日本3Dプリンター株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2020年06月08日 10時 [精密機器製品]

日本3Dプリンター株式会社

企業での試作品製作や研究機関での使用に最適な性能と機能を実現!日本3Dプリンターが「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売のお知らせ

日本総代理店として800台超の販売実績 をもつ 「Raise3D」シリーズ最新モデル「E2」の販売を開始します。PLA/ABS樹脂はもちろん、ゴムライク樹脂やPC(ポリカーボネート)など10種類以上のフィラメントに対応し、高い精度と安定した造形が可能。企業や研究機関での試作品づくり、大学などの教育機関での活用に最適な最新モデルです。


企業・教育機関向け3Dデジタルソリューションの提供などを手がけている日本3Dプリンター株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:北川 士博)は、2017年2月から日本総代理店として国内販売およびサポートを手がける高精度3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」の最新モデル「Raise3D E2」の販売を開始しております。PLA/ABS樹脂はもちろん、ゴムライク樹脂やPC(ポリカーボネート)などを使うことができ、2つのヘッドが独立して動く独立型デュアルエクストルーダーやノズルとプラットフォームの距離を保つ機能、柔軟性のあるビルドプレートなどを採用。高い精度と安定した造形が可能であるため、企業や研究機関、大学などの教育機関での多品種・小ロット生産に最適な最新モデルです。

▼「Raise3D E2」商品紹介・紹介ビデオ・見積依頼・無料サンプル申し込み・カタログダウンロードリンク掲載ページ|日本3Dプリンター公式サイト:https://raise3d.jp/e2

▼「Raise3D E2」紹介ビデオ(動画)|YouTube「日本3Dプリンター」チャンネル:https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=l0aXlZ4-XGw&feature=emb_logo


■2つのヘッドが独立して動き、ヘッドとプラットフォームの距離を維持する性能・機能などを実現
日本3Dプリンター株式会社が日本総代理店として販売を開始した「Raise3D(レイズ3D)」の最新モデル「Raise3D E2」は次のような性能や機能をもつ高精度3Dプリンターです。

1.PLA/ABS樹脂をはじめ、ゴムライク樹脂やPC(ポリカーボネート)など10種類のフィラメントに対応
一般的なPLA樹脂、ABS樹脂をはじめPC(ポリカーボネート)、TPU(熱可塑性ポリウレタン)、TPE(熱可塑性エラストマー)など10種類以上のフィラメントに対応しているので多彩な試作品づくり、教育・研究用の造形が可能です。日本3Dプリンターでは、申し込みをされた方に公式ウェブサイトで指定のフィラメントによる無料の造形テストとアドバイスのサービスを提供しています。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDYxNCMyNDUxMzQjNTA2MTRfVGF3cnhNaXNnby5wbmc.png ]

2.2つのヘッドが独立して動く独立型デュアルエクストルーダーを搭載
対象の3Dモデルと左右対称のモデルを生成できるミラーモード、1つのモデルを複数造形できる複製モードで、造形時間の短縮や生産性の向上を実現します。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDYxNCMyNDUxMzQjNTA2MTRfR2tqZ0xiUU1ZdC5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDYxNCMyNDUxMzQjNTA2MTRfWVlxZVV2ZEVwQS5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDYxNCMyNDUxMzQjNTA2MTRfZ3JjS1RwZm1MRy5wbmc.png ]

3.ノズルとプラットフォームの距離を自動で維持するベッドレベリング機能を搭載
自動でノズルとプラットフォームの距離を維持することで、エクストルーダーが造形物表面の小さな変化にも対応できるため、安定した造形品質が実現可能です。


4.キャリブレーションの状態をビデオがガイドする独自の機能を実現
シンプルなビデオによるガイドでキャリブレーションの状態を確認できるので、高い造形精度を実現できます。


5.柔軟性のあるビルドプレートで、安定した造形を実現


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDYxNCMyNDUxMzQjNTA2MTRfRmFQU2dTaXROSC5wbmc.png ]

ほかにも7インチの大型タッチスクリーン、幅330×高さ240×奥行240ミリメートルの造形サイズ、ドアが開閉されると造形が自動停止する安全機能、タッチスクリーンとLEDライトをオフにして消費電力をおさえる省電力ボタンなどを搭載しています。

■「Raise3D E2」商品概要

商品名:Raise3D E2
本体サイズ:幅607×高さ465×奥行596ミリメートル
本体重量:約30キログラム
造形サイズ(シングルヘッド造形時):幅330×高さ240×奥行240ミリメートル
造形サイズ(デュアルヘッド造形時):幅295×高さ240×奥行240ミリメートル
入力電源/出力電源:100-240ボルト、50/60ヘルツ/350ワット、24ボルト
出力方式:FFF(熱溶解フィラメント製法)方式
フィラメント直径:1.75ミリメートル
出力速度:30-150ミリメートル毎秒
最大プラットフォーム温度:110度
ノズル径:0.2/0.4/0.5/0.6/0.8ミリメートル
最大ノズル温度:300度
動作騒音:50デシベル以下
接続方法:Wi-Fi、LAN、USB、Ethernet
専用スライスソフトウェア:ideaMaker付属

