日本3Dプリンター株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年06月05日 12時 [精密機器製品]

日本3Dプリンター株式会社

3Dプリンター「Raise3D」に、「Autodesk ?Fusion 360?」1年間サブスクリプションをバンドルしたキャンペーン実施!

日本3Dプリンター(株)は、2017年2月に販売を開始した「Raise3D(レイズ3D)」の最新モデルのうち「Raise3D N2」「Raise3D N2 Plus」を購入いただいたユーザーに、オートデスクのクラウドベース 3D CAD/CAM/CAE ソフトウェア「Autodesk Fusion 360」の1年間サブスクリプション(メーカー希望小売価格36,000円(税別))をバンドルするキャンペーンを6月1日(木)から好評実施中です。



[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDYxNCMxODM4MzQjNTA2MTRfWG5JbVpGU01xVy5wbmc.png ]


海外3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」日本総代理店で企業・教育機関向け3Dプリンターの販売・サポートを手がけている日本3Dプリンター株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:北川士博)は、2017年2月に販売を開始した高精度で大型造形可能な3Dプリンター「Raise3D」の最新モデルのうち「Raise3D N2」「Raise3D N2 Plus」を購入いただいたユーザーに、オートデスクのクラウドベース 3D CAD/CAM/CAE ソフトウェア「Autodesk? Fusion 360?」(オートデスク フュージョン スリーシックスティ、以下Fusion 360)の1年間サブスクリプション(メーカー希望小売価格36,000円(税別)をバンドルするキャンペーンを6月1日(木)から実施しています。


▼「Raise3D(レイズ3D)」最新3モデル紹介ページ:http://raise3d.jp/

■高精度な造形物開発に役立つ3Dプリンターに便利な3D CAD/CAM/CAE ソフトウェアの1年間サブスクリプションをバンドル!

日本3Dプリンターが6月1日(木)から実施中のキャンペーンは、2017年2月に販売を開始した3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」の最新モデルのうち「Raise3D N2」「Raise3D N2 Plus」を購入いただいたユーザーに、「Fusion 360」の1年間サブスクリプション(メーカー希望小売価格36,000円(税別))をバンドルするものです。

2017年2月に販売を開始した3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」のうち「Raise3D N2」「Raise3D N2 Plus」の2モデルは、7インチの液晶ディスプレイを搭載しているほか、0.01〜0.75ミリの積層ピッチで高精度・高速な造形物の開発が可能な最新モデルです。

▼ 3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」最新モデルについて(プレスリリース):https://www.value-press.com/pressrelease/177378

また「Fusion 360」は、3DによるCAD・CAM・CAEの機能・性能を一体化したソフトウェアです。モノづくりの現場で、初心者からベテランまでのコンセプト設計から多彩な製品開発に役立つプラットフォームです。

▼ 「Fusion 360」商品紹介ページ:https://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview

3Dプリンターへの注目度は高く、その機能や性能への理解が高まるなかで3Dデータの作成を手がけるユーザーはまだまだ一部にとどまっています。日本3Dプリンターでは、高い機能と性能を実現した3Dプリンターの最新モデルに、多機能で使いやすい「Fusion 360」をバンドルすることで、より多くのユーザーに3Dプリンターの導入・活用ニーズの普及・定着に貢献します。


【プロデュース】
ソフトバンクコマース&サービス株式会社

【日本3Dプリンター株式会社について】
本社:〒135-0064 東京都江東区青海2-5-10 テレコムセンター東棟14階
代表者:代表取締役 北川士博
設立:2013年10月
電話番号:03-6858-2042(代表)
URL:http://raise3d.jp/
事業内容:三次元造形関連商品・サービスの提供、サポート


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:日本3Dプリンター株式会社
担当者名:高田圭佑
TEL:03−6858−2042
Email:info@3dprinter.co.jp




提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

日本3Dプリンター株式会社のプレスリリース一覧

2018年04月09日 [企業の動向]
世界最高レベルの3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」の最新モデル「Raise3D Pro2」「Raise3D N2S」シリーズ4月9日に予約受付開始!

2018年02月06日 [企業の動向]
日本3Dプリンター株式会社がプロ仕様で使える、低価格スキャナ「EinScan」4機種の販売を開始!

2018年01月16日 [キャンペーン]
「Raise3D(レイズ3D)」の販売・サポートを手がける日本3Dプリンターが1月22日から期間限定の「Raise3D新春キャンペーン」を実施!

2017年12月05日 [企業の動向]
「Raise3D(レイズ3D)」が、アメリカのテクノロジー系DIY専門誌「Make」で最高評価を獲得!

2017年06月05日 [製品]
3Dプリンター「Raise3D」に、「Autodesk ?Fusion 360?」1年間サブスクリプションをバンドルしたキャンペーン実施!




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年04月16日 株式会社光コム [精密機器企業の動向]
株式会社光コムは、ニッセイ・キャピタル、産業革新機構をはじめとしたベンチャーキャピタルを引受先として、12.9億円の第三者割当増資を行ったことを発表致します。

2018年03月23日 ABI [精密機器企業の動向]
ビデオジェット社、2017 年の「Best and Brightest Companies to Work For in the Nation」に認定

2018年02月15日 株式会社マルゼキ [精密機器告知・募集]
香る時計「香/KAORUウォッチ」がクラウドファンディングで先行販売!

2017年11月20日 アクアシステム株式会社 [精密機器製品]
新価値創造賞を受賞。 スマートフォンを活用した携帯型顕微鏡 バクテリア・セルフチェッカー『mil-kin(見る菌)』

2017年11月10日 株式会社ビクセン [精密機器製品]
ブレさせない。感動の視野! 防振双眼鏡「ATERA H12×30」11月16 日発売

2017年09月28日 株式会社ビクセン [精密機器製品]
天体望遠鏡メーカーがつくる、こだわりの文具・新シリーズ天体や夜空をデザインしたレターセットやスケジュールシールを9月29日(金)に発売


  VFリリース・アクセスランキング
1位 ショートショート実行委員会
世界の動画マーケターが注目するブランディングを目的としたショートフィルムの祭典『Branded Shorts 2018』を6月5日(火)より開催
2位 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会
5/11-5/12開催!九州シェアリングサミット 地方創生、シェアリングエコノミーのキーパーソンが福岡に集結!
3位 GLC Japan株式会社
ライフスタイルに合わせて7変化!本革クラッチ型ティッシュケースがクラウドファンディングでプロジェクト開始
4位 ホクト株式会社
【ご好評につき今年も開催!毎日替わるプレゼント】5月24日「菌活の日まであと何日?」カウントダウンキャンペーン 第二弾
5位 ショートショート実行委員会
東急プラザ蒲田50周年特別企画 LOVE KAMATA AWARD 蒲田が舞台のショートフィルムの監督に映画『ユリゴコロ』の熊澤尚人氏が決定
>>もっと見る