工藤一郎国際特許事務所のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2008年05月30日 11時 [調査報告]

工藤一郎国際特許事務所

特許力からみた業界分析 --食品業界 【業界トップはハウス食品:無菌液体調理ソースの製造方法】

工藤一郎国際特許事務所は、特許価値を評価するための特許価値評価手法(YKS手法)を用いたサービスを提供している。今回はそのYKS手法を用いて、特許力の面から見た食品業界についての分析を試みる。


工藤一郎国際特許事務所では、特許の経済的価値を正確かつ客観的に評価する手法としてYKS手法を用いたサービスを提供している。YKS手法により算出される特許力指数(YK値)は、いわば特許がお金を稼ぐ力を指数化したものであり、各企業の特許による競争力を指数で示したものだ。

東証一部上場企業の食品業界における特許力指数ランキングは次のようになった。

【食品業界の特許力指数ランキング】
     企業名         YK値   YK偏差値
1位  ハウス食品        2589.77    105.84
2位  味の素          1886.41     89.39
3位  雪印乳業         1248.16     74.46
4位  キユーピー         942.83     67.30
5位  アサヒ飲料         856.98     65.38
6位  不二製油          850.77     65.10
7位  明治乳業          714.12     61.96
8位  ヤクルト本社        533.73     57.74
9位  キリンホールディングス   509.05     56.55
10位  日清オイリオグループ    413.35     54.69
(算出基準日:2008年5月1日)

特許力指数ランキングによると、1位は断トツでハウス食品であった。ハウス食品には技術力を背景としたよりいっそうの成長が期待できるだろう。続いて、味の素、雪印乳業、等となっている。さらに11位以下には、森永製菓やキッコーマン、江崎グリコ、森永乳業、明治製菓などといった馴染みの企業が名を連ねる。6位の不二製油は、あまり聞きなれないが、チョコレート用油脂などの食品素材を開発・生産・販売する企業である。

次に、先程紹介した食品業界の上位10社が保有する特許のうちで最も価値の高い特許ベスト5は次のようになった。

【特許別の特許力指数ランキング】
    発明の名称(略称)【権利者名】
1位  抹茶食品の褐変防止方法【アサヒ飲料】
2位  加熱に強いマヨネーズなどの調味料【キユーピー】
3位  加温時の劣化臭を抑制した乳風味飲料【アサヒ飲料】
4位  咀嚼・嚥下(噛み砕き飲み込む)機能低下者用食品【キユーピー】
5位  無菌液体調理ソースの製造方法【ハウス食品】

本ランキングで1位になったアサヒ飲料の特許は抹茶を含む食品の褐色の変化を抑制する方法及び褐色の変化が防止された透明容器入りの抹茶飲料の発明に関するもので、近年人気を博している抹茶食品の分野において強力な影響力を持っているといえるだろう。

次に2位は、マヨネーズ、サラダドレッシング等の調味料についての発明である。本発明の調味料は、オーブン、フライ、電子レンジ等において他の食品と共に強力な加熱処理を施しても、油層が分離しにくく、滑らかな触感を保持することができる。この発明によれば、コンビニ弁当を温めてもかかっているマヨネーズが滑らかなままということになる。

さらに3位は、加熱保存時の缶コーヒーや缶紅茶飲料などの乳風味飲料の安定性を高める発明である。そして4位は、食べ物を良く噛むこと、飲み込むことが困難な人にも食べやすく飲み込みやすい食品に関する発明である。

また、食品業界1位のハウス食品の特許が5位にランクインしている。本特許発明の製造方法により液体調理ソースをパッキングすると、本格的な風味や食感を保つことができる。
上位にはこのように「なるほど」と、うなるような特許が名前を連ねた。

***
特許力指数を用いて企業を検証していくに当たり、加工食品に話を絞ってみよう。
まず、加工食品での07年売上高の上位5社をみると次のようになった。

【加工食品業界の売上高ランキング】
             売上高     YK値
1位 味の素     1兆1585億円   1886.41
2位 キユーピー     4680億円    942.83
3位 キッコーマン    3926億円    305.13
4位 ハウス食品     2325億円   2589.77
5位 カゴメ       1870億円    44.72

この加工食品上位5社には、特許力指数ランキングで上位を占める味の素、キューピー、ハウス食品がランクインしている。各々の売上高はキューピーがハウス食品の約2倍、味の素はさらにその約2.5倍といった構図になっているが、この3社を特許力指数で見てみるとすでに示したように全く異なる順位になるのである。

ちなみに出願件数を見ると、年間で味の素が150〜200件程度、キューピーは100件程度、ハウス食品が50〜100件程度、となっている。上位陣のなかでは比較的出願件数で劣るハウス食品が食品業界の特許力指数ランキングで首位に立っている点で、ハウス食品は極めて優秀な知財戦略をとっていると想像される。

ただ、知財力が高いと自己資本利益率が高くなるという一般的な傾向が、残念ながら加工食品業界の上位企業間では顕著には見られない。特許力ランキングで断トツ1位のハウス食品も自己資本利益率は2.6%であり、味の素の5.4%、キューピーの5.2%と比べても低い値となっている。この原因を探ると有益な情報が得られるかもしれない。