▼「Raise3D E2」商品紹介・紹介ビデオ・見積依頼・無料サンプル申し込み・カタログダウンロードリンク掲載ページ|日本3Dプリンター公式サイト:https://raise3d.jp/e2

▼「Raise3D E2」紹介ビデオ(動画)|YouTube「日本3Dプリンター」チャンネル:https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=l0aXlZ4-XGw&feature=emb_logo

【日本3Dプリンター株式会社について】
本社:〒135-0063 東京都江東区有明3-7-26 有明フロンティアビルB棟2F
代表者:代表取締役 北川 士博
設立:2013年10月
電話番号:03-6683-9789(代表)
URL:http://raise3d.jp/
事業内容:三次元造形関連商品・サービスの提供、サポート

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:日本3Dプリンター株式会社
担当者名:福田 隆
TEL:03-6683-9789
Email:info@3dprinter.co.jp


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

日本3Dプリンター株式会社のプレスリリース一覧

2020年08月07日 [サービス]
3Dプリンター「Raise3D」の遠隔操作・造形予約・造形状況の確認などが可能! 日本3Dプリンター株式会社がクラウド型ソフト「RaiseCloud」リリース

2020年08月03日 [研究・調査報告]
高い形状安定性と機械的強度を確認!日本3Dプリンターが、ガラス短繊維を含有したエンジニアフィラメント「Ultrafuse PPGF30」による造形テストを実施

2020年07月03日 [企業の動向]
日本3Dプリンター株式会社が買収に参加・設立したシンガポールの「UAM3D」が日本を含めたアジア全域への3Dプリンティングサービスを本格展開へ

2020年06月08日 [製品]
企業での試作品製作や研究機関での使用に最適な性能と機能を実現!日本3Dプリンターが「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売のお知らせ

2020年05月20日 [告知・募集]
コロナ禍で続出するイベント・展示会の中止を受け、3Dプリンター製品を紹介するウェブセミナーが開催、実機やサンプルも確認可能




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年08月10日 株式会社RAYWOOD [精密機器製品]
RAYWOOD、ペンタブレットブランド「筆や写楽」より新製品「TSUKISHIRO」を2020年8月10日(月・祝)より先行販売開始

2020年08月07日 日本3Dプリンター株式会社 [精密機器サービス]
3Dプリンター「Raise3D」の遠隔操作・造形予約・造形状況の確認などが可能! 日本3Dプリンター株式会社がクラウド型ソフト「RaiseCloud」リリース

2020年08月03日 株式会社グローバルインフォメーション [精密機器/研究・調査報告]
NANDフラッシュ市場、COVID-19の影響によるクラウド需要の減少を補うため、新ゲーム機やChromebookの発売に期待

2020年08月03日 日本3Dプリンター株式会社 [精密機器/研究・調査報告]
高い形状安定性と機械的強度を確認!日本3Dプリンターが、ガラス短繊維を含有したエンジニアフィラメント「Ultrafuse PPGF30」による造形テストを実施

2020年08月03日 株式会社グローバルインフォメーション [精密機器/研究・調査報告]
データセンターの需要急増を受け、2020年第1四半期のNAND型フラッシュの売上高は前四半期比8.3%増 COVID-19のクラウドサービス分野への影響は限定的

2020年08月03日 株式会社グローバルインフォメーション [精密機器/研究・調査報告]
マイクロLEDの市場規模、2020年の4億900万米ドルから2026年には188億3500万米ドルに達し、CAGR89.3%で成長予測


  VFリリース・アクセスランキング
1位 消費者経済総研
7月24日(金)は、【アキ活 元日】|「アキ活」してますか?
2位 matsuri technologies株式会社
【巣鴨でおためし同棲 コロナ破局を防ぐ】保証人不要/初期費用なしで同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「おためし同棲」で巣鴨エリア開始
3位 消費者経済総研
7月24日(金)は【アキ活 元日】だった。令和2年は【アキ活 元年】。
4位 matsuri technologies株式会社
【コロナ破局を防ぐ】短期間の同棲がお試しできる日本初の同棲特化サービス「お試し同棲」で大塚エリア開始【マンスリーマンション/初期費用なし】
5位 株式会社MSA
株式会社ハウスゼロ 松戸、詐欺行為により254,805円の徴収を企て、恐喝未遂、文書偽造を行った。株式会社MSAに対して、1,000万円の損害を与えた
>>もっと見る