ビーキーパーパレードジャパンのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2020年01月20日 07時 [ファッション・ビューティー告知・募集]

ビーキーパーパレードジャパン

カンボジアの監獄で生まれた難民が、カバンで世界を救う! 地球規模の深刻な問題 “過剰衣類”の大量廃棄削減に取り組むブランドを、日本へ届けるプロジェクトが始動

新品同様のまま廃棄される運命だった15トン以上の生地を、価値を高めてカバンなどにリサイクル。販売で得た利益で、故郷カンボジアの子どもの就学を支援し、これまで学校5校を建設しています。2020年4月に東京都内で2週間の出店を実現するために、クラウドファンディングを立ち上げました。そして目標金額150万円を達成致しました。最終日でネクストゴールの165万円を目指します。



廃棄される過剰生地を使って製作したカバンを販売するビーキーパーパレードジャパン(代表者:栗村 研百)は、2019年12月2日(月)より、クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにて、2020年に日本での短期出店に必要な資金を集めるためのプロジェクトを開始いたしました。現在は目標金額の150万円を達成し、ネクストゴールの165万円に挑戦中です。




▼ クラウドファンディングページ(CAMPFIRE):https://camp-fire.jp/projects/view/210604

■廃棄される運命だった15トン以上の新品同様の生地を、価値を高めてリサイクル

ビーキーパーパレードは、紛争中のカンボジアの監獄の中で生まれ、3歳の時に難民としてオーストラリアに亡命したコーキィが、妹のソフィアとともに2012年に設立。過剰に生産された布地を使って主にカバンを製作し、生まれ故郷であるカンボジアの子どもたちをサポートするソーシャルビジネスを展開しています。




近年、世界的な環境問題として警鐘を鳴らされているのが、衣類ゴミ問題。売れ残った衣料品を大量に廃棄するというアパレル業界の長年の慣習が大きな非難を浴びています。日本だけでも廃棄量は推定年100万トンに近いと言われており、換算すると約33億着。その大半が焼却処分されているのが実情です。




ビーキーパーパレードの取り組みの大きな柱が、この現状の改善。これまでに、新品同様のまま捨てられてしまう運命だった15トン以上の衣類生地を、価値を高めながらリサイクルに成功。この活動は、地元オーストラリアでもさまざまなメディアで取り上げられています。




設立者のコーキィが初の海外出店先として選んだのが、自身が大好きという日本。クラウドファンディングで資金を募り、2020年4月に東京都内にて2週間の出店を目指します。




■利益で故郷カンボジアの子どもの就学を支援、学校5校を建設

カバンの販売で得た売上から、これまで5校の学校をカンボジアに建設し、3000席分以上を提供。都市圏から離れた地方など生まれた場所や経済状況のために、学べる機会がない子どもたちを支援しています。




また、雇用を創出するために、カンボジアの首都プノンペンに自社製作所を建設。ファッション業界では、主に東南アジアの工場などで、安全性を欠く劣悪な労働環境や、法律に違反する低賃金での雇用がたびたび問題となっています。ビーキーパーパレードが目指すのは、フェアトレード。安心して働ける環境・適切な賃金での労働機会を提供することは、子どもたちが円満な家庭で暮らすためのサポートにもつながると我々は信じています。




■バッグ類のほか、オーストラリア・メルボルン招待など豊富なリターン

クラウドファンディングでは、3,000円〜100,000円と幅広いコースを用意。トートバッグや、タブレット・ノートパソコンケース、それにオーストラリア・メルボルン招待など、さまざまなリターンの中から選ぶことが可能です。当初の目標金額は1,500,000円。現在はネクストゴールである1,650,000円。カンボジア、オーストラリアと日本をつなげるプロジェクト成功に向けて、2020年1月20日(月)まで支援を募ってまいります。




2020年初頭をめどにオンラインショップを開設し、今までオーストラリアのみで扱っていた本ブランドを日本に本格進出させる予定です。また、SNSを通じて情報の発信に積極的に取り組んでまいります。




