アイ・シー・ネット株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年05月08日 18時 [その他サービス告知・募集]

アイ・シー・ネット株式会社

中堅・中小企業の新興国進出支援補助金「第4回飛びだせJapan!」公募開始

海外事業にかかわる総合コンサルティング業務を行うアイ・シー・ネット株式会社は、経済産業省補助事業「第4回 飛びだせJapan! 世界の成長マーケットへの展開支援補助金」(以下、「飛びだせJapan!」)の公募を開始しました。
「飛びだせJapan!」では、中堅・中小企業による新興国向けの製品・サービスの開発や実証・評価等を行うビジネスプランを公募し、採択された企業に対して補助金を支給します。また、新興国を中心とした世界各地にネットワークを有するアイ・シー・ネット株式会社が事業開発支援サービスを提供し、事業の実現をサポートします。



[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzMzI2MSMyMDEyMDAjMzMyNjFfWVpraGdqU21hTi5qcGc.jpg ]
海外事業にかかわる総合コンサルティング業務を行うアイ・シー・ネット株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:多田盛弘)は、経済産業省補助事業「第4回 飛びだせJapan! 世界の成長マーケットへの展開支援補助金」(以下、「飛びだせJapan!」)の公募を開始しました。


「飛びだせJapan!」では、中堅・中小企業による新興国向けの製品・サービスの開発や実証・評価等を行うビジネスプランを公募し、採択された企業に対してそのビジネスプランを実施するための補助金を支給します。また補助金の支給に加えて、新興国を中心とした世界各地にネットワークを有するアイ・シー・ネット株式会社が事業開発支援サービスを提供し、事業の実現をサポートします。


日本のマ―ケットが縮小傾向にある一方で、新興国は高い成長率を誇っており、日本の経済成長を支えてきた中小企業は、縮小する日本マーケットから海外への攻めの一手を求められています。しかし中堅・中小企業にとっては、文化や商習慣の違う国で事業展開するための人材やノウハウなど必要なリソースが確保できず、進出意欲があっても困難に直面する例も多く存在します。


また、新興国や開発途上国は急速な経済成長を遂げる一方で、貧困、食糧問題、保健医療、技術革新や産業育成などの解決すべき様々な社会課題が残されています。これら社会課題にはビジネスによって緩和、解決され得るものも存在しますが、新興国では技術やサービスのレベルが十分でなく、自国のリソースのみではその社会課題を解決できるビジネスを創出しづらいという状況もあります。


そのような高い技術を持つ日本の中堅・中小企業のビジネスと、新興国での社会課題解決のニーズをつなぐことが「飛びだせJapan!」の目的です。「飛びだせJapan!」をきっかけに新興国へ事業展開をする日本企業が増えることで、新興国の社会課題解決、しいては日本経済の活性化につながることを目指します。


「飛びだせJapan!」HP:http://www.icnet.co.jp/tobidase_japan/


■公募内容

公募期間:2018年5月31日(木)23:59(日本時間)まで

応募方法:「飛びだせJapan!」HP内の募集要領(http://www.icnet.co.jp/tobidase_japan/?page_id=182)に記載の方法

補助金額:1社あたり最大5,000万円

事業対象国:OECD作成「援助受取国・地域リスト」(DACリスト)掲載国のうちASEANを除く国


また、公募開始に伴い説明会を開催します。


■公募説明会

【東京会場】

日時:5月11日(金)14:00-15:45(受付開始13:30)

会場:ビジョンセンター東京 602号室

【大阪会場】

日時:5月11日(金)14:00-15:45(受付開始13:30)

会場:アットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前 1208号室

【参加申込URL(参加無料)】

https://icnet.smartseminar.jp/public/seminar/view/193


■会社概要

名称:アイ・シー・ネット株式会社

代表者:多田盛弘(ただ もりひろ)

設立年: 1993 年 10 月

所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11-2明治安田生命さいたま新都心ビル27 階

TEL:048-600-2500 FAX:048-600-2501

事業内容:海外事業にかかわる総合コンサルティング業務、人材育成事業

従業員数:163人(2018年1月現在)

URL:http://www.icnet.co.jp/


■本件に関する問い合わせ先

アイ・シー・ネット株式会社

グローバルビジネス支援事業部 落合・柴田

TEL:048-600-2502

e-mail:tobidase@icnet.co.jp



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

アイ・シー・ネット株式会社のプレスリリース一覧

2019年07月09日 [その他]
アイ・シー・ネット株式会社が支援させていただいた鳥取県智頭町がSDGs未来都市に選定されました

2018年05月08日 [告知・募集]
中堅・中小企業の新興国進出支援補助金「第4回飛びだせJapan!」公募開始

2018年04月04日 [企業の動向]
ケニア現地法人IC Net Trading Africa Co., Ltd.設立、ケニアなど東アフリカをターゲットとした日本企業のビジネス展開をサポート

2018年01月29日 [提携]
日本企業のモンゴルへの海外展開を支援するためモンゴル貿易開発銀行とアイ・シー・ネット株式会社が業務提携

2017年08月24日 [提携]
アイ・シー・ネット株式会社とPalladium社が業務提携




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年09月16日 椎葉屋 [その他サービス企業の動向]
蕎麦の6次産業化から、焼き菓子「蕎麦の実フロランタン」を開発販売!

2019年09月13日 早稲田祭2019運営スタッフ [その他サービスその他]
5年ぶり! 早稲田の新たなシンボル「早稲田アリーナ」での企画開催決定!

2019年09月13日 門次郎 [その他サービス企業の動向]
写真から「性格」「想い」「潜在意識」「魂の資質」を霊視!1000人以上の悩みを解決してきた、京都在住の人気スピリチュアルカウンセラーによる「メール鑑定」が好評

2019年09月13日 Yoshimi Arts [その他サービス告知・募集]
ギャラリートーク 中井康之(国立国際美術館副館長)× 上出惠悟

2019年09月13日 消費者経済総研 [その他サービス/研究・調査報告]
駆け込み購入編【連載シリーズ消費税】増税の前・後どっちが得? |映画、野球、歯科矯正、年間券が、お得になる方法とは?

2019年09月12日 株式会社ローズクリエイト [その他サービスサービス]
東京 六本木・出雲大社の最上階に、予約殺到の占い師が降臨!「知千(ちせん)六本木 別院」


  VFリリース・アクセスランキング
1位 一般社団法人東京北区観光協会
北区飛鳥山公園で音楽フェスと肉祭り! ASUKAYAMA MUSIC FES 音の滝vol,2を開催します。
2位 株式会社うるる
官公庁・地方自治体入札市場レポート(2019年7月) 〜2019年7月の公示案件数の合計は105,449件(前年比 +17.1pt)〜
3位 特定非営利活動法人イマジン
スポーツの秋!疲労回復に役立つ「アシスト(援助方法)」をボランティア団体が提供へ
4位 株式会社ニュートン
今、もっとも熱い歌うまキッズが大集結!カラオケパセラ「第3回 歌うまキッズ!YouTuber紅白歌合戦」!「どこでもVtuber体験コーナー」も開催!9月16日
5位 ks Office
32.1%がAMEXブランドにステータスを感じている!【調査結果】1,000名へのアンケートで判明!ステータス性を感じる国際ブランドとは?アンケート調査発表
>>もっと見る