日本スポールブール連盟 男子日本代表チームのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2019年05月13日 13時 [その他サービスその他]

日本スポールブール連盟 男子日本代表チーム

世界最古の球技「スポールブール」アジア・オセアニア選手権にて豊田想選手が金メダル

5月3日から5日にオーストラリア(メルボルン)で開催されたスポールブールのアジア・オセアニア選手権で豊田想選手がコンビネ種目にて2017年世界選手権銅メダリストを破り金メダルを獲得致しました。男子日本代表チームは各種目上位2ヶ国に与えられる2019年世界選手権の出場枠を6種目中3種目で獲得致しました。【銀メダル:プレシジョン種目(豊田選手)・ダブルス種目(兼坂選手・豊田選手)】また、シングル種目でも熊野選手が銅メダルを獲得し男子出場全選手がメダリストとなりました。


「スポールブール」(フランス語:スポール=スポーツ、ブール=ボール)は、同種の「ペタンク」などを含めて「ブールスポーツ」と総称される球技の一種で、小さい目標球(ビュット)に向かって金属製のボール(ブール)を転がし、自分のボールを相手よりもビュットに近づけたり、自分のボールを投げてほぼノーバウンドで相手のボールに当てて弾き飛ばし、相手ボールの方をビュットから遠ざけることで得点を競います。


ボールを目標球に近づけること自体は、原始的な発想であり、古代エジプトや古代ギリシャの文献によりスポールブールの原型は約5,000年前まで遡ると考えられており、それゆえ世界で最も古い球技の一つという説があります。当時は石を研磨したボールが用いられていました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDk1OSMyMjA4MDEjMzQ5NTlfV3lPWVBTbFFMWS5qcGc.jpg ]

特にフランスやイタリアなど、ヨーロッパを中心に盛んに行われており、世界約54ヵ国で行われております。高齢者でもプレーできることから生涯スポーツとしても親しまれています。

世界選手権が2年に1度開催されているほか、4年に1度、オリンピックを補完する形で開催されている世界的な競技大会「ワールドゲームズ」(主催:国際ワールドゲームズ協会、後援:国際オリンピック委員会<IOC>)の加盟種目となっており、2001年のワールドゲームズ秋田大会でも実施されました。


現在の日本における競技人口は、約30人と小規模ながら、男子日本代表チームは、1995年のカナダ・ハミルトンでの大会から毎回出場しております。

2019年度世界選手権からアジア・オセアニア出場枠が2カ国となり、世界選手権のメダル常連国であるオーストラアリア・中国と出場権を争う厳しい状況の中で今大会6種目中3種目で世界選手権出場権を獲得致しました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDk1OSMyMjA4MDEjMzQ5NTlfV1ZZc2pySUdORC5qcGc.jpg ]

「スポールブール」の国際組織としては、1946年に国際スポールブール連盟(Federation Internationale de Boules)が設立されました。国際スポールブール連盟は、国際オリンピック委員会(IOC)加盟団体である世界ブールスポーツ連合(Confederation Mondiale des Sports de Boules)に加盟しており、同連合ではオリンピック種目への格上げに向けた活動を進めています。


【大会概要】

大会名:アジア・オセアニア選手権

開催地:オーストラリア(メルボルン)

開催期間:2019年5月3日〜5日

参加国:6カ国(日本 、オーストラリア、中国、台湾、香港、インド)


【男子日本代表チーム】

監督兼選手:豊田 想

コーチ  :阿部 孝太

選手   :熊野 健、兼坂 俊之介

サポートメンバー:近藤 晋一郎


【大会結果】

金メダル:コンビネ(豊田選手)

銀メダル:プレシジョン(豊田選手)、ダブルス(兼坂選手・豊田選手)

銅メダル:プログレッシブ(兼坂選手)、シングル(熊野選手)、ラピッド(兼坂選手・豊田選手)


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDk1OSMyMjA4MDEjMzQ5NTlfdVd6UE9VbnNvUS5qcGc.jpg ]

【豊田想 プロフィール】

2003年から2019年現在まで、世界選手権で8大会連続日本代表。2013年から世界選手権3大会連続予選突破中。2013年バイアブランカ世界選手権では、日本新記録で本場ヨーロッパで活躍するプロのメダリスト選手を破るなどの活躍をみせ、世界第10位となった。2017年カサブランカ世界選手権では監督兼選手として出場し予選で本場フランスと同グループとなるが、メダリストに2連勝し予選1位で通過。日本史上最高の世界9位となった。日本選手権24度制覇。全4種目の日本記録保持者でもある。

HP:sotoyoda.com


【本件に関するお問い合わせ】

日本スポールブール連盟 男子日本代表チーム

Mail:boulesjapon@gmail.com

HP :boules.jp



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

日本スポールブール連盟 男子日本代表チームのプレスリリース一覧

2019年05月13日 [その他]
世界最古の球技「スポールブール」アジア・オセアニア選手権にて豊田想選手が金メダル




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年05月27日 東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社) [その他サービス企業の動向]
【東芝テック】RFIDショールーム&ラボ 「TEC UX Lab」を開設 〜製造・物流・店舗 一気通貫でRFIDを提案〜

2019年05月26日 おうえんフェス実行委員会 [その他サービス告知・募集]
5月26日(日)1200名をこえるおうえん愛好家が全国から集結する日本最大級の応援イベント「おうえんフェス2019」開催のお知らせ

2019年05月24日 ワンマーケティング株式会社 [その他サービス/研究・調査報告]
企業で一番利用されているメーラーは?『【調査レポート】BtoB企業のメールマガジン閲覧に関するアンケート調査結果』を発表。

2019年05月23日 株式会社アゴス・ジャパン [その他サービス告知・募集]
【元国連職員、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン事務局次長による特別セミナー】「グローバル・キャリアへの挑戦」6/23(日)開催

2019年05月22日 株式会社アクエル [その他サービスキャンペーン]
セレクトショップ「wabist(ワビスト)」令和元年の父の日(6/16)ギフトに:限定販売【父の日オリジナルデザイングラス】令和元年デザインのオリジナルグラス

2019年05月20日 令和平成・消費者経済総研 [その他サービス/研究・調査報告]
【 中身は悪い? GDP 】 1〜3月期 速報。消費・設備投資・輸出 が 減少。しかし、輸入が減ったので、【2.1%成長】した謎とは?


  VFリリース・アクセスランキング
1位 浦安ブライトンホテル東京ベイ
一夜限りの鉄板焼ディナーを夜空を彩る花火とともに
2位 一般財団法人労務行政研究所
2019年度 新入社員の初任給調査 〜東証1部上場企業241社の速報集計。35.7%が初任給を「全学歴引き上げ」〜
3位 株式会社アゴス・ジャパン
トップ校卒業生に直接相談できる!『アジアMBA留学を考えている人とアジアMBA留学経験者の懇親会』5/25(土)開催
4位 株式会社イーオン
「イーオン デジタルトランスフォーメーション AEON DX」第2弾 「AEON NOTE」 を5月13日より全国のスクールに導入
5位 エイムネクスト株式会社
エイムネクスト(株) 6/4(火)『高鍋町IoTカンファレンス』を宮崎県・高鍋町にて開催
>>もっと見る