エナジーグリーン株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2011年06月28日 11時 [繊維・エネルギー・素材企業の動向]

エナジーグリーン株式会社

教育出版、大日本印刷、エナジーグリーン 教科書の製造で初めて「グリーン電力」を使用

教育出版、大日本印刷、エナジーグリーン 教科書の製造で初めて「グリーン電力」を使用


 教育出版株式会社(以下:教育出版)、大日本印刷株式会社(以下:DNP)、エナジーグリーン株式会社(以下:エナジーグリーン)は、新版中学校教科書の製造(印刷)に、自然エネルギーによって発電されたグリーン電力を使用します。教科書の印刷工程における使用電力をグリーン電力化したのは、教科書業界としては初の試みとなります。

 この取り組みは、教育出版が発行する教科書の印刷に使用する電力について、DNPがエナジーグリーンから「グリーン電力証書」を購入することで、グリーン電力を使用したとみなすものです。学校などの教育機関や教育委員会において、環境教育への関心が高まっていることから、今回、教育出版はグリーン電力を使用した教科書を発行することとしました。

対象となる教科書は、中学校向けの国語、書写、数学、理科、社会、音楽、英語の7教科、計21種類です。来年4月の供給に向けて、DNPはこれらの教科書を約300万部印刷する予定です。これにともなうグリーン電力の使用量は25万kWhとなり、約96トン分のCO2削減につながります※。
※CO2削減貢献量の算出には、2009年度の東京電力の実排出係数(0.000384t-CO2/kWh)を採用。

■発行したグリーン電力証書の概要
1.利用期間:2011年4月1日ー2012年3月31日
2.利用場所:DNPグループの印刷工場(10ヵ所)
3.電源・数量:バイオマス(生物資源)による発電 294,000kWh(見本用教科書分44,000kWhを含む)
4.発電所:兵庫パルプ工業株式会社谷川工場発電所
5.利用内容:DNPが教育出版から受注した新版教科書の印刷時使用電力のグリーン電力化

■今後の展開
3社は、2012年度から使用される高等学校向け教科書についても、グリーン電力を使用することを検討していきます。

【参考】各社の環境に対する取り組み
・教育出版は、「地球となかよし」をコンセプトワードに事業を展開しています。メイン商品である教科書には再生紙を使用し、環境にやさしい植物油で印刷しています。また、教科書以外の一般書籍では、環境教育に関する書籍や写真集・絵本等を発行しています。さらに、小学生・中学生向けに、毎年、地球環境をテーマにした「地球となかよしメッセージ」のコンクールを行い、優秀作品には、「環境大臣賞」等を贈っています。
・DNPは、自社のCO2削減活動の一環として、グリーン電力証書の仕組みを採用し、年間115万kWhのグリーン電力を導入しています。また、環境保全活動を希望する顧客向けに、グリーン電力を使用した出版印刷物や会社案内、環境報告書などの制作物の提案を行っています。
・エナジーグリーンは、地球温暖化防止と地域のエネルギー自立を使命に、環境エネルギー政策のフロントランナーとしての知見を最大限に活かし、これまで多くの企業・団体や個人向けにグリーン電力証書の販売を行ってきており、2010年度の証書発行実績では約1,900万kWh分のグリーン電力証書を発行しています。

■会社概要
教育出版株式会社     本社:東京都千代田区 社長:小林一光 資本金: 6,000万円
大日本印刷株式会社    本社:東京都新宿区   社長:北島義俊 資本金:1,144億円
エナジーグリーン株式会社 本社:東京都新宿区   社長:飯田哲也 資本金: 1,625万円

【本件に関するお問い合わせ先】
教育出版株式会社     広報室 TEL:03-3238-6818(直通)
大日本印刷株式会社    広報室 TEL:03-5225-8220(直通)
エナジーグリーン株式会社 担当:高橋 豪応 TEL:03-6380-5556(直通)



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

  • http://www.energygreen.co.jp/
  • エナジーグリーン株式会社のプレスリリース一覧

    2011年06月28日 [企業の動向]
    教育出版、大日本印刷、エナジーグリーン 教科書の製造で初めて「グリーン電力」を使用

    2011年05月26日 [製品]
    エナジーグリーン、日本初、木質ペレットボイラー設備としてグ リーン熱の認定取得

    2011年04月26日 [企業の動向]
    コトハコ エナジーグリーンのグリーン電力証書にて、データセンターのサーバ の年間使用電力を、すべて太陽光発電によるグリーン電力に

    2010年12月28日 [企業の動向]
    サントリー美術館様・サントリーホール様 エナジーグリーンのグリーン電力証書にて、 年間使用電力をすべてグリーン電力化

    2010年12月03日 [サービス]
    エナジーグリーン、「エコプロダクツ2010」に出展




    関連するプレスリリース一覧(新着順)

    2012年03月22日 SABICイノベーティブプラスチックスジャパン [繊維・エネルギー・素材製品]
    SABICの堅強かつ軽量なウルテム樹脂、インターメスティック社の新しくスタイリッシュな「Zoff SMART」のメガネフレームに採用

    2012年02月28日 SABICイノベーティブプラスチックスジャパン [繊維・エネルギー・素材製品]
    米BritePointe社の高輝度LEDランプの新製品ラインにSABICのLexanとCycoloyが採用

    2011年12月16日 SABICイノベーティブプラスチックスジャパン [繊維・エネルギー・素材製品]
    SABICの軽量XenoyおよびLexan樹脂、新しい3Mバーサフロー ヘッドギア Mシリーズに採用、快適な連続装着に貢献

    2011年11月15日 SABICイノベーティブプラスチックスジャパン [繊維・エネルギー・素材製品]
    SABIC、より安全なIDカード向けに新しい2種のレキサンPCフィルムを発表

    2011年10月28日 SABICイノベーティブプラスチックスジャパン [繊維・エネルギー・素材企業の動向]
    SABICと重慶政府、新エンプラコンパウンド工場建設の合意覚書に調印

    2011年07月19日 レモンガス株式会社 [繊維・エネルギー・素材製品]
    レモンガス株式会社が日本初の画期的なエネルギー自立型マンションの着工及び今後のビジョンを発表


      VFリリース・アクセスランキング
    1位 株式会社エムスタイル
    約8割の女性が「キレイになったら、もっと良い出会いがある」と思ったことがある!?やはりタラレバ思考の女性は多かった
    2位 株式会社ドゥモア
    「神機」ゲーム対応UMPC「GPD WIN」がマイナーバージョンアップ「GPD WIN改」
    3位 株式会社こどもみらい
    「ストレス解消には眠るのが一番!?」職場環境のストレスよりも睡眠の問題がストレスチェックの結果に大きく影響
    4位 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
    「mobcast プラットフォーム」にてカード育成型シミュレーションゲーム『初音ミク ぐらふぃコレクション』を配信開始
    5位 Vuzix Corporation
    Vuzixは東芝クライアントソリューション株式会社とカスタム版スマートグラス機器の開発契約を締結しました。
    >>もっと見る