIN [旅行・観光・地域情報サービス]
15言語でインバウンド対策! 東京都水上バスで多言語表示サービス「QR Translator」開始

2018年05月17日 星野リゾート [旅行・観光・地域情報サービス]
星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート 爽やかな酸味を味わうチーズのデザートコース 「デセール・ド・フロマージュ」を2週間限定で提供7月27日〜8月9日


  VFリリース・アクセスランキング
1位 ショートショート実行委員会
世界の動画マーケターが注目するブランディングを目的としたショートフィルムの祭典『Branded Shorts 2018』を6月5日(火)より開催
2位 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会
5/11-5/12開催!九州シェアリングサミット 地方創生、シェアリングエコノミーのキーパーソンが福岡に集結!
3位 GLC Japan株式会社
ライフスタイルに合わせて7変化!本革クラッチ型ティッシュケースがクラウドファンディングでプロジェクト開始
4位 ホクト株式会社
【ご好評につき今年も開催!毎日替わるプレゼント】5月24日「菌活の日まであと何日?」カウントダウンキャンペーン 第二弾
5位 ショートショート実行委員会
東急プラザ蒲田50周年特別企画 LOVE KAMATA AWARD 蒲田が舞台のショートフィルムの監督に映画『ユリゴコロ』の熊澤尚人氏が決定
>>もっと見る