福島県のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年10月31日 13時 [国・自治体・公共機関告知・募集]

福島県

東日本大震災から7年半…「牛のチカラを借りながら農地を守る」 原発事故で途絶えた幻の「飯舘牛」、復活にかける想い

福島の畜産農家の“今”を追うWeb限定ムービー、10/31より公開


福島県は、2018年10月31日(水)より、福島の畜産農家の“今”を追うWeb限定ムービー「飯舘の牛と生きる。」を福島県公式YouTubeチャンネルにて公開いたします。

Web限定ムービー「飯舘の牛と生きる。」:https://www.youtube.com/watch?v=TtqkgZfhKNU


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=TtqkgZfhKNU ]


■原発事故で途絶えた「飯舘牛」の復活を目指す畜産家…その想いに迫るムービー公開


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTEyMyMyMTA1NzkjNTUxMjNfaXl5dk1CS25BQy5qcGc.jpg ]


東日本大震災がもたらした福島第一原発事故。人々の生活を大きく変えた出来事から約7年半が経った今、多くの地域において避難指示が解除され、地元住民たちは復興に向けて歩み始めています。

今回のWebムービーに登場する飯舘村(いいたてむら)もその1つです。飯舘村は、ブランド牛の「飯舘牛」で知られる畜産が盛んな地域で、かつては村内で約2,400頭もの和牛を飼育していました。しかし、原発事故により全村避難を余儀なくされ、加えて風評被害や汚染への懸念もあり、多くの畜産農家が廃業してしまいました。

こうした中、震災によって“幻の牛”となってしまった「飯舘牛」の復活を目指すべく立ちあがったのが、畜産農家の山田猛史(やまだたけし)さん。2017年3月に避難指示が解除されて以降、飯舘村での畜産の安全性を検証すべく、県や専門機関と共同で牛の放牧実証試験を実施しています。

2018年に入ってからは、昨年に続いて2回目となる水田での放牧試験や、原発事故後初となる牧草地での放牧試験も実施。3カ月間の放牧中に牛が食べた草の量に加え、牧草・土壌・牛の血液の放射性セシウム濃度などを毎月県が調査しています。これまでの放牧実証試験で、牛を安全に飼育できることは既に検証済みです。そして、村内では地道な努力を重ねる山田さんに刺激を受け、カスミソウなどの花きを中心に営農を再開する農家の姿も。飯舘村の人たちは、その努力や葛藤、様々な想いの中で、未来に向けて少しずつ前進し続けています。

本動画では、復興のシンボルともなる「飯舘牛」の復活にかける山田さんの想いと、前に進む姿を描きました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTEyMyMyMTA1NzkjNTUxMjNfQnpsVlBCYVdtVy5qcGc.jpg ]


避難する時から「帰ってくる」と決めていた、という山田さん。 “幻”の「飯舘牛」の復活を目指し活動している。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTEyMyMyMTA1NzkjNTUxMjNfYmpGZGNuR2hvdC5qcGc.jpg ]


月に一度、牧草・土壌・牛の血液中の放射性セシウムを測定。2017年からの試験で安全に飼育できることが確認されている。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTEyMyMyMTA1NzkjNTUxMjNfTE5HSUlPSXFocC5qcGc.jpg ]


「みんなが戻って来るまで、牛のチカラを借りながら農地を守っていかないと」と、放牧にかける想いを語る。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTEyMyMyMTA1NzkjNTUxMjNfd2NCVlVXU2VEYi5qcGc.jpg ]


山田さんは、繁殖から飼育まで一貫して飯舘で行う「本物の飯舘牛」を目指している。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTEyMyMyMTA1NzkjNTUxMjNfY1NHTXJ1d1NZVC5qcGc.jpg ]


息子の豊さんも避難先の京都から福島に戻り、新たな担い手として、牛舎で働く。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTEyMyMyMTA1NzkjNTUxMjNfZmVYWUt4SmJ5aS5qcGc.jpg ]


「1日1日が進歩の日。村内に牛舎ができて、たくさんの牛が放牧される日までは元気でいたい」と笑ってみせた。


■Web限定ムービー「飯舘の牛と生きる。」

https://www.youtube.com/watch?v=TtqkgZfhKNU





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

福島県のプレスリリース一覧

2018年10月31日 [告知・募集]
東日本大震災から7年半…「牛のチカラを借りながら農地を守る」 原発事故で途絶えた幻の「飯舘牛」、復活にかける想い

2018年07月11日 [告知・募集]
『大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2018』今年も7月12日(木)より開催!! 期間:2018年7月12日(木)〜2018年10月14日(日)

2018年03月01日 [その他]
「どの浜にも、負けない」東日本大震災から7年、前を向いて歩む福島の漁師たち 福島の漁業の今をテーマにしたムービー、3/1より公開

2017年12月22日 [告知・募集]
復興・観光・笑顔・ものづくり 福島の“今”が満載の動画サイト「FUKUSHIMA NOW」 12月22日(金)よりYouTubeでCM公開

2017年07月12日 [サービス]
『大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2017』今年もいよいよ13日(木)より開催!!




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年02月19日 GTGP JAPAN Corporation [国・自治体・公共機関告知・募集]
2月20日、東京・SHIBUYA QWSにて高知県仁淀川町と東京を繋ぐ「関係人口」イベントを開催

2020年02月19日 株式会社JTB [国・自治体・公共機関告知・募集]
対日理解促進交流プログラム JENESYS2019 ASEAN 派遣 第8陣 テーマ:日本文化交流/派遣国:ラオス

2020年02月18日 株式会社ピー・ビーシステムズ [国・自治体・公共機関企業の動向]
とつか減災フェア「防災4Dシアター」出展リポート

2020年02月17日 株式会社JTB [国・自治体・公共機関告知・募集]
対日理解促進交流プログラム JENESYS2019 ASEAN 派遣 第9陣 テーマ:文化交流(チアリーディング)派遣国:カンボジア

2020年02月15日 株式会社JTB [国・自治体・公共機関告知・募集]
対日理解促進交流プログラム 「JENESYS2019」 ASEAN 招へい 第25陣 テーマ:農地整備技術  対象国:ベトナム

2020年02月13日 株式会社千里眼 [国・自治体・公共機関業績報告]
【広島】占いの鑑定料金の一部でフィリピンのチャイルド支援を


  VFリリース・アクセスランキング
1位 消費者経済総研
ベスト20発表!|2020年「注目スポット」のランキング・首都圏編|1位は○○|また、ベスト20から浮かぶ「キーワード」の◇◇とは
2位 アドエンターグループ株式会社
【ポケットハッシュ/登録だけで9万円プレゼント!!】1/25より日本サービス開始!!
3位 有限会社アクロス
大人気テレビアニメ『ダイヤのA act?』より、普段使いできるスポーツボストンバッグや、主要キャラの描き起こしSDイラストを使用した様々なグッズを発売します。
4位 エスビージャパン株式会社
今だけ!熊本県北地域の限定ブックカバーを大手書店・図書館で配布中!この機会に熊本県北の魅力に触れよう!
5位 一般社団法人SDGs支援機構
渋沢栄一5代目子孫 渋澤健氏をお招きした第2回SDGsx幸福x経営シンポジウム「論語と算盤はSDGs」を3月13日(金)に開催!
>>もっと見る