トレンド総研のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年02月01日 14時 [食品関連/研究・調査報告]

トレンド総研

〜2018年 トレンド予測レポート〜 「高アル新ジャンル」の注目度が急上昇中! 2018年は新商品もぞくぞく登場 専門家が語る、注目度アップの理由とは?

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、2018年の飲料トレンドとして、「高アル新ジャンル」(高アルコール新ジャンル)に注目し、レポートいたします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

1:注目が高まる「高アル新ジャンル」とは?

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

近頃、「新ジャンル(第3のビール)」カテゴリーにおいて、高アルコールの商品への注目度が高まっています。2018年には、新商品やリニューアル品がぞくぞく登場予定で、今後ますます注目度がアップしそうです。


そこで今回、トレンド総研では、「高アル新ジャンル」をはじめとした缶入りの高アルコール飲料について、20〜50代の男性500名を対象にした調査を実施。また、消費トレンドに詳しい商品ジャーナリストの北村森さんに、なぜ今、「高アル新ジャンル」への注目度が高まっているのか、その背景についてお伺いしました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2:缶入り高アルコール飲料に対する生活者の意識・実態調査

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

はじめに、普段自宅でお酒を飲む習慣のある20〜50代の男性500名を対象に、缶入り高アルコール飲料に対する意識・実態について調査をおこないました。


<調査概要>

・調査名:缶入り高アルコール飲料に関する意識・実態調査

・調査期間:2018年1月10日〜1月11日

・調査対象:20〜50代 男性500名(年代均等割付) ※週に1回以上、自宅でお酒を飲んでいる方

・調査方法:インターネット調査

*缶入り高アルコール飲料とは、アルコール度数6%以上の缶入り飲料を指しています


◆飲用経験者は8割超え! 注目ジャンルは「ビール類」

まず、「現在、缶入り高アルコール飲料が増えていると思いますか?」と聞いたところ、77%が「そう思う」と回答。また、同じく「人気を集めていると思う」と答えた人も65%と約7割にのぼっており、すでに多くの男性が、缶入り高アルコール飲料への注目度の高まりを実感しているようです。


また、「缶入り高アルコール飲料を飲んだことがありますか?」という質問では、81%と大多数が「ある」と回答。さらに、飲用経験者のうち、29%が「よく飲んでいる」、46%が「何度か飲んだことがある」と答えており、すでに世の中に定着しつつある様子がうかがえます。


◆缶入り高アルコール飲料の魅力は、味に対する“満足感”

それでは、缶入り高アルコール飲料が人気を集める理由は、どのようなところにあるのでしょうか。飲用経験者に「缶入り高アルコール飲料の魅力」を聞くと、「飲みごたえがある」(82%)が最も多く、続いて「飲んだ時の満足感がある」(80%)、「味が濃く感じられて美味しい」(75%)という結果となり、味に対する“満足感”を支持する声が多い傾向が見られました。具体的には、下記のような回答があがっています。


●「アルコール度数が高いと、パンチや飲みごたえがある」(51歳)

●「グラスに移して氷を入れても、お酒が薄くなりすぎない」(46歳)

●「味が濃く感じられて、一口一口に満足感がある」(37歳)


なお、「今後、缶入り高アルコール飲料を飲用する機会は増えそうですか?」と聞くと、72%が「そう思う」と回答。また、「缶入り高アルコール飲料に対する注目度は、今後ますます高まっていくと思いますか?」という質問でも、71%が「そう思う」と答えています。


さらに、「今後飲んでみたい(または飲み続けたい)缶入り高アルコール飲料」を聞いたところ、「ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル/第3のビール)」(62%)が、トップになりました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3:専門家に聞く、「高アル新ジャンル」に注目が集まる背景

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

続いて、「高アル新ジャンル」に注目が集まっている背景について、消費トレンドに詳しい、商品ジャーナリストの北村森さんにお話を伺いました。


<専門家プロフィール>

北村森 / 商品ジャーナリスト

1966年富山県生まれ。「日経トレンディ」編集長を経て、2008年に独立、商品ジャーナリストとしての活動をスタート。原稿執筆、テレビ・ラジオ番組への出演、講演活動などのほか、地方自治体と連携する形で地域おこしのアドバイザー業務にも携わる。著書に、『ヒット商品航海記』(日本経済新聞出版社 共著)、『仕事ができる人は店での「所作」も美しい 一流とつき合うための41のヒント』(朝日新聞出版)など。『途中下車』(河出書房新社)は、2014年12月、NHK総合テレビにてドラマ化された。


◆2018年は「高アル新ジャンル」への注目度がさらに高まる予感

ここ最近、自宅で楽しめる缶入り高アルコール飲料の人気が高まっています。中でも注目したいのが、新ジャンル、いわゆる第3のビールのカテゴリーです。昨年6月に施行された改正酒税法によりビール類が値上がりしたことで、価格の安い新ジャンル自体への注目が集まっていますが、中でも、高アルコール系の新ジャンルは、2017年からすでにヒットのきざしがみられます。


2018年は、この「高アル新ジャンル」のカテゴリーにおける動きがさらに活発化し、各メーカーから新商品やリニューアル品が相次いで発売される予定のため、世間の注目度がますますアップしそうです。


◆人気の理由は、価格に対する期待以上の“満足感”!

