ウィンボンド・エレクトロニクス株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2019年10月30日 10時 [その他製造業製品]

ウィンボンド・エレクトロニクス株式会社

ウィンボンド・エレクトロニクス、HyperRAM市場に参入-AIoTアプリケーションのニーズに対応

台湾に本社を置くウィンボンド・エレクトロニクスは、32Mb / 64Mb / 128MbのHyperRAM製品の発売を開始します。これにより、ウィンボンドは多様なアプリケーションニーズに対応すべく製品ポートフォリオをさらに拡大するとともに、より完全なエコシステムを築くことが可能となります。


車載用電子機器、インダストリアル4.0、スマートホームアプリケーションの急速な増加に伴い、新しいIoTエッジデバイスやヒューマンマシンインターフェイスデバイスには、サイズ、消費電力、パフォーマンス面で新しい機能が必要になってきました。MCUサプライヤはそれぞれ、市場のニーズを満たすために、より高性能で低消費電力の新世代MCUを開発しています。 さらに、総合的なシステムデザインの観点から、それら新世代MCUで動作するRAMにも、既存のSDRAMやpSRAMよりも優れたパフォーマンスを提供する新しいオプションが必要です。


HyperBusインターフェイスをサポートするHyperRAMは、このニーズに応える新しい技術ソリューションです。HyperBusテクノロジーは2014年にサイプレス社によって初めて発表され、2015年に同社から初のHyperRAM製品が発売されています。本技術は長い年月をかけ開発され、また明確なターゲット市場を持つことから、ウィンボンド・エレクトロニクスはHyperRAM開発に参入し、32Mb / 64Mb / 128Mb各容量製品の発売を決定しました。これにより、ウィンボンドは多様なアプリケーションニーズに対応すべく製品ポートフォリオをさらに拡大するとともに、より完全なエコシステムを築くことが可能となります。


HyperRAMがもたらすメリット

ウィンボンドのDRAMマーケット・テクノロジーマネージャーであるHans Liao氏は、「HyperRAMの主要機能である、少ピンカウント、低消費電力、シンプルなアプリケーションデザインの3つの機能は、エンドデバイスパフォーマンスの大幅改善につながります。」と述べています。

彼は、従来のMCUの演算能力、データ処理、画像表示機能には限界があったが、車載、産業、スマートホーム、ウェアラブル向けの新しいIoTデバイスは、画像制御インターフェイスとしてタッチパネルを採用するか、または画像処理と音声認識に強力なエッジコンピューティグ機能を必要とするため、新世代の高性能で低消費電力のMCU市場がまさに拡大しているのです、と解説しています。


IoTアプリケーションの場合、市場で広く採用されるためには、低コスト、低消費電力、コンピューティング効率など、さまざまな設計上の懸念事項を満たす必要があります。 特に、スマートスピーカーやスマートメーターなどのバッテリー駆動のデバイスの場合、豊富なIoT機能と使いやすいヒューマンインターフェイスに加えて、バッテリー寿命が製品成功の鍵となり、低消費電力がますます重要になります。 長いバッテリー寿命を実現するには、低消費電力MCUを使うことに加え、他の低電力周辺機器コンポーネントも考慮されるべきであり、HyperRAMはこのために設計されています。


ウィンボンドの64Mb HyperRAMを例にとると、スタンバイの消費電力は90uW@1.8Vなのに対し、同容量のSDRAMの消費電力は約2000uW@3.3Vです。 さらに、HyperRAMの消費電力はハイブリッドスリープモードで45uW@1.8Vしかありません。これは、SDRAMのスタンバイモードとは大きく異なります。一方、例えLow power SDRAMを採用したとしてもフォームファクターはHyperRAMよりも大きくなり、より大きなPCB面積を必要とするため、これは理想的なソリューションとは言えません。


さらに、HyperRAMの信号ピンは13本しかないため、PCBレイアウト設計を大幅に簡素化できます。 また、最終製品を設計する際に、より多くのMCUのピンで他の機能を実現したり、あるいはより少ないピンでMCUを使用することにより費用対効果を高めることが可能になります。


制御インターフェイスの簡素化は、HyperRAMのもう1つの特長です。 pSRAMアーキテクチャに基づいたHyperRAMは、セルフリフレッシュ機能があり、自動的にスタンバイモードに戻ることができます。 したがって、システム側のメモリ使用が簡易化され、ファームウェアとドライバーの開発も簡素化されます。


HyerRAMエコシステムの新しい力

ウィンボンドのDRAMマーケティング部ディレクターであるSierra Laiは、「MCUのプロセスノードが55nm、40nm、28nm、さらには16nmに移行してきていて、 このサイズはIoTの小型化傾向に対応していますが、IoTアプリケーションで必要とされるより高度なコンピューティング機能要求も満たす必要があるため、データバッファーとして新世代の外部メモリを使用する必要があります」、と付け加えました。


ただし、従来のSDRAMおよびpSRAMの開発は成熟しており、新しいIoTアプリケーション向けに最適化することはできません。 また、DRAMプロセスの移行は、新世代のJEDEC DDRx / LPDDRx製品に基づいており、38nmプロセスノードを採用したウィンボンドのHyperRAMは、引き続き25nmに移行します。 車載および産業用アプリケーションの長期供給要件を考慮すると、ウィンボンドのHyperRAMの高度なプロセスノードは、顧客の長寿命製品のライフサイクルを満たしていると言えます。


