中村キース・ヘリング美術館のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年02月05日 09時 [エンタテインメント・音楽関連キャンペーン]

中村キース・ヘリング美術館

キース・ヘリング生誕60年記念「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」開催

-いつの時代も、アーティストは社会の代弁者だ。アーティストの「言語」は、我々が生きる世界の知覚如何で左右される。アーティストはいつでも「現実」と「理想」の狭間にいる媒体なのだ。-
キース・ヘリング(「キース・ヘリング ジャーナル」より 1984年)





[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Mjg5MSMxOTY3MzIjNTI4OTFfUFdoTWJMeGZ2bC5qcGc.jpg ]

中村キース・ヘリング美術館は、2018年2月9(金)から2018年11月11日(日)まで「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」展を開催します。

1987年、20歳でキース・ヘリングは故郷ペンシルバニア州からニューヨークへ渡りました。当時のニューヨークは不況下で暴力や差別が蔓延する反面、ヒップホップやグラフィティなどのストリート・カルチャーが創り出される源泉に溢れていました。その街でカウンターカルチャーに大きな影響を受けたヘリングは、激動するニューヨークで、そして世界中の都市を駆け巡りながら、アートを通し様々なメッセージを生涯発信し続けました。

ヘリングが社会とのコミュニケーションとしてまず初めに着目したのがニューヨークの地下鉄でのサブウェイドローイング制作でした。誰もが使う地下鉄構内の看板は絶好のパブリック・スペースでした。黒い紙が貼られた空き看板に白いチョークで素早く描き上げるグラフィティにはウィットに富んだメッセージがダイレクトに表現されました。その後はポスター・アートにも着目し核放棄や、反アパルトヘイト、エイズ予防、LGBTの認知など社会的な問題にも取り組んだのです。

社会における階級や地位、性別や人種、宗教や文化の違いに関係なく誰もが触れることのできるアートを追求したヘリングの作品は、テロや戦争の耐えない現代社会へ時代を超えてパワフルなメッセージを投げかけ続けています。

本展では、新しく収蔵作品に加わる1990年の作品《オルターピース:キリストの生涯》を初公開します。これは1990年2月16日31歳でエイズにより亡くなる数週間前に完成した最後の作品です。教会の祭壇のためのオルターピースとして現在世界の教会や美術館9箇所に収蔵されていますが、ヘリングの追悼式が行われたニューヨークのセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂に今も飾られています。死を目前にしたヘリングの平和への願いと希望、そして生命の力が刻まれた永遠の作品です。


<中村キース・ヘリング美術館について>

当館は八ヶ岳の裾の尾に位置し豊かな自然環境に包まれ、古代縄文文化が隆盛を極めた土地に2007年に建設されました。標高1,000メートルの創り出す環境は、生命を育む母体のサイクルと似ているといわれています。

コレクションは、当館創設者中村和男が1987年より蒐集している約200点のキース・ヘリングの作品からなり、アーティストを多角的に考察することができます。展示空間はキース・ヘリングと彼が駆け抜けた時代の「光と影」を根底とした空間で構成されています。赤と黒の大胆にカーブしたルーフや波動や稲妻を表現した外壁は、ヘリングの作品に通底するプリミティブな生命のエネルギーをも表しています。これら一連の設計は、日本の現代建築をリードする北川原温氏によるものです。この設計は、第21回村野藤吾賞、日本建築大賞(2009)を受賞したほか、二度にわたり山梨県建築文化賞を受賞しています。

2015年春には「美術館を超えた美術館」をテーマにリニューアルオープンをいたしました。ヘリング芸術を引き継ぐ新しいアートで現代社会の声を提示することを目的とした二つの新しい展示スペースおよび芸術活動の一環としてヘリングが創った〈ポップショップ〉の遺志を受け継ぐ、中村キース・ヘリングポップショップの空間が拡張されました。


<キース・ヘリングについて>

キース・ヘリングは、ウォーホルやバスキアなどと同様に、1980年代のアメリカ美術を代表するアーティストです。80年代初頭にニューヨークの地下鉄構内の広告板を使ったサブウェイドローイングというグラフィティ・アートで一躍脚光を浴び、その後次々と展覧会が開催され、国際的にも高く評価されました。ニューヨークのタイムズ・スクエアのビルボードのアニメーションから、舞台デザイン、グッズを販売する〈ポップショップ〉をオープンするなど、制作活動は多岐に及びます。また世界中で壁画を制作し、子ども達とのワークショップなども開催し、社会的なプロジェクトも数多く手がけました。日本でも展覧会やワークショップを開催し、東京青山に〈ポップショップ・トーキョー〉も展開されました。

1988年にAIDSと診断され、その翌年には恵まれない子ども達への基金やHIV/AIDS予防啓発運動を継承していくための財団を設立しました。1990年31歳で亡くなるまで、アートを通して社会活動に積極的に関わりました。


<本展覧会のみどころ>


1.ヘリングが表現した80年代と未来へのメッセージ

無題(サブウェイ・ドローイング)(1981-83)

地下鉄のグラフィティに始まり、ポスターアート、などあらゆるメディアを駆使し自身の思想を社会に発信し続けたヘリング。本展覧会では、ヘリングがどのように社会を捉え未来を見据えていたのか、彼の遺した作品を通して探ります。


2.《オルターピース:キリストの生涯》初公開!