***
食品業界全体に話を戻すと、技術力で差別化を行い利益率を上げるといった余地が他の業界と比べてまだまだ大きいのではないかと推測される。全体として自己資本利益率が高くない中で、どのように他社と差別化して利益率を高めていくかは大いに知財戦略に依存する部分が多いのである。

具体的には商品セグメントごとにYKS分析を行い、現在有している知財力をセグメントごとに最大限に反映させる施策の検討などが必要と思われる。

知財マネジメントの観点から言えば、これら貴重な知財リソースをいかに企業収益に有効に反映させられるかが問われることになり、このような観点からYKS分析を行うことでどのような戦略をとればよいかということがクリアになってくるだろう。


【YKS手法とは】
YKS手法とは、特許の独占排他力を評価することに主眼をおいた特許価値評価手法であり、工藤一郎国際特許事務所において独自に開発された手法である。独占排他力の大きな特許とは競争相手から見れば自身に事業障害をもたらす原因であり、この障害を検知し、排除しようとする行動が必然となる。そこで、特許に対して起こされる競争相手のアクションを評価することで特許の独占排他力を評価する。


企業特許力指数ランキングの詳細はこちら
【 http://www.kudopatent.com/a23.html 】


YKS手法についての詳細はこちら
【 http://www.kudopatent.com/a21.html 】




【本件に関するお問い合わせ先】

工藤一郎国際特許事務所
 〒100-0006
 東京都千代田区有楽町1丁目7番1号
 有楽町電気ビル南館9F

担当 : 小林
電話 : 03-3216-3770
E-mail:office@kudopatent.com




Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

  • http://www.kudopatent.com/
  • 工藤一郎国際特許事務所のプレスリリース一覧

    2010年12月15日 [その他]
    【JASDAQ企業】機関投資家・アナリスト向け 技術IR説明会 開催

    2009年10月29日 [告知・募集]
    特許・情報フェア&コンファレンス2009にて【YKSpect:特許価値評価指標分析ソフト】を体験

    2009年10月07日 [サービス]
    特許業界地図 いよいよ発売 !!

    2009年10月07日 [告知・募集]
    特許価値評価セミナー開催【工藤一郎国際特許事務所】 =YKS特許価値評価手法とその応用可能性=

    2009年08月27日 [告知・募集]
    工藤一郎国際特許事務所と野村アセットマネジメントの合同セミナー開催 ==YKS特許価値評価手法とその応用可能==




    関連するプレスリリース一覧(新着順)

    2019年08月20日 株式会社DDR8/クロスボーダー株式会社 [広告・デザインサービス]
    Youtuber / Vtuber とPR情報をマッチング・ まったく新しいPR手法 「みんなでPR」・ 2019年8月26日いよいよ本格始動!

    2019年08月20日 株式会社ローズクリエイト [コンピュータ・通信機器サービス]
    世界も注目!文部科学大臣賞など数々の賞を受賞した、有害な電磁波対策アイテムが誕生!

    2019年08月20日 匠ソリューションズ株式会社 ジュランジェ事業部 [その他製造業製品]
    史上最厚※1、限界までふわふわに。 誕生から3年、日本初の“使い捨て布ナプキン”『フリーナ』リニューアルのお知らせ

    2019年08月20日 TwinsParty [国・自治体・公共機関製品]
    【双子・三つ子マーク】11月より全国で配布開始へ!双子ママ9人が作った妊娠中から双子家族をつなぐ双子・三つ子マーク(TwinsParty)

    2019年08月20日 一般社団法人ウェルネスフード推進協会 [国・自治体・公共機関告知・募集]
    経済産業省後援、業界有識者が登壇する、一般社団法人ウェルネスフード推進協会設立記念シンポジウム『ウェルネスフードの普及と健康寿命の延伸』を8/27(火)に開催

    2019年08月20日 ライター:長澤智典 [エンタテインメント・音楽関連告知・募集]
    d-girls、恵比寿LIQUIDROOMワンマン公演より、7人の新体制で始動!!


      VFリリース・アクセスランキング
    1位 株式会社うるる
    官公庁・地方自治体入札市場レポート(2019年7月) 〜2019年7月の公示案件数の合計は105,449件(前年比 +17.1pt)〜
    2位 ハローライト株式会社
    LEDとSIMが一体の世界初のIoT電球を開発するハローライト、年間1億件の不動産ビッグデータを扱うスタイルアクトと資本業務提携
    3位 株式会社友安製作所
    大型家電量販店エディオンなんば本店6階にインテリアとDIYの体感型コラボショップ「友安製作所×EDION」6月7日(金)オープン!
    4位 QLCプロデュース株式会社
    5年・10年後を見据え、成長産業「介護事業」を事業戦略の新たな柱へ。『「介護事業」(リハビリ特化型デイサービス)新規参入セミナー』を東京・鹿児島・熊本にて開催。
    5位 株式会社seno
    小学生最強力士が決定!日本一の称号は誰の手に!?「第35回わんぱく相撲全国大会」2019年8月4日開催
    >>もっと見る