したがって、システム全体の設計と製品寿命の観点から、HyperRAMは新しいIoTデバイスにとって理想的な選択肢と言えます。 「私たちは市場の需要を調査したうえで、お客様に新たな選択肢を提供するHyperRAM製品を開発することにしました。」とSierra Lai氏は強調しました。 「もちろん、エコシステムが成熟していることは、私たちが参入するための重要なポイントです。」


現在、サイプレスの他に、NXP、ルネサス、ST、TIなどの主要なMCU企業が、HyperBusインターフェイスをサポートするMCUを提供しており、それらの新製品は今後もこのインターフェースのサポートを続けます。 一方、制御インターフェイスの開発プラットフォームも準備ができています。 ケイデンス、シノプシス、およびモビベイルも、HyperBusメモリ制御IPの提供を開始しており、ICベンダーの設計サイクルの加速が可能です。 その結果、他のOctal RAMと比較してみても、HyperRAMは最も成熟したアプリケーション環境を備えています。 また、HyperRAMは将来JEDEC規格に組み込まれ、JEDEC互換技術になります。


ウィンボンドがHyperRAM陣営に参加したことにより、サイプレスとISSIに続き市場で3番目のサプライヤとなり、顧客により多くの選択肢を提供できるようになります。


Sierra Laiは、HyperRAMの少ピン数と低電力特性がIoTデバイスに大きな利点をもたらすと考えています。 市場が拡大するにつれて、ますます多くの顧客がこの新世代メモリを採用し始めるでしょう。


ウィンボンドのHyperRAM製品ラインの現状としましては、32Mbは量産中、64Mbは2019年4Qに、128Mbは2020年1Qにそれぞれ量産開始予定です。 パッケージとしては24BGA(車載グレード)、49BGA、およびKGDにて提供可能です。 24BGAは6x8mm2で、コンシューマ向けやウェアラブル市場を対象としている49BGAは4x4mm2です。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTQyOSMyMzA0NDIjNjE0MjlfVUdkVGllQk5BUS5wbmc.png ]

ウィンボンド・エレクトロニクスについて

ウィンボンド・エレクトロニクスはトータルメモリソリューションプロバイダです。製品の設計、研究開発、製造、および販売サービスのエキスパートとして、お客様のニーズに基づいたメモリソリューションを提供しています。ウィンボンド・エレクトロニクスの製品ポートフォリオは、スペシャリティDRAM、モバイルDRAM、およびコードストレージフラッシュで、通信、家電、車載、産業用、そしてコンピュータ周辺機器市場におけるTier1メーカーで広く採用されています。

台湾中部サイエンスパーク(CTSP)を拠点とし、米国、日本、イスラエル、中国、香港に子会社を有しています。

稼働中の台湾・台中の12インチファブ、および新たに建設を進めている高雄の12インチファブをベースに、高品質メモリ製品を提供するため、更なる自社技術開発を進めています。



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

ウィンボンド・エレクトロニクス株式会社のプレスリリース一覧

2019年10月30日 [製品]
ウィンボンド・エレクトロニクス、HyperRAM市場に参入-AIoTアプリケーションのニーズに対応

2019年09月12日 [製品]
ウィンボンド・エレクトロニクス、ニッチ市場をターゲットとするモバイルメモリシリーズのLPDDR4xを発売

2019年06月18日 [製品]
ウィンボンド・エレクトロニクス、2Gb NAND + 2Gb LPDDR4xのマルチチップパッケージをリリース- 5G CPEモデムの本格展開をサポート




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年12月09日 株式会社 TENGA [その他製造業製品]
「TENGAクラッカー」登場 Party Timeを彩るド派手な発射!!

2019年12月09日 株式会社ユニリタ [その他製造業サービス]
業界初、ユニリタ、サブスク型BPMサービスの無償提供と関連情報発信サイトを同時公開!

2019年12月09日 テクノゲートウェイ株式会社 [その他製造業製品]
累積1000万円突破 クラウドファンディング マクアケ プロジェクト総ご支援金額。厳寒時災害向け製品など用途別製品化を図り来年の冬に向けた製品群を開発予定

2019年12月06日 株式会社 TENGA [その他製造業キャンペーン]
人気のホールシリーズの最新作TENGA crysta【テンガ クリスタ】登場! 寒い日にぴったり、「おちょくりすた」が当たるキャンペーンを実施

2019年12月06日 株式会社NEXER [その他製造業/研究・調査報告]
2019年「薄型テレビ」満足度ランキングを公開 【日本トレンドリサーチ】

2019年12月06日 CORED株式会社 [その他製造業製品]
革新的な構造の防犯多機能バックパックのパイオニアXD Designから『Bobby Hero』が新登場。豊富なカラーとサイズ、高性能のまま低価格化を実現!


  VFリリース・アクセスランキング
1位 CTJ株式会社
リュック式猫ハウス『EGGY』は、Makuakeにて先行予約販売開始
2位 株式会社JTB
対日理解促進交流プログラム JENESYS2019 ASEAN招へい第13陣 テーマ:映画・芸術交流―第13回アジア国際子ども映画祭―
3位 株式会社オリコンタービレ
【新製品】弥生会計20シリーズを期間限定特別価格でご提供! 〜オリコンタービレECサイト会員限定キャンペーン実施中〜
4位 特定非営利活動法人イマジン
〜遺族と著者が執念で追い続けた事件の物語〜 新刊「もう一回やり直したい 精神科医に心身を支配され自死した女性の叫び」がついに11月29日に発売!
5位 デジタル総合印刷株式会社
世界遺産登録を記念して「2020年版・百舌鳥・古市古墳群カレンダー」を販売開始!
>>もっと見る