「高アル新ジャンル」が人気を集める背景には、“満足感”の高さがあります。というのも、アルコール度数が高めの商品は、味が濃く感じられたり、飲みごたえがあったりするので、飲んだときの“満足感”がアップしやすいのです。そして、新ジャンルは、ビールなどと比べてもともと値段が安いこともあり、価格に対する期待以上の満足感を得やすいと言えます。


また、味という点では、ブームが続く肉メニューや、塩気が多い食べ物と合うというのもポイントの1つ。中でも注目したいのが「中食」との相性の良さです。近年、スーパーや専門店のお惣菜、コンビニの弁当・フードなど、外で購入して自宅で食べる「中食」のクオリティーが高まり、人気を博しています。こうした「中食」メニューは、味が比較的しっかりしたもの、濃いものが多く、高アルコールのお酒とマッチしやすいため、組み合わせることでより美味しさを感じやすくなると言えるでしょう。


◆消費者の“満足感”の追求が、カテゴリーを制すカギに

近年の生活者は、「消費にシビアな状態」が続いています。プチプラ商品やファストファッションなども人気は衰えることなく、むしろ賢い消費としてみなされる傾向に。ビールカテゴリーについても同様で、“お得感”を求める動きは根強いと言えるでしょう。


しかし、同時に、単純な安さだけでは動かないのも、現代の消費者の特徴です。少し前までは、値段が安ければ、品質はそこそこでも購入につながっていましたが、最近は、一定の出費に対して、どれだけの満足感や驚きを得られたかが重視される傾向にあります。現代の消費者は「安ければいい」「お得でさえあればいい」という考えでは決してなく、きちんと「価値」や「品質」を見極める賢さを持っているのです。


そのため、ビール類についても、単純に安いという“お得感”だけでなく、味や飲みごたえなどの“満足感”をしっかりカバーしているという点が、重要なポイントと言えるでしょう。


今後は、消費者の満足を追求した商品が、高アル新ジャンル市場を制していくと考えられます。



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

トレンド総研のプレスリリース一覧

2018年05月16日 [研究・調査報告]
〜子どもの「食育」に関する意識・実態レポート〜 小学校の現場で深刻化する「給食残し」問題を調査 子どもが残す給食、トップは「野菜メニュー」

2018年04月27日 [研究・調査報告]
〜2018年・スマホトレンドレポート〜 「フォトジェニック」は、もう古い? スマホ撮影の新トレンド、キーワードは「ムービージェニック」

2018年04月02日 [研究・調査報告]
〜新生活シーズンの「コンタクトデビュー」事情を調査〜 「コンタクトデビュー」で、恋愛のチャンスは5割増しに!?

2018年03月05日 [研究・調査報告]
〜2018年 トレンド予測レポート〜 「第2次スムージーブーム」が到来!?

2018年02月22日 [研究・調査報告]
〜「クレジットカード」に関する調査〜 “世渡り上手”ほど、カードを上手に使っている!?




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年05月21日 「日本を健康にする!」研究会 [食品関連その他]
働く現代人が抱える食生活の課題に対し、食からの健康を目指す 「日本を健康にする!」研究会が吉野家とともに長寿を支える健康な食事を提案

2018年05月18日 株式会社 Vino Hayashi [食品関連製品]
【日本限定ラベルで販売開始】伝説のグラッパ職人 ロマーノ・レヴィ(Romano Levi)氏の貴重なヴィンテージが日本限定ラベルで到着

2018年05月16日 株式会社オーエス [食品関連告知・募集]
WEB会議ツールで日本全国からも参加が可能 〜「管理栄養士 登録説明会」特別講演「フリーランスの歩み」を5月23日に開催〜 *管理栄養士資格者を対象に

2018年05月16日 一般社団法人日本コナモン協会 [食品関連/研究・調査報告]
〜5エリア対抗! お弁当の「推しおかず」選手権〜“テンションあがる”おかず1位は「からあげ」!「からあげ」を最も食べているのは「九州エリア」

2018年05月16日 トレンド総研 [食品関連/研究・調査報告]
〜子どもの「食育」に関する意識・実態レポート〜 小学校の現場で深刻化する「給食残し」問題を調査 子どもが残す給食、トップは「野菜メニュー」

2018年05月16日 肉いち枚 [食品関連キャンペーン]
東京・世田谷区北沢の焼肉店「肉いち枚」が、オープン1周年を記念して、5月22日に利用金額の半額クーポン券をプレゼントするキャンペーン開始!


  VFリリース・アクセスランキング
1位 ショートショート実行委員会
世界の動画マーケターが注目するブランディングを目的としたショートフィルムの祭典『Branded Shorts 2018』を6月5日(火)より開催
2位 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会
5/11-5/12開催!九州シェアリングサミット 地方創生、シェアリングエコノミーのキーパーソンが福岡に集結!
3位 GLC Japan株式会社
ライフスタイルに合わせて7変化!本革クラッチ型ティッシュケースがクラウドファンディングでプロジェクト開始
4位 ホクト株式会社
【ご好評につき今年も開催!毎日替わるプレゼント】5月24日「菌活の日まであと何日?」カウントダウンキャンペーン 第二弾
5位 ショートショート実行委員会
東急プラザ蒲田50周年特別企画 LOVE KAMATA AWARD 蒲田が舞台のショートフィルムの監督に映画『ユリゴコロ』の熊澤尚人氏が決定
>>もっと見る