▼Instagram公式アカウント:https://www.instagram.com/beekeeperparade_jp/

▼Twitter公式アカウント:https://twitter.com/BeekeeperJapan

▼Facebook公式ページ:https://www.facebook.com/beekeeperparadejp/


【本件に関するお問い合わせ先】

 企業名:ビーキーパーパレードジャパン

 担当者名:栗村 研百

 TEL:0564220528

 E-Mail:beekeeperjapan@beekeeperparade.com



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

ビーキーパーパレードジャパンのプレスリリース一覧

2020年01月22日 [告知・募集]
カンボジアの監獄で生まれた難民が、カバンで世界を救う! 地球規模の深刻な問題 “過剰衣類”の大量廃棄削減に取り組むブランドを、日本へ届けるプロジェクトが始動

2020年01月20日 [告知・募集]
カンボジアの監獄で生まれた難民が、カバンで世界を救う! 地球規模の深刻な問題 “過剰衣類”の大量廃棄削減に取り組むブランドを、日本へ届けるプロジェクトが始動

2020年01月07日 [キャンペーン]
カンボジアの監獄で生まれた難民が、カバンで世界を救う! 地球規模の深刻な問題 “過剰衣類”の大量廃棄削減に取り組むブランドを、日本へ届けるプロジェクトが始動

2019年12月02日 [キャンペーン]
カンボジア出身の難民が設立した世界を救うカバン屋さんがオーストラリアから日本へ!はぎれ(過剰生地)を使った手づくりカバン、ビーキーパーパレードがクラファンを開始




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年02月14日 株式会社 丸一 [ファッション・ビューティー告知・募集]
SDGsコミュニティWE HUB by StyleBoatMarket“を発足、日本最大級のトレードショー「rooms」に出展。

2020年02月14日 株式会社ローズクリエイト [ファッション・ビューティー告知・募集]
イスラム圏旅行者もおもてなし!植物由来で作られたハラール認証アメニティAkillFeel(アーキルフィール)発売

2020年02月14日 株式会社マークス [ファッション・ビューティー製品]
人気のステッカーブランド「ミセス・グロスマン」とのコラボレーションアイテムが登場

2020年02月14日 株式会社 Dear Laura [ファッション・ビューティー製品]
賢い女性のためのブランド「PLAYFUL(プレイフル)」からトレンド感のある春色カラー5色を新発売!

2020年02月14日 株式会社不二ビューティ [ファッション・ビューティー製品]
贅沢なひとときを贈る体験型ギフト「2020たかの友梨ホワイトデーギフトチケット」販売開始!

2020年02月14日 丸井織物株式会社 [ファッション・ビューティー製品]
スイーツ男子の視線を独り占め!思わず食べたくなるような「手作りチョコネイル」など、ネイルチップ販売サービス「ミチネイル」が新作3種を発売


  VFリリース・アクセスランキング
1位 消費者経済総研
ベスト20発表!|2020年「注目スポット」のランキング・首都圏編|1位は○○|また、ベスト20から浮かぶ「キーワード」の◇◇とは
2位 アドエンターグループ株式会社
【ポケットハッシュ/登録だけで9万円プレゼント!!】1/25より日本サービス開始!!
3位 有限会社アクロス
大人気テレビアニメ『ダイヤのA act?』より、普段使いできるスポーツボストンバッグや、主要キャラの描き起こしSDイラストを使用した様々なグッズを発売します。
4位 エスビージャパン株式会社
今だけ!熊本県北地域の限定ブックカバーを大手書店・図書館で配布中!この機会に熊本県北の魅力に触れよう!
5位 一般社団法人SDGs支援機構
渋沢栄一5代目子孫 渋澤健氏をお招きした第2回SDGsx幸福x経営シンポジウム「論語と算盤はSDGs」を3月13日(金)に開催!
>>もっと見る