Lattice Incのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年04月15日 01時 [ネットサービス告知・募集]

Lattice Inc

量子コンピューター企業ラティス、 暗号通貨を用いた資金調達ICOを開始。量子コンピューターのブロックチェーン応用を加速させる

エストニアのLattice(ラティス)は、世界で初めて格子暗号を使った量子コンピューターの実装に成功したIT企業。ラティスは、2018年4月末より暗号通貨を用いた資金調達を開始した。調達した資金は、量子コンピューターの追加の実証実験や、ラティスチェーンの普及活動などに利用する予定。


 量子コンピューターのブロックチェーン応用に力を入れているエストニアのIT企業「ラティス」は暗号通貨を利用した資金調達を開始すると発表した。ラティスは、「量子コンピューターは既に存在する技術だが、応用できる範囲は限られている。その中で真っ先に利用可能な対象にブロックチェーンがある。我々はそれを世界で最初に実現する予定」と意気込んでいる。

 ラティスは、エストニアにあるIT企業であり、10人のエンジニア、物理学者、数学者で構成されたメンバーである。彼らの元々の本業は、金融工学を利用したヘッジファンドであったが、数年前よりブロックチェーンの可能性に気づき、フィンテック分野の研究も進めていた。その中で、彼らは量子コンピューターのブロックチェーン応用を進めていた。

 今回、ラティスは暗号通貨を用いた資金調達ICOで日本円で5億円ほどの調達を見込んでいる。その資金を利用してラティスは、量子コンピューターの追加実験、既存のラティスチェーンの普及などを行う予定と発表している。

 ラティスは二軸を持ってこのプロジェクトを遂行している。まず新しい暗号方式を利用してブロックチェーンを管理する点である。これは、現在使われているRSA暗号ではなく、格子暗号という格子を基本とした構造は現在、ポスト量子暗号の重要な候補である。量子コンピュータによって容易に攻撃されるRSA、Diffie-HellmanまたはElliptic-Curve暗号システムなどの広く使用されている既知の公開鍵スキームとは異なり、いくつかの格子ベースの構造は、古典的および量子コンピュータによる攻撃に対して耐性がある。さらに、多くの格子ベースの構造は、十分に研究された計算格子問題を効率的に解くことができないという仮定の下で安全であることが知られている。ラティスは、格子暗号を使ったブロックチェーンを既に開発しており、ソースコードをウェブ上に公開している。このラティスチェーンの実験として、1000ノードを建てたブロックチェーンを稼働させる予定であり、それらの資金にICOで集めた暗号通貨を充当する予定だ。

 二つ目の点として、ラティスは、量子コンピューターから守るブロックチェーンだけではなく、量子コンピューターを利用してブロックチェーンを高速化させる。現在、クレジットカードでは、1秒間に5000件以上のトランザクションが行われる。しかし現状のブロックチェーンでは、1秒間に処理できる件数には限りがあり、これでは世界中の利用者が同時にブロックチェーンを使うことができない。ラティスは、量子アニーリングを利用して、この速度を劇的にあげることに理論的に成功してる。ICOで調達した資金はこの量子アニーリングのコンピューターで実験をするために使われる予定だ。

 ラティスは4月末から2ヶ月に渡り、国内外にてICOを行う予定である。量子コンピューターに関連するICOは複数既に存在するが、それらは全て科学的に根拠の少ないプロジェクトであった。しかしラティスは、ソースコードをウェブで一部公開するなどかなり本格的に実現可能なプロジェクトに思える。





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

Lattice Incのプレスリリース一覧

2018年04月15日 [告知・募集]
量子コンピューター企業ラティス、 暗号通貨を用いた資金調達ICOを開始。量子コンピューターのブロックチェーン応用を加速させる




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年04月26日 株式会社AIR [ネットサービス企業の動向]
女性専用クラウドファンディング『Kanatta』がリリース4ヶ月で起案数100件を突破。運営会社が6800万円の資金調達を実施し、調達資金を各種事業に投入!

2018年04月26日 株式会社Jストリーム [ネットサービス企業の動向]
Jストリーム、ソフマップのeスポーツスタジオ「eSports Studio AKIBA」の基本設計やライブコマースに向けた動画ビジネス化などを担当

2018年04月26日 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 [ネットサービス告知・募集]
優れたHR Techベンチャー・スタートアップを表彰するHR Tech GP2018開催決定

2018年04月25日 株式会社クラウドファンディング総合研究所 [ネットサービス告知・募集]
【世界初】佐賀県で、いち早く世界スタンダードを採用!クラウドファンディングをPR活用し、地方創生を図る〜佐賀県の5団体が集団起案を5月9日にスタート〜

2018年04月25日 グレートインフォメーション株式会社 [ネットサービスサービス]
マルシェ・フリーマーケット紹介ウェブサイトj-marche.jp公開のお知らせ

2018年04月24日 株式会社Jストリーム [ネットサービス企業の動向]
Jストリーム、動画を活用した学習システムの機能強化を通じて三井住友海上火災保険の人財力強化と働き方改革をさらに加速


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社イーオン
イーオン、現役小学校教員を対象とした「小学校の英語教育に関する教員意識調査2018」を実施
2位 株式会社サードウェーブ
高精細9.7インチ液晶搭載&Google Playストア認証の Androidタブレット「Diginnos Tablet DG-A97QT」を販売再開
3位 カゴメ株式会社
4月29日(昭和の日)を「ナポリタンの日」に制定! 昭和生まれの洋食・ナポリタンを盛り上げる、新企画も始動
4位 桑名市
第2回「JLAA地方創生アワード」の優秀賞を本市の「三重県桑名市フェア 〜桑名市『石取祭と特産品見本市』〜」が受賞
5位 株式会社システムズ
■□ 4月25日に『Windowsレガシー/VB6.0モダナイゼーション 移行対策セミナー』を開催 □■ Windows7サポート終了前に今できる対策とは
>>もっと見る