この度、当館のコレクションに加わることとなったヘリングの最晩年にあたる1990年に制作された祭壇画(オルターピース)をお披露目いたします。暗闇に浮かぶ作品と荘厳な空気を体感してください。

(※本作品のみ撮影不可)


3.ミラノからの凱旋展示《無題(ピープル)》

3?を超える布に縦横無尽に人々が描かれた本作(1985)は、当館のコレクションの主幹をなす一作。昨年、ミラノのパラッツォ・レアーレで開催された大回顧展「Keith Haring About Art」展でも展示され大きな話題となりました。


4.時代とともに振り返るポスター・アート

ヘリングは生涯を通して、ポスターであらゆる主題に取り組みます。本展覧会では当館の大規模なポスターコレクションを通じて、学生時代に制作された展覧会のためのポスターから、アクティビズムの隆盛を極めた晩年のポスターまで時代背景をふまえながらヘリングのポスター・アートの変遷をとどります。


5.写真撮影OK!

当館は一部の作品を除き館内外撮影可能です。ヘリングの作品に囲まれた展示室はもちろんのこと、アパレル各社の撮影にもご使用いただいている当館のスタイリッシュな建築は「インスタ映え」間違いなし!また、今年でヘリングは生誕60年。SNSへ投稿する際は #キース還暦 のハッシュタグでお祝いしましょう。

(※館内はフラッシュの使用及び動画撮影不可)


<開催概要>

展覧会名 「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」

主  催 中村キース・ヘリング美術館

後  援 アメリカ合衆国大使館、山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会

協  力 キース・ヘリング財団、シミックホールディングス株式会社

会  期 2018年2月9日 (金) 〜 2018年11月11日 (日) ※休館日4月16日 (月)

会  場 中村キース・ヘリング美術館(〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7)

開館時間 午前9:00 ~ 午後5:00

入 館 料 一般1,000円 シニア900円、学生700円、13〜18歳500円

お問合せ TEL: 0551-36-8712 FAX: 0551-36-8713 EMAIL: museum@keith.jp


<中村キース・ヘリング美術館>

Website:www.nakamura-haring.com

Online Shop:http://pop-shop.jp/

Facebook: Nakamura Keith HaringCollection

Twitter: nakamura_haring

Instagram: nakamurakeithharingcollection

#中村キースヘリング美術館#キース還暦 #DSI展 #キースヘリング #keithharing





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

中村キース・ヘリング美術館のプレスリリース一覧

2018年02月05日 [キャンペーン]
キース・ヘリング生誕60年記念「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」開催

2017年08月22日 [サービス]
中村キース・ヘリング美術館ミュージアムショップがBROOKLYN ROASTING COMPANY(ブルックリンロースティングカンパニー)なんば店に出現!

2017年08月04日 [製品]
中村キース・ヘリング美術館監修『 キース・ヘリング アートはすべての人のために。』 8月3日発売!

2017年07月18日 [その他]
大人のためのエンタテイメントパーティー『C’5』(シーファイヴ) 中村キース・ヘリング美術館10周年記念 with Red Bull Music Academy

2017年06月26日 [その他]
パトリシア・フィールド アート・コレクション : パトリシア・フィールドの世界 開催のお知らせ




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年08月17日 株式会社カスタネット [エンタテインメント・音楽関連その他]
全国ゴスペルコンテスト「ゴスペル甲子園2018」最優秀賞は12歳の中学生!

2018年08月17日 かもねぎ商会 [エンタテインメント・音楽関連企業の動向]
『オービタル・クリスマス』 国内実写映画制作支援 クラウドファンディング過去最高記録 ご掲載のお願い

2018年08月17日 鉄工島FES実行委員会 [エンタテインメント・音楽関連告知・募集]
『鉄工島FES 2018』11月4日(日)開催決定!! SIDE CORExコムアイ / 和田永 / キービジュアルは中里周子が主宰するNEWPARADISE

2018年08月17日 株式会社カスタネット [エンタテインメント・音楽関連その他]
謎の覆面監督が描く、日本人青年とベトナム難民2世の青年のLGBTドキュメンタリー『ぼくと、彼と、』

2018年08月17日 株式会社レベルライフ [エンタテインメント・音楽関連告知・募集]
「黒猫は星と踊る」がシングル発表。横浜アリーナのステージに立つ

2018年08月16日 ポリゴンマジック株式会社 [エンタテインメント・音楽関連サービス]
日本初 プロ野球選手の投球を再現したVRブース 楽天生命パーク宮城でサービス開始


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ガルボ
生姜料理の店が開店5周年記念イベント、生姜ドリンク全品と料理の一部を55円で提供。7月7日開始、8月31日までのロングラン開催
2位 株式会社EIGHTY ONE TOKYO
【台東県】、「台湾フェスタ2018」に進出!航空券、5つ星ホテル宿泊券、熱気球搭乗券やノベルティグッズなどをプレゼント!そして全出演者&タイムテーブル発表!
3位 株式会社FARM8
濃厚でジューシーな日本酒カクテルが出来上がる!ぽんしゅグリアに夏の限定第二弾!新潟メロンと愛媛オレンジの新感覚日本酒カクテル。ぽんしゅグリアに2フレーバー新登場
4位 GROUP ONE HOLDINGS PTE. LTD.
ついに日本初上陸!総合格闘技イベント ONE Championship ! 大注目の試合前に主催のCEO、世界チャンピオンなど選手が新宿に集結!!(8/23)
5位 株式会社CTブランド
【試食会のご案内】 「金澤寿司アモーレ!港南台グラスコート店」 来客数2万人突破記念! 8/2・8/3にアモーレメニューを紹介する試食会を開催!
>>もっと見る