Counterpoint Technology Market Research Limitedのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2022年11月09日 09時 [携帯、モバイル関連/研究・調査報告]

Counterpoint Technology Market Research Limited

2022年スマートフォングローバル市場における出荷を発表〜第3四半期としては2014年以来の低水準に〜

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、悪化する経済状況の押し下げ圧力が続いているため、スマートフォングローバル市場は出荷ベースで前年同期比12%減少し、2022年第3四半期は3.01億台となったというMarket Monitor サービスによる最新調査を発表致しました。


世界的な政治の緊張が経済の不安定さを招き、スマートフォン市場に影響を与えた形となりました。それでも、四半期比でAppleとSamsungの出荷が若干回復したことおかげで、3億台を割り込んだ前期からは復活しています。

図1: 主なスマートフォンメーカーによる四半期ごとのスマートフォン出荷・グローバル市場


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3Nzc0NSMzMDc3NDYjNzc3NDVfTXpWcFR1SXhOSC5wbmc.png ]
出典: カウンターポイント社Quarterly Market Monitor Prelim data, Q3 2022

スマートフォン市場全体の動向に関して、カウンターポイント社シニアアナリストHarmeet Singh Walia氏は次の通り述べています。
「2022年の第3四半期も、引き続きほとんどの主要メーカーが出荷の減少を被った。ロシアがウクライナでの戦争をエスカレートさせ、中国と米国の関係は政治的不信と緊張が続き、各地域でインフレ圧力が強まり、不景気への懸念が高まり、自国通貨安も進んでいる。こうしたことすべてが消費者心理をさらに冷え込ませ、すでに弱含んでいた需要にさらに打撃を与えた。その結果、もともと丈夫になり機能の進化も緩やかになったことで、徐々にだが確実に延びていたスマートフォンの買い替えサイクルが、さらに延びることになった。これに伴い、ミドルクラスからローエンドの機種で出荷が減少し、それが多少加速している。もっとも、高級機セグメントは、経済的な荒天をなんとか乗り切っている。結果として、最新のiPhoneの発売が早かったこともあり、Appleはトップ5社のなかで唯一、前年比で出荷が伸ばすという結果を残すことができた。」

Samsungは、折り畳み型とフリップ型の発売前の予約が記録を打ち出したこともあり、前四半期比では2022年第3四半期は成長したものの、前年同期比では出荷は8%減少しました。原因は、同社が事業を展開する主要地域で消費者心理が冷え込んだことに尽きます。中国メーカー各社は、過剰在庫の処分と中国国内経済の停滞とに対処するため、もともと昨年より出荷が少なかった状況があり、そこに、需要の落ち込みが追い打ちをかけた形です。それでも中国メーカー各社は、ロシアからAppleとSamsungが撤退した空白を埋めることで利益を出し、大きなシェア拡大に繋げています。

カウンターポイント社社アソシエイトディレクターJan Stryjak氏は、次の通りコメントしています。
「最新のiPhone発売の効果が四半期全体に渡って表れる第4四半期には、四半期業績はさらに改善すると思われる。各国の中央銀行がインフレ抑制の動きをみせることで消費が落ち込みかねないことが懸念である。流通在庫は未だに多く、各社は過剰在庫を減らすことを第4四半期も重要視するだろう。そのため、出荷が昨年レベルに戻る可能性は低く、ましてやコロナ前の第4四半期の水準だった4億台は遠い。さらに2023年も、特にその前半は、買い替えサイクルが伸びて需要の回復は鈍いものと予想される。」


※OPPOの数字には、2021年第3四半期以降はOnePlusの数字を含む。

今回の発表は、チャネル情報、POSデータ、ディストリビューターアンケート調査、公開データなどボトムアップデータソースとトップダウンリサーチの組み合わせによるカウンターポイント社独自の調査方法で実施したものです。 (調査時期:2022年7月1日〜2022年9月30日)


【カウンターポイント社概要】
Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社である。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供している。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持つ。
公式ウェブサイト:https://www.counterpointresearch.com/



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

Counterpoint Technology Market Research Limitedのプレスリリース一覧

2023年02月08日 [研究・調査報告]
2022年インドスマートフォン市場における出荷を発表〜前年比9%減で高価格帯機種セグメントのシェアが初めて二桁台となる〜

2023年02月03日 [研究・調査報告]
2022年中国スマートフォン市場における市場販売シェアを発表〜中国市場でのスマートフォン販売はこの10年で最低の水準に〜

2023年01月26日 [研究・調査報告]
2022年インドスマートフォン市場における出荷量を発表〜前年比5%の減少に〜

2023年01月19日 [研究・調査報告]
2022年上半期TWSグローバル市場の出荷を発表〜外部製造委託によるTWS出荷は、2022年上半期に前年同期比16%増加し、グローバル出荷の87%に達する〜

2023年01月16日 [研究・調査報告]
2022年第3四半期スマートフォングローバル市場における売上を発表〜ASPが前年同期比10%上昇したことで、スマートフォン端末売上減少は3%に留まる〜




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2023年02月08日 Counterpoint Technology Market Research Limited [携帯、モバイル関連/研究・調査報告]
2022年インドスマートフォン市場における出荷を発表〜前年比9%減で高価格帯機種セグメントのシェアが初めて二桁台となる〜

2023年02月03日 Counterpoint Technology Market Research Limited [携帯、モバイル関連/研究・調査報告]
2022年中国スマートフォン市場における市場販売シェアを発表〜中国市場でのスマートフォン販売はこの10年で最低の水準に〜

2023年02月02日 株式会社アイディス [携帯、モバイル関連キャンペーン]
『ラストクラウディア』×『ベヨネッタ』コラボ第2弾として「ジャンヌ」が登場!!

2023年01月26日 株式会社アイディス [携帯、モバイル関連キャンペーン]
『ラストクラウディア』×『ベヨネッタ』本日よりコラボイベント開催!!

2023年01月26日 Counterpoint Technology Market Research Limited [携帯、モバイル関連/研究・調査報告]
2022年インドスマートフォン市場における出荷量を発表〜前年比5%の減少に〜

2023年01月20日 株式会社アイディス [携帯、モバイル関連キャンペーン]
『ラストクラウディア』×『ベヨネッタ』1月26日(木)よりコラボ開催決定!!


  VFリリース・アクセスランキング
1位 消費者経済総研
2023新規オープン予定 商業施設ホテル等のお出かけスポットランキング20選
2位 Tokyo Latiina
日本から世界へ!日本人初の名誉あるポジションで出場!ブラジルサンバカーニバルへの挑戦に向けてクラウドファンディング実施中!!
3位 みなとみらいPRセンター
「吸血鬼すぐ死ぬ2」 POP UP SHOPが2/10から期間限定で開催!
4位 株式会社デジタルコマース
【2023年新春】10円セール!第一弾開催! FANZAスペシャルクエスト「10円セール RTの壁」達成でセール作品が最大18作品追加開放!?
5位 サイエンスウェブ株式会社
【特別料金 20%OFF!】 学会事務のシステム開発導入のチャンス!期間限定の割引キャンペーン開催中!※2023年1月31日(火)まで
>>もっと見る