釧路バンディ協会のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2019年11月15日 12時 [その他サービス企業の動向]

釧路バンディ協会

注目の冬季競技 “バンディ”の世界選手権に、日本女子代表が初出場決定! 氷上で戦う熱い「バンディ女子」のために、ノルウェーまでの渡航費用を募るプロジェクトが始動

アイスホッケーの起源であるバンディは、世界的に人気の高い冬季競技。近年は国内でも競技人口が増え、今年1月に女子日本代表チームが結成されました。しかしまだマイナースポーツの域を出ないバンディは、選手が渡航費用や道具代の「自己負担」を余儀なくされています。安心して出場し実力を発揮できるよう、クラウドファンディングを立ち上げました。


2020年2月にノルウェー・オスロで開催される「バンディ世界選手権」に日本で初めて出場が決まった女子代表チームは、2019年11月1日より、渡航費の支援を求めるプロジェクトをクラウドファンディングサイトCAMPFIREで開始しました。特に若年層の選手を手厚くサポートするために、221万円を目標に12月20日(金)まで支援を呼びかけます。


▼ クラウドファンディングページ(CAMPFIRE):https://camp-fire.jp/projects/view/202055


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDA2NSMyMzE0MjYjNjQwNjVfWXNJY2RIZGhScC5qcGc.jpg ]


■世界的に人気のウィンタースポーツ、日本でも今年1月に女子代表チームが結成

バンディは、アイスホッケーの起源と考えられているフィールドホッケー形式の氷上競技。日本においてはまだ知名度が高いとは言えないものの、世界においては冬季の競技者数は第2位と、高い人気を誇っているスポーツです。


バンディのルールはサッカーときわめてよく似ています。そのため、体格が小柄な日本人に合ったスポーツとして近年国内でも認知度が高まっており、競技人口も増加。2019年1月には女子日本代表チームが結成され、一般社団法人日本バンディ連盟と釧路バンディ協会の協力のもと運営されています。


この女子チームの国内での活動と活躍を、海外も高く評価。世界27ヵ国が加盟する国際バンディ連盟からの招待により、2020年2月にノルウェー・オスロで行われる世界選手権への出場が決定するという快挙を成し遂げることができました。


▼ バンディ女子日本代表チーム紹介動画(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCZdlw-HfxnqI44bs5_HiH9A/featured


■金銭的理由で多くの選手が引退、マイナー競技の女子選手に重くのしかかる「自己負担」を軽減

出場が決定したこと自体は栄誉ですが、参加にあたっては大きな壁が立ちはだかっています。それは、“金銭的な問題”です。スポーツ業界、特に女子の部門では、プロや実業団チームが存在しないことも多いのが現状。そのため、経済的な理由で、才能ある選手が数多く引退してしまっています。


とりわけ、バンディのようなマイナースポーツでは、渡航費や道具代等、選手の自己負担が重くのしかかります。そこで、選手の金銭的な負担を少しでも減らし、これからの可能性を秘めたバンディというスポーツの楽しさを多くの人に知って欲しいと、プロジェクトを立ち上げました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDA2NSMyMzE0MjYjNjQwNjVfYWRlelZyTVNmSS5qcGc.jpg ]


■代表ユニフォームに好きなネームと背番号をプリントできるコースも

クラウドファンディングでは、女子日本代表チームのユニフォームやパーカー、ニット帽、バッジなどさまざまなリターンから選ぶことが可能。気軽に支援できる1,000円のものから、ユニフォームに好きなネームと背番号をプリントできる60,000円のものまで、6つのコースを用意しています。目標額は、渡航費用の一部を賄うための2,210,000円。特に、若年層の選手へのサポートを優先する予定です。チーム一丸となって、2019年12月20日(金)まで広く支援を募ってまいります。


▼ クラウドファンディングページ(CAMPFIRE):https://camp-fire.jp/projects/view/202055


【釧路バンディ協会について】

所在地:〒058-0037 北海道釧路市柳町13番5号

代表:高橋 亜貴

設立:2019年9月

事業内容:“バンディ”女子日本代表チームの運営、バンディ普及のための活動ほか


【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:バンディ女子日本代表チーム
担当者名:湊 祐美
E-Mail:nas-71@outlook.com



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

釧路バンディ協会のプレスリリース一覧

2019年11月23日 [告知・募集]
“バンディ”女子の選手紹介写真も公開!!世界選手権出場への渡航費支援を募るプロジェクトが締め切りまで1か月を切る!

2019年11月15日 [企業の動向]
注目の冬季競技 “バンディ”の世界選手権に、日本女子代表が初出場決定! 氷上で戦う熱い「バンディ女子」のために、ノルウェーまでの渡航費用を募るプロジェクトが始動

2019年11月12日 [告知・募集]
氷上で戦う熱い「バンディ女子」!冬季注目競技の “バンディ”女子日本代表が世界選手権に初出場決定!ノルウェーまでの渡航費用を募るプロジェクトが始動

2019年11月07日 [告知・募集]
注目の冬季競技 “バンディ”の世界選手権に、日本女子代表が初出場決定! 氷上で戦う熱い「バンディ女子」のために、ノルウェーまでの渡航費用を募るプロジェクトが始動

2019年11月02日 [告知・募集]
【好評!!】“バンディ”女子日本代表が、2020年2月の世界選手権出場に向けた支援を募るクラウドファンディングプロジェクトを開始!




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年07月04日 株式会社 ハグロット [その他サービスその他]
彫刻お箸で全国の子どもを笑顔にしたい!! HUGLOTがクラウドファンディングでプロジェクト開始!

2020年07月04日 株式会社スペースエイジ [その他サービス製品]
「タワーレコード×千葉ロッテマリーンズコラボグッズ」 リリースのお知らせ

2020年07月03日 消費者経済総研 [その他サービス/研究・調査報告]
女子高生の街・原宿が、オトナの街へ変化?|「ウィズ原宿」現地視察結果

2020年07月03日 株式会社はんなり(ハイスペ総研) [その他サービス告知・募集]
【100名限定】30〜40代女性向け恋愛・婚活本 『なぜ、彼女ばかりがハイスペ男子に選ばれるのか?』 オンライン読書会7月11日開催決定

2020年07月03日 株式会社大王製作所 [その他サービス企業の動向]
本日(7月3日)スタート浅草花柳界の文化を守るためのプロジェクト。新型コロナウイルス禍で危機に陥る伝統文化をクラウドファンディングで支援。

2020年07月02日 株式会社GRIT NATION [その他サービスその他]
渋谷を止めるな!進化型ワークアウトスタジオ”GRIT NATION”がMIYASHITA PARKに7月28日OPEN


  VFリリース・アクセスランキング
1位 Sourire web studio
伝わるホワイトボードアニメーション動画制作サービスをスタート!低価格で素早く制作、営業ツール・プレゼン・研修教材に。
2位 消費者経済総研
【更新】注目の新スポット・ベスト20|コロナで延期→続々オープン|New商業施設の空間から浮かぶ「キーワード」とは?
3位 特定非営利活動法人イマジン
悩んでいるのは一人だけじゃない!「子育ての悩み」を感じているママたちへ
4位 株式会社マークス
Charity Program 2020 by acrylic × MARK’STYLE TOKYO
5位 株式会社フルタイムシステム
非対面、非接触での買い物をサポート 小売店・食品スーパー向けにスマートピックアップロッカーを開発
>>もっと見る