公益財団法人パブリックリソース財団のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2020年04月01日 10時 [医療・健康サービス]

公益財団法人パブリックリソース財団

パブリックリソース財団が休眠預金を活用した「支援付き住宅建設・人材育成事業」の公募を開始。最大で施設整備費に4500万円、人材育成費に年350万円を助成。

休眠預金等活用法に基づく事業として、支援付き住宅の建設と生活支援を行う人材の育成をセットで支援し、ソーシャルビジネスモデルの構築を目指す。助成額は最大で施設整備費に4500万円、人材育成費に1年あたり350万円を助成。全国を対象に3団体を採択し、約3年間の継続助成を予定。


公益財団法人パブリックリソース財団(所在地:東京都中央区、代表理事:久住 剛)は、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(休眠預金等活用法)」に基づく2019年度の資金分配団体として、2事業が採択されました。

このうち、「支援付き住宅建設・人材育成事業」について、2020年4月1日(水)から5月29日(金)までの期間、事業を実施する団体(実行団体)の公募を行います。

助成期間は、2020年11月1日から2023年3月31日までの約3年間とし、全国を対象に3団体を採択する予定です。


▼「支援付き住宅建設・人材育成事業」 公募ホームページ

https://www.info.public.or.jp/kyumin-jutaku


■公益財団法人パブリックリソース財団「支援付き住宅建設・人材育成事業」概要

<事業の目的>

本事業は、生活保護受給者のほか、低所得の単身高齢者、障害者、精神疾患・認知症など地域や家族から孤立し、既存制度や福祉・医療から疎外され、住まいを確保しにくい人に対し、「住まい」と「生活支援」をセットで提供するビジネスモデルを確立することを目的とします。そのために、以下の側面から支援を行います。


<支援内容>

◆資金助成

 ?居住施設の整備費(改修・建替え・新規建設)の助成 (最大4,500万円)

 ?生活支援にあたる人材育成費の助成 (1年あたり上限350万円)


◆非資金的支援

 ?建築アドバイザーや資金調達アドバイザーによる事業推進のための支援

 ?居住施設の設備や機材の調達に関する企業からの現物寄付の推進

 ?事業評価支援


<採択団体数>

 3団体(予定)


<助成期間>

 2020年11月1日〜2023年3月31日までの約3年間


<公募期間>

 2020年5月29日(金)まで(必着)


※詳細はホームページに掲載している公募要項等をご覧ください。


【参考】当事業における支援の全体像


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDY0OCMyMzg5MzMjNjQ2NDhfVkJlTWZDS2NxZC5qcGc.jpg ]
<公益財団法人パブリックリソース財団について>

所在地:〒104-0043 東京都中央区湊2丁目16-25 ライオンズマンション鉄砲洲第3 202号

代表者:理事長 久住 剛

設立:2013年1月

電話番号:03-5540-6256

URL:http://www.public.or.jp/


<公益財団法人パブリックリソース財団とは>

2000年に非営利のシンクタンク、NPO法人パブリックリソースセンターとして発足し、NPO など非営利事業体のマネジメント強化、SRI(社会的責任投資)にかかる企業の社会性評価やCSRの推進支援、そしてオンライン寄付をはじめとする寄付推進事業などを展開してきました。2013年1月、これらの成果と蓄積を踏まえ、「誰かの力になりたい」という人びとの志を寄付で実現するために、個人や企業の資金力を社会的事業への投資につなぐ寄付推進の専門組織「公益財団法人パブリックリソース財団」として新たにスタートしました。「意志ある寄付で社会を変える」ことをミッションに、テーマ基金、オリジナル基金、遺贈など様々な寄付の方法をご提供し、人生を豊かにする寄付、未来を切り拓く寄付の仕組みづくりに取り組んでいます。また、NPO向けの研修やコンサルティング、社会的事業体の寄付適格性評価、助成事業の成果評価など、寄付による助成が最大の効果を生むための支援を行っています。


<当事業に関するお問い合わせ先>

企業名:公益財団法人パブリックリソース財団

担当者名:黒木、五十嵐

TEL:03-5540-6256

Email: kyumin.jutaku@public.or.jp



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

公益財団法人パブリックリソース財団のプレスリリース一覧

2020年08月06日 [告知・募集]
新型コロナウイルスに立ち向かう医療やエンタメ従事者を支援する「Dress farm 2020基金」本日8月6日より支援先の第1回目の公募を開始!

2020年08月06日 [その他]
“30年後の福島を活き活きとする”ふくしま未来基金、2020年度の助成先に県内11団体が決定!地域活動支援と人材育成で、福島の未来づくりをさらに加速

2020年08月05日 [その他]
「J-Coin基金」第2回目の公募受付け中!みずほフィナンシャルグループやJ-Coin加盟行とともに新型コロナの影響を受ける医療機関や社会的弱者を支援します!!

2020年07月30日 [その他]
「J-Coin基金」の第2回目の公募が開始!みずほフィナンシャルグループやJ-Coin加盟行とともに新型コロナの影響を受ける医療機関や社会的弱者を支援!!

2020年07月30日 [告知・募集]
「チャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞」応募を8月31日まで受付中!コロナ禍の中で奮闘する女性リーダーに光を当てる




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年08月12日 株式会社ローズクリエイト [医療・健康告知・募集]
熱く信頼される、髪の毛に悩む女性のためのサプリ「volume care(ボリュームケア)」とは?

2020年08月11日 株式会社快活フロンティア [医療・健康告知・募集]
24時間ジム特化型セルフトレーニング施設 AOKIグループの『FiT24 柏松ヶ崎店』8月27日(木)オープン!!〜8月14日(金)より施設見学を開始〜

2020年08月11日 一般社団法人 日本PMO協会 [医療・健康サービス]
トレーニングプロジェクト・アドバイザー(TPJ-A)認定資格制度開始のお知らせ

2020年08月07日 株式会社 産労総合研究所 [医療・健康/研究・調査報告]
新型コロナウイルス感染症への院内対策に関する実態調査

2020年08月06日 株式会社グローバルインフォメーション [医療・健康/研究・調査報告]
DNAメチル化の世界市場、癌の有病率の増加、コストの低下、シーケンシングの生産量の増加などにより需要が拡大 政府による資金調達も開発を促進

2020年08月06日 株式会社グローバルインフォメーション [医療・健康/研究・調査報告]
COVID-19パンデミックの発生から半年、世界経済は大恐慌以来最悪の局面の中、パンデミック緩和製品という新たな市場が出現


  VFリリース・アクセスランキング
1位 消費者経済総研
7月24日(金)は、【アキ活 元日】|「アキ活」してますか?
2位 matsuri technologies株式会社
【巣鴨でおためし同棲 コロナ破局を防ぐ】保証人不要/初期費用なしで同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「おためし同棲」で巣鴨エリア開始
3位 消費者経済総研
7月24日(金)は【アキ活 元日】だった。令和2年は【アキ活 元年】。
4位 matsuri technologies株式会社
【コロナ破局を防ぐ】短期間の同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「お試し同棲」で大塚エリア開始【マンスリーマンション/初期費用なし】
5位 株式会社MSA
株式会社ハウスゼロ 松戸、詐欺行為により254,805円の徴収を企て、恐喝未遂、文書偽造を行った。株式会社MSAに対して、1,000万円の損害を与えた
>>もっと見る